借り換えがしたいなら!銀行ローン活用のポイントまとめ

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
カードローンを利用していると、そのうち利息が高くて返済がきびしいという状態になる人もいます。

そんな人にぴったりなのが、借り換えです。

 

借り換えをすると、利息が少なくなったり月々の返済額が減ったりなど、悩みを解消できる可能性がありますが、もちろんデメリットも存在するのです。

 

そこでこの記事では、借り換えの仕組み方法活用の仕方まで具体的に解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

SMBCモビット

アイフル

銀行ローンでできる借り換えとは?

借り換えとは、今使っているカードローンから別の条件の良いカードローンに乗り換えることです。

 

たとえば、A社で30万円を年18%の金利で借りているとしましょう。

 

もう少し条件のいいところがないかな…」と探していたところ、B社で同じく30万円を年15%で借り入れができることがわかりました。

 

すると、単純に金利は3%低くなりますよね!

 

ここからが「借り換え」のポイントです。

B社で借りた30万円を、A社の返済に充てます。

 

A社の借金を完済後はB社の借金の返済のみが残り、金利が3%下がったので、結果的に「支払う利息が減る」ということになるのですね。

 

消費者金融と比べると銀行カードローンのほうが最大融資額は高めに設定してあるため、大きな金額でも借り換えが可能かもしれませんよ。

ただし、最近では銀行も総量規制を意識して年収の三分の一以上の借り入れを自主規制していますので、必ずしも大金を借り入れることができるというわけではないので注意して下さい。

 

借り換えとおまとめローンの違い

借り換えとおまとめローンは同じものとして認識されることもありますが、正確には借り換えの手段のひとつとしておまとめローンが存在しています。

 

おまとめローンとは複数の消費者金融や銀行から借り入れている場合、その借り入れを一本化することを目的に融資を受けるものです。

 

おまとめローンは複数の借り入れ先を1カ所にまとめるのに対し、借り換えは今借りているひとつのカードローン会社を別のカードローン会社にすることをさしているのですね。

 

 

借り換えローンを組むメリット

借り換えローンを組むことによるメリットは、2つあります。

  1. 低金利になり支払う利息が減る
  2. 自分に合った銀行を選択し直すことができる

 

低金利になり支払う利息が減る

たとえば、50万円の借り入れをしたとしましょう。

金利が18%の消費者金融カードローンから、15%の銀行カードローンへ変更したとしましょう。

 

完済するまでの期間が変わらなければ、金利が低い方が支払総額は安くなりますし、金利が下がったことによって少しずつ余裕ができ、1回の返済額を増やすことができれば、それも大きなメリットですよね!

借り換えをすると、金利が下がり月々の支払いが楽になりますね。返済によって生活が圧迫されている人や、少しでも利息の支払いを減らしたい人にとってはメリットの多い方法といえるでしょう。

自分に合った銀行を選択することができる

また、借り換えは利用する銀行自体を変えるため、自分にとってより使い勝手のよい銀行を選ぶことができます。

 

普段の行動範囲に支店の多い銀行や、webでの返済に対応している銀行などを選ぶと、利便性が高くなり、返済や借入、残高照会などがしやすくなりますよ。

引っ越しなどで住まいを変えて、周りの環境が変わってしまった方は、思い切って借り換えをしてみるのもよいかもしれませんね。

借り換えをした方がいい人はこんな人!

メリットから考えてみると、次の2点に該当する人は、借り換えを検討するとよいかもしれません。

  1. 金利が高いカードローンを利用している
  2. 毎月の返済額が高く、生活が苦しい

 

①金利が高いカードローンを利用している

 

金利相場

消費者金融系カードローン

18%

銀行系カードローン

15%

 

消費者金融系のカードローンは、銀行系のカードローンよりも金利が高い傾向にあります。

 

消費者金融系のカードローンを利用していて、生活が苦しいと感じている人は銀行系の低金利のカードローンを利用するとよいかもしれませんね。

 

②毎月の返済額が高く、生活が苦しい

カードローンの支払いが生活を圧迫している人は、借り換えを利用することで月々生活費として使えるお金を少しでも多く捻出することができるかもしれません。

 

また、カードローンを借り入れたり返済したりするための提携先ATMが少ないなど、使い勝手に不満を感じている場合も借り換えをしたほうがよいといえるでしょう。

 

銀行によっては、web上で24時間いつでもキャッシングを申し込むことができたり、コンビニのATMを利用したりすることができます。

自分にとって利用しやすく使い勝手のよい銀行ローンを探している人は、借り換えを検討してみるのもひとつの方法ですよ。

借り換えローンのデメリット

メリットのある借り換えローンですが、もちろんデメリットもあります。

  • 借り換え先の選択ミス
  • 審査に時間がかかる

 

借り換え先の選択ミス

せっかく金利を下げるために借り換えをしたにもかかわらず、借り換え先を選び間違えることで利息が増え、支払い合計が増えてしまう可能性があるのです。

 

毎月の返済額が減ると、元金を減らしていくペースが落ちてしまいます。

元金を減らさないと、月々支払う額のほとんどが利息分になってしまうので注意しなければならないのです。

 

場合によっては、利息ばかりを支払い、なかなか完済できないという状態になりかねません。

 

また、毎月の返済額が減ることで、返済回数が多くなる可能性もあります。

 

すると結果的に利息が多くなり、返済合計額が増えてしまうかもしれませんよ。

乗り換えるカードローンを利率や返済期間などさまざまな視点に着目し、借り換えの意味があるものを自分で選びましょうね。

審査に時間がかかる

借り換えローンは新たな借り入れ先に変更するため、審査ももちろんおこなわれます。

 

これまではカードローンの審査に通過していたのに、借り換えローンは通過できないということも珍しくありません。

 

審査によって、申し込み者がきちんと返済できるのかを見極めるため、過去の返済トラブルを含む金融事故に対してはとくに厳しくみられるでしょう。

 

 

こんな人は借り換えをしない方がいい!?

デメリットから考えてみると、以下の2点に当てはまる人は、借り換えしない方がよいでしょう。

  1. 目先の優待サービスにくらんで申し込んでしまう人
  2. 自己破産や過去5年間の延滞で信用情報にキズがついている人

 

目先の優待サービスにくらんで申し込んでしまう人

借り換え先を探していると、金利の優遇や、ポイントの付与無利息期間優待サービスなどさまざまな特典を打ち出している銀行や消費者金融を見かけるはずです。

 

どの特典も魅力的でお得に見えるかもしれませんが、その特典を利用したいという目的のみで借り換えをするのは危険です。

 

なぜなら、借り換えの本来の目的は、現在よりも金利を減らすことで支払い総額を下げることにあります。

 

特典目的で借り換えると、かえって金利が高くなったり、支払い期間が伸びて支払い総額が増えたりするリスクがあるため注意が必要です。

 

自己破産や過去5年間の延滞で信用情報にキズがついている人

自己破産や過去5年間の延滞など、信用情報にキズがついている人も借り換えをしないほうがよいといえるでしょう。

 

信用情報にキズがついた状態だと、信用度や返済能力が低いと判断され、借り換え審査に落ちてしまう可能性が高いです。

 

審査への申請や審査に落ちたという履歴も信用情報に残ってしまういわゆる申し込みブラックの状況に陥ってしまうかもしれません。

 

そうなると、今後新たにカードローンを申し込む際に不利になってしまいます。

 

信用情報に自信がない人は信用情報のキズがクリアな状態になるまで待ってから借り換え申請をおこなうとよいでしょう。

 

 

借り換えをする際の注意点

信用情報にキズをつけない

信用情報機関に保管されている情報は共有されるため、新たな借り入れや借り換えなどの審査時には、過去の借り入れ状況がすべて借り入れ先にわかってしまうのです。

 

そのため、自己破産をはじめとする債務整理はもちろん、延滞や滞納といった金融事故を起こしていると借り換えの審査にも通りにくくなってしまいます。

 

債務整理と滞納、延滞は5年間、自己破産は10年間信用情報から記録が消えないため、そのあいだに借り換えを申請するのは避けましょう。

 

ただし、銀行によって審査基準は異なるので、延滞や滞納であれば2年~3年程度の期間を開ければ審査に通過することもあります

信用情報に不安がある人は、まずは返済実績を作ることを意識し、その後申し込むようにしましょうね。

 

金利と返済総額の確認

借り換えをするときには金利にばかり目がいきがちですが、返済総額を確認することを忘れてはいけません。

 

ホームページで返済シミュレーションツールを提供している銀行もあるため、利用してみるとよいでしょう。

返済期間もチェックしてくださいね。
あまりにも返済期間が長くなると、返済総額が高くなるので気をつけてくださいね。

 

借り換え先を選ぶポイント

借り換え先を選び間違えると、金利が低くなるどころか支払い総額が高くなり損をする可能性もあります。

 

そうなってしまわないためにも、まずは自分のニーズを明らかにして選ぶポイントに優先順位をつけましょう。

 

とにかく返済金額が高くて困っている

借り換えを希望する多くの人は、利息を下げるために金利が低い借り換え先を優先して選びます。

 

とくに消費者金融系のカードローンは金利が比較的高めに設定されているため、金利の低い銀行カードローンへの借り換えを選ぶとよいでしょう。

 

また、なかには月々の返済額が高く、生活を圧迫している人もいるかもしれません。

 

カードローンによっては、その金額は少なくとも何円以上と定められているため、あらかじめその金額を調べたうえで借り換えをおこないましょう。

 

また、フリーローンであっても借り換えに利用できる、借り換えに向いていると銀行が打ち出しているものもあります。

そういった商品を選ぶと、月々の返済額が低く設定されていることが多いのです。

提携ATMの手数料に困っている

利用しているカードローンによっては、提携ATMを利用してお金を引き出したり入金したりするたびに、手数料が発生するケースがあります。

 

とくに長期的な返済を計画している場合、利用するたびに手数料がかさんでいきます。

 

銀行カードローンには、手数料が全くかからないものもあるため、利便性にも着目しながら借り入れ先を選ぶとよいでしょう。

 

ATMを利用した際にかかる手数料だけでなく、さまざまなパターンの借り入れや返済時の手数料を確認しておくことが大切です。

 

また、提携先が多ければ多いほど、好きなタイミングで好きな場所で返済や借り入れが自由におこなえます。

 

三菱UFJ銀行など、とくにメガバンクが取り扱っているカードローンは、豊富に提携先があるため利便性に優れています。提携先にも着目して選んでみるとよいでしょう。

 

カードローンの借り換えの方法は?

私がA社からB社へ借り換えを行うと仮定して、借り換えの流れを見てみましょう。

借り換え先を決めたら、審査の際に必要な書類もそろえておくようにしましょうね。

基本的に本人確認書類の提出は必須で、借りたい金額によっては収入証明書類も必要となります。

 

申し込む際には、必ず借り換えが目的の借り入れであることを伝えてください。

 

融資が決まり実際に融資が実行されたら既存の借り入れをすべて完済し、完済後にはカードローンを解約してくださいね。

現在利用しているカードローンの全解約を借り換えの契約条件としている場合もあります。
確実にすべての会社から解約するようにしておきましょう。

借り換えにオススメな銀行

【借り換えのおすすめ1】じぶん銀行

じぶん銀行

金利

2.2%~17.5%

限度額

10万円~800万円

じぶん銀行は、とくにauユーザーにとって優待性の高いカードローンです。

 

借り換えコースを選べば、auユーザーは1.7%~12.5%と低い金利での借り入れが可能です!

 

また、申し込みから借り入れまで、24時間申し込むことができ、必要書類もすべてwebで提出となるため便利ですよ。

 

auユーザーには専用の申し込みフォームが用意されており、より簡単に手続きができます。

 

さらにカードローンを利用することで、auのポイントが付与される特典もあり、お得です。

 

返済や借り入れは全国のコンビニで24時間365日利用でき、さらに手数料もかかりません。

借入残高によっては1,000円からの返済が可能なので、月々の返済額を減らしたい人にもぴったりなカードローンといえますね。

 

【借り換えのおすすめ2】みずほ銀行

みずほ銀行

金利

2.0%~14.0%

限度額

10万円以上800万円

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行で住宅ローンを組むとさらに金利が年0.5%引き下がるうれしいサービスがあります!

 

借り入れたお金は事業以外であれば自由に利用できるため、借り換えにももちろん利用可能です。

 

申し込みはwebですべて完結できるため、すぐに利用したい人や忙しい人にぴったりですね。

 

キャッシュカードとカードローン専用カードの2種類から選択でき、口座開設後、キャッシュカードを選択した場合は手元にあるキャッシュカードですぐに利用開始できます。

 

ATMはみずほ銀行だけでなくコンビニATMなど提携先が多く、時間外手数料も発生しないため利便性が高いといえるでしょう。

申し込み時に満20歳以上66歳未満で安定した収入があり、保証会社の保証を受けられることが申し込み条件となっています。
保証人や担保は必要ありません。

 

【借り換えのおすすめ3】オリックス銀行

オリックス銀行

金利

1.7%~17.8%

限度額

10万円~800万円

オリックス銀行のカードローンは、とくにリボ払いでクレジットカードを利用している人の総支払い額を、借り換えて金利を下げることで減らすための見直しを推奨した商品です。

 

提携ATMからの借り入れや返済が可能で、終日手数料はかかりません。

どの提携ATMを利用しても、1,000円単位の借り入れが可能なので、借りすぎてしまう心配も少ないでしょう。

 

提携ATMは銀行や郵便局、スーパー、コンビニなど全国に9万9,000台以上もあるため、思いついたときにさっと利用できるのがメリットといえますね。

 

借入残高が30万円以下だと、月々7,000円からの返済が可能です。

 

申し込み時に満20歳以上69歳以下であり、原則安定した収入が毎月ある人が利用できますよ。

 

また、日本国内に住んでおり、保証会社の保証が受けられることも利用条件のひとつです。担保や保証人を用意する必要はありません。

 

また、オリックス銀行カードローンは審査をふたつの保証会社に依頼しており、どちらかひとつでもOKをもらえれば借り換えをすることが可能ですよ。

 

【借り換えのおすすめ4】イオン銀行

イオン銀行

金利

3.8%~13.8%

限度額

10万円~800万円

イオン銀行カードローンは、入会金も年会費も担保も保証人も不要のカードローンで、事業系資金以外であれば自由に使うことができるため、借り換えにも向いています。

 

金利は年3.8%~13.8%となっており、口座開設も不要で、限度額の範囲内であれば、1,000円単位での借り入れが何度でもできますよ。

 

イオン銀行ATMとコンビニATMを利用して返済や借り入れをすれば、24時間365日手数料がかかりません。

 

契約まですべてスマホやパソコンなどを利用し、web上で完結できるためスムーズで、申し込みからカードの受け取りまでは、最短5日程度で終了します。

 

利用限度額は最大800万円なので、複数のカードローンを借り換えすることも可能です。

 

日本国内に居住しており、契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満であることが利用条件となります。

 

さらに、安定かつ継続した収入が見込めることも条件ですが、自営業やパート、アルバイトなど雇用形態は問われず専業主婦(主夫)も申し込みの対象ですので、あきらめていた方は一度検討してみてもよいのではないでしょうか?

ただし学生の申し込みはできませんので注意してくださいね。

 

借り換え以外の対策方法はある?

支払い総額を減らしたり、月々の返済額を減らしたりするために、借り換え以外の方法として挙げられるのが目的別ローンです。

 

目的別ローンとは、マイカーローンのように、使い道が決められたローンを指します。

 

ブライダルローンやバイクローンなどさまざまなジャンルの目的別ローンがあるため、それぞれの申し込み条件をクリアしている場合に借り換えの代用として申請してみるとよいでしょう。

 

あくまでも目的別ローンであるため、明確な資金使途を持ったうえで申し込む必要がありますので注意して下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

 

現在借りている借り入れ先から金利の低いカードローンへ借り換えることで、低金利のものに変えることによって、支払う利息が減り生活が楽になるかもしれませんね。

 

ただし、目先の優待サービスにくらんで申し込んでしまってはいけません。

 

自分の住んでいる地域に提携先を持っている銀行や、ATM手数料がかからないなど、自分の返済計画と照らし合わせて借入先を慎重に選ぶようにしましょう。

 

また、借りている借金の数が複数ある場合はおまとめローンを検討してみましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。