選ぶポイントは様々。自分の用途に沿って、
ぴったりのカードローンを見つけてくださいね!

Q

できるだけ返済額を安くしたい!

A

金利が高いか低いかを見ましょう。

金利は低いほうが返済額が安く済むので、返済額を少なくし
たい方はここに注目するといいでしょう。

Q

できるだけ早く借りたい!

A

審査時間と融資時間を見ましょう。

また、審査時間が短くても即日融資ができない場合もあるの
で注意しましょう。

Q

便利なのがいい!

A

提携ATMの数、コンビニ対応の有無を
チェックしましょう。

カードローン会社によってさまざまなので、自分の生活に
沿って利便性を考えてチェックするといいのではないでしょ
うか。

Q

家族や会社にばれたくない!

A

プライバシー厳守の会社を選びましょう。

また、郵便物の有無や在籍確認の電話の有無も重要になって
きます。合わせてチェックしましょう。

SMBCモビット

2018年ノンバンクカードローン顧客満足度No1!安心して借りたい人におすすめ!

満20歳以上69歳以下の安定した収入がある方に融資しております。
最短30分で融資可能、10秒簡易審査で手軽に審査ができるため、急いでいる人に向いています!
24時間365日、いつでも申し込み可能です。

来店なしで申し込み可能

即日審査・融資

カードレス借入

融資上限額 金利
最大 800万円 3.0%~18.0%
審査時間
最短 10秒簡易審査
最短融資まで
最短 30分
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
利用可能なATM
店頭・コンビニ各種・銀行各種
もっと見る
借入方法

指定口座への振り込み インターネットまたは電話で振り込み手続き(毎週月曜日0:00~7:00以外の時間帯) SMBCモビット提携ATM 営業時間やATM利用手数料は、ATMにより異なります。

お申込みはこちら

プロミス

素早く借りたい!カードレスで利用したい!人におすすめ!

20歳以上69歳以下の安定した収入がある方に融資しております。
最短1時間で融資可能、WEB完結口座振替でのご返済なら、郵送物もなくカードレスでご利用できます!
24時間365日、いつでも申し込み可能です。

最大30日間金利0

即日審査、即日融資

eメールサービス

融資上限額 金利
最大 500万円 4.5%~17.8%
審査時間
最短 30分
最短融資まで
最短 1時間
利用可能なATM
店頭・コンビニ各種・銀行各種
もっと見る
借入方法

・ご指定の口座へ振り込み ・プロミスATM ・三井住友銀行ATM ・提携ATM

お申込みはこちら

バンクイック

返済額の負担を減らしたい人におすすめ!

満20歳以上満69歳以下の安定した収入がある方に融資しております。
最短30分での審査で借り入れ、1時間で融資されるため手早く借りたい人には最適の会社です。
また、初めての方は無利息期間最大30日間。ご利用は24時間365日承っております。

最大30日間金利0

即日審査、即日融資

eメールサービス

融資上限額 金利
最大 500万円 1.8%~14.6%
審査時間
お問い合わせ
最短融資まで
お問い合わせ
利用可能なATM
店頭・コンビニ各種・銀行各種
もっと見る
借入方法

ATMの場合(1千円単位で借り入れ可能) 営業時間 0:10~23:50 (月曜1:00~5:00、第2土曜21:00~7:00を除く) 振込(1万円単位で借り入れ可能) ネット、電話(平日9:00~17:00 土日祝9:00~17:00)

お申込みはこちら

アコム

素早く借りたい!手軽に借りたい人におすすめ!

満20歳以上満69歳以下の安定した収入がある方に融資しております。
最短30分での審査で借り入れ、1時間で融資されるため手早く借りたい人には最適の会社です。
また、初めての方は無利息期間最大30日間。ご利用は24時間365日承っております。

最大30日間金利0

即日審査、即日融資

eメールサービス

融資上限額 金利
最大 800万円 3.0%~18.0%
審査時間
最短 30分
最短融資まで
最短 1時間
利用可能なATM
店頭・コンビニ各種・銀行各種
もっと見る
借入方法

インターネットによる振り込み 0:10~23:50(毎週月曜1:00~5:00はメンテナンスのため休業) 提携ATM アコムATM、三菱UFJ銀行、セブン銀行など 24時間(毎週月曜1:00~5:00はメンテナンスのため休業) アコム店頭窓口 9:30~18:00(土日祝休み) 自動契約機 8:00~22:00

お申込みはこちら

金利を下げる方法

ここではお金を借りる際、一番気になるであろう金利についてお話していきたいと思います。まず最初は、【金利を引き下げる方法】ですね。方法は二種類。

まず、限度額の増減です。金利は限度額によって引き上げられたり引き下げられたりするものなのです。そこをうまく利用すれば金利を下げることができるわけですね。具体的に、10万円以上の借り入れをする際には最大18%の金利が設定されています。しかし借入額が100万円以上になると最大金利は15%まで下がるんです。3%はとても大きい数字ではないでしょうか?

注意してほしいのが、増減の申請。この際には借り入れと同じように審査が入ってきます。また、いきなり30万円の借り入れから100万円の借り入れをするのは大変に難しいと言えますので、利用する際はまず、カードローン会社に相談してみるのがよいでしょう。

次に優良顧客になること。カードローン会社にも、お得意様のようなものがあります。優良顧客として認められるには、そのカードローンを長く利用していて、なおかつしっかりと返済をしている人が対象となっているようです。金利をきっちり支払ってくれる顧客はカードローン会社も大切にしたいのです。使用期間が長い人は一度カードローン会社に連絡し、相談をするとよいでしょう。

どちらの交渉も、【信頼してお金を返してくれる人】という信用のもとで金利の引き下げが行われるので、初めて借り入れする場合は難しいことが多いです。その場合、無利息期間を最大限に利用して、利息を減らしましょう。無利息期間とは、各会社のサービスで行われるものです。約30日間の間、金利がゼロになり、その間に借り入れして返済すれば、利息もなくお金を借りることができます。

返済方法のポイント

返済時には手数料のかからないATMをえらぶ

返済時に手数料がかかってしまうことが多いです。少ない手数料でも毎回払うとかさむもの。きちんと事前に調べ、なるべくかからないATMで返済することをお勧めします。

臨時収入があった場合には臨時返済を!

カードローンを借りる際に決めた返済額以上返せる月は、積極的に返していきましょう。返済が長く続けばそれだけ利息も増え、返済額が多くなってしまいます。なので、ボーナスなどの臨時収入があった場合には返済額を増やし、なるべく早く返していくのがよいでしょう。

申し込みのポイント

安定した収入を得ている

年収の三分の一を超えると借り入れ不可になるため、自身の年収をきちんと把握し、借り入れを行うようにしましょう。

住所記載などのケアレスミスを防ぐ

記載が間違っていると審査が通らないので、書類ミスのないようにする。

転職前に申し込む

転職後の場合、勤続年数が0年になるのでお金の借り入れを行いたい場合は転職前に行うようにしてください。

必要以上に希望額を高めない

自身のしっかり返済できる範囲での借り入れをしましょう。

うそをつかない

年収や住所など、嘘の記載をするとブラックリスト入りになってしまう場合があるので、嘘はつかないようにしましょう。