ホーム >  かしこいお金の使い方

お得なクレジットカードが知りたい!選ぶ基準を知ればすぐ見つかる

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
クレジットカードを作るならお得に使えるカードが欲しいと思いませんか?

どんなカードが自分にとって一番お得なクレジットカードなのか、色々と調べれば調べるほど種類も多くて迷ってしまいますよね…。

 

また、クレジットカードには多くの注意点もあり、使い方にも気を付けなければなりません。

 

そこで今回は、どんな機能を重視して使いたいかという状況別におすすめのクレジットカードを厳選してご紹介します。

 

みなさんにとっての「クレジットカードを選ぶ基準」を考えらながら読み進めていただくと、よりよい答えが見つかるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

お得なクレジットカードとは?

はっきりいいますと「だれにとってもお得なクレジットカードはない」というのが答えになります。

 

もう少し詳しくいうと、クレジットカードを使う人の状況や年収、どんな特典を受けたいか、人によってお得だと感じるポイントが違うということです。

 

ここで突然ですが、現在どれぐらいのクレジットカードの種類があるのかご存知ですか?

 

ズバリ…!

100種類以上、1000種類以上、中には1億種類以上あるなんていわれてるんです!

 

これだけの種類の中から「なんでもいいからお得なカード紹介して」といわれても選びようがありませんね。

 

しかし、クレジットカードを選ぶ基準を決めておくと、自分にぴったりのクレジットカードが案外簡単に見つかるのです。

 

まずは「こういう特典が欲しいな」と思う方が多いであろう状況を考え、いくつかお得なクレジットカードを紹介させていただきますね!

 

年会費無料でお得に使いたい

楽天カード

Yahooカード

ポイント還元率でお得に使いたい

オリコ・ザ・セレクト

イオンカード セレクト

ステータスでお得に使いたい

SPGアメックスカード

ラグジュアリーカード

マイルを貯めてお得に使いたい

ANA

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス

・スカイトラベラー・カード

魅力的に感じるクレジットカードがありますか?
もう少し細かな情報を見ていくと、さらに利用してみたくなることでしょう。
ぜひ、最後まで読んでみてください!

【年会費無料でお得に使いたい】

近頃は年会費無料のクレジットカードをよく耳にすると思いますが、実際は、条件を満たせば年会費無料となっているところも多いんです。

 

そこでまず、とりあえず持っておきたいと考える人がいざ使ったときでも特典を受けやすく、持っているだけでも「永年年会費無料」で使えるクレジットカードをご紹介します。

 

楽天カード

基本情報

年会費

永年無料

還元率

1.0%~4.0%(100円につき1円分)

追加カード

家族カード(年会費無料)

ETCカード(年会費540円)

※ダイヤモンド、プラチナ会員、プレミアムカードは年会費無料

国際ブランド

MasterCard

VISA

JCB

AmericanExpress

【機能】

・楽天Edy

・楽天ポイント楽天EdyやANAマイレージに交換可能)

【提携先】

マクドナルド、IDEMITU、くら寿司、ミスタードーナツ、DAIMARU、マツザカヤ、Joshin、PRONTなど。

普段から、使う機会の多いお店と提携しており、効率よくポイントを貯めることができます

楽天カードは何といっても、ポイントが使えるお店も多くポイント還元率が良いというところがポイントです!
初めてクレジットカードを持つ方には非常に使いやすいカードではないでしょうか?
また、「9年連続で顧客満足度No.1という安心感」ありますね!

Yahooカード

基本情報

年会費

永年無料

還元率

1.0%~3.0%

(Yahoo!Japanサービス利用時3.0%)

追加カード

家族カード(年会費無料)

ETCカード(年会費500円)

国際ブランド

MasterCard

VISA

JCB

【機能】

・Tカード(クレジット利用で100円につき1ポイント)

【保障】

・プラチナ保障(月額490円)

 

Yahooカードで購入した商品に関連するトラブルが起きたときに、Yahoo! JAPANが補償金をお支払いするサービスです。

安心して利用できるポイントですね。

Yahooカードは、Tポイントカードと一体型になっているのがいいですよね!
Yahooショッピングでのポイント還元率も高く、全国のTポイント加盟店でどんどんTポイントを貯めて利用することができます。

【ポイント還元率でお得に使いたい】

次に、ポイントの還元率を重視したカードを紹介したいと思います。

 

普段、買い物をするときに支払いをクレジットカードですることが多い主婦の方や、お金の管理が上手な女性の方などが一番気になるところだと思います。

 

クレジットカードの還元率は1.0%以上なら優秀だといわれているのですが、「たったの1.0%?」と思うかもしれません。

 

しかし、1.0%だとしても使う頻度が多くなれば「ちりも積もれば山となる」と同じように大きな差になってきます。

 

少しでもポイント還元率の高いカードで、お得に利用しましょう!

 

オリコ・ザ・ポイント

基本情報

年会費

無料

還元率

常に1.0%以上

(100円で1オリコポイント)

追加カード

家族カード

ETCカード

※どちらも年会費無料

国際ブランド

MasterCard

JCB

※オリコ・ザ・ポイントUPtyはMasterCardのみ

【還元率】

・常に1.0%以上入会後6か月間はポイント還元率が2倍、上限5000オリコポイント)

・オリコモール利用で+0.5%のオリコポイント

・500オリコポイントから各種提携先のポイントに交換可能

 

Amazonギフト券、Tポイント、楽天ポイント、ANAなどさまざまな提携会社のポイントとして利用できるため、それぞれに合わせた使い方ができそうですね!

【機能】

・電子マネーiD

・QUICPay(クイックペイ)

 

2種類搭載されており、チャージ不要で後払いで決済可能で便利に利用できます

【保険】

・紛失、盗難補償

・旅行傷害保険海外は自動付帯、国内は利用付帯と異なる

・ショッピングガード(最高100万円、利用付帯

オリコ ザ・ポイントカードは、とても優秀な還元率を持つカードだと評判です。
オリコポイントを交換して利用できるポイントの種類が豊富で、利用しやすいですね。
また、入会特典の6か月間のポイント2倍もとても魅力的だと思います。

イオンカード セレクト

基本情報

年会費

無料

還元率

0.5%~1.0%

※200円につき1ときめきポイント

(利用法によっては400円につき1ポイント)

追加カード

家族カード

ETCカード

※どちらも年会費無料

国際ブランド

MasterCard

JCB

VISA

【還元率】

・0.5%~1.0%

 

イオンカードセレクトには、イオンならではのお得なポイントがたくさんあります。

毎日のお買い物にうれしいですね!

 

※クレジットの利用200円につき1ときめきポイント(利用方法によっては400円に1ポイント)

※イオングループ対象店舗ならときめきポイントが2倍

※毎月20・30日は「お客様感謝デー」で買い物が5.0%OFF

イオン銀行のATM手数料無料、同行他行でも振込手数料無料

※55歳以上対象で、毎月15日は「G.G感謝デー」で5.0%OFF

※公共料金の支払いで1件につき毎月5WAONポイント

【機能】

・ApplePay

・イオンiD

・WAONオートチャージ機能付き)

 

キャッシュカード、クレジットカード、電子マネー、WAONが1枚で利用可能なので、カードがかさばって財布がパンパンになる心配もありませんね

【保険】

・カード盗難保障無料付帯)

イオンカード セレクト は、全国的にイオン系列のお店は多いのでポイントを貯めやすく利用しやすいカードといえるでしょう。
地域によっては、県のほとんどの人が「イオンカードを持っているところがある」なんて話もあるようですよ。

【ステータスでお得に使いたい】

クレジットカードには「ステータス」というランクがあります。

 

下から「シルバーカード(年会費無料、普通カード)、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード」とあり、高いほど優待特典がよくなったり空港ラウンジの利用ができたりと、お得なポイントが変わっていきます。

 

ただ、サービスが良くなる分カードによっては、年会費が数万円かかるものもありますので、生活に余裕のある方や仕事である程度のステータスが必要な方に「お得なクレジットカード」といえるでしょう。

 

それでは、ステータスを重視したクレジットカードをご紹介していきます。

 

SPGアメックスカード(スターウッドプリファードゲストアメリカンエキスプレスカード)

基本情報

年会費

31,000円+消費税

還元率

1.875%

追加カード

家族カード

※年会費15,500円+消費税

ETCカード

※年会費無料

JR東海エクスプレス予約サービス

※利用代金は自動決済

国際ブランド

AmericaExpress

【特典】

・カード会員にはSPG「ゴールドエリート」の会員資格が提供

・SPG参加ホテル直営レストラン、バーで15.0%OFFアルコール対象外

・空港ラウンジの利用(カードとチケット提示で同伴者1名まで無料

・手荷物無料宅配サービス

・エアポート送迎サービス

・空港パーキング

・無料ポーターサービス

・海外用レンタル携帯

・レンタカーの国内利用5.0%OFF

・旅行傷害保険自動付帯

 

こんなにたくさんの特典が…さすがですね!

本来であれば「ゴールドエリート」の資格は、年間25泊以上の宿泊をした場合に付与される会員資格のようです。

SPGアメックスカードステータスで選ぶ定番のカードで、なにより、マリオットリワード共通の会員資格である「ゴールドエリート」が付与されるというのはうれしい特典です。

ラグジュアリーカード(チタン)

基本情報

年会費

50,000円+消費税

還元率

0.5%~0.75%

※国内利用で最大1.5%

※海外利用で常時国内の2倍

追加カード

家族カード

※年会費15,000円

国際ブランド

MasterCard

【優待特典】

・コンシェルジュサービス(24時間365日対応)

・ラグジュアリーアップグレード人気レストランでコース料理のアップグレードなど)

・ラグジュアリーダイニング(全国200店舗で2名以上所定コース予約で1名分無料)

・全国映画館優待(全国のTOHOシネマズで毎月1回無料)

 

リッチな気分を味わうのに、最適の1枚です…!

【トラベル優待】

・プライオリティパス世界1200以上の空港ラウンジサービス利用が無料)

・国内空港ラウンジ(日本国内、韓国、ハワイの主要空港ラウンジ利用が無料)

・国際線手荷物宅配無料

・空港リムジン、トラベルクレジット

・旅行傷害保険

・海外手荷物配達サービス

 

飛行機をよく利用する方なら、プライオリティパスがあるのは非常にうれしいポイントではないでしょうか?

出発前に、ゆっくりとした時間を過ごせますよね。

ラグジュアリーカードは2016年11月に日本に上陸した、珍しい金属製のクレジットカードになっていて、持っているだけでも自慢になりそうです!
とてもVIPな気分を味わえそうですね。

【マイルを貯めてお得に使いたい】

最後にご紹介するのは、旅行によく行く方や仕事の出張で長距離の移動が多い方には重要なポイントになる、マイルを重視した「お得なクレジットカード」をご紹介したいと思います。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

基本情報

年会費

7,000円+消費税

還元率

1.0%

※100円で1ポイント

追加カード

家族カード

※年会費2,500円+消費税

国際ブランド

AmericanExpress

【還元率】

・1.0%

 

※「ポイント以降コース」入会で登録期間中ポイント無期限有効

ANAグループでのカード利用でポイントが1.5倍

※入会後1か月以内に3回利用すれば、1000ポイント加算

※「ポイント以降コース」は、年会費6,000円

【マイル】

・入会ボーナス1000マイル

・ANAカードマイルプラス提携店利用で100円=1ポイント加算

・毎年カード継続で1000マイル獲得

・好きな時に1000ポイント単位からマイルへ移行可能

【特典】

・空港ラウンジ利用可能

・手荷物無料宅配サービス

・旅行傷害保険自動付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・カード年会費はかかりますが、ポイントに有効期限なく使えたり毎年継続してカードを利用すれば1000マイル貯まったりと、ANAを使う人のためのクレジットカードといえますね。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

基本情報

年会費

10,000円+消費税

還元率

1.5%

※対象航空会社の航空券購入で3.0%

追加カード

家族カード

※年会費5,000円+消費税

国際ブランド

AmericanExpress

【還元率】

・1.5%

 

※入会ボーナス3000ポイント、毎年カード継続で1000ポイント加算

ポイント有効期限なし

※対象航空会社28社の航空券購入でポイント3倍

※航空会社や指定旅行代理店なら1ポイント=1円で利用可能

※ホテルや指定以外の旅行代理店で1ポイント=0.3円で利用可能です。

【マイル】

・1マイル=1.5円換算

・提携航空会社15社のマイルに移行可能

 

各航空会社のマイレージ・プログラムへの登録必須ですが、1社に絞らずさまざまな航空会社のマイルに移行できるのは大きなメリットでしょう。

【特典】 

・空港ラウンジ利用可能

・航空便遅延費用保障

・旅行傷害補償自動付帯

・手荷物無料宅配サービス

アメックス・スカイ・トラベラー・カードは、ポイントの還元率がよく、提携航空会社15社のマイルに移行できるのでポイントの利便性が高いカードになっていますよ。
保険に関しては、どちらも自動付帯になっているので安心ですね。

サブカードを持つとさらに便利

いくつかの状況に別けて「お得なクレジットカード」を紹介してきましたが、ここでは知っておきたいポイント「サブカード」について少しお話しさせていただきます。

 

ん?サブカードって?

と思う方もいらっしゃいますよね。

 

じつは、クレジットカードは1枚よりも2枚以上持っている方が便利なんです!

 

自分に合ったカードが見つかればそれ1枚をしっかり使い込むのもいいんですが、1枚では補えない部分も出てきます。

 

そこで役に立つのが「サブカード」なんです!

 

メインカードにはない機能

まず初めに、メインカードにはない機能を補うために持つサブカードです。

 

ショッピングは現金派だという方や旅行も年に1~2回しか行かないといった人は、ショッピングや旅行のときに得をするクレジットカードは持ちませんよね?

 

頻繁には使わないけどたまにポイントはやっぱり気になる…

という人もいるでしょう。

 

そこで出番となるのがサブカードなんです!

 

自分の行動範囲にあるお店で、ポイントを貯められるように2~3枚くらい持っておけば無駄なく有効に使えるでしょう。

使いすぎには気を付けたいですが、サブカードを持つことはおすすめですよ。

緊急時に役立つ

次に紹介するのが、緊急時用です。

 

現在クレジットカードは利用できるところも多く、とても便利なカードです。

国内、海外どちらで使うにしても、旅行のときはとても役に立ちますよね。

 

しかし、クレジットカードを1枚しか持っておらず、旅行先でそのカードが使えなくなったらどうしますか?

 

カードで払うつもりだったから現金がない…

なぜかカードで決済できない

 

サブカードを持っていれば、こんな緊急時でも対応できるかもしれません。

このような問題に直面する前に、ぜひ予備に持っておくことをおすすめしますよ。

 

国際ブランドは主に5種類

ここからは少し「お得なクレジットカード」の話しからそれますが、クレジットカードを持つなら必要な知識になりますのでぜひ読んでくださいね。

 

クレジットカードを申し込みするときに「JCB」や「VISA」などを選択すると思いますが、なぜでしょうか?

それは、この「国際ブランド」の違いが「利用できる場所の違い」となるからなんです。

 

「Yahoo」や「楽天」はカード発行会社になっていて、「JCB」「VISA」などを国際ブランドといいます。

 

日本で主に利用されるのはこの5社になります。

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • AmericanExpress
  • DinersClub

 

海外での利用に向いているものもあれば日本国内に向いているもの、高級なお店での利用に向いているものと、選ぶ国際ブランドによっても違いがあります

 

意外と知っているようで知らない「国際ブランド」の違いや特徴をご紹介しますね。

 

JCB

  • 国際ブランドの中で唯一の国産ブランド
  • 日本国内での発行枚数はナンバー1
  • 日本国内での加盟店が多く普段使いにおすすめ

VISA

  • 日本国内での知名度が高い
  • 世界でのシェアがナンバー1
  • カード会員数が世界で13億人以上、加盟店は2400万店舗以上
  • 国内、海外どちらでも利便性が高い

MasterCard

  • VISAに次いでシェアの高いブランド
  • 会員数や加盟店がVISAと同等くらい
  • 国内、海外どちらでも利便性が高い

AmericanXpress

  • ステータスの高いカードの定番
  • 加盟店は劣るが一流のホテル、レストランの優待サービスや空港ラウンジの利用など特典が充実している
  • JCBと提携しているので日本での利便性は高い

DinersClub

  • ステータスの高いカード
  • 世界初のクレジットカードといわれている
  • 社会的に地位がある人や富裕層に好まれる
  • 高品質のサービスではあるが積極的に一般向けに展開していないので利便性は低い

クレジットカードを利用するときの注意点

クレジットカードは便利なものですが、気を付けないと損をしたり大変なことになったりすることもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

ポイントの有効期限

クレジットカードには還元率があり、支払い金額に対してポイントが付与されます。

 

そして、そのポイントを別のポイントに変えたりして利用するものが多いと思いますが、カードによってはポイントに有効期限があります

 

せっかく貯めたポイントを無駄にしないためにも、自分の持っているクレジットカードのポイントの有効期限をしっかりと確認しておきましょう。

 

保険の適用条件

クレジットカードには「旅行傷害保険」など様々な保険が備わっているものも少なくありませんが、「保険が付いているなら安心だな」と油断していると、適用外で全額実費なんてことにもなりかねません。

 

なので、どんな条件で保険が適用されるのかを確認しておくこともとても大切なことです。

 

そこで、よく見られる「利用付帯」と「自動付帯」の意味を改めて確認しておきましょう!

利用付帯

旅行先への移動、出国までの移動で公共交通料金を支払う際や旅行会社へのツアー代金を支払うのに、クレジットカードを利用しなければ保障を受けることができません

自動付帯

クレジットカードを持っているだけで、手続きや登録の手間もなく保険が適用されます。

 

使いすぎには注意

それでは最後に、クレジットカードを使う上で最も重要なことをお教えしますよ。

 

それは、「使いすぎには注意する」ということです。

 

メインカードと合わせてサブカードを持つことをおすすめしましたが、カードを何枚も持つということは、使いすぎてしまう危険性が高くなるということにも繋がります。

 

ついつい使いすぎてしまうと、高額請求やリボ払いの悪循環から抜け出せなくなってしまうかもしれませんので、使いすぎにはくれぐれも注意してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

数えきれないほどの種類があるクレジットカードですが、どういった目的をもってカードを利用したいのかがわかれば、「お得なクレジットカード」が見つかるかと思います。

 

自分にとってお得なカードが見つかれば、あとは、ポイントを貯めて使うもよし、マイルを貯めて旅行に行くもよし、優待サービスを利用するもよし、と最大限にカードの機能を使うのがいいでしょう。

 

ただ、有効期限や保険の適用条件、使いすぎには注意してくださいね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします