借入限度額はどうやって決められる?限度額について正しく知ろう!

  • 用語説明

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
カードローンをはじめて申し込みするときに「いくらまで借りられるんだろう?」と疑問を持つ人も少なくないのではないでしょうか?

各カードローンには「借入限度額(融資限度額)」が設定されています。

基本的には「300万円~1000万円」を借入限度額にしているカードローンが多いのですが、必ずしも借入限度額いっぱいまでお金を借りられるのではありません

 

なぜなら、実際にカードローンで借りられるお金の限度額は、個人の信用などの状況よって決められるからです!

この記事で借入限度額に対する知識をつけて、カードローンの申し込みの準備をしておきましょう。

 

SMBCモビット

アイフル

借入限度額ってなに?まずは基本をおさえるのがキモ

借入限度額とは

借入可能額とは、カードローン利用者が実際にいくらまでお金を借りられるかの金額のことです。

 

同じカードローンに契約したとしても、Aさんの借入限度額は200万円で、Bさんは100万円ということもあります。

 

なぜ両者の間に違いがあるのかというと、それぞれの収入や借り入れ状況、個人の信用度などを総合的に審査して、カードローン会社が決定を下しているからです。

 

また、同じ人が2つのカードローン会社に同時に申し込みをしたとしても、借入限度額は異なることもあります。

これは、各カードローン会社が独自の基準で審査をしているためです。

借入限度額を決めるための基準は、基本的に各会社の裁量に任せられていますよ。

 

カードローン会社にも借入限度額が設定されている

もちろん、カードローン会社にも借入限度額は設定されています。

カードローン利用者はいくら年収や返済実績があっても、カードローン会社で定められている借入限度額以上のお金は借りることができないのです。

 

たとえばプロミスの借入限度額は500万円なため、500万円を超えるお金を借りたい人には向いていないカードローンといえるでしょう。

とはいえ、相当年収が高くないと500万円以上のお金を借りることはできないため、あくまで知識程度として覚えてみてくださいね。

借入限度額は3つの要素から決まる!総量規制との関係

結局、自分はカードローンでいくら借入できるんだろう?」と気になる方も多いでしょう。

 

カードローン利用者の借入限度額は上記イラストのような3つの基準を考慮して決められますが、「審査」については各カードローン会社で基準が違っています

そのため、残念ながらあなたの借入限度額が具体的にいくらになるのかを断言するのは難しいのです。

 

しかし、「ローン会社の借入限度額」と「総量規制」には明確な基準があるので、ある程度の予想を立てておくことは可能といえます。

この記事を読んで「自分がカードローンを利用したら借入限度額はいくらになるのか」の予想を立ててみましょう。

「ローン会社の借入限度額」は先ほど説明したとおりですが、総量規制とはどのようなものなのか気になりますよね。
次の項で詳しく解説しましょう!

総量規制とは

借入限度額の決め方はカードローン会社の裁量に任せられることも多いですが、法律によって制限されてもいるので覚えておきましょう。

 

消費者金融に対して有効となる貸金業法では、「総量規制」という規則を設けています。

総量規制では年収の3分の1までしか借り入れができないというものです。

 

たとえば、年収450万円の人は150万円までしか借り入れできないことを意味します。

それ以上の借り入れを行いたければ、借り入れしている分を返済して減らすほかありません。

 

複数社の借り入れもカウントされる

複数の会社から借り入れを行っている場合でも、合計額が年収の3分の1を超えて借り入れすることはできません

 

さらに、複数のカードローン会社と契約していたり、クレジットカードのキャッシング枠を利用していたりする人は注意が必要です。

 

たとえば、年収450万円の人がカードローン会社A社から100万円を借りており、加えてクレジットカード会社B社でのキャッシングが30万円、クレジットカード会社C社でのキャッシングが20万円あったとしましょう。

 

これだけですでに年収の3分の1である150万円に達しているため、これ以上の借り入れをおこなうことができません。

 

ただし、詳しくは次の項で話しますが総量規制には例外もあるので、ほかのローンを組んでいたとしても必ずしも総量規制に影響するとは限りません

 

自動車や住宅ローンは対象?総量規制には除外や例外がある

すでに述べたように、総量規制には除外と例外があります。

 

除外と例外の違いは、前者の借入額が年収の3分の1には含まれないのに対し、後者は年収の3分の1として借り入れした額が総量規制の対象とはなるものの、それ以上の借り入れが可能という点です。

つまり、返済能力があると認められれば総量規制の例外のローンで収入の3分の1以上の借り入れができるのです。

総量規制の除外対象

総量規制が除外される具体例は以下のようになります。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 高額医療費の貸付
  • 不動産担保貸付

 

すでにこれらの契約をしている場合でも、年収300万円の人は事実上100万円までの借り入れを行うことができます

また、自動車ローンだけでなく「バイクローン」も総量規制の除外対象です。

バイク購入を考えている人や、バイクローンの返済中だという人には朗報ですね。

総量規制の例外対象

一方、総量規制の例外には、借り換えローンといった「顧客が一方的に有利である借り換え」や「配偶者貸付」「緊急性のある医療費の貸付」などがあります。

 

さらに、「個人事業者に対する貸付」「つなぎ資金のための貸付」総量規制の例外です。

 

総量規制は消費者を保護するためにあるので、基本的に消費者が不利になるようなルールにはなっていません

 

医療費やつなぎ資金など、すぐにでも必要なお金に関しては例外と定められています。

総量規制の除外と例外を知ることはときに大変役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

 

銀行からの融資は総量規制の対象外だったけど・・・

総量規制は消費者を守る目的で作られたルールですが、人によっては多少リスクがあったとしても、年収の3分の1以上の融資を受けたいというケースもあるでしょう。

 

その場合は、貸金業法ではなく銀行法に基づいて貸し付けをしている銀行系カードローンを利用するのが適していました。

しかし、2018年から銀行カードローンでも総量規制と同じような自主規制が各銀行でおこなわれているようです。

 

総量規制は貸金業法にあるルールで、貸金業者として登録されている会社にのみ適用されるのが一般的です。

そのため、貸金業法とは無関係の銀行では、以前は年収の3分の1でも貸し付けをおこなうことは可能でした。

 

ですが、貸し付けに対する規制が厳しくなり、総量規制のない銀行カードローンの貸し付けが問題視されたのです。

多額の貸し付けを問題視されたことにより、各銀行側は銀行カードローンでの貸し付けを「自主規制」というかたちで制限しています。

つまり、現在は銀行カードローンで借り入れをおこなっても、年収の3分の1を超える融資はできないということですね。

隠れ借金に注意!クレジットカードのショッピングとキャッシングの違い

ショッピング枠は借金とはみなされない

クレジットカードはよく「短期的な借金をしているようなもの」と形容されることがあります。

 

しかし、実際にはショッピングでの利用は借り入れとはみなされないので、総量規制やカードローン審査の対象外です。

リボルビング払いであったとしても同じで、ショッピング枠ならいずれもカウントされません。

 

一方、キャッシングには注意が必要です。

キャッシングは総量規制の対象であるため、借入限度額に影響を与えます

 

たとえば、年収が600万円で、複数枚保有しているクレジットカードのキャッシングが合計で200万円であれば、どの消費者金融系カードローンに申し込みをしたとしても、返済が終わるまで融資を受けられません

現在保有しているクレジットカードのキャッシング枠を使わないのであれば、解約することをおすすめします。

審査では結局のところ何を基準にしているか

審査では信用情報を基準にしています。

そのため、個人信用情報に傷がついていたり、何も情報が記載されていないスーパーホワイトの状態であったりすると、審査で不利になる可能性があります。

 

もちろん、個人信用情報だけではなく収入証明書なども審査対象に含まれますが、申込人が提出する書類だけがすべてではないことを覚えておきましょう。

 

個人信用情報に記載されるもの

個人信用情報とは、信用情報機関が収集した情報のことを指します。

 

記載されるもので審査に影響を与えるものは以下になります。

  • 現在、借り入れを行っているか
  • 行っている場合まだどのくらい返済額が残っているか
  • クレジットカードおよび携帯電話の支払い状況
  • 自己破産といった債務整理に関する情報(5〜10年分)

 

したがって、申込書に虚偽の記載をしても、個人信用情報と照らし合わせればすぐに見抜かれるので、絶対に虚偽の記載は避けましょう

もしも支払い遅延や債務整理を行った旨が記載されていれば、カードローンの審査自体通ることが難しくなります

 

自分の信用情報が気になるのであれば、以下の関連記事を参考にして「信用情報開示」をしてみましょう。

借入限度額は上げられる?新規で100万円は設定可能か

借入限度額は後で変更可能

借入限度額は、新規に申し込みをしたときに得られたものを一生涯利用し続けるというものではありません

 

人生において収入は上がったり下がったりするのが一般的なため、借入限度額もまた変えることができるのです。

 

しかし、借入限度額をわざわざ下げたいというケースはそれほど多くはないでしょう。

下げた場合には次に上げたいと思ったとき、所定の審査を経なければならないことがあり面倒です。

 

カードローン会社は消費者の希望した金額を審査なしにそのまま増額は行うことはしません

借り入れ限度額を増やすには、必ず増額の審査を受けなければいけないのです。

 

限度額を上げるためには何が重要か

借入限度額には総量規制の影響もありますが、「信用度」も大切なキーワードのひとつとなっています。

 

個人信用情報に問題はなく、収入も多く大手の会社で役職に勤めているという人であれば、新規で100万円の設定が可能かもしれません。

 

しかし、多くの場合は新規で100万円の借入限度額を手に入れることは難しいと考えられます。

 

ただし、新規契約での限度額が低かったとしても心配はいりません。

「カードローンの利用をする」「きちんと返済する」といったことを反復して行うことで、契約から半年以上時間が経てば増額も検討できるでしょう。

 

50万円以下なら収入証明書が必要ないところが多い

カードローン会社には、借入限度額が50万円以下なら収入証明書の提出を求めないというところも多くあります。

収入証明書が今すぐ用意できない場合は、はじめは50万円以下の限度額で契約して後で増額するやり方も選択肢の1つでしょう。

借入件数が増えないのが最大のメリット!ただし審査の結果減額になることも

増額するメリットとは

メリットとしては、低い金利での借り入れが可能となる点が挙げられます。

 

なぜなら、カードローンではたくさんのお金を借りるほど金利が低くなるシステムとなっているからです。

 

また、シンプルに借り入れ可能な金額が増えることで、今までやりたかったことができる可能性が高くなります。

 

1社からの借入額が大きくなれば複数社からの借り入れを避けられるため、返済もしやすくなるでしょう。

 

デメリットもあるので要注意

一方、デメリットには、個人信用情報に響く恐れあることが挙げられるでしょう。

 

増額は「お金に困っているのではないか」という印象を金融機関などに与えてしまうと考えられます。

そのため、安易な気持ちで増額を申請するべきではありません

 

増額はカードローン会社のほうから提案することもあるので、それまで待つのもひとつの方法です。

 

さらに、増額のための手続きが面倒という点もデメリットといえるでしょう。

審査の結果次第では現在の借入限度額より減額となる場合もあるので注意が必要です。

 

こんな人は審査を通過できない?限度額増額審査を通過できない理由

限度額の増額審査に通らないときは、以下のようなケースが考えられます。

 

まず、個人信用情報に通常の動きとは異なる異動情報が記載されている場合です。

 

支払い遅延や債務整理といった情報は、非常にマイナスに働きます。

新規に申し込みをしてから、まだ時間が経っていないのに増額の申し込みをするのも、審査に通らない確率を上げます

 

半年〜1年以上増額を待ち、その間きちんとカードローンの利用と支払いを行うことがもっとも良いといわれています。

また、カードローン契約時よりも年収が下がった場合も増額が難しくなります。

逆をいえば、年収が大きく上がったときこそ増額のチャンスといえますね。

まとめ

カードローンは使い方次第ではとても便利で役立つものです。

しかし、使い方を知らなかったり誤った使い方をしたりすると、損をしてしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

カードローンの基礎についてしっかりと理解し、賢く利用していきましょう。

カードローンには審査があるので、まずは審査に通る必要があります

 

今回紹介した借入限度額の知識を使えば、かしこくカードローンが利用できるかもしれません。

ぜひカードローンを有効的に活用し、人生の可能性を広げていきましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。