無審査でカードローンは利用できる?危険性や対策は?

  • カードローンの基礎知識

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
無審査のカードローンと聞くと、どのようなイメージが浮かびますか?

闇金のようで危ないし、不安…

審査が甘く利用しやすいんじゃないの?」

さまざまなイメージがあることでしょう。

 

すぐにお金が必要だという場合、「無審査」かつ「即日融資」という言葉に惹かれてついつい利用してしまいたくなるかもしれませんね。

 

しかし、無審査のカードローンにはさまざまなリスクが潜んでいます…!

 

そこで今回は、「無審査のカードローン」について詳しく解説してまいります。

安全なカードローンの見分け方やカードローンの審査を通過するためのコツを知っておきましょう。

無審査のカードローンとは?

無審査のカードローンとは、融資可能かどうかの審査を受けず利用できるカードローンのことです。

 

一般的に、借り入れの審査では申込者の他社での借り入れ状況や住居環境、収入、家族構成などあらゆる要素から返済能力の有無を確認します。

 

つまり、無審査ということは、申込者の状況をきちんと把握せず貸すということです。

 

消費者金融は、賃金業法に基づいてキャッシングをおこなっており、この法律では、申込者の信用情報を確認することや、返済能力を事前に調査することが義務付けられているのです。

 

そのため、合法な消費者金融に無審査のカードローンはありません

 

もちろん審査に慎重といわれる銀行でも、無審査で即日融資が可能なカードローンは取り扱っていません。

審査なしのカードローンは危険!

安心して利用できる無審査のカードローンは存在しません。

消費者金融も銀行も、融資の際には必ず審査をおこないます

 

銀行であれば、銀行法の「犯罪による収益の移転防止に関する法律」により、取引時確認が義務付けられているためです。

 

また消費者金融の場合も、賃金業法の「総量規制」によって返済能力調査義務が義務付けられているので、申込者の状況について必ず審査をして返済能力以上の貸付けはできないようになっているのです。

 

もし審査なしでキャッシングをおこなった場合は、刑事罰の対象になります。

無審査のカードローンを押し出している場合は、闇金業者である可能性が高いですよ…!
無審査のカードローンを選ぶのは避けましょう。

無審査の闇金の特徴とは?

闇金業者は法律を守らずキャッシングなどの業務をおこなっている金融業を指します。

キャッシングには、主に利息制限法と貸金業法という2つの法律が関係しており、金利と取り立て方法が定められているのです。

 

ここでは、無審査の闇金の特徴をお伝えしますので、利用の際はチェックするといいでしょう。

金利が高い

お金を貸すときに利子を上乗せして貸すことで、金融業者は利益を生み出しています。

この利子をのことを、一般的には金利と呼んでいます。

年間の金利(年利)は、上限が20%と利息制限法で定められているのです。

 

金利は貸す額によって異なりますが、最大20%までと法律で決まっているため、それ以上の金利だと違法なので闇金ということになります。

違法な取り立て

貸金業法によって、取り立ての時間や方法、禁止事項などが詳しく定められています。

たとえば、社会的に不適切な時間帯に取り立てをするのは禁止されています。

 

「社会的に不適切な時間帯」というのははっきりとは決まっていませんが、一般的には、午前9時~午後9時以外の時間帯を指すことが多いです。

こちらから指定した場合を除き、業者側が自発的に早朝や深夜に取り立てをおこなうことは違法となります。

 

また、家の前に張り紙をしたり大声で叫んだりするのも禁止です。一度でもされた場合は、闇金の可能性が高いと言えるでしょう。

完済できないシステム

闇金の特徴としてもうひとつ挙げられるのが、完済させないようにするシステムです。

 

たとえば、10日で金利が5割、10日で金利が3割などの場合です。

さらに1~2万円などの少額を貸付けし、7~10日前後と短い返済期間を設定します。

その結果、1万円だけしか借り入れていないのに、いつの間にか返済額が100万円近くまで膨れ上がっていたということになる可能性があるのです…!

 

ソフト闇金は安全なの?

ソフト闇金と聞くと、闇金と比べると取り立てが優しいなどのイメージをもつかもしれませんが、基本的に違法であることに変わりはありません

 

闇金と違うのは、「利用者に対して対応が優しく脅迫や厳しい取り立てがない」という点です。

しかし、違法な金利で貸付けをおこなっているため闇金と大きな違いはないのです。

 

ソフト闇金は、利用者に親身な対応をしたり、返済が遅れそうなときには多少の融通をきかせてくれたりといったソフト闇金ならではの特徴がいくつかあります。

 

一見親切そうに見えますが、10日で利息20%や、7日周期で30%の利息など違法な金利での貸付けをおこなっています

10日で利息20%の場合、金利に直すと730%にまでなってしまうのです。

その場合、10万円を借り入れて1年間返済できなかった場合、利息だけで73万円にも膨れ上がってしまいます

 

返済期間が短期間でなおかつ金利が20%以上の場合は、ソフト金融の可能性があるため注意が必要です。

最初は親身な対応を見せていても、返済ができないと分かると急に厳しい取り立てをおこなうこともあります
家族や職場に連絡をしてきたり、別のソフト闇金から借りさせて返済させたりといったケースもあるんです…!
これらのことからも、ソフト闇金は安全とはいえませんよね。

無審査キャッシングには金融詐欺もある

闇金はさまざまな手口で詐欺をおこなうこともあります。

いくつかの手口をご紹介しておきますので、詐欺にあうことがないように知っておきましょう。

押し貸し詐欺

融資をキャンセルしようとした人無理やりお金を貸すという詐欺です。

口座に一方的にお金が振り込まれ、法外な利息とともに厳しい取り立てをおこないます。

融資保証詐欺

実際には融資をするつもりがないのに、保証金などの名目でお金を振り込ませ、そのお金をだまし取るというものです。

融資をする前に入金を要求するような場合は、闇金の金融詐欺だと思っておくべきでしょう。

名義貸し詐欺

消費者金融の調査のためにお金を借りるだけと偽ってアルバイトを募集し、発行されたカードや暗証番号、借入金をだまし取ります。

アルバイト料は支払われるため、本人は当分の間詐欺にあったとは気づきません

 

返済しておくと言って預かったカードを無断で利用して借り入れを繰り返します。

返済を滞納すると本人に請求があり、そこで初めて騙されたことに気付くのです…!

携帯電話買い取り詐欺

融資の申し込みをしてきた人に、本人確認と信用確認のために携帯電話をローンで購入するよう要求してきます

購入した携帯電話は指定した買い取り業者に宅配などで送らせ、手付金としてお金が振り込まれます。

その後、融資まで待つよう言われますが、闇金と連絡がとれなくなってローンが残ってしまうのです。

クレジットカード換金詐欺

クレジットカードのショッピング枠を利用した詐欺です。

クレジットカードでブランド品や時計など高額商品を購入させ、その品を買い取り屋が安く買い取ります。

借り入れた30万円で時計を購入しても、10万円でしか買い取ってもらえないため、20万円を損したことになるのです。

年金担保詐欺

民間の金融機関では、年金を担保にして融資をすることが禁止されています。

しかし、年金担保詐欺では、年金を担保にして融資をするといって年金が振り込まれる銀行の通帳やキャッシュカードをだまし取ってしまうのです。

 

その結果、年金支給日に返済額と多額の利息が引き下ろされ、手元にはわずかな現金しか残りません。

悪質な場合は、通帳やキャッシュカード、印鑑を預けたまま連絡がとれなくなることもあります。

カラ貸し詐欺

カラ貸しとは、まったく借り入れをしていないにも関わらず、支払い請求をしてくる詐欺です。

電話やダイレクトメール、郵便物などで債権回収を依頼されたので、入金しない場合は強制的に回収手段をおこなう旨が通知されます。

 

クレジットカード現金化もNG!

クレジットカード現金化とは、顧客にクレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入させその購入代金を安く買い取ることです。

 

消費者は現金が手に入りますし、業者も購入代金と買い取り価格の差額が利益として手に入ります。

しかし、クレジットカード会社はショッピング枠を現金化する行為を認めていません

 

そのため、発覚した場合には、クレジットカードが利用停止になったり強制退会や一括返済になったりする可能性があるのです。

 

クレジットカード現金化業者は公安委員会からの許可をとっているとアピールしていることが多いですが、古物取引の営業許可をとっているだけで、クレジットカード現金化の許可をとっているわけではありません

国も法律的にクレジットカード現金化は許可していないため注意しましょう。

無審査キャッシングは違法?

無審査であれば誰でもキャッシングはできるため、利用者にとっても業者にとっても「ウィンウィン」に思えるかもしれません。

しかし、審査をおこなうには理由があるのです。

 

キャッシングは基本的に保証人も担保も不要でお金を借りることができます。

そのため、利用者と連絡がとれなくなったり利用者が返済できない状態になったりすると、業者側は損をしてしまうのです。

 

そんなときに備え、きちんと返済ができるのか利用者が連絡をとれる状態なのか、判断するために審査をおこなっています。

 

また、消費者金融の場合は、総量規制に問題がないかという点も審査でチェックしています。

総量規制とは、貸金業法で定められた規制で、年収の3分の1以上の金額を貸付けしてはいけないという内容のものです。

 

この規制を守るためにも、審査で他社からの借入額を確認する必要があります。

無審査でキャッシングをすることは業者にとってリスクが高いことがお分かりいただけますよね。
無審査でキャッシングをおこなう会社は違法業者である可能性が高いと言えるでしょう。

安全なカードローンかを見分ける方法

まずは貸金業登録番号をチェック!

安全なカードローンかどうかを見分けるには、貸金業登録番号を確認するのが確実です。

貸金業を開業するときには、国の認可を受け、貸金業登録番号が発行されることになっています。

 

正規の貸金業者であれば、ホームページの最下部などに登録番号が記載されています。

そのため、まずはこの番号が記載されているかを確認してください。

ただし、業者によっては番号を詐称していたり、認可を受け番号を取得していたりします。

 

次に、登録番号のカッコ内の数字もチェック!

そこで、次に登録番号のカッコ内の数字も確認してください。

カッコ内の数字は営業年数を表しているため、数字が少ないほど営業年数が短いということになります。

1が記載されている場合は、3年未満ということになり、この場合闇金の可能性を疑ったほうがいいのかもしれません

 

また、登録番号をインターネットで検索してみると、違う業者名が出たりヒットしなかったりということがあります。

この場合も違法業者である可能性が非常に高いため注意が必要です。

 

日本貸金業協会の会員番号のチェック!

もうひとつ、日本貸金業協会の会員番号も安全なカードローンかを見分けるために有効です。

日本貸金業協会は内閣総理大臣の認可を受けた独立法人で、会員として加入していれば会員番号が発行されます。

 

一般的には、協会への加入がおこなわれているため、会員でない場合は違法業者の確率が高いです。

登録番号の近くに会員番号も記載されているため、合わせて確認しましょう。

 

貸付け条件をチェック!

また、貸付け条件も見分ける手段のひとつです。

無審査かどうか金利が違法ではないかなどに着目しながらチェックしてみましょう。

審査が甘いとついつい利用してしまいたくなりますが、それは危険です!

大手カードローンを利用するメリット

無審査のカードローンではなく、大手のカードローンを利用するメリットは数多くあります。

 

大手消費者金融は、審査時間が平均30分、その後の手続きから借入までが平均60分と、申し込みから審査および借入までスピーディーに進めることができます。

平日であれば、自分の口座にその日に入金してもらうこともできるため急いでいる人にとっても便利です。

 

また、無人契約機からローンカードを発行すれば、その後すぐにコンビニATMから借入ができる業者もあります。

無人契約機やコンビニATMなどを利用し、時間や曜日に関係なく借入ができるのもメリットといえるでしょう。

30日間無利息サービスを導入している業者も多く、非常にお得に利用することができます。

 

大手のカードローン会社は、全国的に知名度が高くメガバンクグループに所属しています。

それだけ経営基盤や資金面が安定しているということです。

 

そのため、利用するにあたって安心感がもてるのもメリットと言えるでしょう。

もちろん貸金業法に基づいて営業しているため、「高金利ではないのかな…」という心配もいりません。

みんなが気になる審査について

みなさんがカードローンを利用するにあたって、申し込み後の「審査」はやはり気になるポイントではないでしょうか?

ここでは、審査にかかる時間や審査の通過率について解説いたします!

 

審査は早ければ30分で終わるもの

なるべく短時間でお金を借りたいという理由で無審査のカードローンを探している人は、消費者金融系のカードローンでも問題ありません。

大手の消費者金融は申し込んでから審査結果が出るまでが短く、審査は最短30分、融資も即日可能な場合が多いです。

インターネットで申し込みから借入まですべておこなえる業者も多く、来店する手間や時間を省くことができます

 

ただし、振込融資は申し込んだ時間帯や曜日によっては翌営業日の振込になる場合があるため注意が必要です。

自動契約機を利用すれば、その場でカードを発行してもらいその日に借り入れをすることもできますよ。

自動契約機は土日祝日も営業していることが多く22時頃までと比較的遅い時間も開いているため、土日や夕方以降にお金が必要な場合に便利ですね!

審査通過率はどのくらい?

審査通過率とは、新たに申し込みをした人のうち、審査に通過した人の割合を示す指標です。

大手消費者金融の多くは成約率を公式ホームページなどで公開しており、審査の通りやすさ(審査通過率)を知ることができます。

 

消費者金融の審査通過率は、40~50%が平均です。

申し込んだ人のおよそ半数近くが審査を通過しているということになります。

 

一方、銀行カードローンの審査通過率は20~40%が平均です。

銀行によっては、大手消費者金融の半分以下の通過率となっており、銀行カードローンの方が審査に厳しいことがわかります。

銀行の難易度が高いのは、保証会社に関係がある

これは、銀行カードローンが保証会社の保証を受けることを融資の条件として定めているためです。

 

保証会社は、利用者が支払い滞納や支払いをしなくなったときに、催促をしたり借金を肩代わりしたりする役割を担っています。

 

つまり、保証人のような役割を担っているのです。

万が一のときには、契約者の借金を肩代わりする義務があるため大きなリスクを背負っています。

 

そのため、「本当にきちんと返済できる能力と信用があるかどうか」を審査する必要があるのです。

 

銀行カードローンはこのような理由から、審査通過の難易度が高くなる傾向にあるといえるでしょう。

 

カードローンの審査に通るコツ

カードローン審査を通過するために効果的といわれているのが、希望限度額を必要最低限に設定するという方法です。

 

なぜなら、多くのカードローン審査では、お金を貸しすぎることがないよう初回の審査は慎重におこなっている場合がほとんどだからです。

 

欲張りすぎた限度額で申請すると、「そんなに大金を借りてどうするのだろうか?」と審査が慎重になります。

 

しかし、必要最低限の希望額で申請しておき、審査を通過後に増額審査を活用することで、最終的に希望する額の借入がしやすくなるのです。

 

できれば収入証明書が必要となる50万円以下が目安となります。

まずは10~20万円で申請しておき、あとで増額審査を申し込むようにしましょう。

 

また、カードローン審査において他社での借り入れ状況も重要な項目です。

他社で借り入れているとその分返済に充てる額が少なくなりますし、総量規制に引っかかる可能性もあります。

 

そのため、新規で申し込むまでに他社での借入を完済し、なるべく借入件数を減らしておくとよいでしょう。

 

また、他社からの借入がある場合にはキャッシング枠のあるクレジットカードを解約しておくことも忘れてはいけません。

これは、総量規制の対象であるためです。

 

申し込むカードローンも、きちんと絞り込んでおく必要があります。

一度にいくつもの会社にキャッシングを申し込むと、その情報はすべて信用情報機関に記録されてしまいます。

 

その結果、「何社にも申し込まなければならないほどお金に困っている」と判断され、返済できないかもしれないとみなされてしまうのです。

 

そうなると、審査を通過できない可能性が高くなってしまいますよ。

審査落ちを少しでも防ぐためにも、申請先を絞り込み1社ずつ申し込むようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

カードローンの借入先を選ぶ際には、無審査かどうかだけで判断すると闇金だったということにもなりかねません

 

それよりも、「安全に利用できるかどうか」という視点で選ぶ方が大切ではないでしょうか?

 

大手のカードローン審査に落ちてしまっても中小消費者金融のカードローンを利用するなど、ほかの方法を探すこともできます。

 

審査に落ちてしまった場合は、その原因を考えて取り除いたうえで再度申し込んでください。

借入先をしっかり見極めて安全なキャッシングを利用しましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました!

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。