カードローンの作り方や種類とは?基本について知りたい!

  • カードローンの基礎知識

アイキャッチカードローンとは基本

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
みなさんは、カードローンに対してどのような印象があるでしょうか?

ヤミ金と混同してしまう人もいるかもしれませんが、消費者金融や信販会社、銀行が取り扱っているキャッシングサービスのひとつです。

 

法律に沿ってキャッシングをしているため、安心して利用することができます。

 

この記事では、初めてカードローンを利用する人のために、カードローンの作り方や種類など、カードローンの基本について解説します。

 

審査のポイントや返済の方法など具体的な内容も紹介するので、カードローンを作る前に読んでみてください。

 

また、現在カードローンを利用している人も自分の使い方と比較して読んでみるとよいでしょう。

 

SMBCモビット

アイフル

カードローンには3つのタイプがある

カードローンは、大きく分けて3つの金融機関が販売しています。

カードローンは3種類

 

それぞれ適用される法律や金利など特徴があります。

 

銀行

銀行カードローンは、銀行や銀行の子会社、銀行と提携している消費者金融が提供しているキャッシングサービスです。

 

信販会社や消費者金融のカードローンと比較すると、銀行関連の会社が運営しているため、資金面で優れているのが特徴です。

 

また、ほかの2つのカードローンと比較すると、借り入れの基準が厳しく審査に通りにくいところがあります。

 

しかし、裏を返せば返済能力が高い人にのみキャッシングサービスを提供するため、貸し倒れのリスクが低いということになります。

 

そのため、消費者金融や信販会社と比較すると、金利が低めに設定されているのです。

 

また、借り入れ上限額が高いのも特徴で、銀行によっては1,000万円という銀行もありますので、まとまった融資が必要な人には向いていると言えるでしょう。

 

ただし、最近は銀行カードローンの借り入れの自主規制をおこなっている銀行は多くなっています。

消費者金融でいう「総量規制」と同じく、年収の3分の1以上を借りることはできないと思った方がいいかもしれませんね。

消費者金融

消費者金融のカードローンは、審査や融資のスピードが速いのが特徴です。

 

会社によっては最短30分での審査をおこなっていたり、即日融資をおこなっていたりと、すぐにお金を借りたいというニーズに応えるサービスが充実しています。

 

また、提携しているATMが多く、どこでも借り入れや返済ができることや、無人契約機により審査通過後にその場でカードを受け取れるため人に知られにくいなど、利便性にも優れているという特徴がありますよ。

 

ただし、銀行カードローンと比べると金利は高く設定されがちです。

 

銀行カードローンと違い、消費者金融のカードローンは「貸金業法」という法律が適用されており、総量規制の対象となるため、借入額は年収の3分の1までと定められています。

すでにほかの金融機関でお金を借りている場合には、その額と合わせて年収の3分の1以下になるようする必要がありますよ。

信販

信販会社とは、一般的にクレジットカードを発行している会社のことです。

 

クレジットカードのなかにはキャッシング枠というATMからお金を引き出せる機能が付いたものがありますが、カードローンとは別物なので注意して下さいね。

 

カードローンにはショッピング枠が設けられておらず、カードローン専用となっています。

 

銀行と消費者金融の中間に位置するとされており、銀行カードローンに比べて金利は少し高め、審査は少し柔軟です。

 

また、銀行や消費者金融と比べると店舗数が少ないため、契約はインターネットがメインとなります。

 

カードが手元に届くまでの時間もかかりがちなので、すぐに現金を手にしたい場合は余裕を持って利用する必要があります。

 

信販のカードローンを利用すれば、その会社のグループのホテルやレジャーなどを会員優待価格で利用できるなどサービスや優待が充実しているのが特徴です。

消費者金融と同じく貸金業法に基づいて貸付をおこなう必要があるため、借入額は年収の3分の1と制限があります。

カードローンの気になる質問3選

本を読む女性

使い道は自由!でも事業資金はNG

カードローンはフリーローンと呼ばれるもので、目的別ローンとは異なり、借りたお金を自由に利用することができます。

 

カードを一度作成しておけば、いつでも自由に引き出すことができるのが大きなメリットです。

 

ただし、事業用として使うことはできません。

 

さらに、利用できるのは契約している限度額の範囲内です。

 

申し込みの段階で、自分の希望額が通るとは限らないので注意が必要です。

限度額以上の融資が必要な場合は、利用限度額の増額を申し込むという選択肢もありますよ。

保証人不要に担保不要って本当なの?

多くの場合、カードローンには保証人も担保も必要ありません。

 

これは、本人のみの契約となり、本人の信用によって融資を受けているためです。

 

銀行の場合は、保証会社の保証を受けるきまりになっているため、返済が滞ると保証会社が銀行へ代わりに支払いをおこないます。

 

つまり、保証会社が保証人の代わりのようなものなのです。

 

申し込むと自宅に電話や郵便物は来る?

仮審査のあとで、本人確認や審査結果通知の電話がかかってくる場合があります。

 

申し込み方法によっては、web上ですべて完結するタイプもありますが、確認の電話がかかってくる場合もありますので注意して下さいね。

 

また、申込書や契約書、ローンカードなどが郵送で自宅に届く場合もあります。

 

自宅に届くことを避けたい場合は、自動契約機や店頭での受け取りを選択したり、カードレスタイプのカードローンを利用したりしましょう。

 

また、カードローンの審査では「在籍確認」という申請した勤務先に本当に在籍しているかを確かめるための確認も必要不可欠になっています。

 

差出人に会社名ではなく「〇〇センター」などと記載したり、個人名で電話をかけてきたりと、多くの会社が郵送や電話はプライバシーに配慮していますよ。

カードローンの返済方法とは

手に小銭

カードローンの返済方法はいろいろ

返済方法もそれぞれの会社によって異なりますが、主には指定口座からの自動引き落としや、提携ATMからの振込返済があります。

 

毎月支払うべき約定返済とは別に、好きなときに希望額を返済できる随時返済を採用しているケースが多いです。

 

随時返済には繰り上げ返済と一括返済の2種類があります。

 

繰り上げ返済は元金の一部を返済する方法で、一括返済は元金すべてと、その日までの利息を合わせて一気に返済する方法です。

随時返済を約定返済と組み合わせることで、短期間での返済が可能となり、支払う利息も少なくて済みますよ。

返済で失敗しないためのポイント

会社によっては、返済日をメールで知らせてくれるサービスもあるので、利用するのもひとつの方法です。

 

また、随時返済を組み合わせてなるべく短期間で返済できるよう意識することも忘れてはいけません。

 

余裕ができたら少額でもよいのですぐに返済しておきましょう。

 

なかには、一括返済に対応していないカードローンもあるため、申し込む前に確認しておくのも大切です。

 

返済方法の選択肢にリボルビング払いが入っている場合は注意が必要です。

 

リボルビング払いは、借入額にかかわらず毎月一定の金額を支払う方法です。

 

そのため、支払い期間が長期化してしまい、利息が高額になるリスクが高くなります。

 

リボルビング払いを選択する際には、月々の支払い額をなるべく高く設定したり、随時返済と組み合わせたりして支払い期間の短縮を目指しましょう。

実際の借入方法と便利な利用方法

借り入れ方法は銀行や消費者金融、信販会社によってもさまざまですが、一般的には指定口座への振込が挙げられます。

 

事前に電話やインターネットで借り入れを申請すると、借主が指定した口座に入金されるシステムです。

 

会社によっては、申請から1分以内とスピーディーな融資も可能です。

 

また、提携銀行のキャッシュディスペンサー(自動契約機)やATM、提携コンビニのATMまで足を運び、お金を引き出す方法もあります。

 

カードローンによっては、口座の残高不足が原因で公共料金などの引き落としができなかった場合に、自動融資してくれるタイプもあります。

残高不足による支払い延滞を防ぐことで、信用情報にキズをつけるリスクを軽減してくれるのです。

申し込みや返済までの流れを知ろう

カードローンは、インターネット郵送店頭窓口など会社によってさまざまな方法から選択可能です。

 

申込の流れは下記のようになります。

申し込み後、仮審査がおこなわれ、通過の有無の連絡を待って必要書類を送付します。

 

書類送付は、web上郵送自動契約機などでおこなうことができますよ。

 

契約書が締結されるとカードが発行され、借り入れが開始となり、その後契約内容に従って返済を進めていきます。

 

なかにはカードレスのタイプや、web上ですべての手続きが完結するタイプ、カード受け取りの際に本人確認をすることで書類の送付が不要なタイプなどもあります。

 

会社にもよりますが、スムーズに進むと1時間以内で申し込みから借り入れまでを進めることが可能ですよ。

 

審査に通りやすいのはどんな人?

応援する女性

カードローンを契約する際に避けては通れないのが、「審査」です。

審査を通過するには、いくつかのポイントがあります。

 

まずは信用情報にキズがついていないことです。

 

過去にクレジットカードの支払いやキャッシングの返済が3カ月以上滞っていたり、債務整理をおこなったりすると、審査に通りにくくなってしまいます。

 

また、審査では申込者の返済能力を判断するため、安定収入がある方が審査には通りやすい傾向があります。

 

そのため、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば、申し込めるカードローンも存在します。

 

収入は勤続年数が長いほど安定しているとみなされ有利です。

 

もうひとつ大切なのが、他社での借り入れ状況です。

 

すでに他社で借り入れをしている場合、返済できないから新たに借り入れをすると判断されてしまい、審査に通りにくくなる可能性があります。

 

住宅ローンやカーローンを除き、他社での借り入れがない状態で申し込むとよいでしょう。保証会社の保証が受けられることも重要です。

また、同時に複数社に申し込むと「申し込みブラック」としてカードローンを借りれなくなる危険性もありますので注意して下さいね。

すぐに借りたい!そんなときには?

ダッシュする男性

できるだけ早く手元に現金が欲しいというときに便利なのが、即日融資に対応しているカードローンです。

 

審査の時間も最短30分前後と短く、申し込みから借り入れまでその日のうちに済ませることができます。

 

即日融資は、主に消費者金融のカードローンに多いですが、金利が高めに設定されているケースが多いので慎重に利用しましょう。

 

また、申し込みの時間帯や曜日、日にちによっては、当日利用がむずかしい場合もありますので、確実な即日融資を希望するのであれば、早めの時間帯に申し込むようにしましょう。

 

使いすぎを抑えるカードの選び方とは

限度額の範囲内であれば、いくらでもお金を引き出すことができるため、気づけば多額の借り入れをしていたということにもなりかねません。

 

そういった状態を防ぐためにも、借入可能額は1,000円など細かい単位で設定されているカードローンを選ぶとよいでしょう。

 

5万円や10万円など高額で区切られている場合、本当に必要なのは2万円のみなのに、5万円を借りなければいけません。

 

その結果、債務が増えてしまうのです。

使いすぎることのないよう、本当に必要な分だけを借りるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

カードローンを上手く使いこなすには、金利や限度額に着目して選択することも大切ですが、借り入れ方法や返済方法、借り入れ単位などに柔軟性があるため、そこを見極めることも重要なポイントとなります。

 

それらを比較したうえで、自分の使い方や目的に応じたカードを選ぶようにしましょう。

 

また、「返済方法はどうするか」「いつまでに完済予定か」などの計画をしっかり立てておくとカードローンをうまく使いこなすことができるでしょう!

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。