ホーム >  銀行カードローン

バンクイックはどんなカードローン?特徴から返済まで詳しく解説!

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
給料日前なのにお金が足りない・・・
冠婚葬祭などで急にまとまったお金が必要になった・・・」
などなど、お金が足りなくて頭を抱えたくなる状況を経験した方は少なくないでしょう。

お金がないときの解決策として「増やす」「節約する」「借りる」という3つの方法がありますが、一番早く解決できるのは「借りる」という選択肢です。

 

しかし、「借金」という言葉に対していろいろな不安を持つかと思います。今回はそんな方でも安心して相談できるカードローンの「バンクイック」をご紹介します。

 

カードローンとはそもそも何なのか?という疑問から、返済や増額のことまで解説します。

また、なぜ安心できるのか?という部分もわかりやすく解説していますので、カードローンが初めての人でも安心してお読みいただけますよ

 

 

そもそもカードローンとは?基礎知識をご紹介

カードローンを簡単に説明するとお金を貸してくれるサービスになりますが、貸し出し方に少し特徴があります

 

一般的なローンを利用して金を借りるときは担保・保証人というものが必要です。

お金を借りる人がお金を返せなかったときにお金を貸した人がもらうものを担保、お金を借りた人の代わりにお金を払ってくれる人のことを保証人といいます。

 

カードローンは担保・保証人を用意しなくてもお金を借りることができるのです。

なぜなら、カードローンは担保のような「物」ではなく、借りる人の年収などといった「支払いができる能力」を信用してお金を貸しているからです。

 

カードローンを扱っている会社は2種類ある

カードローンには大きく分けて、銀行カードローン消費者金融カードローンの2種類があります。どちらもカードローンの使い方は同じですが、実はそれぞれ会社の形態が違うんです。

  • 銀行:お金を貸す以外にも預金を取り扱っている銀行業
  • 消費者金融:お金を貸すことを専門にしている貸金業

 

お金を貸すことで発生する金利で利益を得ているところは同じですが、預金サービスの有無の違いがあるため、別々の業種になっているんです!

 

つづいて、銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いを表にまとめてみました。

 

金利

総量規制の有無

初回借入までの時間

銀行

消費者金融

総量規制という、普段聞きなれない言葉が出てきて「どういうものだろう?」と思った人もいるのではないでしょうか?

 

総量規制とは、カードローン利用者のお金の借り過ぎを防ぐために決められたルールで、年収の3分の1を超えてお金を借りることができないように規制されています。

たとえば年収300万円の人が消費者金融カードローンで借りたい場合、最大で借りられる金額は100万円までです。

銀行カードローンは年収に関係なくお金を借りられるようになっています。
しかし、最近では銀行カードローンでも、年収の1/3までしかお金を貸さないように自主規制しているところも多くなっているようですね。

バンクイックの特徴を知ってみよう!

では、そろそろ本題にはいりましょう。ここでは、バンクイックの特徴について説明していきます。

 

全国のATM手数料が無料で、月々の返済額も低いので返済がしやすい

バンクイックの基本情報

金利

1.8~14.6%

融資限度額

10~500万円

ATM手数料

無料

月々の最少返済額

2,000円

口座開設の必要

なし

以上がバンクイックの基本的な情報になります。とくに注目しておきたいところは、ATM手数料と月々の最少返済額の少なさでしょう。

 

ATM手数料

全国のコンビニや銀行ATMの手数料が、時間に関係なく無料で利用できます。

 

口座の引き出しなどで「ATM手数料がかかるのが気になる」と思ったことがある人もいるのではありませんか?

全国のATM手数料が無料のバンクイックであれば、そのような気持ちから解放されるので気軽に利用することができます!

 

また、ATMでのバンクイックの受付時間は、ほぼ24時間(0:10~23.50)です。

 

忙しくてなかなか時間が取れない人でも、ちょっとコンビニによるだけですぐに借入・返済できてしまいます。

 

月々の最少返済額

月々の最少返済額とは、お金を借りた人がその月に返さなければならない返済額の最少金額のことです。

上記の表には2,000円とありますが、月々の最少返済額は借入残高によって変わってきます。表にすると以下のようになります。

借入残高

月々の最少返済額

10万円以下

2,000円

10万円超え~20万円以下

4,000円

20万円超え~30万円以下

6,000円

30万円超え~40万円以下

8,000円

40万円超え~50万円以下

10,000円

50万超え以降~

借入残高が10万円増えるごとに2,000円増加

残高が10万円増えるごとに、2,000円ずつ増えているのがわかりますよね。

月々の返済額が少ないと、生活に余裕を持って返済をすることができます。

 

また、金利をかけたくない場合は最少返済額より多く返済することによって、最終的にかかる金利を減らすこともできますよ。

 

大きな銀行なので信用度が高い

バンクイックは銀行が取り扱っているカードローンです。銀行といえばお金の管理のプロですし、消費者金融には馴染みがなくても、銀行にはいつもお世話になっているという人も多いことでしょう。

 

また、三菱UFJ銀行は三井住友銀行やみずほ銀行を含んだ3大メガバンクに選ばれているほどの大きな銀行だということはご存じでしたでしょうか?

 

メガバンクとは、利用者や総預金残高が多い銀行のことをいいます。3大メガバンクに選ばれるほどの大きな銀行だということは、それほど信用度が高いといえますよね。

 

テレビ窓口により誰にも知られずにカードローンを利用できる

お金を借りることの何よりの不安は「借金を誰かに知られたら恥ずかしい!」という後ろめたさではないでしょうか?

バンクイックであれば、テレビ窓口を利用することによってカードローンの契約を知られずにお金を借りることができます。

 

テレビ窓口とは、オペレーターと画面を通じて会話をしながらさまざまな手続きをおこなうことができるサービスです。

 

カードローンの契約を知られない理由を説明しましょう。

それは、テレビ窓口はバンクイック以外の手続きにも使われるサービスだからです。

 

消費者金融はお金を貸すことを専門にしていると先ほど説明しました。

消費者金融の窓口に入った人を見たら、利用した人がお金に困っていることは簡単に想像できるでしょう。

 

ですが、テレビ窓口を利用する人は新規口座の開設や登録情報の変更目的で来ていることもあるため、カードローンの契約だと言い切れることはできません

そのため、誰にも知られずにカードローンを契約することができるのです!

 

テレビ窓口の受付時間は以下のようになります。

テレビ窓口の営業時間 ※()内はバンクイックのみ受付

平日

9:00~18:00(9:00~20:00)

土曜日・祝日

10:00~18:00(10:00~18:00)

日曜日

バンクイック受付のみ(10:00~17:00)

※店舗によって営業時間が異なる場合があります

※12/31~1/3日と2/11日は休業日

 

営業時間を見てもらえるとわかる通り、受付時間が長いうえに土日祝日にも対応しています。

ただし、カードローンの利用を知られたくない人は、バンクイックのみの受付時間である平日18:00~20:00時と日曜日のテレビ窓口の利用は避けたほうが無難です。

ネット申し込みの場合

また、ネット申し込みでも同様に誰にも知られずにお金を借りることができます。

方法は、テレビ窓口でカードを受け取るようにするだけです。

 

ネット申し込みのメリットは、24時間いつでも申し込みができるところです。

 

テレビ窓口で申し込みをおこなう場合、申込情報の入力や審査結果までの待機時間がかかるため、普段忙しくて、まとまった時間がとりにくい人にとっては利用しづらいのではないでしょうか?

 

ですが、ネット申し込みであれば、時間ができたときにいつでも申し込みができますし、審査結果までの待機時間を自由に使うこともできるのです。

聞きたいことがあればすぐにオペレーターに相談できます。
どちらの申し込み方法もメリットがありますので、自分に合った方法で申し込みをしてみましょう!

良いところだけじゃない?バンクイックの気になる点

バンクイックには、利用するうえでちょっと気になるところもあります。 バンクイックの良いところ・気になるところを理解したうえでカードローンを選びましょう!

無利息期間が無い

バンクイックには無利息期間というものがないため、お金を借りた翌日からすぐに金利が発生しています。

ただし、金利は安いので長期的な借入を考えているのであればバンクイックがおすすめです。

 

30日以内での利用しか考えていないのであれば、無利息期間のある消費者金融カードローンのほうが向いているのです。

 

申し込んだその日にお金を借りることができない

今までは銀行カードローンでも申し込んだその日のうちにお金を借りることができたのですが、2018年1月以降すべての銀行カードローンで、申し込んだその日のうちにお金を借りることができなくなってしまいました

 

その理由は、暴力団などの人たちにお金を貸すことを規制するために、銀行は警察庁にカードローン申込者の情報を送らなければならないというルールができたからです。

 

銀行と警察庁のやりとりが終わるまでには少なくとも翌日までかかってしまいます。そのため、申し込んだその日のうちにお金を借りることができなくなってしまったということなのです。

 

確認しよう!バンクイックに向いている人・向いていない人

ここまででバンクイックの特徴についての説明は終わりです。

ですが、「このカードローンで本当にいいのだろうか?」と迷ってしまいますよね?

 

つづいてバンクイックに向いている人と向いていない人をご紹介します。本当にこの会社で大丈夫なのか?と迷ってる人は参考にしてみてください。

バンクイックに向いている人

  • 信用度の高いところからお金を借りたい人
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っている人
  • 無理のない返済プランを立てたい人
  • 借りていることを周囲に知られたくない人
  • 金利やATM手数料にお金をかけたくない人

バンクイックに向いていない人

  • 無利息期間での返済を考えている人
  • 申し込んだその日にお金を借りたい人

 

バンクイック総評

いかがでしたでしょうか。バンクイックは、ほかのカードローンよりも金利やATM手数料による出費を抑えられるのが嬉しいところです。

それに加えて、月々の最少返済額が低くて無理なく返済できますのでマイペースにカードローンを利用したいあなたにおすすめです!

 

また、テレビ窓口などのサービスも充実していますし、大手銀行ならではの信頼感があります。

そんな安心と信頼感のあるバンクイックを、あなたの愛用するカードローンに選んでみませんか?

 

申込からお金を借りるまでの流れ

つづいて、申込からお金を借りるまでの流れを説明します。
また、バンクイック公式サイトにはお試し診断というバンクイックの申込資格の有無を確認できるサービスがあります。
申込をおこなう前に、まずはお試し診断をしてみましょう!

申込方法と必要書類

まずは申込に必要な書類について確認しておきましょう。

身分証明書類は、有効期限が過ぎていないもので現住所の記載が必要です。

 

バンクイックで50万円より大きな金額のお金を借りたい場合は収入証明書が必要です。

こちらも身分証明書と同じくいずれかひとつがあれば問題ありませんが、追加で収入証明書類を求められる場合があるようです。

 

収入証明書に関する詳しい解説は【必見!よく見るアレが役に立つ!収入証明書のすべて】をご覧ください。

申し込み方法

申し込み方法は、上記の5つの方法から選ぶことができますよ。

 

2つの審査と在籍確認電話について。在籍確認電話でカードローンはばれる?

バンクイックの審査は「仮審査」「本審査」があり、2回にわたっておこなわれます。それぞれの審査の内容について確認しましょう!

仮審査

仮審査では申込情報の確認と与信審査をおこない「安定した収入の有無」と「支払い能力の有無」を判断して、審査の合否と利用限度額を決めます。

 

与信審査とは、信用情報機関とよばれる会社に、現在の借入状況・延滞記録の有無などの

信用情報を照会する審査のことをいいます。与信審査で見られる項目は、以下のものとなります。

  • 過去のクレジットやローンの取引履歴(延滞などの事故情報も含む)
  • 債務整理や自己破産の有無

 

本審査と在籍確認電話について

本審査では、申込情報と提出書類を確認して、記入事項に間違いやウソがないかの確認をおこないます。また、在籍確認電話は本審査のタイミングで来ることが多いようです。

 

在籍確認電話がきっかけで、勤務先にカードローンの利用を知られてしまうのではないか?」と疑問を持つ人もいるかもしれませんが、そのような心配は無用です。

 

在籍確認電話のオペレーターは、バンクイックではなく三菱UFJ銀行と名乗ってくれるため、カードローン関係の電話であることを知られないように配慮してくれますよ。

 

カードを受け取る方法、お金を借りるまであと少し!

カードの受け取り方法は郵送テレビ窓口の2種類があります。郵送の場合は時間がかかるため、テレビ窓口を利用したほうが早くお金を借りることができます

 

ただし、テレビ窓口でカードを受け取りたい場合は運転免許証が必要です。運転免許証が無い場合、郵送でのカード受け取りになってしまいますので注意しましょう。

 

バンクイックの審査に落ちるケース

申込からの流れは大体つかんできたと思います。カードローンの審査の基準は安定した収入返済能力の有無です。

自分では問題ないと思っていても、以下のようなケースで審査に落ちてしまう場合があります。

  • 収入が安定していない
  • 短期間で3つ以上のカードローンを申し込んでいる
  • ほかのカードローンの契約数が多すぎる
  • 自己破産や債務整理をおこなっている
  • 支払い延滞などの返済トラブルをおこしたことがある

 

とくに気にしておきたい点は上の2つです。カードローンは安定した収入がある人にお金を貸しているため、年収が極端に低いと審査に通るのは厳しいようです。

 

また、短期間で3つ以上のカードローンを申し込んでいる状態のことを申し込みブラックといい、カードローン会社からはマイナス評価として見られてしまいますので、注意しておきましょう。

申し込みブラックについて気になる人は【複数申し込みはなぜアウト?申し込みブラックの疑問に回答します!】をチェックすることをおすすめしますよ。

 

返済方法について解説!余裕を持って返済を

お金を借りることだけでなく、返済についても確認しておきましょう。

ここでは、バンクイックの返済方法や返済期限について解説していきます。

 

3つのなかから選べる返済方法の種類

バンクイックには3つの返済方法があります。

それぞれ違った特徴がありますので、状況によって返済方法を使い分けて、賢く返済してみましょう!

振込

三菱UFJダイレクトというインターネットバンキングから振込が可能です。ネットがあればどこでも返済がおこなうことができますが、15時以降の支払いの場合、振込日が翌日になってしまうので気を付けましょう。

ATM支払い

全国の銀行やコンビニのATMで支払いができます。ATM手数料は無料で使えますし、バンクイックの受付時間は0:10~23:50分と、ほぼ24時間受け付けています。

 

ATM支払いは、ほかの支払い方法よりも当日の受付時間が長いため、ほかの支払い方法の当日期限に間に合わなかった場合にATMを利用するという使い方もできますよ。

自動支払い

返済期日の19時に、三菱UFJの普通預金口座から自動で引き落としをおこなうことができます。

口座振替には書類の提出が必要で、手続きが終わるまでに1週間程度かかります。

 

返済期日について

返済期日は、借入日から35日周期指定日を選択の2種類の方法から自由に選んで返済することができます。

後から返済期日を変更することもできますので、どちらも試してみて自分が返しやすいと思った返済期日を選んでみましょう!

返済日から35日間の場合

お金を借りた日の翌日から35日後までの期間が返済日になりますので、この期間であればいつ返済しても構いません。

ただし、返済した次の支払い期日は返済した翌日から数えて35日間になるため、早く返済してしまうとその分返済スピードも速くなってしまいます

指定日を決めて返済する場合

月々の返済が可能になるのは指定日の14日前からです。

14日以前に返済をすることは可能ですが、その月の返済額にカウントされないため返済するときは注意しておきましょう!

 

増額はどうする?メリット&デメリット

以下のケースにひとつでも当てはまったら増額を検討してみてください。

増額に必要な書類や申込方法は、カード申込のときと同じですよ。

  • 年収が大きく上がった
  • 利用開始から半年以上使用していて、返済に遅れたことが無い
  • 増額の案内が届いた

増額のメリット

増額をすると金利が下がりやすいというメリットがあります。バンクイックでは、利用限度額によって金利が決められています。たとえば、100万超え~200万円以下であれば13.6%の上限金利が適用されます。

増額のデメリット

ただなんとなく増額を申請するのはおすすめできません。なぜなら増額申請をした場合、逆に利用限度額が減ってしまうリスクがあるからです。

増額の審査基準はカード申込のときと同じです。カード申込のときよりも年収が低くなっていたり、転職したばかりで勤続年数が少なくなっていたりする場合は申込をしないでおきましょう。

 

まとめ

この記事を見ている人のなかでは、大きなお金を借りること自体が初めてだという人も多いのではありませんか?

 

カードローンは怖いものと思ってしまいがちですが、金利や返済のことをしっかりと理解して賢く利用していれば、カードローンは決して怖いものではないのです!

 

この記事を通じて、あなたのお金の悩みが解決できたら幸いです。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします