無職でもカードローンは利用できる?申し込みの条件とは?

  • カードローンの基礎知識

 

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

誰でもお金が必要になることはありますよね。

仕事をしている人なら借入れすることで対処できそうですが、無職の人はどうなのでしょうか?

 

この記事では、無職がカードローンでお金を借りることができるのかについて詳しく解説します!

無職の人がカードローンを利用することは難しい!

結論から言うと、収入のまったくない無職の人がカードローンを利用するのはかなり難しいと考えてよいでしょう。

 

なぜなら、カードローン会社は申込者の「返済ができる能力」を何よりも重視しているからです。

 

ほとんどのカードローン会社では、申し込める人の条件に「安定して継続的な収入がある人」というものがあります。

それほどカードローン会社にとって申込者の返済能力がとても重要だということなんです。

 

無職でも収入や貯金がある人はどうなの?

「いやいや、無職でもお金を持っている人なら借りられるんじゃないの?」と突っ込みたくなる人もいることでしょう。

 

確かに、無職でもお金を持っていればカードローンで返済できそうと考えてしまいそうですが、残念ながらそれでもカードローンを利用できる条件には満たしていないのです!

 

たとえ以下の収入がある無職の人だとしても、カードローン会社からは借入を断られる可能性が高いのです。

  1. 国による給付金(年金や生活保護、失業保険など)
  2. 親からの仕送り
  3. 競馬やパチスロなどによる収入
  4. お小遣い程度の副業収入の人

 

これらの収入には「入ってくる収入の額が安定しない」「いつ収入がなくなるかわからない」という点が当てはまります。

 

また、年金収入の人は「年金担保融資」にてお金を借りることができる可能性もあります。

気になる人は、以下の関連記事で確認してみましょう。

専業主婦の場合は「配偶者貸付」により借りられるケースも

無職とは少し違うかもしれませんが、自身に収入減のない専業主婦(夫)でも、カードローンを利用できる可能性があります。

その場合、自分の配偶者の安定した収入が必要です。

 

ただし、消費者金融の場合は「総量規制」という自分の年収の3分の1以上の借り入れを制限する法律があります。

そのため、自分の収入を持たない専業主婦の場合は、基本的に消費者金融ではなく銀行カードローンの審査に申し込むという形になるでしょう。

 

ただし、レディースフタバという老舗の消費者金融であれば専業主婦でもお金を借りることが可能です。

レディースフタバに関しては、このサイトでも参考記事があるので、気になる人は確認してみましょう。

 

レディースフタバの申し込みはこちら!

無職以外に申し込みできない条件とは?

信用情報に傷がついている場合

信用情報に傷がついていると、申し込みをすることが難しくなってきます。

 

信用情報とは、各利用者の属性情報(性別、年齢、勤務先など)と取引履歴のことで、過去の金融機関からの借入について、きちんと期日に返済した事実や支払いが遅れた事実、未払いになった事実が記録されています。

 

一般によく言われている「信用情報に傷がつく」というのは、この信用情報に未払いになっている事実などが記載された状態のことをいいます。

 

そうなると、金融機関と取引することは難しくなってしまうのです…!

年齢制限にかかる場合

また、申し込み可能年齢の対象外である場合にも、カードローンを申し込むことができません。

 

多くのカードローンにおいて、未成年者や高齢者は年齢対象外になっています…。

 

これは、未成年者はお金を借りるために親の同意を必要とすること、高齢者は返済が終わる前に退職などで収入状況が変わってしまうことが理由です。

高齢者とされる年齢はばらばらなのですが、65歳や70歳になると選択肢は狭まってしまいます。

お金を借りられない無職の人がカードローンを利用するには?

返済能力を身につける

カードローンを利用することができない無職の人が、利用することができるようになるためには、安定した収入を得られるようになって返済能力を身につけることが必要です。

 

そのためには、アルバイトを始める、就職する、自営業を始めるなどの方法があります。

 

就職をした場合には、それだけでも安定した収入を得られるようになったといえるでしょう。

アルバイトや自営業を始めた場合の注意点

しかし、アルバイトをする場合には、ただアルバイトをしているだけでは安定した収入があるとは認められにくいでしょう。

 

アルバイトは比較的簡単に辞めることができるからです。そのため、勤続年数が重要になります。

 

また、自営業は赤字になる可能性もあるため、アルバイトよりも収入が安定しない判断される可能性があります。

そのため、自営業を始める場合には、事業を軌道に乗せて、継続して黒字を出せるようになることが求められます。

まとめ

お金を借りることができるかどうかは、返済能力の有無によって決まります。

無職の場合は安定収入がなく、返済能力がないとみなされる場合が多いので、お金を借りられない場合が多いことは確かでしょう。

 

カードローンの審査には、返済能力があるかどうかが何よりも重要です。

そのため、無職の人がお金のピンチを解決したい場合は新しくアルバイトをするのが最も解決に近い選択といえるでしょう。

 

アルバイトをすることでフリーターになれば、カードローンの審査に通過するチャンスが生まれるかもしれません。

フリーターの利用でも積極的に募集しているカードローンは少なくないのです。

 

気になる人のために関連記事を用意しましたので、確認してみることをおすすめしますよ。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

 

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。