カードローンは解約すべき?メリット・デメリットを紹介!

  • カードローンの基礎知識

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
カードローンを契約する際、申し込み方法や利用方法については調べるものの、解約するときのことはあまり考えない人が多いのではないでしょうか?

これから使うんだし、解約のことはそのとき考えればいいんじゃない?」と思っている方は、注意です!

 

じつは、カードローンには解約することで生じるメリット・デメリットもあれば、解約しないことで生じるメリット・デメリットもあるのです…!

 

そのときの状況に合わせて、自分に合った利用方法を検討する必要があります。

今回は、カードローンの解約について詳しく解説いたします!

 

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

SMBCモビット

アイフル

カードローンを解約すると「ほかのローン審査で有利になる」

カードローンは万が一に備えて1枚持っていると便利ですが、複数所有しているとローン審査で不利になる可能性があります。

 

カードローンは1枚持っていると、そのカードローンの借入残高が0円であったとしても借入件数は1件としてカウントされ、さらにはそのカードローンの借入限度額まで借りているものと判断されてしまうのです。

クレジットカードのキャッシング枠も同じように扱われます。

 

すなわち、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を複数所有していると、返済能力を疑われ、ローン審査に通りにくくなる可能性があるのです…!

 

カードローンを解約すれば、借入件数が減るのでほかのカードローン審査に通りやすくなります

また、住宅ローンや車のローンの審査に申し込みをする際にも、カードローンを解約すれば借入件数と借入総額を減らすことができ、個人信用を上げることが可能ですよ。

 

また、無駄な借り入れをしないで済むこともメリットです!

カードローンを解約してしまえば借り入れ枠がなくなってカードローンに頼ることができなくなるので、けじめをつけることができますね。

カードローンならいつでもお金が使えるという甘えを断ち切るという意味でも、カードローンの解約は有効な手段といえるでしょう。

カードローンを解約すると当然ながら「お金は借りられない!」

カードローンを解約してしまうと、当然ですがお金を借りることができなくなってしまいます

融資が受けられなくなるので、カードローンに頼っていた人はお金を借りない生活に慣れるまで時間がかかるかもしれませんし、立て直すのに苦労するかもしれません…。

 

また、急にお金が必要になったときに借りることができないと窮地に陥ってしまう可能性があるので注意しましょう。

しばらくカードローンに頼る必要はないことを確認してから解約することが重要です。

 

解約をするということは契約を解除するということですので、もう一度利用したい場合は申し込みから始める必要があります。

同じカードローンでも、申し込んだときの状況によっては審査に落ちてしまう可能性も考えられるのです。
再度同じ手続きを行うなど手間がかかるので、解約をするときはよく考えて決断しましょう

カードローンを解約しなければ「急な金欠にも対処できる」

カードローンを解約しないメリットは、いつでもお金が借りられる点です。

 

カードローンの契約は基本的には自動更新になりますので、利用限度額までなら好きなタイミングでお金を借りることができます

まだカードローンを利用する可能性がある人は、解約は待ったほうが良いでしょう。

 

また、先ほども述べましたがカードローンは1度解約してしまうと再審査が必要になります。

収入証明書の提出や会社などの在籍確認などの手続きが、もう1度必要になるのです。

 

しかも、必ず審査が通るというわけではありません

 

一般的には1度解約したカードローンに再度申し込むと審査が通りづらいともいわれています。

解約しなければ再審査の必要はなく継続して利用できるので、これもメリットではないでしょうか?

 

さらに、カードローンを適切な方法で利用していれば、増額審査によって利用可能額を上げ、金利を下げることが可能になります。

 

ひとつのカードローンを使い続けることで、新しいカードローンの申し込みをするよりもお得にお金が借りられるようになるのです。

このように、解約しないメリットもあるので、今後も何らかの理由で必要になるかもしれないと思う人は、解約しない方がかしこい選択かもしれません。

カードローンを解約しないと「信用情報の記録は残ったまま」

カードローンは1度契約すると、個人情報が信用情報機関に記録されます。

ローンを組むときやクレジットカードを作るときは必ずこの情報を照会しますので、この記録が残っていると他社からもお金を借りる可能性があると判断され、審査に影響を与える可能性があるのです。

 

解約をすれば5年で情報は消えますが、解約しなければ記録はずっと残り続けてしまいます。

正しくカードローンを利用して完済していたとしても、イメージが悪くなる事実は否めません…。

今後新しいローンやクレジットカードの契約を検討している人は、解約して記録を消しておいたほうが良いでしょう。

 

とくに、今後ライフスタイルに変化が訪れる可能性のある人はカードローンの解約を検討したほうが良いでしょう。

 

車や家などの高額商品を購入するために、住宅ローンやマイカーローンを契約することになるかもしれません。

カードローン以外のローンを組む機会が多くなったときに、情報機関の記録が邪魔になってきます。
今後ローンを組む可能性がある若い人ほど、使っていないカードローンは解約することをおすすめします!

カードローンを解約できる条件とは?

カードローンを解約するために必要なのは、借入残高を0円にすることです。

借入残高が0円ではないということは、まだお金を借りたまま返していない状態ということですので、当然といえるでしょう。

支払いが残っている状態では、解約しようと思ってもできないので注意してください。
解約しようと思ったら、まずは全額返済することを目指しましょう。

【借入がある際の清算方法1】自動引き落としの場合

カードローンの清算方法としては、以下の6つが挙げられます。

  • 銀行振り込み
  • 銀行引き落とし
  • 自社ATMで清算
  • 提携ATMで清算
  • 店頭窓口で清算
  • インターネットバンキングで清算

銀行振り込み

最もオーソドックスな清算方法が、銀行振り込みです。

毎月の決められた返済日までに、指定の銀行口座に振り込みを行います。

振り込み手数料は利用者が負担する必要があるので注意しましょう。

 

銀行振り込みで返済する際は、営業時間の影響による振り込み時間のタイムラグに気を付けてくださいね。

期日までに振り込んでも翌日に振り込みが完了される場合は、期限を守らなかったと判断され、ペナルティが課せられる場合があります。

銀行引き落とし

同じく、銀行を使った引き落としもオーソドックスな清算方法です。

お金を指定の口座に入れておけば自動的に引き落としされるので、返済忘れが起きないことが大きなメリットはないでしょうか?

自社ATMで清算

多くの消費者金融や大手銀行は自社のATMを設置しています。

自社ATMを使って返済するメリットは、多くの場合手数料が無料である点です。

さらに、深夜まで稼働しているところもあるので、家の近くにある場合はメリットが大きいでしょう。

提携ATMで清算

提携ATMは6つの清算方法のなかでも、特に利用されることが多いです。最大の特徴は、コンビニATMを利用できる点です。

コンビニATMは24時間利用できるので、好きなタイミングで借入・清算ができるという点では、6つの清算方法の中でもダントツで利便性が高いといえるでしょう。

店頭の窓口で清算

もちろん、銀行や消費者金融の店頭窓口で精算することも可能です。

 

店頭窓口で清算するメリットは対面して手続きができるのでミスをする可能性が減ることと、ミスがあったときに素早く対応できること、利用手数料が無料であることが挙げられます。

インターネットバンキングで清算

最後は、インターネットバンキングでの支払いです。

カードローンとネットバンキングが提携していれば、24時間借入・清算が可能です。

 

通常の銀行振り込みは営業時間の影響を受けますが、提携しているネットバンキング口座を使えば借入・清算の結果が即座に反映されるカードローンもあります。

銀行振り込みのようにタイムラグが発生する可能性が低いことがメリットといえるでしょう。

利用手数料

利用手数料は、カードローン会社によって異なります

銀行引き落としのような自動引き落としで清算を行っていた場合は、ATMを使い支払えるところまで追加清算で支払い、次の返済日になったら残債をすべて清算するのが手軽です。

 

なぜ最後までATMで清算しないのかというと、硬貨での支払いに対応していない可能性が高いので、細かい金額まで1度に清算することができないからです。

 

返済後の借入残高と当月の利息が引き落とし額を下回れば良いのですが、細かい計算が難しいのでATMで返済できるところまで返済しておき、あとは自動引き落としに任せるのが楽な方法ではないでしょうか?

ただし、この方法を利用すると解約は次の返済日まで保留ということになります。
普段清算を自動引き落としにしていて、かつすぐに全額清算したいという場合は、各カードローン会社への確認が必須になるでしょう。

【借入がある際の清算方法2】ATM入金の場合

ATMで入金していた場合は、電話やホームページなどで各カードローン会社に利息額を確認して指定口座に振り込むことで完済することができます

インターネットバンキングから振り込みをしている場合にも同様に対応することが可能です。

 

どんな人が解約すべき?

ほかのカードローンを利用したい人

ほかのカードローンを利用したいと思う人は、カードローンの解約を検討すべきといえます。

 

先にも述べましたが、カードローンを完済した後だとしても、解約せずそのまま契約した状態にしていると、信用情報に「金融業者から与信枠あり」という契約情報が残されたままになってしまいます。

 

この与信枠があると、借金できる状態、または借金している状態であると判断されてしまう場合があるため、ほかのカードローンの審査の際に信用という点でマイナスポイントになってしまう可能性があるのです。

 

住宅ローンや車のローンを組みたい人

住宅ローンや車のローンを組みたいという人も、カードローンの解約を検討すべきですね。

 

住宅ローンなどの高額なローンは審査基準も難しくなるので、カードローンの与信枠が残っている状態で審査すると、借金があるとみなされて審査に落ちてしまう可能性があります。

 

住宅ローンや車のローンに限らず高額なローンの審査をする場合は、不要なカードローンは解約したほうがいいでしょう。

 

ついつい借りすぎてしまう人

また、お金の管理が得意ではなくついついお金を借りてしまうという人も、解約すべき人といえます。

 

カードローンがいつでも利用できる状態だと、なくてはならないという状況ではなくても借金してしまうおそれがあるのです。

完済したあとでカードローンを利用する予定がないのなら、紛失などのリスクを避けるという意味でも、解約しておいたほうが良いでしょう。

カードローンを解約する方法

解約の基本は、カードローン会社に電話で連絡して解約書類を送付してもらい、記入して郵送するという流れとなります。

書類が問題なく受理されれば、そのまま解約完了です。

 

場合によっては、店頭受付のみ行っているところもあります。

店頭での解約は手続きが最も早く済む方法です。店頭で解約手続きをする際にはローンカードや本人確認書類、印鑑などが必要になるので、忘れず持っていきましょう。

その場でカードローンの解約手続きを行うことが可能なので、スピーディーに解約できますよ。

 

また、より手軽な方法として、カードローンのマイページからなど、インターネット上で解約手続きを行えるカードローン会社もあります。

 

インターネットで解約申請書類を請求して届いた書類を郵送すれば、簡単に解約することが可能です。

すぐに解約をしたいなら店頭で、時間に余裕があったりほかの用事で忙しかったりする場合は電話連絡かインターネットでの申し込みを検討してください。

全額返済した日に解約可能?

全額返済したという情報が金融機関に反映されれば、その日のうちに解約することが可能です。

ただし、翌日に反映される場合は翌日以降にしか解約できないので注意しましょう。

 

たとえば、夜に完済した場合は情報が翌日に反映される場合があります。

その場合は当日に解約することはできず、翌日以降に解約手続きをする必要があるので気を付けましょう。

 

解約に手数料はかかる?

カードローンの解約に手数料がかかる会社や金融機関はありません。

しかし、闇金業者などからお金を借りている場合は手数料を請求される可能性があります。

闇金業者とは?

闇金業者(闇金)とは、違法な貸し付けを行っている業者のことです。

 

闇金は消費者金融と混同されることがありますが、消費者金融は貸金業者として正規の登録を行っており、決められた貸金業法を遵守しながら営業を行っています。

 

それに対して闇金業者は業者として正規の登録をしておらず法律に反した営業を行っているのです。

闇金業者は法外な金利でお金を貸している

有名な言葉に「トイチ」や「トゴ」というものがあります。

「トイチ」は10日で1割の利息を取るという意味で、「トゴ」は10日で5割の利息を取るという意味です。

 

一般的にお金を借りたときの利息は10万円未満で年20%、10万円~100万円未満で年18%、100万円以上で年15%までと利息制限法で定められています。

 

これらを超えた利子は消費者金融側が返還することになるため、貸し付ける側が無理な利息を設定することができないようになっているのです。

 

たとえば、「トイチ」の場合は1カ月で3割、1年で36割の利息を取ることになります。

360%の利息ということになりますから、明らかに異常な金利設定です。

 

このように、闇金業者によって設定されている金利は異なるものの、ほとんどの業者は法外な利息で貸し付けを行っています

闇金業者でお金を借りてしまうと大変なことに!

闇金で借りてしまえば、返済は容易ではありません

正規の消費者金融や銀行であれば銀行口座での振り込みや自動引き落とし、ATMで返済することができますが、闇金の返済は一筋縄ではいかない場合が多いのです…!

 

闇金業者の返済は口座への振り込みや手渡しで行いますが、闇金業者は返済日の前日などに電話連絡を要求するケースが多いです。

 

これは返済を遅らせるための典型的な手口で、実際連絡してもつながらず、結果返済期日が過ぎてしまいより多く利息を払わなければならなくなります

 

一度闇金に手を出してしまうとなかなか完済することができません

 

仮に完済できたとしても、業者が勝手に借主の口座にお金を振り込んで高い金利で再び貸し付けを行おうとする闇金業者もいます。

違法な取引を行う闇金業者ですから、カードローンの解約手数料も法外な値段になる可能性が高いです。
カードローンは正規の登録を行っている銀行や消費者金融で利用するようにしましょう。

解約する際の注意点

解約した情報が反映されるには時間がかかる

カードローンを解約しても、信用情報機関に解約した事実が掲載されるまでには時間がかかる場合があります。

 

その場合は、解約してすぐに新しい借り入れ先を探そうとしても審査で不利になってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

カードローン会社で解約扱いになっていても信用機関に解約の情報が通知されているかは別問題なので、次の借り入れ先と契約する前に信用情報機関で解約扱いになっているか確認してください

 

契約後にすぐ解約をしない

カードローンを契約後すぐに解約することは避けましょう。

契約後すぐに解約すると、契約した金融機関やカードローン会社に悪い印象を与えてしまう可能性があるのです。

 

カードローン会社などが行っている期間限定のキャンペーンなどのために、契約と解約を繰り返す人がいることが理由として挙げられます。

 

こういったカードローン使い方は正規の利用方法ではないので警戒されて当然ですよね…。

 

また、信用情報は信用情報機関に加盟しているカードローン会社や金融機関で共有されているため、ほかのカードローンを契約しようとしたときにその情報によって不利になってしまう可能性があります。

信用を失わないためにも、契約してすぐに解約することはやめましょう。

解約を待ったほうがいいケース

カードローンを利用する際に気を付けなければならないのが、引き落とし日に残高が不足していたりATMでの入金が間に合わなかったりして、支払いが遅れてしまうことです。

 

カードローンの支払日に支払いが完了しないと、保証会社や金融会社から、支払いが確認できなかった旨の通知と入金の催促のハガキが送付されます。

電話によるしつこい催促などはありませんが、大手の銀行や金融会社の場合は電話連絡が入る場合もありますよ。

 

支払いが遅延している場合、その情報が信用情報機関に登録されます

登録された情報は5年間保存されるので、未払い履歴が残っているのに解約してしまうと5年間は信用情報機関に傷が付いてしまうのです。

 

支払い日までに返済することが難しい場合は、まずカードローン会社に連絡しましょう。

前もって返済が遅れることを連絡すれば、催促をストップしてもらうことが可能です。

 

また、信用情報機関に遅延の記録が登録されることは避けられませんが、何の連絡もしないまま遅延するよりも事前に知らせておくほうがはるかに良い印象を与えることができます。

 

通常、返済を61日以上滞納するといわゆる「ブラックリスト」に登録される可能性が出てきますが、1回~3回の遅延であれば、きちんと連絡をしておけば「何か事情があって支払いができないのだろう」と配慮してもらえることも多いようです。

 

数日程度の遅延ならそこまで信用に影響はありませんが、何度も遅延を繰り返している場合は間違いなく信用を失う結果になりますし、継続してそのカードを利用することができなくなる可能性がありますので、注意が必要ですね。

解約するにしても継続してカードローンを利用するにしても、支払期日はきっちりと守るようにしましょう。

強制解約になるケースって?

カードローンが強制解約になる主な原因は、返済の長期的な延滞です。

一般的に、返済期日から61日以上返済が行われなかった場合に、長期延滞とみなされます。

 

この場合は「ブラックリスト」に情報が載ることになり、そのほかのローンの審査に通りにくくなってしまうのです。

なお、数日支払いが遅れただけで強制的に解約されることはないので安心してください

 

また、返済を延滞している間は支払いの催促がカードローン会社から届きますが、この催促を無視し続けることも強制解約の原因になります。

 

連絡を無視し続ければ当然心証が悪くなるので、長期延滞の基準に達していない状態でも解約されてしまう場合があるのです。

 

カードローンや住宅ローンなど、ローンを扱う業界では「信用」や「心証」がとても大切になってきます。

印象が悪い人や信用できない人に、お金を貸そうとは誰も思いませんよね…。

かしこくカードローンを利用するためにも、催促の対応や電話などの対応は丁寧に行って心証や信用を損なわないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

自分が置かれている状況によってカードローンを解約するべきかどうかは変わってきます。

まだカードローンを利用する予定がある人、支払いに遅延が生じている人は、解約するのは待ったほうが良いでしょう。

 

逆に、きっちりと完済していてもうカードローンを利用する必要がない人や、住宅ローンや車のローンなど新しいローンを組みたいという人は、解約してしまったほうがよいでしょう。

 

それぞれのメリット・デメリットをよく考えて、解約するかどうかを判断してください。

自分のライフスタイルに合わせたかしこい使い方を身につけましょうね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。