ホーム >  かしこいお金の使い方 用語説明

【必見!借入マネーガイド】自分にとって最適な借入方法を見つけよう

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
今回は「借入」について詳しく解説してまいりますが、そもそも「借入」とはどんな意味を持っていて、どんな状態のことをいうのでしょうか?

「借入」と聞くと、やはり「借金」というイメージがありますよね。

あまりよいイメージではないでしょう…。

 

見たとおり「お金を借りる」という意味ですが、じつは、借入にはたくさんの種類があるのです。

 

今すぐ借入したい!

借入ってどんな方法があるか知りたい!

借入って危なくないの?不安だな…

 

この記事を読めば、「借入」のことがまるわかりです…!

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

SMBCモビット

アイフル

「借入」とはお金や品物を借りること

借入」とは、お金を借りることです。

しゃくにゅう」と読む方もいますが、一般的には「かりいれ」と読みます。

 

お金を借りることすべてを借入といいますが、基本的には、金融機関や企業からお金を借りることを指していることが多いです。

 

たとえば、銀行や消費者金融からお金を借りることを「借入」といいますし、クレジットカードのキャッシング機能を使うことも「借入」といいます。

 

ほかにも、住宅ローンやカーローンも「借入」ですし、大学へ通うために奨学金を借りたという人がいれば、その奨学金も「借入」のひとつです。

 

「借入」と「ローン」のちがい

「借入」とよく似た言葉として「ローン」があります。

  • 借入:お金を借りること全般を指す
  • ローン:目的が決まっている借入のことを指す

少しイメージしにくいかもしれませんが、「借入」のなかに「ローン」の種類がたくさんあると考えてください。

 

お金を借りる方法はたくさんありますが、このすべてを「借入」といい

 

車を買うためのお金を借りる

奨学金を借りる

 

など、借りたお金を使う目的が決まっている借入のことを「ローン」と呼んでいるのです。

 

さらに、言葉の使い方も少し異なっています。

 

借入を「する」、ローンを「組む」のように、意味はほとんど同じでも表現の仕方が異なっているのですね。

ここまで、「借入」の意味を解説しましたが、ここからはもう少し深く、「借入の手段」について勉強していきましょう!
メリットデメリットを紹介しますので、しっかり読んでいってくださいね。

カードローンで借入

まずは、「カードローンで借入」するケースについてご紹介いたします。

 

カードローンとは、銀行や消費者金融などが提供している個人向けローンのことです。

 

初めての方はとくに、カードローンのメリットとデメリットをきちんと理解してから利用するようにしてくださいね。

カードローンなら忙しい人も手軽で便利に使える

カードローンの大きな特徴は、なんといっても忙しい人でも手軽に便利に活用することができるところでしょう。

 

カードローンは通常のローンとは異なり、担保や保証品は必要なく、審査に通れば最短その日のうちにお金を借りることができる利便性の高いローンなんです。

 

専用のカードを使って銀行やコンビニのATMでお金を借りることができ、最近ではアプリを使えばカードすら必要なくスピーディーに借入できるので、幅広く利用されています。

 

無利息期間などお得なサービスもある

また、カードローンには「無利息期間」や「即日融資」など、ほかのローンにはないお得なサービスも充実しています。

 

無利息期間サービスとは、ある一定の期間内に借りたお金を完済すれば、利息を支払う必要がないというものです。

 

カードローンに限らず、借入にはかならず「利息」が発生しますが、この無利息期間を活用すれば借りた金額以外は支払う必要はありませんから、ぜひ活用してほしいサービスです…!

 

即日融資は、その日のうちに申し込みから実際にお金を受け取るまで行ってくれるものです。

 

このサービスは非常にありがたいもので、とくに急いで現金を用意したい方や、月末や給料日前、週末や休日など、思っているより出費がかさんでしまったという方が重宝することでしょう。

 

ただし、どちらのサービスも基本的には消費者金融でおこなわれているサービスです

 

とくに即日融資は、2018年1月より銀行では事実上できなくなってしまったので、どうしても今すぐお金を借りたいという人は消費者金融のカードローンを検討してくださいね。

無利息期間も即日審査も、審査によって利用できるかどうかが決まりますので、全員が使えるサービスではないということを知っておきましょう。

カードローンは金利が高く借入可能額が少ない

手軽でスピーディーな利用を実現できるのがカードローンですが、カードローンはほかの借入に比べて金利が高く設定されていることが多いのがネックでしょう。

 

借入の種類

金利相場

消費者金融カードローン

約18.0%

銀行カードローン

約14.0%

マイカーローン

約9.0%

比較してみると、一目瞭然ですね…。

 

金利がすべてではないのですが、借入の際の「総返済額」にかかわりますのでとても重要です。

 

できるかぎり低金利のものを選ぶことが返済の負担を小さくするポイントといえるでしょう。

 

手軽で便利であるがゆえに借りすぎてしまう

また、便利であるがゆえに借りすぎてしまうという心配な面もあります。

 

銀行やATMですぐに借りられることは、まるで「自分の口座からお金を引き出している感覚」になってしまうのでしょうか…。

 

簡単かつスピーディーなカードローンですが、「借入である」「借金だ」ということは、絶対に忘れてはいけません

 

カードローン選びに注意しよう

カードローンの魅力と注意点を解説いたしましたが、「結局のところカードローンを使うことは問題じゃないの?」と不安な方もいるでしょう。

 

もちろんカードローンを使うことはダメなことではありませんし、ときに生活にゆとりを与えてくれますが、先程の注意点を忘れないことが大切です。

 

そしてなにより、「自分に合ったカードローンを選ぶ」ということが失敗しないポイントでしょう。

 

そこで、今回は選び方のポイントとなる「借入期間」と「使い方」の面から、あなたに合ったカードローンが見つかるようヒントをお伝えしますね!

長期間借り入れる予定がある人は「銀行カードローン」

借りたお金を返済するのに1か月以上かかりそうな長期間の借入となる場合は、銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

 

長期間の借入となる場合には、銀行カードローンは比較的低金利なことが多いため、最終的に返済する金額を小さくすることができるでしょう。

 

※借入金額20万円、返済期間6か月の場合

会社名

金利

返済額

三菱UFJ銀行

(バンクイック)

14.6%

208,598円

(うち、利息8,598円

アイフル

18.0%

210,627円

(うち、利息10,627円

2,000円くらいの差が出ていますね。

 

「このくらいなら…」と思うかもしれませんが、借入金額が多くなると差も広がってくるでしょう。

 

同じ期間、同じ金額を借入する場合は「低金利のカードローン」を選ぶということも視野に入れて検討するようにしてくださいね。

1か月以内に返す見込みがある:消費者金融カードローン

借入期間が1か月以内で済みそうな場合には、消費者金融カードローンのほうがよいことがあります。

 

消費者金融といっても各社で条件などは異なりますが、初めての借入の場合には、先程お伝えした無利息期間の対象となることが多いようです。

 

会社名

無利息期間

アコム

契約日の翌日から30日間

アイフル

契約日の翌日から30日間

初回ご出金翌日から30日間

上記の期間内に返済すれば余分な利息はかからないため、総返済額は抑えることができるでしょう。

 

とくにプロミスなら、「初回のご出金翌日から30日間」無利息なのですから、ありがたいですね。

このように、「完済するまで期間」を考えてみるとよいですね。
たとえば給料日が3日後なら、いくら金利が低くても消費者金融で借りたほうがお得ですし…。
ご自身の返済計画をしっかり立てるようにしましょうね。

住宅ローンで借入

結婚をする、家族が増えるなどのタイミングで住宅の購入を検討すると思いますが、そこで考えられるのが「住宅ローン」の利用です。

 

住宅ローンは、一括で住宅の購入資金を支払えない場合に組むローンのことです。

 

使い道が決まっているため金利が低い

住宅ローンは、そもそも「住宅を購入するためのローン」ですから、先程紹介したカードローンとは大きく性質が違っています

 

この使い道が決まったローンのことを「目的別ローン」といい、カードローンと比べると低金利に設定されているのです。

 

ローンの種類

金利

カードローン

(バンクイック)

年14.6%

住宅ローン

(三菱UFJ銀行)

変動金利タイプ

年0.775%

固定金利タイプ(31年~35年)

年1.79%

住宅ローンには金利が一定期間で変わる変動金利タイプと、金利が固定となる固定金利タイプがありますので、それぞれの契約で適用となる金利は変わります

 

会社によっても金利は異なっていますが、カードローンと比べると金利に大きな差があることが分かりますね。

 

もちろん、住宅ローンはカードローンよりも借りるお金も大きいですから、カードローンと比較することは少し難しいので、ここでは住宅ローンの金利をどのくらいか知ってもらえればOKです!

 

最近は、マイナス金利政策による金利の低下にともない金融面ではマイナスなイメージも多いですが、住宅ローンの金利に関しては逆で、以前よりもさらに低金利で利用できるようになりました

 

よりよい条件での利用を望んで、「住宅ローンの借り換え」を考えている人も多いかもしれませんね。

最近では、ネット申し込みによる住宅ローンの申し込みでならさらに金利が低いものもあるようです…!

住宅ローンの契約者はお得な特典が受けられることも

住宅ローンの契約者は、銀行の定期預金やカードローンの金利優遇を受けられるなど、そのほかのお得なサービスを受けられる場合もあります。

 

昨今では、どの金融機関でも預金金利が引き下げられており「預けていてもあんまり増えないな…」と感じている人が多いですよね。私も、そのひとりです。

 

でも、「これから住宅ローンを契約する!」「借り換えをする!」という人は、「住宅ローンの契約で、何かお得な特典はありますか?」と担当者に聞いてみてください。

 

(聞かなくても教えてくれることのほうがおおいですけどね!)

 

金融機関によって、特典はそれぞれ違っています

 

定期預金の金利優遇、カードローンの金利引き下げ、マイルプレゼント、引越費用の割引など、お得な特典がありますので、ぜひいろんなところで聞いてみて比べるとよいでしょう。

 

住宅ローンは長期間の契約となる

住宅の購入は「人生の大きなお買い物」といわれるように、非常に大きなお金が動きますから、いつも以上に内容を理解して、じっくりと考え選択しなければなりません。

 

住宅ローンを組めば、生活に支障がない金額を毎月一定額支払って完済を目指していくのですが、支払期間が30年35年…と、とても長期間の契約となるのが住宅ローンの最大の特徴といえます。

 

長期間の契約となるということは、その間「借金をしている状態」ですから完済するまでは気を抜けませんね。

 

簡単そうに思えますが、お子さまの教育資金や家族のけがや病気など、その他の資金配分にも気を配りながら返済していかなければならないのです。

 

契約の際は、ひとりで考えるのではなく家族やプロの方にも相談しながら、じっくりと検討するようにしましょう。

 

実際に借入となるまで道のりが長い

上記のような流れで契約が進んでいきますが、審査にも「仮審査(個人情報など基本的な情報が基準に達しているかの審査)」と「本審査(仮審査よりもさらに詳しい信用情報などをチェックする審査)」があります。

 

仮審査には1週間ほどかかり、本審査も1週間から2週間ほどかかります。

 

そのほかにも、必要な書類を取り寄せたり保証会社の審査を受けたりするなどして、契約までおよそ1か月から2か月かかるといわれていますが、不備や不足があればそれ以上にかかってしまうこともあるでしょう。

 

審査の結果、「住宅ローンを組めない」ということになることだってあるのです…!

 

バイクローンやカーローンで借入

「バイクを買おう」「車を買おう」と考えている人は、「バイクローンやカーローンでの借入」も検討していることでしょう。

 

バイクローンもカーローンも、住宅ローンと同じように「目的別ローン」のひとつです。

 

目的別ローンのため比較的金利は低い

先ほどもお伝えしたように、「目的別ローン」は金利が少し低めであることが特徴でしたね。

 

さっそく金利をチェックしてみましょう!

ローンの種類

金利相場

バイクローン

約8.0%~10.0%

カーローン

約2.0%~5.0%

あくまで平均的な金利ですが、比較的低金利ですよね。

 

ちなみに、カーローンは車を購入するときだけでなく、バイクを買うときにも利用できることもありますよ!

 

返済の管理がしやすい

バイクローンやカーローンに限らずいえることですが、目的別ローンはお金を使う目的がはっきりと決まっているためお金の管理がしやすいことも特徴でしょう。

 

カードローンは手軽で、借りたお金を自由に使える柔軟さが売りでしたが、その反面使いすぎの心配もありました。

 

しかし、バイクローンやカーローンは「バイクを買うため」「車を買うため」と、その目的以外でローンを組むことはできません

 

そのため、このローンが「何のためのローン」なのかすぐにわかる、つまり「何をするための借金」なのか把握することが簡単なのです!

 

カードローンにある無利息期間などはない

管理もしやすく低金利なバイクローンやカーローンですが、カードローンに劣る点といえば、無利息期間などのお得なサービスがないことでしょう。

 

たとえば「もうすぐボーナスが入るのに、欲しいバイクが大特価になってる!でも今はお金がない…」なんて場合、人気のバイクならきっとすぐに売れてしまいますよね。

 

そんなとき、バイクローンやカーローンを利用するのもひとつですが、カードローンを使ってバイクを買うことだってできるんですよ!

 

バイクローンやカーローンでもよいのですが、ローン契約ですからかならず返済金額には利息も含まれています

 

しかし、カードローンを契約し無利息期間を活用すれば借りた分だけで済むのですから、ローンを組むより少ない金額で済むかもしれません。

 

もし、すぐに返済できるめどが立っているなら、カードローンの利用も検討してみるとよいでしょう。

 

完済するまで所有権を持つことができない場合もある

バイクローンやカーローンの場合、分割で購入代金を支払っている状態ですから、一旦はローン会社が購入店に対して「購入代金を立て替えている状態」ということはおわかりでしょうか?

 

そして購入者は、時間をかけてローンの完済に向けて頑張るわけですが、じつは、バイクや車の所有権は「完済するまでローン会社」ということもあるようです…!

つまり、完済するまではバイクや車の「使用者」であり、もし支払いができなくなるなどの状態になると没収されてしまうこともあります。

生活福祉資金貸付制度で借入

最後に、生活福祉資金貸付制度で借入するケースについて解説してまいります。

 

生活福祉資金貸付制度とは、収入が低く銀行や消費者金融でもお金を借りられないときに、国や市区町村からお金を借りることができる制度のことです。

 

借入をするというのは「返済する義務」があるため、貸し出す会社は「かならず返済してくれる人」を審査で見極めてお金を貸しています。

 

収入が低い人は返してもらえるかわからないため、できれば貸したくないと考えるのが普通でしょう。

 

しかし、そんな人を見放すわけにはいきません。

 

そんな方々が少しでも生活を立てなおし最低限の生活ができるように」と願って国や市区町村が支援しているのが、この生活福祉支援制度の役割なのです。

 

それぞれの目的に対応できるよう多種多様な制度を用意している

生活福祉資金貸付制度は、利用する方の生活環境や年収、世帯状況などによって、多種多様な制度を用意しているのが大きな特徴です。

 

大きく分けて「低所得世帯」「高齢者世帯」「障害者世帯」の3つの世帯に対し、支援をおこなっています。

 

「働きたくても体が悪くて働けない」

「所得が低く、子どもの教育資金を準備する余裕がない」

「高齢のため、雇ってもらえない」

 

など、さまざまな事情でお金に余裕がない人にとって心強い存在なのです。

 

カードローンより低金利かつ長期間借入が可能

借入する場合は「低金利のものを、できるだけ早く返していく」というのが、負担を小さくするためのポイントでしたよね。

 

じつは、生活福祉資金貸付制度は、とても金利が低く返済期間も長く設定されているんです!

金利

利用する制度によって金利は異なりますが、1.5%~3.0%程度で利用することができます。

 

また、審査によっては無利子となることもあり、お金に余裕がない人にとっては精神的な負担も軽減することができるでしょう。

返済期間

返済にあたっては、貸す側も借りる側も早く完済することがよいということはもちろんですが、経済的な余裕がない人にとっては「返済したくてもできない」というところが本音でしょう…。

 

生活福祉資金貸制度は、一般的な借り入れに比べて、返済期間が長期で設定されていることが多いです。

 

利用する制度によって異なりますが、10年や20年ということが多いので、時間をかけてゆっくりと返済していくことができるのです。

金利は低く返済期間も長く設定されていることによって、「精神的な負担」が軽くなるというのは大きいですよね。
少しずつお金を返しながら、生活の基盤を整えていくことができるのではないでしょうか?

「貸付」であって「給付」ではない

しかし、絶対に忘れてはならないのが、生活福祉資金貸付制度が「貸付」であり「給付」ではないということです。

 

いくら低金利といっても、きちんと計画的に返済していかなくてはなりません

 

その点は、ほかの借入と同じですよね。

 

実際に借入となるまでの道のりが長い

生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯であったり高齢者世帯であったりするなど、利用できる人の条件が非常に細かいです。

 

申請した人全員が利用できるわけではありません

 

とくに、低金利でお金を借りられる制度ですから、提出する書類も多く準備にはとても時間がかかるでしょう。

 

お金がなく今すぐ借りたいという人にとっては不向きで、少し大変な手続きであることには違いありませんね。

時間がかかっても、本当に必要な方にとっては大変ありがたい制度です。
各市区町村の社会福祉協議会で相談・申し込みができますので、まずは窓口でお話してみてはいかがでしょうか?

借入にはかならず「審査」がある

ここまで、各借入方法・手段について解説してまいりました。

 

そして、どの方法にも共通しているのは「借入には審査に通る必要がある」ということでしたね。

 

審査は個人情報やお金の使い方など、一般的に考えれば「人に知られたくないもの」をチェックするわけですから、できれば避けたいものですが、審査を避けることはできません

 

また、審査でどんなことをチェックしているのか正式に公表している会社はありませんから、チェックされるポイントを予想し、対策するしかないのです。

 

ただ、チェックされるポイントというのは大体どの会社も同じで、ある程度予想し対策できるので、これから審査を受けようとしている人はぜひチェックしていただきたいと思います…!

 

審査は「返済能力」を見極めている

審査項目は、主に以下のような点です。

  • 基本的な個人情報
  • 勤務先や年収、安定した収入を得ているか
  • クレジットカードやローンの利用状況

 

つまり、審査で何をチェックしているのか?

この答えは、ズバリ、「きちんと返済してくれるかどうか」です!

 

貸したお金を回収できなければ、銀行や消費者金融は事業を続けていくことが難しくなるでしょう。

 

ですから、回収できる見込みがあるか細かな審査をおこない見極めているのです。

在籍確認はそれほど心配する必要はない

審査の最終確認として、「在籍確認」があります。

 

在籍確認とは、「本当に申込者がその勤務先に在籍しているか」を確認するための審査の一つです。

 

残念なことに、なかには、うそをついて申し込む人がいるんですね…

 

在籍確認自体はとても簡単なもので、本人が出なくてもかまいません

 

 

電話に出た方が「〇〇さんは離籍中です」「外出しております」など、とにかく「在籍している」という確認ができれば、在籍確認は完了です。

 

在籍確認の担当者も、基本的に「借入の電話」ということは伏せて電話をしてくれますので、安心ですよね。

 

電話してほしい時間帯の希望があれば、申込直後にコールセンターに問い合わせて相談できることもあるようですので、確認してみるとよいですよ。

 

審査の前には要チェック!信用情報の開示

審査では、基本的な個人情報に加えて、クレジットカードやローンの契約など、様々なお金に関する情報をチェックされるとお伝えしました。

 

そこで、重要となるのが「信用情報」です。

 

信用情報とは、これまで利用したクレジットカードの返済履歴やローン契約、さらに詳しくいえば「滞納」や「遅延」、「金融事故」などが個人別に管理されている情報のことです。

 

カードローンの限らず、さまざまな借入の審査ではチェックされているものですが、じつはこの信用情報、私たちも見ることができるのです!

 

信用情報を管理している信用情報機関に請求すれば見ることができるので、「審査に対してマイナスポイントはないか」を事前に知ることができる=審査が対策できるというわけですね!

借入希望金額は控えめに…

借入したい金額は?と聞かれれば「多ければ多いほど!」と答えたい気持ちもわかりますが、ここは冷静になりましょう。

 

審査をする目的は「返済能力を見極めること」ですから、年収に合わない金額を申請しても通るはずはありません

 

年収の3分の1までしか借りられないという総量規制の問題もありますが、それは上限であって、実際に借入可能となる金額は「10万円~30万円」と思っておくほうがよいでしょう。

 

あまりにも大きすぎる金額で申請すると審査に落ちてしまいます

 

自分の年収や月々の返済額に無理のないよう、控えめの希望額で申請するようにしましょう。

同時に複数の借入(ローン)契約は避けよう

どんな借入であれ、同時に複数の審査を申し込むことは避けましょう

 

たとえば、カードローンの審査に同時に3社以上申し込むと「申し込みブラック」という状態となり、審査に落ちてしまう原因のひとつだといわれています。

 

複数申し込まなければいけないくらい余裕がない=返済能力がないとみなされてしまうのです。

借入は「返済」が必須ですから、無計画なまま借りてしまうとのちにとても苦労しなくてはなりません…
そのようなことがないよう、「本当にこれだけ借入する必要があるか」自問自答してから利用したほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

借入」と一言でいってもたくさんの種類があり、お金を使う目的や生活スタイルなどによって利用するものは異なります

 

借入することは決して悪いことではありませんが、みなさんも大人ですから、節度を持って正しく使わなければいけませんよね。

 

今後の自分の生活にかかわる問題にもなりかねませんから、焦らずじっくり考えて、しっかりと計画を立ててから利用するようにしましょう

 

今回、たくさんの関連記事もご紹介しましたから、そちらにも目を通してみてくださいね。

 

みなさんの不安や疑問を少しでも解消できるものですから、ぜひ活用してくださるとうれしいです。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします