カードローンの限度額って?目安や決まり方まとめ

  • カードローンの基礎知識

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
今、カードローンを実際に利用していたり、これから使ってみようと考えていたりする人のなかには「いくらまで融資を受けられるのか?」が気になっている人もいるでしょう。

せっかく審査を通過して利用が認められても、どれだけの融資を期待できるかがわからずに、うまく活用できていないという人は少なくありません。

 

カードローンには、借り入れの上限である限度額というものが設けられています。

これはカード会社ごとに違いがあり、もちろん利用者の返済能力によって差が生まれるものでもあるのです。

 

カードローンの限度額の目安や増額の方法、そのリスクについてきちんと把握しておくことが、利用の時に大切なポイントとなります。

 

カードローンの限度額や審査についても、しっかりと理解しておきましょう。

SMBCモビット

アイフル

カードローンの限度額について

まずカードローンの限度額の目安や、最低限度額についても詳しく解説いたします。

会社によって異なることが多いですが、それぞれ目安を知っておくことは大切ですよ。

 

カードローンの限度額の目安は?

カードローンの限度額は、利用者の年収によって大きな個人差があります。

 

たとえば、カード会社が設定している限度額が800万円であっても、誰もが最高金額分の融資を受けられるわけではありません。

その際の目安としては、原則的におおよそ年収の3分の1が借り入れの限度額とされています。

 

ですから、利用者の年収が600万円であれば、単純に計算すると最高でも200万円までの借り入れが可能になるということです。

厳密には、利用者の利用状況や信用情報によって違いがあるものの、年収が大きな判断基準となると言えるでしょう。

 

ただし、すでにほかの金融機関で借り入れをしている場合には、その差額が限度額から差し引かれることとなります。

 

たとえば、年収600万円の人がほかの金融業者から50万円の借り入れをしているなら、新しく作ったカードローンでは最高でも150万円までしか融資が認められません。

正確に言えば、それ以上の融資が可能な金融業者もあるものの、目安としては年収の3分の1以下と覚えておきましょう。

利用者としても、それ以上の金額を借りれば返済時に大きな負担となってしまうため、自身の年収と見比べることが大切になります。

融資限度額と借入限度額の違い

これまでカードローンには限度額というものがあり、それによって融資を受けられる金額に違いがあるということをご説明してきました。

 

実際に融資の申し込みをするときには、「ご自身がいくらまでお金を借りられるのか」を検討したうえで計画を立てることが大切になります。

 

ですから、ここで限度額の詳しい仕組みについて、一度きちんとおさらいをしておきましょう。

 

カードローンの限度額には2つの種類があり、それぞれの組み合わせによって最終的に融資を受けられる金額が決まってきます。

 

1つ目は「融資限度額」といって、こちらはカードローン会社が定めている融資の上限金額です。消費者金融系と銀行系ではそれほど大きな違いはなく、多くは500~1200万円の間で設定されています。

 

2つ目は「借入限度額」というもので、こちらは利用者個人の返済能力によって決められます。つまり、年収や信用情報をもとに審査され、その結果によって融資可能な金額が変化するということです。

 

こうしたシステムのおかげで、個人の能力を超えた融資を受けて返済困難になってしまう事態が防がれているのです。

 

融資の最高限度額の上限はいくら?

融資の限度額は、個人の返済能力によって決められるとともに、金融会社ごとにも違いが見られます。

 

たとえば、大手消費者金融業者であるアコムやSMBCモビットでは最高で800万円までの融資が可能であり、プロミスやアイフルでは500万円が融資の限度額となっています。

 

また、銀行系カードローンであるみずほ銀行カードローンでは、1000万円が融資の限度額になっています。

 

同じく銀行系の楽天銀行やじぶん銀行カードローンでは800万円、三菱UFJ銀行(バンクイック)では500万円が融資可能限度額となっていて、限度額自体には銀行系と消費者金融系でそれほど大きな違いがないことがわかりますね。

 

個人の限度額の目安がおおよそ年収の3分の1である点を考えて単純計算をすると、年収1500万円を超えている利用者の場合は、カード会社を限度額で選ぶ必要性が出てくるということです。

 

500万円以上の融資が必要になった場合には、利用額によってどの会社と契約するか検討して、判断を誤らないように気をつけましょう。

 

ちなみに、借り入れ限度額がもっとも高いのは住信SBIネット銀行MR.カードローンで、こちらでは最高で1200万円までの融資が可能となっています。

SBI証券の口座を持っていたり、住信SBIネット銀行が指定するミライノカードを保有していたりする場合には金利も安くなるため、大きな金額の融資を必要とした際には検討してみる余地があるといえるでしょう。

最低の限度額はいくら?

お金を借りるときには、カード会社ごとの最高限度額にばかり目が向いてしまいがちであるものの、実際にそれによって状況が左右されることはほとんどありません。

たとえ1000万円までの融資を認めている会社であっても、誰でも初回の契約時から最高限度額を借り入れられるわけではないのです。

 

借り受けられる限度額は、利用者本人の年収によって判断されるのはもちろんのこと、そのカード会社を利用した実績によっても左右されます。

つまり、どれだけ収入に恵まれていても、実際に利用と返済をした履歴を積み重ねて信用度を高めていくことでしか、最高限度額の借り入れはできないということです。

 

ですから、一般的な利用者にとって大切なのは、最高限度額よりもむしろ最低限度額だと言えるでしょう。

 

銀行系カードローンでは10万円、消費者金融系カードローンでは1万円が最低限度額となっていて、審査結果によっては満足な利用ができないケースもあります。

その代わり、消費者金融系では即日融資が可能なところもあるため、自身が希望する融資金額によって適切に契約を申し込む会社を選びましょう。

 

また、一般的にも初回の契約時には銀行系カードローンで50~100万円、消費者金融系カードローンで10~30万円となることが多いです。

限度額を上げていくためには、そこから信用度を高めて増額を申請していく方法が正攻法だといえますね。

消費者金融系の銀行系カードローンの違い

カードローンを利用できる会社では、基本的にどこでも融資限度額が設けられています。

 

そのため、利用をする際には、どの会社であっても同じように最大限度額と自身の状況を見比べる必要があるでしょう。

 

しかし、利用者個人の返済能力によって決まる借入限度額に関しては、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンで明確な違いがあります。

 

それは、一言で言ってしまえば「総量規制」の対象かどうかという点です。

2010年に施行された改正貸金業法によって「総量規制」ができ、貸金業者では利用者の借り過ぎを防止するために、年収の3分の1以上の融資ができなくなりました。

 

この場合の貸金業者には消費者金融、クレジットカード会社、信販会社が当てはまるので、消費者金融系カードローンでも借入限度額が規制されるようになっているのです。

 

そのため、クレジットカードのキャッシング枠や信販系カードローンにおいても、同じように総量規制がかかり、年収に応じた金額以上を借り受けることはできません。

 

それに対して、銀行はこうした総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える限度額を借り入れることも可能です。

それに加えて、融資限度額が高めに設定されているところも少なくはなく、大きな金額の借り入れを希望する利用者にも対応できるようになっています。

 

ただし、2017年10月19日からは、大手メガバンクがカードローンの貸付上限を自主的に導入したことで、銀行系カードローンでも自主規制が行われるようになりました。

総量規制自体が利用者の借り過ぎを防止するために生まれたものなので、たとえ法律で定められていなくても、銀行が自主的に取り入れるのは自然な流れだといえるでしょう。

総量規制の対象外となるケース

利用者の借り過ぎを防止するために生まれた総量規制ですが、すべての借り入れが対象として規制されるわけではありません。

 

改正化貸金業法では、総量規制とともに「除外貸付」や「例外貸付」となる場合も定められていて、ローンの形態によっては対象外となるケースもあります。

 

このうち除外貸付というのは、そもそも総量規制の対象とならない貸付項目のことです。

 

これには住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の貸し付けや有価証券担保の借り入れなどが含まれていて、金額にかかわらず総量規制の影響を受けることはありません。

 

それに対して、例外貸付というのは、本来総量規制の対象に入るものの事情によって認められた貸し付けにあたります。

たとえば、すでに総量規制ギリギリの融資を受けている利用者が、緊急の医療費を必要とした場合には、例外貸付として追加の融資が認められることもあるのです。

 

この例外貸付には、個人事業者に対する事業性資金の貸付や緊急性の認められる出費に対して認められる貸し付けも含まれ、利用者の事情によって限度額の枠を引き上げられる柔軟なシステムとなっています。

 

また、おまとめローンや借り換えローンなどで、利用者が一方的に有利となる場合にも例外が認められることとなります。

 

つまり、借金を一本化し、金利や毎月の負担額が軽減されるのであれば、審査によって総量規制以上の借り入れも可能になるということです。

 

また、銀行系カードローンにおいては、自主規制をしているところは多いものの、総量規制の対象には入っているわけではありません。

実際の融資額はいくらになる?

総量規制によって、年収の3分の1までの借り入れが認められているとはいえ、必ずしも最高限度額の融資を受けられるわけではありません。

 

とくに、初めてカードローンを利用する際には、限度額最大まで貸し付けを認められないことも少なくはないでしょう。

 

カード会社側からすれば、相手にかかわらず大きな金額を貸し付けるよりも、実際に利用の実績がある利用者に融資をしたいというのが自然です。

 

ですから、ある程度の借り入れと返済の実績を積み重ね、少しずつ限度額を増やしていくのが一般的だといえますね。

ただし、利用の回数が増えていたとしても、返済に遅延があれば信用度が落ちてしまうため、その点には注意しておきましょう。
一度でも遅れがあると、審査では不利になってしまいますよ。

借入限度額の審査は何で決められているの?

カードローンの審査では、利用者の属性によって貸し付けの限度額が決められます。

属性というのは利用者のステータスのことで、年収や職業をもとに返済能力を数値化したものです。

 

カードローン会社はこの数値化したデータをもとに利用者の情報を審査し、点数が高ければ限度額は高めに設定されるのです。

 

収入に関しては、直接的に利用者の返済能力を示すポイントとなりますが、職業も同じように重要視されるという点を覚えておきましょう。

職業では利用者の収入とともに仕事の安定性を確かめることができるため、属性を示す大きな要素となっているのです。

 

また、同様の理由で、利用者の勤続年数も審査の判断基準とされています。

長く勤めていれば、それだけ収入が安定しているとみなされ、審査では有利になるでしょう。

 

反対に、収入が増加していても、転職後すぐのタイミングでは審査が厳しくなる場合があるので注意してください。

 

また、利用者の信用情報も審査結果を大きく左右します。

このときに確認されるのは、クレジットカードやカードローンなどの利用状況、車や家のローン返済、携帯電話本体の割賦金や奨学金の返済などです。

これらの支払いに遅延があった場合には、審査の通過が難しくなってしまうため、普段から遅れのないように気を配っておくことが大切になります。

増額してもらうにはどうすればいい?

カードローンの限度額を増額してもらうためには、新規契約時とは別に、新しく審査を受けなければなりません。

 

カード会社によって多少の違いはあるものの、電話や書類によって利用者が自分から増額の申請をし、認められれば審査を受けることができます。

 

このとき、新規契約をしたばかりの利用者は、増額申請を受け付けてもらえないことがほとんどです。利用回数が少なかったり、契約から半年が経過していなかったりする場合には、まだカード会社との信頼関係が築かれていないため、増額の審査が許可されないのです。

 

また、継続的な利用がありきちんと返済をしている実績もある場合には、カード会社のほうから増額を勧められることもあります。

 

カード会社としては、きちんと返済を見込める利用者であれば、お金を貸してもリスクが少なくて済むため、積極的に融資を検討してもらいたいと考えるのでしょう。

 

ただし、増額の審査が下りるまでにはある程度の時間がかかり、審査の難易度自体も新規契約時より高めに設定されています。ですから、融資のスピードを重視していたり、審査の確実性を大切にしていたりするときには、ほかの金融機関に新規で申し込みをするのも1つの手だといえるでしょう。

しかし、同時に複数の会社に申し込みをすると「申し込みブラック(多重申込)」となってしまうので注意が必要ですよ!
複数の会社を検討したうえで、1社に絞って申し込みを行うようにしてみてください。

借入限度額を増やすポイントは?

借入限度額の増額審査には、利用者自身の職業や年収が大きな影響を与えるものの、それ以外でも評価を高めるために抑えておくべきポイントがあります。

 

それは、カード会社を継続的に利用し、信用度を高めるということです。

具体的な点として挙げられるのは、半年~1年以上契約をし、定期的な借り入れをしておくということです。

 

カード会社としては、契約回数の少ない利用者にはなかなか信用を置けないため、増額の審査も厳しくなってしまう傾向があるのでしょう。

 

そして、毎月の返済を確実にこなし、延滞を発生させないことも重要なポイントとなります。

 

また、限度額いっぱいまで借り入れをすることも、増額審査においては有利に働きます。

利用者が現状の限度額を返済する能力を持っているという証明になるため、さらなる融資の追加が認められやすくなるのです。

普段のライフスタイルを見直して、どの程度カードローンを利用するべきかを考えておくことも大切ですね。

限度額の増額申請のリスク

限度額の増額が認められれば利用できる金額が高まり、よりカードローンの利便性が増します。なかには、それによって金利が安くなる可能性もあるため、増額によって生まれるメリットは大きいと言えるでしょう。

 

しかし、増額申請にはリスクもあることを理解しておく必要があります。

なぜなら、新規契約では問題のなかった利用者であっても、増額審査には落ちてしまうおそれがあるからです。

 

そして、一般的に増額の申請は「契約内容の見直し」として取り扱われるため、審査結果によっては減額されてしまう可能性もあります。

 

また、増額申請の情報は信用情報機関にも載るため、結果次第では利用者の信用度に影響を与えるおそれもあるといえるでしょう。

ですから、初回契約時と比べて収入が下がっていたり、返済が遅れた履歴があったりする場合には、むやみに増額審査を受けず慎重な判断を心がけるべきです。

 

また、審査には問題がなくてもすぐに融資が必要な場合には注意が必要です。

増額の審査には少なくとも2日~3日かかり、実際に融資を受けられるのはそれからなので、即日で資金が必要な場合には適していません。

もし、あらかじめ限度額の増額が必要になることがわかっていれば、なるべく早い段階で審査を済ませておくことも大切です。

増額の審査に通らないのはどういう人?

増額の審査に落ちてしまえば、反対に限度額を減らされたり、カードローンの利用自体ができなくなったりする場合もあります。

 

ですから、審査を受ける前に、落ちてしまう人の特徴を押さえておくことが大切です。

 

まず、それまでのカードローンの利用において、返済の遅延があった場合には審査に通る可能性は低くなってしまうでしょう。

増額審査においては、何よりも利用者の信用度が大きな判断基準となるため、少なくとも半年間の返済履歴はチェックされると考えておいてください。

 

また、それと同じ理由で、新規契約時から日が浅い利用者も審査を通過する可能性は低いです。実際に利用をした実績がなければ信用度はそれほど高まっていないため、審査では不利になってしまうでしょう。

 

また、長期で利用した実績があっても、新規の借り入れ時よりも属性が低下している場合には審査を通ることができません。

 

以前と比べて収入が下がっていたり、転職によって勤続年数が短くなっていたりするなら、減額をされてしまう可能性もあります。

 

さらに、増額によって総量規制の金額を超えてしまう場合にも審査は通りません。

確かな返済実績のある利用者が、年収に見合った範囲で申請をした場合にのみ、増額の審査を通過できるのです。

増額に関しては、とくに毎月の収入と支出を考えたうえで利用しなければなりませんね。

増額審査に落ちたら他社で申し込めばいい?

仮に増額審査に落ちてしまったら、そこからもう一度受けようとしても結果が変わることはありません。

 

とくに、返済実績によって落とされてしまった場合には、半年以上の履歴が見られていることを考えると、最低でも3カ月は期間を空ける必要があります。

 

ですから、どうしても融資の追加が必要なときには、他社で新規の申し込みを検討してみるといいでしょう。

 

増額審査では落とされてしまっても、新規契約の審査には通過する場合も少なくないため、決して融資を諦める必要はありません。

 

ただし、延滞によって信用情報が傷ついていると新規契約でも申し込みに落ちる可能性が高いです。延滞は、できるかぎりないように気をつけてくださいね。

審査に落ちたくない!」と、複数のカード会社に同時に申し込みを行うと「申し込みブラック(多重申込)」に陥ってしまいます。
この状態では、少なくとも半年間、一部の金融機関の審査に通りにくくなってしまうため注意しておきましょう。

限度額を下げるには?

限度額に関しては、増額だけではなく減額を申し出ることもできます。

 

増額によって使える金額に幅を持たせたほうが、より利便性が高まると考えるのが一般的ではあるものの、減額にもメリットはあります。

たとえば、限度額に余裕があると借り入れをし過ぎてしまうといった場合は、自分から減額を申請することで防げるでしょう。

 

また、不正利用されてしまったときの被害額を抑えられたり、新たなローンの審査に通りやすくなったりする側面もあるため、減額を希望する人も少なくはありません。

 

限度額を下げる場合は、とくに審査を受ける必要はありません。

利用者が電話で申請をすれば、すぐに減額してもらえます。

ただし、すでに限度額いっぱいまで借り入れてしまっているときには、返済をするまで引き下げることはできません。
減額は、限度額に余裕のある状態で申し込むようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

普段からカードローンを利用している人のなかには、現状の限度額に物足りなさを感じている人もいるでしょう。

 

初回の契約では、どうしても低めの限度額を設定されてしまうことが多いため、そのまま使い続けるには不便だと感じる場合もあるはずです。

 

利便性を高めるためにも、一度利用者自身で限度額を見直してみることが大切になりますね。

 

そのうえで、収入や返済実績などの条件が満たされていれば、増額を検討してみるといいでしょう。

適切な利用と返済を続けている限りは、利用者の信用度がますます高まっていくため、審査にも通りやすくなります。

 

審査には時間がかかるので、増額の予定があれば早めに動いておくことも肝心です。利用限度額にゆとりがあれば、いざというときにも落ち着いて対応できるようになります。

 

これからもカードローンを使い続けようと考えているのであれば、限度額を引き上げてもらうために、増額審査を受けることも検討してみるといいでしょう。

 

それでは今回はここまで。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。