ホーム >  用語説明

審査が不安・・・そんなときは迷わず開示!信用情報開示について

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。今回は、「信用情報開示」についてお話します。

信用情…ドキッとしましたか?

 

支払が遅れてしまった!」「審査に落ちた

 

お金に関することですし、審査に落ちてしまうことは「やってはいけないタブー」のような気がして不安になるでしょう。

 

なかなか人には審査に落ちたなんて打ち明けられませんよね。

 

審査に通らなかった理由、審査に対する不安など、信用情報を開示することで何か見えてくるかもしれませんよね。

 

今回は、信用情報の開示に関するポイントをお伝えしたいと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

信用情報とは?

信用情報とは、クレジットカードの申込や支払いなどお金に関するさまざまな履歴を記録した情報のことです。

 

申し込んだクレジット会社の情報や、きちんと滞らずに支払いをおこなっていること、反対に支払いが遅れてしまったことなどさまざまな記録が細かく残されています。

 

つまり、マイナスな情報(延滞や未払い)だけではなくプラスの情報(きちんと滞りなく支払いを行っている状態)も残されているということですね!

 

信用情報は、日々積み重なっていくもの。 もし支払いが滞ってしまったり、何社もクレジットカードを同時に申し込んだりすると、信用情報に傷がついてしまいます。

 

大切な信用情報に延滞などの傷がついてしまうと、ローンを組むことができなかったりお金を借りたくても借りられなかったりという事態になってしまうのです。

信用情報に傷がつかないよう、延滞や未払いには十分気をつけるようにしましょうね!

信用情報はどこに保管されているの?

信用情報は3つの個人信用情報機関で保管されています。

名称

加盟業種

株式会社CIC

クレジットカード会社

消費者金融など

株式会社日本信用情報機構(JICC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行、信用金庫など

よく似たアルファベットが並んでいますが、聞いたことのある会社はありましたか?

 

金融機関はそれぞれこの3つの機関のどれかに登録しており、クレジットカードやローンの申し込みの際に審査が必要となったときには情報を提供してもらっています。

また、3つの信用情報機関はそれぞれ持っている情報を互いに共有しています

 

この3つの信用情報機関のネットワークをCRIN(クリン)と呼び、互いに情報を共有することによって過剰にお金を貸しすぎていないかなどを知ることができるというわけなんです。

 

信用情報には、それぞれ項目によって保管期限が決められています。

 

それぞれの機関によって保管期限が少しちがっていますが、申込情報に関しては6か月、延滞情報や債務整理(借りたお金を減額して返済したり、支払期間を延ばしたりする手続きのこと)情報については5年間です。

 

一度の延滞で5年も情報が残ってしまうと思うと、なんだか嫌な気分になりませんか?

 

特に、日常生活でもよく利用することの多いクレジットカードがある場合には、口座の残高や引落日にも注意しないといけませんね。

 

信用情報の開示で自分の「お金に関する信用」を正確に知ろう

クレジットカードの審査に立て続けに落とされてしまったときには、なぜ落ちてしまったのか理由を知りたくありませんか?

 

また、何かのローンを組もうとしているときに、あらかじめ自分の信用情報に問題がないか知ることができれば安心しませんか?

 

信用情報を開示することによって、社会における自分の「お金に関する信用」がはっきりと確認できる!

 

ローンを組むには、大きなお金が長期にわたって動くわけですからローン会社としても、これまでのお金の支払い記録などはきちんと把握したいものです。

 

いざ、ローン契約をして通らなかったとなれば困りますよね。

 

また、信用情報を開示することによって完済したと思っていたものが滞納していたなんてことも分かることもあるので、なにか問題があれば見つけられるかもしれませんよね。

 

本来はあってはならないミスですが信用情報も人の手で入力された情報なので、その登録情報が違っていることも考えられます。残念なことですが、その情報が100%正しいとは言い切れないのです。

何も思い当たることがないのに立て続けに審査に落ちるようなことがあったら、一度開示請求して確認することをおすすめします!

信用情報を開示するには?

信用情報を開示するには、上記のような流れで進んでいきます。

手順も少なく思ったよりかんたんですね!

 

信用情報を開示するときに、ネックになるのは手数料がかかることです。

1件につき500~1000円で、開示する方法により異なっています。

 

それぞれの信用情報機関で請求方法も異なっていますが、窓口、郵送、インターネットとさまざまな手段がありますよ。

 

郵送手続きになると返答がくるまで10日ほどかかりますが、営業時間内に窓口かインターネットで手続きすればすぐに確認できます。

急いでいれば直接窓口に行くかインターネットで開示請求しましょう。

 

信用情報開示をするために必要な書類

1点でよいもの

複数必要なもの

運転免許証

運転経歴証明書

マイナンバーカード(個人番号カード)

パスポート

住民基本台帳カード

在留カード

特別永住者証明書 など

各種健康保険証

各種年金手帳

戸籍謄本、戸籍抄本※

印鑑登録証明書※ など

 

 

 

インターネットでも開示請求には本人名義のクレジットカード、窓口や郵送で開示請求をする場合は本人確認書類が必要ですので事前に準備しておきましょうね。

開示した信用情報を読み取ってみよう

例えば、CICで開示した信用情報には入金情報という項目があり、「1か月ごと2年間分の入金情報」を確認することができるんです。

 

氏名、住所、生年月日の他に、クレジットカードの契約日、クレジットカードの種類、ショッピング利用額、キャッシングの利用額、クレジットカードの会社名、入金状況など、細かい項目に分けてお金に関する情報が記載されています。

 

例えば、CICに記載されている信用情報を開示すると、こんな感じで表示されるんです。

≪入金情報≫

H29

H28

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

12月

11月

10月

9月

状況

P

それぞれ入金情報に関するマークが入っていますね。

 

ほんとに細かいです…ほとんど使われるのは、「$」「A」「P」くらいでしょう。

(「$」請求通り入金あり「P」請求額の一部入金あり「A」入金遅れまたは未払い)

 

実は、このマークは信用情報機関が決定し入力しているわけではないんです!

 

保管しているくせに入力してないの?」って思った人もいますよね。

 

信用情報機関は、金融機関やクレジットカード会社から言われた通りに情報を保存しているだけで、実際に情報を管理しているのは契約している金融機関なんですね。

 

つまり、どのくらいの返済遅延(何日遅れたか)でどのマークが入るかは、それぞれの金融機関で異なっているということなんです。

何はともあれ、遅れないことが1番ですね! $マーク以外が記載されることがないよう、返済期日や支払期日に遅れないようにしてください。 お金も人間関係も、スケジュール管理が大切です!

まとめ

いかがでしたか?

 

信用情報は、私は、お金に関する約束事を守ることができる性格ですと、相手(金融機関など)に伝えられることができますし、自分も正しい情報を知ることができるんです。

 

手数料がかかってしまいますが、何か不安があれば事前に解消できるよう信用情報開示をしてみるとよいでしょう。

 

不安だ、不安だ、と待っているだけではなく、私たちには公平に信用情報を開示できる権利があるのですから、できることは、しっかり活用してみましょうね!

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします