アコムマスターカードのすべて! 3つの魅力が一目でわかる!

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。 今回は「アコムマスターカード」について詳しく解説してまいります。

アコムのCMとかで聞いたことあるけど、どんなクレジットカードなんだろう?

 

と今まさにお調べのあなた!

 

アコムと聞くと消費者金融なので、ちょっと不安だなと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、街中で「アコムって会社知っていますか?」とインタビューするとほとんどの人が「知っている!」と答えられそうなほど、今や知名度の高い会社でもありますよね。

 

そこで、アコムマスターカードは果たして安心して使えるカードなのかだけでなく、3つの魅力やデメリットなども交えてお伝えしていきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

一発でわかる!アコムマスターカードの特徴

それではさっそくですが、アコムマスターカードの特徴を表にまとめましたのでご覧ください。

アコムマスターカードの特徴

カード名称/商号(発行者)

ACマスターカード

アコム株式会社

利用条件

安定した収入のある人(20~69歳)

金利(手数料率)

ショッピング:10.0~14.6%

キャッシング: 3.0~18.0%

利用可能枠

ショッピング:最高300万円

キャッシング:最高800万円

支払い方法

リボ払い

締め日

毎月20日締め

支払日

・翌月6日払い

(口座振替)

     ・35日ごとの支払い

・毎月指定期日

(任意の日)

年会費

永年無料

国際ブランド

マスターカード

審査時間

最短30分

(即日発行可)

ポイント・付帯保険

なし

家族カード・ETCカード・電子マネー

なし

この中でも一番の特徴は、テレビCMでも宣伝されているように、「即日発行」ができる点ですね。その他のメリットやデメリットについてはこれから詳しくご紹介します。

 

リボ払いや、ショッピング枠・キャッシング枠など、一般的なクレジットカードの機能について復習したいという方は下の関連記事を参考にしてみてくださいね。

魅力その1:【気軽さ】年会費無料と3秒診断

年会費無料

アコムマスターカードの年会費は、無料となっています。

 

年会費無料のクレジットカードも多く存在するので、これといったメリットとはいえなさそうです。

しかし、年会費がかかるクレジットカードの場合、毎年1,000円ちょっと支払う必要があるので、やはり無料でクレジットカードが使えるのはうれしいですよね。

 

即日発行可能!3秒でWEB診断

一番のメリットといってもいいのが、「即日発行」ができるクレジットカードであるというところです。

 

通常、クレジットカードを発行するためには、「審査」というものをクリアしなければなりません。

 

長いところだと、審査を含めクレジットカードのすべての手続きが完了した後、手元に届くまで1ヶ月ちょっとかかるクレジットカードもあります。

 

今すぐ欲しいのに……」という方にとっては一番問題となるところですね。

 

しかし、アコムマスターカードのいいところは、申し込み基準を満たしているかの診断が、たった3秒でできてしまう点なのです。

 

ただし、3秒診断でOKがでてもあくまで仮審査なので、本審査がとおらないという可能性もあることをご承知くださいね。

 

公式HPにアクセスすると、サイトの一番上に「3秒診断」がクリックできるようになっています。

 

そこをクリックすると、年齢・年収・カードローンの他社借り入れ状況を入力する画面がでてきますよ。

 

ここでポイントなのが、利用条件が20歳~69歳までになっているので、それ以外の数字を入力するとエラーになってしまいますので、間違えないように入力してくださいね。

 

例えば、19歳・250万円・0円で入力し、診断開始をすると、「20歳未満のお客様はお借入ができません」という表示がでてきます。

 

「お借入」となっていますが、クレジットカードでショッピングした時点では、実はカード会社から「お金を借りて商品の料金を支払っている」状態なのですよ。

 

また、他社でのカードローン借入状況が年収の3分の1を上回ってしまうと診断できません。これは「総量規制」というルールで決まっているので仕方ありませんね。

 

例えば、30歳・350万円・117万円(年収の3分の1)と入力し、診断開始すると、「お客様のご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした」という表示がでてきます。

 

問題ない場合は、「お借入できる可能性が高いです」と表示されるので安心してくださいね!

魅力その2:【安心】グループ会社はMUFG

アコムは、三菱フィナンシャル・グループに属していて信頼度が高い

アコムは三菱フィナンシャル・グループ(MUFG)に属しています。

 

当グループは、三菱UFJ銀行、三菱UFJニコス、三菱UFJモルガン・スタンレー証券など名立たる金融会社から構成されています。

 

アコムも大企業のひとつなので、安心できるといえるのではないでしょうか。

 

さらに消費者金融にはさまざまな規制があるので、無理な返済を迫ってくるということはありません。

 

でもクレジットカードにアコムっていう名前が載るんじゃ……

 

と心配されている方には朗報です。クレジットカードには「アコム」の表示はなくシンプルなデザインになっていますよ。

 

家族にバレたくないという方も安心して使うことができそうですね。

魅力その3:【充実したサポート】割引サービス・無利息キャッシング・選べる返済

自動キャッシュバック機能

アコムマスターカードには「自動キャッシュバック機能」というものがあります。

 

簡単にいうと、利用金額から自動的に割引かれるというものです。

 

割引率は利用金額の0.25%となっていますよ。

 

例えば、5万円のショッピングをした場合をみてみましょう。

 

 

利用額が5万円の場合の割引額はその0.25%の金額なので125円となります。

 

5万円から125円を差し引くと、49,875円が請求額となる仕組みです。

 

これはショッピングの金額が大きいほど割引金額も大きくなるので、使い方次第によってはお得にショッピングできそうですね。

 

ちなみに50万円利用した場合の割引額は1,250円となりますよ!

 

カード発行から30日はキャッシング無利息

続いては、クレジットカードのもう一つの機能である「キャッシング」を利用するさいのサービスについてです。

 

キャッシングとは「現金」を借りることですね。

 

カード発行から30日という期限はありますが、なんと無利息でお金を借りることができます。これはアコムならではのサービスともいえるでしょう。

 

アコムはもうおわかりのとおり、消費者金融ですので、カードローンのサービスも取り扱っています。

 

アコムマスターカードもカードローンの性格の強いクレジットカードなので、「30日間の金利無料サービス」が実現できるのですね。

 

ひとつ注意する点としては、「借入日」ではなく「契約日」の翌日からの適用となるので、気をつけてください。

 

返済方法が多い

アコムマスターカードは、返済方法が多いことも魅力のひとつです。

  • アコムATM
  • アコム窓口
  • 全国のATM
  • インターネットバンキング
  • 口座引き落とし

 

コンビニなど全国にあるATMは利用手数料がかかるので、使う前に手数料の有無を確認しましょう。

 

返済に関しては、便利なサービスがあるのでご紹介しますね。

 

それは、メール通知サービスです。

 

返済日の3日前と返済日当日に、返済期日のお知らせメールが届きますよ。

 

返済期日をうっかり忘れそうと不安な方は、メールサービスの登録をしておくことをおすすめします。

 

さらに、明細書の受取を電磁交付してくれるサービスもあるのですよ。

 

電磁交付とは、スマホやパソコンなどからアコムのマイページにログインして、画面上で明細書を受け取る(確認する)ことです。

 

自宅に明細書が送られてくる心配がないので、家族に内緒にしている場合は安心ですね。

 

アコムマスターカードの3つの魅力は「気軽・安心・充実したサポート」といえそうですね。

デメリットは?リボ専用・特典がない・付帯保険なし

さて、ここからはデメリットについてみていきましょう。デメリットについては主に2つありますよ。

 

リボ払い専用カード

アコムマスターカードは、「リボ払い専用カード」となっています。リボ払いについては1章の関連記事で確認いただいた方もいるかと思います。

 

リボ払いのいいところは、支払金額を自分で決められるので計画的に返済していけるところですが、金利が高いので要注意です!

 

アコムマスターカードのショッピング時の金利は10.0~14.6%ですよ。

 

3万円の支払い残高があって金利が14.6%だった場合、なんと手数料だけで約1か月後に360円支払うことになるのです。

美味しいデザートがひとつ買えそうと思うとやはり高いですよね……。

 

しかも支払い残高が増えるごとに利息も膨らんでしまうので、利息を支払うために使ったお金のほうが多くなってしまったということにもなりかねません。

 

また一般的なクレジットカードの場合、リボ払いの他に、一括払い、2回払い、ボーナス払いという手数料無料の返済方法が選べます。

 

しかしアコムマスターカードはリボ払いしかないので、少し変わっているという印象をうけるかもしれませんね。

 

特典が全然ない!

ショッピング利用時のポイント付与なし

クレジットカードを普段から使っていると、ショッピングをしてポイントを貯めていくのが楽しみという人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、残念なことにアコムマスターカードにはショッピングで貯まるポイントがないのです。

 

マイルや電子マネーへのポイント交換ができない代わりといってはなんですが、メリットでお伝えした自動キャッシュバック機能がありましたね。

 

ポイントの管理がめんどくさいという方にとっては自動でショッピング利用額から割引が効くのでいいかもしれません。

 

付帯保険なし

旅行好きな人も注意が必要です。

 

アコムマスターカードには、国内・海外に限らず旅行中の盗難・事故・病気に対する補償がないのです。

 

また、カードで購入した商品の破損・盗難に対する補償もついていないので、旅行好きの人にはむいていないかもしれませんね。

 

家族カード・ETCカード・電子マネーの機能なし

アコムマスターカードは、家族カード、ETCカード、電子マネーの機能はついていません。

 

これらの機能をつけたい方は関連記事を参考にしてみてください。

かしこく利用するポイント

さて、メリットとデメリットがわかったところで、かしこく利用するポイントを3つおさえていきましょう!

 

リボ払いの手数料を0円にする方法

デメリットでも説明しましたが、リボ払いの金利は高かったですよね。

 

しかしちょっと工夫すれば、手数料を0円にすることができます。

 

それは、支払日の6日までに返済してしまうという方法です。

こうすると、1回払いと同じようになるので手数料は0円にすることができます。

 

これだけではしっくりこないという方のために、アコムマスターカードのリボ手数料の発生日について確認しておきますね。

 

例えば利用期間が1月21日~2月20日の1ヶ月で考えてみましょう。

 

この期間の手数料の無料期間は、締め日である2月20日から、支払日である3月6日までです。ただし、6日がアコムの休業日だった場合は次の営業日になります。

 

手数料が発生するのは、3月7日からになるので、6日までに手数料のかからないアコム専用ATMかインターネットで利用分すべての金額を返済すると、リボ手数料は無料となりますよ。

 

ポイントは「一括で6日までにすべての利用額を支払う」ということです。もしも支払い残高が残ってしまった場合は、経過日数に応じて手数料が発生してしまうので、なるべく早めに支払いを済ませるようにしましょう。

 

もうひとつ挙げるとすると、アコムマスターカードは、リボ払い専用カードなので、買い物での会計時に「1回払いで」といっても問題ありません。 これなら返済に困っている?と思われることもないので恥ずかしくありませんよね。

②審査にとおりやすくする方法

クレジットカードを発行するには「審査」が必要でしたよね。

 

この審査をとおりぬけるためには、希望限度額を高く設定しすぎないことがポイントのようです。

自分の収入や借入状況の割にあまりにも高額な希望限度額だと、審査にとおりにくそうなことは想像できそうですね。

 

クレヒスをつくりたい!

クレジットヒストリーという言葉をきいたことがありますか?

 

よく省略されて「クレヒス」と呼ばれていますが、これはクレジットカードの利用履歴のことをいいます。

 

クレジットカードは「審査」にとおると発行されるということは、耳にタコができるほど聞いているかもしれませんが、審査にはクレヒスが重要になってくるのです。

 

例えば、一般的には勤続年数が短いというのも審査にとおりにくくなる原因のひとつです。

 

しかしアコムマスターカードなら、「カードをつくる段階で安定した収入があること」を判断材料にしてくれるので、勤続年数はそこまでみられないようです。

 

アコムマスターカードは審査に自信はないけど、クレヒスをつくりたい!と思っている人にとって持っていてうれしいカードといえますよ。

申し込みの流れ

最後にアコムマスターカードの申し込みの流れを確認しておきましょう。

 

まずは、時間短縮のためにインターネットで事前申し込みをします。「3秒診断」でOKがでたなら、そのまま申し込みフォームへと進んでください。

 

入力する項目はおおよそ次のものです。

 

 

勤め先情報の中には、保険証の種類や会社の事業内容など詳しく回答しないといけないところもあるので事前に確認しておきましょう。

 

また、暗証番号もスムーズに入力できるようにあらかじめ決めておくとよいかもしれません。

 

申し込みが終わると担当者から申し込み完了のメールが届きますよ。その後、本人確認のために、フリーダイヤル宛てに連絡するようにお願いされます。

聞かれることは、名前や生年月日、会社名や年収といった項目のようですね。

 

ここまでこれば、あとは受け取り方法を選択するだけです。

 

  1. むじんくん(自動契約機)
  2. 郵送

 

即日発行を希望している場合は、むじんくんで受け取りをしてください。

むじんくんが設置されている店舗まで行く必要がありますが、すぐ使いたいんだ!と緊急性の高い人はアコム店舗へ向かいましょう。

 

むじんくんでの操作は約30分かかるようです。

持ち物はあらかじめメールで教えてくれますが、運転免許証などの本人確認書類をスキャンしなければいけないので、忘れないようにしてくださいね。

 

免許証がないという人は、保険証と住所がわかる公共料金の支払い明細でもよいでしょう。

 

むじんくんまで行くのはちょっと……」という方は、郵送の受取もできます。

即日での受け取りはできなくなりますが、審査は終わっているので約1週間ほどで郵送されてくるようです。

 

まとめ

アコムマスターカードについての知識は深まりましたでしょうか。

アコムマスターカードがむいている人を挙げてみました。

  • すぐにクレジットカードが必要な人
  • ポイント管理が苦手な人
  • クレヒスをつくりたい人

 

消費者金融のクレジットカードであったり、リボ払い専用カードということもあり、つくるのが怖いと思っていた人はどうでしょう。

 

アコムは大手金融グループの傘下に入っていて、かしこく利用すればリボ払いの手数料を無料にすることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

上記に該当する人は一度、つくってみるのもいいかもしれませんね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。