ホーム >  消費者金融カードローン

アコムの金利について徹底解説!知識を身に着けて賢くお金を借りよう

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
アコムの金利って高い!」そう思っている方が多いのではないでしょうか?

じつは、大手消費者金融の金利はさほど変わらないのです

 

でも、少しでも変わるところがあるなら、できるだけ損をしないでお金を借りたいですよね。

利息はどうやったら抑えられるの?

と思っているみなさんのために、金利を抑える方法を解説いたします!

 

ぜひ、最後まで読んでくださいね。

アコムの金利について

アコムの金利は、3.0%18.0%です。

借入額

適用金利

1万円~99万円

7.7%~18.0%

100万円~300万円

7.7%~15.0%

301万円~500万円

4.7%~7.7%

501万円~800万円

3.0%~4.7%

 

このように、借入額によって金利が異なっています

初回借入れ時は、上限金利である18.0%が適用されることがほとんどです。

 

金利が18.0%って高い…」と思われる方もいるのではないでしょうか?

 

他社の消費者金融の金利はどうなっているのかみてみましょう。

会社名

適用金利

4.5%~17.8%

アイフル

3.0%~18.0%

SMBCモビット

3.0%~18.0%

プロミスが17.8%と少し低いだけで他社の消費者金融が設定している金利と差はなく、一般的な金利と言えるでしょう。

金利と利息について

金利とは、簡単にいうと「一年間にかかる利息の割合」のことをいい、利息とは「お金を貸したときに発生する手数料」のことです。

お金を貸す側は、この手数料によって利益を得ているわけですね。

 

利息制限法と出資法について

消費者金融の金利が高いというイメージはいまだにあると思います…。

 

そこで、利息制限法出資法の説明をしますね。

この法律を知ることで、なぜ金利が高いというイメージがついたのかということがわかるんです!

 

利息制限法とは、お金を借りるときに発生する利息に上限を設定したもので借入額によって金利が変わってくるシステムです。

そして、出資法とは「〇〇円貸した場合の金利は××%にしなさい!」というルールのこと。

 

2010年6月18日以前は20.0%~29.9%という高い金利を適用していた消費者金融が多く利息制限法や出資法を知らない人は多くの利息を支払っている状態でした。

 

なぜこのような高い金利が設定できたのかというと、その当時は利息制限法で決められた上限金利と出資法の上限金利が違っていたからです。

出資法の上限金利が高かったので、そちらを採用している消費者金融がほとんどだったんです。

 

現在では利息制限法と出資法の上限金利が統一されており、罰則も定められたため法外な金利を取られることはありません。

利息制限法の上限金利は、このように設定されています。

 

借入額

上限金利

アコムの上限金利

10万円未満

20.0%

18.0%

10万円以上

18.0%

100万円以上

15.0%

15.0%

これを見るとアコムは10万円未満でも18.0%が適用されており、上限金利より低くなっていることがわかりますよね。

利息の計算方法は?

計算方法は意外と簡単です

電卓一つで計算できるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

利息の計算方法

借入残高(現在借りている金額)×金利÷365日×日数=利息

 

※借入の当日は利用日数に含まれない。

※小数点は四捨五入。

※2月29日(うるう年)にかかわらず、1年を365日として計算。

 

例:金利18.0%で10万円を30日間借りた場合の利息金額

100,000×0.18÷365×30=1,479円

 

10万円を借りると、1日に約50円利息が発生するわけです。

50円という金額は少ないように見えますが、合計すると約1,500円になってしまいます。

返済方法と利息を抑える方法を解説します!

アコムの返済方法は2種類あります。

「35日毎」と「毎月指定期日」です。

 

 

自分に合った返済サイクルを選ぶことができるのは、うれしいですよね!

返済額は借入額によって決まっています。

 

「35日毎」と「毎月指定日」で金利は変わるの?

35日毎は、きっちり35日サイクルで払っていると毎月指定期日よりも長く借りていることになるので利息は高くなるんです。

 

では、毎月指定期日にした方がいいのでは?」と思いますね。

じつは、35日毎も毎月指定期日も、設定している返済金額より多く払うことで利息が抑えられるのです。

 

「35日毎」は、35日以内であればいつ返済してもいいことになっていますので、短いサイクルで返済すればその分利息を抑えることができます

 

「毎月指定期日」は「〇日に払います」と決まっていますが、多く支払えば「繰上げ返済」となるのです。

 

繰り上げ返済とは

繰上げ返済とは、毎月決められた返済額にプラスしてお金を自主的に多く返す返済方法のことです。

繰上げ返済を行うと、その分は全部元金に充てられるので借入額が少なくなり利息を抑えることができます

利息を安くするには返済額を高く設定し、短いサイクルで払うといいでしょう!

無利息期間について

アコムでは、「30日間無利息」というキャンペーンを行っています。

30日間であれば借入れ・返済を繰り返しても利息がかかりませんので給料日などですぐに返済できるという方はお得に利用ができますね!

 

ただし、30日間をすぎると利息がかかるので借りすぎには注意しましょう。

 

返済シミュレーションを行いましょう!

返済シミュレーションをする前に、アコムの返済の仕組みを知る必要があります。

 

アコムが返済として適用している方法は「元利定率リボルビング方式」です。

それぞれの言葉の意味を、なるべくわかりやすい言葉で説明します。

  • 元金:利息をふくまない元のお金のこと
  • 元利:元金に利息が含まれた金額のこと
  • 定率:借入残高×一定の割合 リボルビング方式:分割払いのこと

 

一定の割合とは借入額によって決められていて、たとえばアコムの場合は30万円以下だと、4.2%以上の割合です。

 

実際に計算してみよう

ここで、実際に返済額を計算してみましょう。

 

たとえば、10万円を金利18.0%で借入れしたとしましょう。

一定の割合が4.2%なので、10万円×4.2%=4.200円です。

 

アコムは1,000円単位のため繰り上げられて5,000円が毎月の返済額となります。

 

 

返済額はすべて元金にあてられるのではなく利息が取られており、これを元利といいます。

グラフを見ると、アコムに返済している金額は3,521円となっていますね。

 

1か月に1,479円という利息を払っているので、なかなか元金が減らず返済が長期化してしまいます…。

もし借りるのであれば、この仕組みを知っておかないと「なかなか完済できない!」と苦しんでしまうことになりかねないので、しっかりと頭に入れましょう!

 

10万円を借りて、金利18.0%を適用した場合の返済シミュレーションをしてみました。

借入金額

返済回数

毎月返済額

返済総額

10万円

25回

5,000円

123,709円

20回

6,000円

118,930円

10回

11,000円

109,710円

返済回数が多いほど利息が高くなるというのはご理解頂けたでしょうか?

25回払いと10回払いでは13,999円も差があります。

無理がなければ、繰上げ返済をして早く返してしまうのが得策ですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

アコムの金利が18.0%と知ったうえでかしこく利用するには、無利息期間を利用し返済額を多くして早く返すことが必要です。

 

返済の仕組みをわかっていないと返済そのものが苦しくなり、自分の首をしめてしまう結果になってしまいますよ…!

正しく計画的な利用を心がけましょう。

 

アコムに関する詳しい内容については【アコムのことから借り方までまとめて解説!はじめてでも安心です】で解説していますので、興味のある方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします