アコムのことから借り方までまとめて解説!はじめてでも安心です

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
みなさんは緊急でお金が必要になったこと、ありませんか?

今すぐにお金が欲しい!」と思ったとき、大手消費者金融の「アコム」という名を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

アコムとはカードローンを提供している大手消費者金融ですが、いざ利用しようと思っても「アコムってどんな会社なの?」と、不安やわからないことが多いままでなかなか一歩を踏み出せないですよね…。

 

そこで、今回はアコムについて、基本的な特徴や注意点などさまざまな観点からお話してまいります!

 

アコムのカードローンはあなたに向いているのか、一緒に見ていきましょうね。

そもそもカードローンとは?

まず、みなさんにお話ししたいのは、カードローンについての基礎知識です。

カードローントいう単語を知っていても、その実態を知らない人が多いでしょう。

 

消費者系と銀行系

カードローンには大きく分けて「消費者金融系」と「銀行系」の2つがあります。

 

銀行はお金の貸し借り以外にも預金や為替業務といった銀行業を行っていて、消費者金融はお金の貸し借りを専門にした貸金業者です。

 

大きな違いは預金サービスの有無ですが、どちらもお金を貸したときに発生する金利を利益として運営しています。

 

また業種の違いから、適用される法律や特徴も違ってきます。

それぞれのちがい

消費者金融

銀行

金利

高い

低い

総量規制

あり

なし

融資時間

短い

長い

無利息期間

ある会社が多い

原則、なし

どちらにも、よいところ悪いところが存在することがわかると思います。
自分の状況や借りたい金額によってカードローンを選択をするのがよいでしょう。

カードローンは無担保

カードローンは無担保、つまりお金を借りる際に保証として車や家を預けなくても借りられる融資なんです。

 

その理由は「人が働いたお給料を信用してお金を貸すという対人信用のシステムを起用しているから」で、審査を通過してしまえば借り入れを行うことが可能となっています。

カードローン会社は、人の信用に対してお金を貸し出しているわけですね。

用途もほぼ自由

一般的に、ローンというものは使用方法が決まっていることが多いです。

たとえば、住宅ローンやバイクローンなどですね。

 

しかし、カードローンを利用して借りたお金は、用途の制限がほぼありません。

生活費に使用したり、趣味や娯楽などさまざまな用途に自由に利用できるのもポイントです。

アコムってどんな会社?

「はじめての、アコム♪」というCMソング、一度耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属していて、「人間尊重の精神とお客様第一義に基づき、創造と革新の経営を通じて楽しく豊かなパーソナルライフの現実と生活文化の向上に貢献する」という企業理念が存在しています。

 

つまり、「お客様を大事に考えて、豊かな暮らしのサポートを」ということですね!

 

消費者金融のことを「危険な会社じゃないの?」と勘違いしている方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融はきちんと法律にもとづいてお金の貸し借りをしています

 

正しく利用すれば、安全にお金を借りることができるのです。

 

さらに、アコムは単にお金を貸しているわけではなく、安心・便利に、より多くのお客様に利用してもらえる工夫もなされています。

 

レディーローン

女性にとってうれしい、レディーローンがあります。

女性専用のコールセンターがあり、専門の女性オペレーターが対応してくれるので相談がしやすくなっていますよ。

 

クレジットカード

大手の消費者金融系では唯一、クレジットカードを発行している会社です。

カードローン機能だけではなく、日々の決済カードとしても利用できるのでとても便利ですよね!

 

実際に選んでみよう!カードローンの選び方って?

次は、カードローンの選び方を一緒に学んでいきましょう。

見るところが多すぎてわからない!」という方も多くいらっしゃると思いますが、大事なのは、「自分が重要視するところ」です。

安く借りたい場合は?

金利無利息期間をチェックしましょう。

 

金利が低いほど利息が安いので、返済額も少なく借り入れすることができるのです。

また、無利息期間がある場合はその期間内に全額返済してしまえば利息なしで借り入れできます。

 

アコムの場合は、30日間無利息で利用できますよ。

 

早く借りたい場合は?

融資時間審査時間をチェックしましょう。

 

大手の消費者金融だと即日融資が可能である場合が多く銀行系だと翌日融資の場合が多いです。

 

これは、消費者金融の審査がゆるいなどというわけではなく、2018年1月から、銀行カードローンの即日融資が事実上できなくなったからです。

 

反社会的勢力などお金を貸してはいけない人に誤って貸してしまうことがないよう、警察のデータベースに照会するという作業が増えたため、銀行カードローンは最短でも翌日しか融資することができません

 

できる限り早くお金を借りたい方は、消費者金融のカードローンが向いていますね。

 

かんたんに、アコムとほかのカードローンの比較表を用意してみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

会社名(商品名)

上限金利

最大融資額

最短審査時間

無利息サービス

アコム

18.0%

800万円

最短30分

アイフル

18.0%

800万円

最短30分

17.8%

500万円

最短30分

バンクイック

14.6%

500万円

記載なし

×

 

アコムに向いている人特集

ここではズバリ!

アコムに向いている人をテーマに、話を進めていきたいと思います!

4つのポイントに分けて説明いたしますので、自分に当てはまるかどうか、じっくり検討してくださいね。

今すぐ借りたい

アコムは最短30分で融資が可能です。

銀行系カードローンなどに比べると驚きのスピードですよね…!

 

緊急だから、今すぐ借りたい!」という人には、アコムは向いているといえますね。

 

バイトやパートの人でも

定期的な収入があれば、アルバイトやパートの方でも借り入れできる可能性があります

高収入ではなくとも、継続して安定的に収入を得られていればよいのです

 

正社員じゃないし…」あきらめていた方は、一度審査を受けててもよいのではないでしょうか?

 

無利息ですぐ返したい人

「給料日の直前」「もうすぐボーナスが入る!」

という方など、すぐに返せる見込みがあるという方なら、無利息期間があるアコムは大変おすすめです。

 

無利息期間内であれば、利息が付かずに借りた分だけ返済すればよいのですから、お得に借りることができますよね!

 

スマホから申し込みしたい人

アコムには、スマホで本人確認書類を撮影し、インターネットで送ることができるサービスも用意されています。

 

忙しいなか無人機や店頭に行かなくても受付可能なので、とてもうれしいサービスですね!

 

問題点もきちんと理解しておこう

アコムにはメリットだけではなく、デメリットも存在します。気を付けるべきポイント、知っておきたいポイントをお伝えいたしますね。

金利が高め

アコムの金利は最大18.0%なので、銀行系カードローンなどと比べるとやや高めの印象です。

 

長期的な借り入れを考えている方や、金利は安い方がいいと考えている方にあまり向いていません。

ATM手数料がかかる

返済時にATMを利用すると、ATM手数料がかかってしまいます。

 

数百円程度なのですが、毎月払っているとそれなりの額になってきますので、ここも注意が必要ですね。

 

お金を借りるまでの流れってどんなの?

お金を借りるまでの流れ

申し込み

  • 店頭窓口
  • 電話
  • スマートフォン(インターネット)
  • 無人機(むじんくん)
  • 郵送

 

自分に合っているものを選べばよいですが、相談しながら申し込みしたいときは「店頭窓口」や「電話」がよいでしょう。

 

仕事が忙しいという方は、「スマートフォン」での申し込みが便利ですよ!

最近では、アプリでの申し込みも可能ですから、非常に手軽ですよね。

 

とにかく早く借りたい方には、「無人機(むじんくん)」がおすすめです。

早ければ、申し込みから借り入れまでその場でおこなってくれることもあります。

 

手続きの時間はかかりますが、じっくり考えながら進めたい方は「郵送」ですね。

あまり焦らず、融資限度額なども自宅で確認しながら契約ができるでしょう。

 

必要書類

  • 本人確認書類:健康保険の場合住民票や納税証明書、公共料金の領収書が必須
  • 収入証明書:他社と合わせて100万円もしくは50万円を借り入れる場合に必要

 

提出する書類は、申込内容によって変わることがありますので、事前に確認しておくとよいですよ!

審査について

アコムの利用条件は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社の基準を満たす人」と定められています。

 

とてもざっくりとした条件のように思えますが、審査ではとても細かくチェックされているのです。

 

審査に通りにくい、審査に落ちてしまうのにはどんな理由があるのでしょうか?

 

そのような人にはある程度共通した特徴があり、言ってみれば、その特徴にあたはまらないよう対策すれば、審査に通過する確率は高まるでしょう。

 

自分は審査に通るだろうか?」と気になる人は、ぜひチェックしてみましょう。

過去に滞納や自己破産などを起こしている

審査では、必ず信用情報を確認されます。

 

信用情報とは、クレジットカードの支払い履歴やローンの契約情報など「お金の使い方」がよくわかる情報が個人別に管理された情報です。

 

過去にクレジットカードの長期滞納個人ローンでの強制解約自己破産などがあった場合には、残念ながら審査に通ることはむずかしいでしょう。

他社からの借入総額が年収の3分の1を超えている

消費者金融での借り入れ合計が年収の3分の1を超えている場合、総量規制によって審査に通りません。

 

つまり、年収がもし300万円の場合、合計で100万円までしか借りることができないのです。

借り入れている会社が多い

ほかの会社からの借り入れが複数あると審査に落ちてしまいます。

これは、「返済能力に問題がある」とみなされてしまうからです。

安定した収入がない

アコムの利用条件の通り、安定した収入がない人は審査に落ちてしまいます

先にもお伝えしましたが、「安定的に、かつ、継続して」収入があり、それが仕送りや給付金などではないことが大切です。

返済について

返済は、以下のような方法で可能です。

こちらもたくさん方法がありますので、生活スタイルに合ったものを選びましょう。

 

インターネットPay-easy

アカウント登録する必要はありますが、24時間365日いつでも振込手数料無料で使えることはうれしいポイントですよね!

 

ATMでの振込み返済

提携ATMは三菱UFJ、セブン銀行、ローソンのATM、イオン銀行など、日ごろから身近にあるATMで利用できます。

こちらは手数料がかかるのでご注意ください。

 

店頭窓口

店頭窓口では、相談しながらの返済が可能です。

平日の9時半~18時半ですが、不安のある方や、少し返済プランを考えたい方は利用してみるとよいでしょう。

 

口座振替(自動引き落とし)

自動引き落としの申請をすれば、口座からの引き落としが可能です。

返済忘れを防ぐことができるのが、口座引き落としの魅力でしょう。

 

慣れてきたら増額も検討してみては?

借り入れした後に増額したくなった場合は、まず申し込みをしてみましょう。

 

増額にも、借り入れと同じように審査があります

 

審査が通った場合、増額になります。

アコムは申し込み当日に返事が届くことも多いようですので、対応が早いですね!

 

土日祝でも対応可能で、申し込み方法は次の4つです。

  • ATM
  • インターネット
  • 無人機(むじんくん)
  • 店頭窓口

 

まとめ

いかがでしたか?

カードローンの知識とともに、アコムの特徴や注意点もしっかり覚えておいてくださいね。

 

最後にもう一度、アコムのカードローンをおさらいしておきましょう。

  • 即日融資が可能!
  • 無利息期間がある!
  • スマホアプリなど、申し込み方法が多彩!
  • 三菱UFJグループで安心!

 

それぞれが自分に合った方法で、上手に利用していきましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。