ホーム >  カードローンの基礎知識

カードローンの一括返済はお得?一括返済した方がいいケースとは

アイキャッチカードローン一括返済

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
カードローンは基本的に分割払いで返済するのが基本ですが、一括返済にて借金を全額返済することもできます。

一括払いは「借金から解放される」精神的なメリットや「利息を最小限に抑えられる」金銭的なメリットがあります!

 

しかし、一方で一括返済には注意点もあり、「とりあえず一括返済をしておけばいい」というものでもありません。

 

この記事を読んで一括返済とは何かを理解し「自分は一括返済をすべきか」を考えましょう。

 

SMBCモビット

アイフル

一括返済とは

お金の束

一括返済とは、その言葉通り「現在の借入金額を一度の返済で全額完済」することをいいます。

 

似たような言葉に、クレジットカードの「一括払い」がありますが、その「一括払いの借金返済版」と考えればイメージが付きやすいでしょうか。

 

カードローンの利息は、利用期間が長くなるほど多くの金額がかかることになりトータルの返済額も増えていきます。

 

そのため、利息の支払いをいかに少なくできるかが返済の負担を減らすうえで重要です。

 

多くのカードローン会社では約定返済日(毎月の返済)以外の返済に対応しており、お金に余裕があれば自主的に追加で返済することも可能です。

 

これを繰り上げ返済(随時返済)といい、繰り上げ返済をおこなうことで、元金(借入残高)を早く返済することができるうえに最終的にかかる利息金額まで減らすことができます。

 

この繰り上げ返済で借入残高のすべてを返済期日までにかかる利息とともに全額返済するのが一括返済です。

 

一括返済すれば、利息の負担を断ち切ることができ、返済期間を大幅に短縮することも可能です。

 

一括返済のメリット

女性いいね

手数料がかからない

一括返済の元金と利息以外は、一切、費用がかからないことがメリットです。

 

たとえば住宅ローンなど、利用しているローンの種類によっては一括返済で手数料がかかる金融機関があることもあります。

 

しかし、カードローンの場合は基本的に手数料がかからないのです。

 

一括返済・解約で大きな金額のローンの審査で有利になることも

カードローンの解約は、住宅ローンなど別のローンを銀行などの金融機関から借り入れる場合に審査の面で有利になることがあります。

 

これから住宅ローンや自動車ローン、バイクローンなどの大きなローンの契約を予定している場合は、カードローンの一括返済・解約を進めることも重要です。

 

解約となれば、信用情報機関に登録される情報でも債務ゼロ解約済みと記録されます。

 

住宅ローンなどの審査でも信用情報機関で他社の利用状況を照会するので、債務がないと確認できれば審査は有利にはたらきます。

 

また、カードローンの返済履歴は「私はローンを返済する実績がある」ということの「証明」にもなります。

 

ローン会社にとっては、返済実績のある人にお金を貸したほうが安心できますよね。

大型のローンの契約になるほど高い返済能力が求められることになり、一括返済と同時に解約の手続きをおこなうことが大切ですよ。

 

インターネットでの一括返済のメリット

パソコンをする

大手の消費者金融などでは店舗も多く、備え付けのATMで一括返済も可能ですが、一部の会社だけに留まります。

 

そんな中で、一括返済に便利なのがインターネット返済です。

 

カードローン会社の多くでインターネット返済を対応しており、月々の約定返済額に加えて全額返済にも対応しており、金額を指定しての返済も可能です。

 

WEB明細で借入残高も確認でき、24時間365日利用できるところも少なくありません。一括返済の目途が立てば、いつでも実行できる点でインターネット返済のメリットは大きいのです。

 

一括返済する際の注意点

女性ここがポイント

先々の予定や出費にも目を向ける

一括返済のデメリットは、当面の生活資金が不足するという事態が起きかねないことです。

 

「よし、今の貯金でギリギリ返済できそうだから一括返済しよう!」と考えてしまいがちですが、私としてはあまりおすすめできません。

 

なぜなら、貯金を大きく崩してしまうと、突発的な出費が来たときに「お金がない!」という状態になってしまう可能性があるからです。

 

そうなった場合、結局またカードローンでお金を借りる必要がでてきます。

 

いわゆる「本末転倒」な状態になってしまい「これなら一括返済なんてしなければよかった…。」と後悔することになるかもしれません。

 

一括返済には、計画性が大事です。

 

家計の状況をみて、一括返済しても余裕が生まれるタイミングがベストといえます。

 

病気やケガ、冠婚葬祭など予期せぬ出費にも対応できるようにしておくことも必要になるでしょう。

先々の予定などにも目を配りながら、万全の準備で一括返済を計画したいところですね。

ATMでは完済できないことが多い

利息が戻らないケースの他にも、ATMでの完済でも注意が必要です。

 

カードローンはATMからの返済も便利ですが、硬貨を支払うことができない理由から完済できないケースもあります。

 

カードローン会社によっては1,000円単位での一括返済が可能なところもありますが、基本的に多く返済した分のおつりは出ないので注意しておきましょう。

 

また、完済したとしてもカードローンの解約手続きも必要で、ローンカードを返却しなければなりません。

完済したからといってそのまま放置しておくことがないようにしましょうね。

一括返済はキャンセルできない

一括返済の計画をした後に急な出費が発生した、あるいは、ケガや病気に見舞われたなど予期せぬ事態は起こるものです。

 

しかし、一括返済をした後にキャンセルを依頼しても受け付けてもらえないことがほとんどです。

 

カードローン会社と契約すると契約書とともにカード会員規約も渡されます。

一括返済のキャンセルに関わること以外にも注意点が書かれているので、会員規約は保管しきちんと読み込んでおくようにしましょうね。

一括返済を避けた方が良い場合

一括返済を避けた方が良い場合

このような場合には、一括返済を避けた方がよいといえるでしょう。

 

また、家計の状況を見直しながら、一括返済の実行のタイミングをはかることも大切です。

 

一括返済の計画を進める中では、家計に無駄な出費がないか見直すこともポイントです。

 

無駄な出費を削減できれば、カードローンに頼る機会もなくなります。

 

先々の出費の見通しに目を配りながら、家計の見直しも同時に行えば、早い段階で一括返済のタイミングも見えてくるはずです。

 

一括返済がむずかしい場合の対処法

金欠で悩む男性

繰り上げ返済でもおトク効果あり

月々の返済額を多めにして返す繰り上げ返済なら、家計に大きな負担もかかりません。

 

例えば、ボーナスが入る時期などに繰り上げ返済するなど、まとまったお金が入る時期に繰り上げ返済を行うと効果的ですよ。

 

繰り上げ返済でどれだけ効果があるのか、ある消費者金融のカードローンを例に出してみます。

 

借入金額30万円・年利17.8%での条件下での結果です。

月の支払い金額

完済までにかかる期間

11,000円

36か月

14,948円

24か月

月々約4000円をプラスするだけで、返済期間を1年間も短縮することが可能です。

 

ボーナスを併用して繰り上げ返済を行えば、さらに、返済期間は短くでき、利息の支払いも減ります。

 

繰り上げ返済の効果を返済シミュレーションで確認

繰り上げ返済の効果は、各カードローン会社が提供している返済シミュレーションでつかむことができ、利息・元金の支払い分もわかります。

 

また、繰り上げ返済は返済方法でもポイントがあります。

 

口座振替で返済している場合は、提携ATMでの返済もあわせておこなうと良いでしょう。

 

カードローン会社が提携しているATMはコンビニを中心に多くあります。

 

身近なところが利用できるのであれば、いつでも返済できるので便利です。

 

なかでも、手数料無料で利用できるATMで繰り上げ返済を進めると一番お得になりますよ。

 

繰り上げ返済でも無理は禁物で、月々の金額を決めることはありません。

家計に余裕のあるときに少しでも多めに返済していく、継続できる金額で進めることが大切ですよ。

無利息期間のある消費者金融系カードローンを有効活用

無利息期間のあるカードローンを利用することでも、利息の支払いをおさえることができます。

 

無利息期間が設定されているカードローンは消費者金融系に多く、短期の利用を考えている人に向いているでしょう。

 

以下は、無利息期間のある消費者金融の一例です。

まとめ

ポイントを話す女性

カードローンで、一括返済すれば、利息の支払いなどから解放されます。

 

また、返済能力も上がり、完済したという実績が住宅ローンや自動車ローンなどの大きな金額のローンを組む場合にもプラスにはたらきます。

 

そうした一括返済のプラスの面を得るためにも、十分に計画を練って実行したり、完済後もカードローンに頼ったりしないよう家計に「体力」をつけることが大切です。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします