ホーム >  各種ローン

バイクローンのすべて!バイクを買う前に見なきゃ損!?

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
突然ですが、みなさんはバイクローンについてご存知でしょうか?
たとえば、車を購入するためにマイカーローンを組むことがありますよね!
バイクローンもこれと同じようなもので、バイクを買うために組むローンのことなんです。

車に比べれば安いものですが、それでもまとまったお金は必要になるでしょう。

 

また、単純にバイク本体の購入資金だけではなく維持費や保険などの諸費用が重なるため、なかなか購入できないという人もいるのではないでしょうか?

 

そんな人にとってうれしいサービスが、このバイクローンです!

 

今回は、バイクローンの基本的な情報だけではなく気になるバイクローンの審査など、あらゆる観点からバイクローンを解説してまいります!

 

SMBCモビット

アイフル

バイクローンとは?

バイクローンとは、バイクを購入するときの費用をローンを組んで支払う仕組みのことです。

 

マイカーローンや住宅ローンと同じように、「バイクを購入する」という目的のために利用するローンと考えるとよいでしょう。

 

ローンを組むということは、お金を借りるということです。

お金をもらったわけではないので必ず返済しなければなりません。

 

バイクローンの契約をしてバイク本体を受け取ったあと「分割して購入代金を支払うことによって返済していく」ということを理解しておきましょう。

 

借りたお金の使い道が決まっている「目的別ローン」について

バイクローンのように使い道が決まっていて、その目的以外には利用することができないローンのこと目的別ローンといいます。

 

バイクや車は高い買い物ですから、貯金するとなると長い期間かかりますよね。

そのあいだに欲しいバイクはなくなってしまう可能性がありますし、早くバイクに乗って楽しみたいのに悲しい思いをするかもしれません…。

 

しかし、バイクローンを利用すれば返済は分割になるけれど、すぐにバイクを手に入れることができるのです!

ローンを組むことで欲しいバイクをすぐに手に入れられますし、貯金に使う時間もいらなくなるので、利用する価値は大いにありそうです!

バイクを購入するときに使えるローンの種類

バイクローンは、購入したバイク店以外でも契約することができます。

自分に合った方法でバイクローンを利用するとよいでしょう。

バイク店でローンの契約をする

バイクを購入するときに、購入する店舗でローン契約をする方法です。

バイク店での契約

メリット

購入のときにすぐ契約できる。

デメリット

ローン完済までバイクの所有者がローン会社になることもある。

その場ですぐに手続きができるのはとても楽ですね。

しかし、ローンをすべて払い終えるまではバイクの「所有者」がローン会社となってしまうことがあります。

つまり、購入した本人は、完済するまでバイクの「使用者」となります。

 

専門ディーラーでローン契約をする

バイク店ではなく、専門のディーラーが用意したローンを契約する方法もあります。

専門ディーラーでの契約

メリット

ディーラーで購入したときには、その場ですぐ契約できる。

デメリット

ローン完済まで、バイクの所有者が信販会社となることもある。

信販会社とは、たとえばホンダファイナンスなど、分割払いで商品を買いたい購入者に代わって「購入者がきちんと払ってくれるだろう」と信用して代金を立て替えておいてくれる金融機関のことです。

 

バイク店での契約と同じように、完済するまでは所有者は信販会社となることが多いようです。

バイク店での契約も専門ディーラーでの契約も、完済するまでは「バイクを借りている」というようなイメージですね。
ローンを払えなければ、バイクを没収されてしまうこともあります。
これは、所有権がバイク店や専門ディーラーにあるからなんですね。

銀行でローンの契約をする

銀行が提供しているマイカーローンを利用するという方法もあります。

 

マイカーローンと聞くと「自動車にしか使えないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、バイクを購入するときにも利用できるんです!

銀行での契約

メリット

金利が低い

デメリット

契約のために書類が必要な場合もあり面倒なこともある。

契約のときに、見積書などの書類を必要としている銀行もあります。

バイク店やディーラーでの契約手続きに比べると、少し面倒を感じることがあるかもしれませんね。

 

では、ここで、バイクローンとマイカーローンの違いをみてみましょう。

バイクローン

マイカーローン

金利約8.0~10.0%

手続きが早くて簡単

融資まで早い

所有権はバイク店

金利約2.0~5.0%

書類が多く手続きが面倒

融資まで遅い

所有権は自分自身

購入する人によってどの部分を重視するかはそれぞれですが、一般的に大きな違いとなるのは「金利」ではないでしょうか?

 

金利とは、お金を借りるとき(ローンを組むときなど)に、借りたお金に対して発生する利息(手数料のようなもの)を割合で表した数字のことです。

 

利息は単なる数字(金額)で表記されるのに対し、金利は「」で表記されます。

具体例:100万円を3年間で返済するときには発生する利息の差は?

それではここでひとつ、具体例を見てみましょう。

金利

金額

期間

1回の返済額

総返済額

3.0%の場合

(三井住友銀行)

1,000,000円

3年

29,081円

1,046,904円

97,872円

9.0%の場合

(オリコ)

1,000,000円

3年

31,799円

1,144,776円

比べてみると、金額や期間が同じであれば、金利が高い方が返済額も大きくなってしまうことがよく分かりますね。

生活に無理のない範囲で返済できるように、できるかぎり低金利のローンを選ぶことが大切ですね。

カードローンを利用する

最後は、カードローンを利用するという方法です。

みなさんは、カードローンについてどんなことをご存知でしょうか?

 

消費者金融」「金利が高い」「なんとなく怖い…」「返済が大変…

いろんなイメージがあることでしょう。

カードローンの特徴は?

カードローンとは、担保や保証人なしでATMやインターネットでお金を借りることができる、個人向けの融資のことです。

主に、銀行や消費者金融で取り扱っています。

 

借りたお金は、一部を除いて自由に使うことができるので、趣味や旅行、生活費としても使うことができるんですよ。

 

もちろん、バイクの購入資金として利用することも可能です。

カードローンを契約

メリット

審査が比較的スピーディーで申し込みも簡単

お金の使い道が決められていない。

デメリット

金利が高い。(約14.0%~18.0%

融資額は年収などによって制限されることもある。

カードローンは、インターネットや銀行などで簡単に申し込みができます。

審査が通れば、ATMでお金を引き出すことができるので、とても便利に現金を用意できることが大きな特徴です。

カードローン利用時にはここに注意!

しかし、マイカーローンなどに比べて金利が高いのは、ひとつ欠点といえるでしょう。

 

また、利用者の年収によって借りられる金額に制限がかかってしまうことがあることも注意です。

 

これは、総量規制というルールによる影響です。

総量規制とは、借りすぎによって生活が破綻することを防ぐために年収の1/3までしかお金を借りられないという決まりで、消費者金融のカードローンに適用されます。

 

マイカーローンやバイクローンは総量規制の対象ではないので、年収などと照らし合わせてとくに問題がない場合は年収を超えてでもローンを組むことができます。

しかし、カードローンはこの総量規制によって制限されてしまうのです。

 

購入しようと考えているバイクが少額であればカードローン高額であればバイクローンマイカーローンというように、使い方を分けてみるのもポイントとなるのではないでしょうか?

銀行のカードローンはこの総量規制の対象ではありませんが、自主規制という形で年収に対して制限をかけている銀行が多いということも知っておきましょう。

残債方式とアドオン方式の違いを理解しよう!

バイクローンでローンを組む場合、2つの返済方式がある点に注意しましょう。
バイクローンの金利だけでなく返済方式にも目を向けることによって、バイクローンで得をしやすくなりますよ。

残債方式とは?

残債(ざんさい)方式とは、次の支払いまでの期間ごとに利息を計算して、毎月ローンを返済していく返済方式になります。

身近な例でいえば「リボルビング払い」がこれにあたるでしょう。

 

この返済方式の特徴としては、現在残っている元金に対して利息が計算されるというところです。

もう少しイメージしやすいように例を挙げてみましょう。

残債方式で返済する場合のシミュレーション
実質年率10%・100万円のバイクローンを毎月5万円で支払う場合

  1. 元金×実質年率×利息がかかる期間÷1年の日数=利息(A)
  2. 毎月の支払額-利息=元金から減る金額(B)
  3. 元金-元金から減る金額=返済後に残った元金(C)

 

 

借入時点の状況

1か月目

2か月目

元金

1,000,000円

958,219円(C)

(-41,781円)(B)

916,094円(C)

(-42,125円)(B)

利息

×

8,219円(A)

7,875円(A)

(-344円)

このように、支払い回数が進むごとに元金が減っていき、それに応じて利息金額も減っていくことがわかると思います。

そのため、早く返済するほど利息を節約できる返済方式といえるでしょう。

ちなみに、このケースの最終的な利息金額は約10万円前後で、完済までの支払回数は約22回になります。
今回は1か月を30日として計算しており、実際にかかる利息金額や元金の減りには多少の誤差が出てくるのでご了承くださいね。

アドオン方式とは?

アドオン方式とは、先に支払い回数を決めてから完済までの利息を計算し、「元金+完済までの利息」を支払い回数で割った金額を返済していく返済方式になります。

ショッピングローンでたまに見られる返済方式です。こちらも例を挙げてみましょう。

アドオン方式で返済する場合のシミュレーション
アドオン率10%・100万円のバイクローンを24回払い(2年間)で支払う場合

 

毎月の支払い金額

返済回数

利息金額

残債方式

(実質年率10%)

50,000円

約22回

約100,000円

アドオン方式

(アドオン利率10%)

50,000円

24回

200,000円

アドオン方式の計算には「アドオン率」というものが用いられますが、同じ割合でもいざ計算してみると実質年率と比べて利息金額に大きな差があるのです。

 

ちょっと怖いな・・・」と思うかもしれませんが、現在では「アドオン利率」という表記をすることは禁止されており実質年率表記に直すことが義務付けられています。

正規の業者では、利率の名前を誤解してローンを組んでしまうことはまずないといえるので、そこは安心してくださいね。

結構気になる?アドオン方式のデメリット

残債方式とアドオン方式、結局どちらがいいの?」と迷ってしまうかもしれません。

しかし、返済をするときのことを考えるのであれば、「残債方式」でバイクローンを組んだほうが後々得をしやすいでしょう。

 

なぜなら、アドオン方式はデメリットが大きい返済方式だからです。

アドオン方式は利息の計算方法の都合上、繰り上げ返済(追加返済)をしても最終的にかかる利息金額を減らすことはほぼできないようになっています。

 

そのため、値段の高くないバイクの代金を短期間で返済するつもりなのであればアドオン方式でローンを組むのも選択肢としてはありかもしれません。

 

逆に長期の返済を考えたり、高価なバイクを買ったりするのであれば、繰り上げ返済によるメリットが大きい残債方式での支払い方式にするほうがよいといえるでしょうね。

 

バイク購入時にかかる費用はいくら?

では、実際にバイクを購入するときにはどんな費用がかかるのでしょうか?

 

バイクの購入には、バイク本体の代金以外にもさまざまな費用がかかります。

いわゆる諸経費というもので、維持費や税金などです。

  • ガソリン代
  • 自動車重量税
  • 軽自動車税
  • 自動車損害賠償責任保険料
  • 印紙代
  • 納車整備手数料
  • 登録代行手数料

 

このように、多くの税金や維持費が必要となってきます。これらは、バイクの大きさによっても変わってくるんです。

 

参考程度に、50cc~400cc以上のバイクについてそれぞれを平均した諸経費をご紹介します。

  • 原動機付き自転車(50cc~125cc)約25,000円
  • 軽二輪自動車(126~250cc)約60,000円
  • 小型二輪自動車(251cc~400cc)約80,000円
  • 大型自動二輪車(400cc以上)約95,000円

 

エンジンが大きくなるほど諸経費も高くなっています。

たとえば小型二輪自動車(251cc~400cc)で本体価格が50万円だとすると、平均の諸経費が約80,000円となりますので、合計して58万円が必要となります。

 

購入したあとに「思ったより高くて生活が苦しいな…」なんてことがないように、諸経費についても考えて購入することが大切です。

 

申し込みの条件と審査について

ここで、みなさんが気になっている申し込みや審査に関して詳しく解説してまいります。

審査と聞くと、不安になってしまいますよね…。

しかし、事前に知っておくことで不安を減らすことができるのです…!

 

申し込みの条件

バイクローンを申し込む際には、いくつか条件があります。

年齢

申し込みできる人はバイクローンだと18歳以上が一般的です。

18歳以上であれば学生の方でも利用可能ですが、銀行マイカーローンは20歳以上の方でないと利用できません

安定した収入

また、安定した職業に就いて「安定した収入がある」という点も重要なポイントです。

安定した収入とは、「毎月入る継続した収入」と考えましょう。

必要な書類

申し込みに必要な書類

バイクローン

マイカーローン

身分証明書

振込先の銀行口座

銀行に届出をしている印鑑

身分証明書

年収が確認できるもの

借入れ状況の明細書

注文書など利用目的が分かる書類

申し込みに必要な書類は、バイクローンとマイカーローンによって違ってきます。

バイクーローンに比べて、マイカーローンに必要な書類は少し多いですね…。

できるかぎり早くローンを契約できるように、あらかじめ用意できるものは早めに用意しておくようにしましょう。

 

審査でチェックされるポイント

審査でどのような点がチェックされるのか、気になる人が多いのではないでしょうか?

チェック項目は、たとえば以下のようなものです。

  • 安定した収入があるか
  • 転勤を繰り返していないか
  • 他社で複数の借り入れをしていないか
  • これまでに支払いの返済や口座振替などを滞ったことはないか
  • 希望する金額は多すぎないか

 

チェック項目からも分かる通り、「返済する能力があるのかどうか」を審査によって判断しているのです。

 

返してもらえるかどうか分からない人とローン契約をすることは、お金を貸す側にとってはリスクですよね?そんな人ばかりと契約すると、会社の倒産にもつながってしまうでしょう。

 

お金を貸すことは、ローンを提供する側(信販会社や銀行など)にとって利益になりますが、返してもらわなければ損するだけなんです。

これまでの支払い履歴や借り入れ状況など、詳しい情報まで確認されることとなります。
不安がある方は事前に信用情報機関に確認してみることをおすすめします!

返済での利息の負担を減らす方法は?

  • できる限り低金利のローンを選ぶ
  • 短期で完済できるよう追加返済(臨時返済)を利用する

 

一般的に1~60回で分割返済するように設定できます。

どちらのローンにもいえることですが長期化するとその分利息が増えてしまうのです。

無理のない範囲でできるかぎり早く返済するようにしてください。

 

追加で返済したいときは、ローン会社に追加で返済したいことを伝えれば専用の振込口座を教えてくれます。

積極的に利用して、負担を減らしていきましょう。

 

ただし、生活に支障が出ては元も子もありません…!

ボーナスが入ったときなど余裕があるときにはぜひ追加返済(繰り上げ返済)してくださいね。

また、追加返済は残債方式のローンで有効な利息の節約方法です。
アドオン方式の場合、追加返済のメリットは少ないため注意が必要ですよ!

バイクローン返済中にバイクを売ることはできる?

経済的な事情で、自分のバイクをお金に換えたい

バイクに乗らなくなってしまった

 

このようなケースになり、バイクを売りたくなるときが来るかもしれません。

ですが、バイクローンの返済中に自分のバイクを売ることができるのか気になるところですよね。

 

バイクローンの返済中にバイクを売ることができるかどうかは、自分のバイクの所有権が誰のものかによって違います。

バイクの所有権は?

バイク店のローン

ローン会社

ディーラーローン

信販会社

マイカーローン

自分

カードローン

自分

このなかでいえば、バイクの所有権が自分のものである「マイカーローン」と「カードローン」で購入したバイクのみバイクローン返済中でもバイクを売ることができます

 

所有権が自分にあるので、バイクの処遇をどうするのかも自分の自由ということですね。

 

ただし、バイクを売ったとしてもローンの返済義務は残ります

バイクを売ったあとに残ったローンをどう返済していくのか計画を立てる必要がありますよ。

あとで「やっぱりバイクが必要だった!」と思ってバイクを買いなおすと余計にお金がかかってしまいます。
本当に不必要かよく考えてからバイク売却を検討するのがよいでしょう。

ディーラーローンのバイクを売ることはできないの?

「バイク店のローン」や「ディーラーローン」で購入したバイクの所有権は「完済するまで」ローン会社や信販会社のものです。

 

そのため、所有権が自分ではないバイクは、あくまで「他人(ローン会社など)からバイクを借りている」のと近い状態だということを忘れないようにしましょう。

 

ディーラーローンに限らず、他人の借りているものを勝手に売ること「横領罪」に抵触してしまう可能性があります。

バイクの所有権が自分のものではないバイクをオークションなどに出品するのは絶対にしてはいけませんよ!

ディーラーローンのバイクを売るなら完済してから!

しかし「どうしてもバイクを売りたい!」という人もいることでしょう。

その場合、バイクローンを全額返済してバイクの所有権が自分のものになれば、バイクの売却が可能になります。

 

バイク専門買取業者に依頼するのであれば、買取をする前にディーラーローンを立て替えをしてもらえる場合があります。

つまり、買取業者がディーラーローンを完済してバイクの所有権が自分に移ってから、バイク買取業者にバイクを売るという流れになるわけですね。

 

もちろん、ディーラーローンを立て替えてもらった分の代金は自分でバイク買取業者に返済していくことになります。

バイク専門買取業者のローンはディーラーローンよりも高くなりがちですし、こちらの場合も売る前にしっかりバイク売却後の計画を立てておくことが重要ですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

バイクローンを組むにあたって諸経費を含めた費用全体を把握しておかないと、いくら借りるのか分かりませんね。

きちんと把握しておかなければ、どんどん返済も苦しくなってきます…。

そんなことにならないよう、全体をしっかりと計算したうえでバイクローンを利用するようにしましょう。

 

ローンを組むということはお金を借りるということですから、その自覚を持って利用してくださいね。

 

それでは、今回はここまで。

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします