初めてのカードローンでも大丈夫!各社サービス比較して賢く選ぼう!

  • カードローンの基礎知識
  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
お金が必要なとき、あなたならどうしますか?
だれでも一度くらいは「カードローン」について考えてみたこともあるのではないでしょうか?

テレビCM・電車内など、いたるところでカードローンの広告を目にすることは多いはず。

そんなあなたは「よくわからないし、怖そう」なんて思われているかもしれませんね。

カードローンについてよくわからないからといって、ただ敬遠するだけなのはもったいないのです。

カードローンの仕組みや使い方を知って「計画的に」利用すれば、あなたにとっても心強い味方になってくれるかもしれませんよ。

そこで今回、カードローンを選ぶ際に注目してほしい比較ポイントを基にカードローンの仕組みや各種サービスの特徴、カードローンの比較方法を解説しましょう。

 

カードローンを比較するときのポイントとは?

まず、カードローンで気になってしまうのは借金であるということではないでしょうか?
借りたものは返さなくてはなりません
そして借金を返すということはその借りた金額だけでなく、「利息を上乗せして返済する必要がある」ということなのです。

どうしても気になる「金利」

基本的にカードローンを利用ときには「利息」という「お金を貸したことに対するお礼のようなもの」を支払わなければなりません。

その利息を計算するために用いるものが金利です。金利は「%」で表記されており、1年にかかる利息金額を表しています。

たとえば金利「18.0%」で10万円借りるのであれば、1年後に借り入れ金額の18.0%にあたる「18,000円」の利息がかかるというワケなのです。

ですので、当然金利が低い=払う利息が少なくて済むということになりますね。

借りる立場であれば、もちろん金利の低いカードローンを利用することが最善といえるでしょう。

ではどういうカードローンであれば、低金利でお金を借りることができるのでしょうか?

一般的に消費者金融カードローンよりも、銀行カードローンは低金利であるといわれています。

代表的な銀行カードローンの金利

カードローン名

金利

みずほ銀行カードローン

2.0%~14.0%

三井住友カードローン

4.0%~14.5%

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

1.8%~14.6%

ゆうちょ銀行カードローン「したく」

7.0%~14.9%

りそな銀行 りそなカードローン

3.5%~12.475%

そして消費者金融カードローンはおおよそ「3.0%~18.0%」の金利で貸し付けを行っていることがほとんどです。
次は代表的な消費者金融カードローンの金利をみていきましょう。

代表的な消費者金融カードローンの金利

カードローン名

金利

アイフル

3.0%~18.0%

SMBCモビット

3.0%~18.0%

 

4.5%~17.8%

どうでしょうか?

この表をみてみると「消費者金融カードローンも低金利じゃないか」と思われるかもしれません。

実際には、カードローン利用時に適用される金利は審査によって決められ、どれほどの金利で借りられるかはその方次第です。

ましてやカードローンが初めてで、借りたい金額も少額であれば記載されている最低金利が適用されることはまずないでしょう。

だからこそ、上限金利をみておく必要があるといえますね。

そして表のとおり代表的な消費者金融での最大金利は法律上許されている「最大値の18.0%」(※借入金額が10万円以上100万円未満の場合)であることがほとんどですね。

少しでも利息を抑えたいのであれば、各社の上限金利を比較することが最も重要なポイントといえるでしょう。

そして、忘れてはいけないのが「どのように返済していくか」ということ。

返済時に利息を上乗せして返すということはご理解いただけたかと思います。

では利息を少なくする返済方法はあるのでしょうか?

低金利でお金を借りるだけでなく、どうやって返していくかが最終的に利息を抑えるポイントなのでこちらもしっかり解説していきますね。 

 

利息の計算方法

利息は最初に借りた元金に対して掛けられていますが、「金利18.0%で10万円を借りた」あなたが1か月後に全額返済できる場合、利息と元金合わせて「118.000円」を支払うのでしょうか?
いいえそうではありません。

金利18.0%はいつでも「18.000円」の利息かかるというわけではなく借りていた期間に応じてその額は変わるのです。

 

《利息の求め方》

 

【借入残高】×【金利】÷365日×【借りている日数】=【利息金額】

つまりは

 

100.000円×18.0%÷365日×30日=1.479円(1円未満を除く)

 

「金利18.0%で10万円を借りた」場合、1か月でかかる利息は約1,500円

1年間にかかる利息は前述した通り18.000円ですから、それに比べると1か月の利息は明らかに違いますね。

つまり、お金を借りている期間が短ければ、利息は少なくて済むということです。

また利息がかかるのは借入残高に対してですので、返済額を多くして早いペースで借金返済をするほど、完済までにかかる利息総額も減っていくのです。

以下の表をみてください。

金利18.0%で10万円を借りた場合の利息は?

月々の返済額

支払回数

完済までの利息総額

1万円

11回

9,158円

2万円

6回

4,750円

3万円

4回

3,408円

このように、返済金額・返済回数によって借入している期間にも違いが出てくるため、結果、完済までの利息総額も大きく変わってきます。

一回の返済金額を多くすることで、借入期間を短くすることができれば、確実に利息を抑えることができるでしょう。

賢くカードローンを使うには低金利短期の借り入れが重要なポイントですね。

無利息期間サービスを活用する

銀行カードローンよりも金利が高い消費者金融ではありますが、大手消費者金融では初めての方向けに無利息期間を用意しているところもあります。

無利息期間は借入からの一定期間のみ利息が免除されるというサービスです。

お金を借りる必要があるが、短期間での返済の目途があるなど、あなたの状況次第では利用しない手はありません。

決して低金利だけにとらわれず、無利息期間という最大のメリットを見逃すことのないようにしたいものですね。

ここまでで、「低金利の銀行カードローンで決まりだ」と思われた方、ちょっと待ってください

銀行カードローンではあなたに応えられないかもしれないのです。

それは融資までのスピードなんです。

 

急ぎなんです。今日中にお金が必要!

お金を必要としている方ですから、取り急ぎ「今日にでも」なんて状況かもしれないですね。
「低金利」で安心な銀行カードローンでは「すぐにでも必要」というあなたの期待に応えられない可能性があります。
なぜならカードローンでお金を借りるには審査に通る必要があるからなのです。

カードローンの審査とは?審査って時間がかかるものなの?

カードローンには大きな特徴があります。

それは多くのサービスが「担保・保証人なし」でお金を借りることできるという点です。

ではどうして担保や保証人なしでカードローン会社はお金を貸してくれるのでしょうか?

それは、お金を貸してもきちんと返してくれるという「信用」を基にしているからなのです。

そしてその「信用」が本当にあなたにはあるのかをカードローン会社では審査をすることで判断しています。

その審査項目・審査基準はカードローン毎に異なり、公表されていません。

そのため、カードローン会社によっては時間がかかったり、同じ申込者でもA社の審査に通るのにB社の審査には通らないということが出てくるのです。

そして、「銀行カードローン」の審査はより厳しく、時間もかかる といわれています。

もちろん即日審査を掲げている銀行カードローンもありますが、あくまで条件を満たしたうえでの最短であればということですので注意してください。(既に該当の銀行に口座がある場合など

ではなぜ銀行カードローンはより審査が厳しく・時間がかかるのでしょうか?

銀行が直接回答しているわけではないので、あくまでも考えられる範囲での推測ですが、いくつが挙げてみましょう。

営業時間による制約

審査が行われるのは各銀行の営業時間内です。

土日祝日そして夜間や早朝などの営業時間外にWEBから申し込みをしても手続そのものは進みません。

逆を言えば、銀行よりも消費者金融の方が通常営業時間が長く土日祝日も営業していることが多いものです。

低金利、より安心な銀行だからこそ

初めての人にとっては低金利なうえ、銀行であるという安心感がある銀行カードローン、だからこそ申込数が多くそれだけ時間がかかっているかもしれません。

また銀行は、個人や企業から多くの資産を預かり、その資産を投資や融資などで運用することでさらに資産を増やし、預金者へ還元するという基本的な銀行としての本分があります。

もしカードローンの審査を厳しく行っていなければ、返済困難な融資を多く抱えてしまうでしょう。

「資産運用がうまくできない。」「預けた預金も危ないかもしれない。」そんな銀行であれば、だれもお金を預けなくなります。

銀行自身にとって預金者や社会への信用が一番重要であるからこそ、返済不能になる融資を回避する必要があり、結果銀行カードローンの審査はより厳しくなると考えられます。

ただしそれだけではなく非常に大きな違いがあるのです。

 

銀行で即日融資は不可能

銀行が即日融資できない大きな要因があります。

銀行カードローンの審査では「警視庁データベースへの照会」が行われているのを知っていますか?

以前に大手銀行が反社会勢力へ融資を行っていたことが明るみになり、再発防止策として「警視庁データベースへの照会」がさらに審査に加わることになったのです。

審査の手間がひとつ多いだけでもやはり審査完了までの時間に影響が出ると考えられます。

審査完了までに時間がかかれば、実際の融資までの時間もその分かかってしまうことでしょう。

また「即日審査」「即日融資」では全く意味が異なります。

即日審査で、申込当日に審査に通ったとしても、その当日中に「融資=お金が手に入る」わけではないのです。

あなたが取り急ぎ融資を必要としているのであれば「審査が速い」だけでなく「融資までにどれくらいかかるのか」を把握しておく必要があります。

即日融資が必要なら消費者金融

即日融資を売りにしているカードローンの多くは消費者金融であるといえます。

「警視庁データベースへの照会」が不要でその分、審査をスピードアップできるからといえるでしょう。

また銀行カードローンにはない点を強みにするためにも、消費者金融の多くは即日融資に力を入れているとも考えられます。

そして銀行に比べて長年個人への小口融資を専門におこなってきた実績があるのも消費者金融の強みといえますね。

実は銀行がカードローン分野に本格的に参入したのは、2000年以降になってからなんです。

また、銀行は不足しているカードローンのノウハウを「消費者金融と提携すること」で得ていることも多々あるのです。

消費者金融は銀行と比べて金利が高いというデメリットはありますが、あなたにとって即日融資が最優先事項であれば、即日融資可能なカードローンへの申込がどうしても必要になってくるでしょう。

 

簡単・便利さも重要ポイント

簡単にお金は借りられるものなの?」
カードローンが初めての人にとっては「手続きや、利用が難しいのでは?」と思いがちですよね。

簡単に申込ができる

現在、多くのカードローンはインターネットのからの申込に対応しています。

またWEB完結を売りにしているところもあり、スマホひとつで申込から利用まで行えるサービスもあり、非常に申込がしやすい環境になったのです。

インターネットからの申込だけで済んでしまえば簡単便利ですし、なにより周囲にカードローンを申込・利用しているということを知られることもありませんね。

また少額の融資希望であれば必要な申込書類は運転免許証などの身分証 だけで済む場合もあるようですね。

 

借入方法も簡単

審査が通ってから、お金はどうやって手に入るのでしょうか?

カードローン各社によって異なりますが、対応ATMから現金を引き出したり、指定した口座に振り込んでもらうことも可能です。

またカードローン会社によってはATM手数料が無料24時間入金対応可能、問い合わせ先には、フリーダイヤルのサポートセンターを用意している場合もあります。

こういった各社でサービス、サポートの特長がさまざまであり、利便性 という点からも自分にあったカードローンを選ぶこともポイントになるでしょう。

各社ホームページでは申込フォームやサービスの特長の他に借入シミュレーション簡易審査なども用意されていますので、気になるサービスがあればまずは試してみるのもいいですね。

ここまでカードローンを選ぶうえでの比較ポイントについて解説してきましたが、 どういったカードローンが各ポイントを押さえているのでしょうか。
それぞれの比較ポイントに照らし合わせてピックアップしたカードローンを続いてご紹介いたします。

比較ポイント「低金利」でピックアップ

りそな銀行 りそなカードローン

りそな銀行 りそなカードローン

金利

3.5%~12.475%

借入限度額

10万円~800万円

無利息期間

なし

即日融資

不可

りそなカードローンの最大の特長は、なんといっても3.5%~12.475%とメガバンクのなかでは最も上限金利が低いということ。

また、りそな銀行が提携している住宅ローンの利用や、給与振込を利用であればマイナス0.5%の金利特典が適用されます。

ただし利用にはりそな銀行の口座が必要で、口座がなければ口座開設手続きが必要となり、さらに融資まで時間がかかってしまうので注意が必要ですね

詳しくはこちらにりそな銀行カードローンについてまとめた記事あり!ぜひご覧ください。

三井住友カード ゴールドローン

三井住友カード ゴールドローン

金利

3.5%~9.8%

借入限度額

最大700万円まで

無利息期間

なし

即日融資

不可

「三井住友カード ゴールドローン」は銀行や消費者金融ではなく信販会社のカードローンです。

「3.5%~9.8%」の圧倒的な低金利で、さらに返済実績に応じて翌年度の利率が引き下げられる可能性があります。

ただし、ゴールドカードと名の付くように高所得者向けのカードローンともいえるでしょう。

収入に自信のある人であれば、申し込みしておきたいカードローンではありますね。

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディング

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディング

金利

0.8%~12.0%

借入限度額

10万円~1.000万円

無利息期間

なし

即日融資

可能

「J.Score AIスコア・レンディング」は、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資で設立した新しい事業です。

「0.8%~12.0%」の低金利は業界トップクラス、「AIスコア」で信用力を独自分析する今最も注目度が高いローン。

ただし、借入方法は振込のみATM非対応のため、利便性ではやや劣るともいえます。

先進技術を活用することで、低コストかつスピード提供を実現させた「低金利で即日融資可能」なローンは非常に魅力的ですね。

比較ポイント「融資スピード」でピックアップ

SMBCモビット モビットカード

SMBCモビット

金利

3.0%~18.0%

借入限度額

1万円~800万円

無利息期間

なし

即日融資

可能

「SMBCSMBCモビット モビットカード」の特長は最短30分を掲げる審査スピードです。

指定銀行口座と社会保険証あれば、電話連絡・郵送物なしのWEB完結申込も可能。

WEB申込後、電話連絡することで優先して審査開始してもらえます。

三井住友銀行内の契約機で申し込めば即時カード発行可能、「SMBCモビットアプリ」を使えば、セブン銀行ATMでスマホだけでキャッシング、とサービス面で選択肢が多いのもうれしいですね。

詳しくはこちらにSMBCSMBCモビットについてまとめた記事がありますよ。

▼SMBCSMBCモビット モビットカードのお申込みはこちらをクリック↓

SMBCモビット

プロミス フリーキャッシング

金利

4.5%~17.8%

借入限度額

1万円~500万円

無利息期間

30日

即日融資

可能

プロミスフリーキャッシング」も即日融資が可能で、さらに初めての方なら30日間無利息サービスが利用できます。

WEB申込で、口座振替返済とカード郵送希望なしを選択すれば、WEB完結可能、また「アプリローン」を使えば申込から借入までアプリだけで完了し、最短1時間融資にも対応。

会員サイトの利用で「プロミスポイント」たまり、ポイントを使えば提携ATM手数料が無料となるサービスもあるんです。

プロミスフリーキャッシングについて、詳しくはこちらの記事を!

プロミスフリーキャッシングはこちらから申込可能↓

アイフル キャッシングローン  

アイフル

金利

3.0%~18.0%

借入限度額

最大800万円

無利息期間

30日

即日融資

可能

  「アイフル キャッシングローン」も最短30分審査 で即日融資が可能です。

初めての方なら最大30日間利息0円、WEB完結、郵送物一切なし、スマホアプリもあります。

 アイフルでも「3.0%~18.0%」と消費者金融の平均的金利ですが、100万円以上の高額融資向け「アイフル プレミアムファーストローン」も取り扱っており、こちらは驚きの3.0%~9.5% と、銀行カードローン以下の低金利です。他にも幅広いローン商品を取り扱っています。

  アイフルについてまとめた記事がこちら、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか?

▼アイフルキャッシングローンのお申込みはこちらをクリック!

アイフル

比較ポイント「無利息期間」を賢く使おう

さてここまで低金利融資スピードでピックアップしたカードローンですが、 初めてならどうしても利用に不安が出てきてしまいますよね。 

低金利でもやっぱり利息は発生してしまいますし、なるべく早くお金は必要だけど、消費者金融の金利の高さは気になるところです。

即日融資可能なカードローンでピックアップした大手消費者金融カードローンには、無利息期間があるものもご覧いただけたかと思います。

ここでは改めて無利息期間に特徴のある2つのカードローンをご紹介しましょう。

新生パーソナルローン ノーローン

新生パーソナルローン ノーローン

金利

4.9%~18.0%

借入限度額

最大300万円

無利息期間

7日

即日融資

可能

 「新生パーソナルローン ノーローン」は、なんどでも1週間無利息なのが最大の特長なんです。

「なんどでも」というのは、完済した翌月、1週間は無利息になるということなので要注意。でも給料前のピンチなんて「あるある」ですよね。

給料が入って「1週間で完済すれば、利息なし」で済み、またもし同じようなピンチが来ても、1週間で完済すれば、やっぱり利息は発生しません。

使い方次第ではとても重宝します。

ノーローンについてまとめた記事はこちら。クリックするだけで読めますよ。

レイクALSA カードローン

レイクALSA カードローン

金利

4.5%~18.0%

借入限度額

1万円~500万円

無利息期間

30日または180日

即日融資

可能

「レイクALSAカードローン」の最大の特長ともいえるのが選べる2つの無利息です。

初めての方は「お借入額全額の30日間無利息」か「5万円まで180日間無利息」のどちらか選択できます。

180日間無利息とは「借りた金額のうち5万円分についての利息が180日間はかからない」ということ。

借りる金額、返済回数によってのどちらがお得か、シミュレーションが用意されていますので、事前にチェックをしておきましょう。

初めてのカードローンなら、初めての方向けのサービスを活用して、より計画的に賢く利用することができそうですね。

便利なだけじゃない!安心して利用したい

カードローン初めての方であればだれでも不安に思うことはあるでしょう。

特に女性であれば、「パートや派遣だし。雇用形態から審査が不安」、「いろいろ相談したいけどカードローン会社の人は怖いんじゃないの?」など考えてしまいがちではないでしょうか?

今ではカードローンを利用する女性の方も多くなっていますし、なにより安心して利用していただくために、女性向けローン商品 を用意しているカードローンもあるのです。

アイフル SuLaLi

SuLaLi

金利

18.0%

借入限度額

最大10万円 

無利息期間

30日間

即日融資

可能

「アイフルSuLaLi」は借り過ぎてしまわないよう、限度額が10万円に設定されています。

問い合わせ窓口も女性オペレーターよる専用ダイヤル を提供、またもし返済日を過ぎてしまっても、電話連絡や郵送物はなく「SMS」でのお知らせなので安心。

もちろんアイフルなのでWEB完結申込が可能で即日融資にも対応し、初めての方は最大30日間無利息の利用ができるんです。

▼アイフルSuLaLiのお申込みはこちらをクリック!

SuLaLi

カードローン業者は企業イメージを大切にしている

アイフルのような女性専用のローン商品を提供していなくても、同じく消費者金融大手の「プロミスレディース」、「アコム」ならば同じく女性専用ダイヤルを提供しているので、やはり安心して相談、利用ができそうですね。

今多くの銀行・消費者金融では利用者を大切にする企業イメージを重要視しています。法律違反があればすぐにでも営業停止に追い込まれてしまうことはもちろん、ちょっとした不手際などをきっかけとしてSNSで炎上なんてことも簡単に起こってしまうからです。

現在カードローン会社には利用者が安心して利用できるサービスの提供が求められ、顧客満足度を得られないサービスであれば、たちまちその評判は拡散され、利用者は離れてしまうでしょう。

初めての方や女性にとって優しいということは、突き詰めれば誰にとっても安心できる ということです。

女性専用商品や女性向けサポートがなくても、女性を含めた利用者へ配慮しているということが結果、企業としてのイメージを向上させ、選ばれるカードローンへとつながっていくでしょう。

安心できるサービスを提供しているカードローンを選ぶことも賢い選択といえますね。

初めてで不安だという方こそ、名前を聞いたことがある大手のカードローンから選んでみるのもひとつではないでしょうか。

カードローンの審査で見られるところ

実際にカードローンの審査に通って、お金を借りることが本当にできるのかどうか、心配になりますよね。

カードローンの申込で審査されるのは、「返済能力があるのか」というあなたに対する信用ですが、ではどういうところからこの信用を判断されているのでしょうか?

ここでは、審査の主な項目について解説していきましょう。

信用情報

あなたが今まで「カードローン」を利用したことがなくても、住宅ローンカーローンなど目的別のローンを申込、利用したことがあるかもしれませんよね。

またクレジットカードの申込や利用状況も同じく、あなたの信用情報の基になっているのです。

そういった今までのローンやクレジットカードの申込・利用情報を収集、登録、保管し、各カードローン会社の問い合わせに対して照会・回答している「指定信用情報機関」があります。

その「指定信用情報機関」からの回答を基に、各カードローン会社はあなたの今までのお金に対する姿勢、そして将来にわたる予測を割り出し、今後も返済可能かどうかを判断しているといえるでしょう。

ただしこれだけではないのです。

安定した収入

もちろん返済の根拠になる収入も大事なポイントですね。あなたに継続的かつ安定した収入が見込まれているのであれば、お金を貸しても返済に困ることはないと判断されるでしょう。

ですので収入の多さよりも、今後も継続して安定した収入を得られるかが重要なのです。

そういったことから、やはり公務員であれば信用は高くなり、たとえ高収入でなくても大きな企業に長期勤務しているというのであれば、充分に信用があるといえるかもしれませんね。

安定した住まいと家族構成

収入とともに住居の状況もあなたの返済能力を判断する基になるものです。

持ち家であれば最終手段として売却も検討できますし、居住年数が長ければ、あなたの生活自体が安定しているともいえるでしょう。

また、同居家族の有無によっても信用度が変わってくる傾向があります。

夫婦共働きやあなたの他にも働き手がいればそれだけ世帯収入として安定していますし、家族と同居していることで生活費が抑えられていて、返済にも比較的余裕があると有利にみられる場合もあるでしょう。

ただしカードローン会社によってその判断基準は異なりますので、一概に家族と同居がより有利に働くとは限りません。

審査される項目で重要なのは「収入の多さ」ではなく、生活や収入が継続して安定していることだとお分かりいただけたでしょうか?また、たとえ過去借金があったとしても、今まできちんと返済をしているのであれば、あなたの返済能力は十分にあり、信用できる人物と高い評価につながることもあるのです。 

カードローンのイメージは怖い?

まだほかにもカードローンに対して心配なことは残っていますよね。

それはカードローンを利用している=借金があるということではないでしょうか。

借金があるというだけで、周囲から「生活がだらしない」、「金遣いが荒い」と思われたり、「あっという間に借金が膨らんで返済できなくなってしまわないか」とカードローンを利用することで生まれる影響が心配されるでしょう。

基本的には、周囲にカードローンを申込・利用していると知られる可能性は少ないといってもよいかもしれません。

現在WEB完結できて、郵送物のないサービスも多くありますし、アプリを利用すればカード自体を持たなくて済むので不用意にカードを見られる心配もないですね。

よくいわれている勤務先への在籍確認ですが、いまはどのカードローンも会社名を名乗ることはなく、プライバシーに配慮しています。

在籍確認を行っていないカードローンの申込形態もありますね。

そして理解していただきたいのが、現在カードローンを利用している人の多くは「普通の人」であるということ。

 

どうしても昔の「サラ金は怖い」というイメージがあり、多重債務非情な取立にあうなんて思うかもしれませんが、いまはむしろそういったことがないように、きちんと法律で規制されているのです。

どういった法律や規制が私たち利用者を守ってくれているのでしょうか?

総量規制とは

現在、「貸金業法」という法律で貸金業者から年収の1/3以上を借りることができなくなりました。

これは1社からというのではなく借りているすべての貸金業者からの合計になります。

これで返済能力以上に借りることができなくなり、 多重債務に陥ることを防いでいるのです。

わずかな金額から簡単に手を出して、あっという間に返せなくなるなんてことは現在、この総量規制によって回避できるようになっているのです。

また取り立てについても法律で厳しく規制されており、違法な取り立てには行政処分刑事告訴などで対抗することもできます。

もちろん正規のカードローン会社であればそのような違法な取り立て自体を行うことはありません

「法外な利息をとる」、「返済能力以上に貸し付ける」、「悪質な取り立てをする」このような不法な業者を避け、きちんと法律を守るカードローン会社を選べば、あなた自身であなたの生活を守ることができるのです。

もし悪質な不法業者に引っかかってしまった、この利息はおかしいのではないのかと疑問に思ったときはすぐ貸金業相談・紛争解決センターへ相談しましょう。

自分ひとりで悩まず、問題が深刻になる前に助けを求め、解決すればよいのです。

 

まとめ

今回、カードローンを選ぶうえで注目していただきたい比較ポイントをご紹介してきました。

カードローンには銀行消費者金融信販会社が提供するものがあり、その特徴も会社によってさまざまです。

あなたがお金を必要とするタイミング・状況に応じて、優先すべき比較ポイントがみえてくるのではないかと思います。

その時の優先するポイントがなにであるのかをしっかりと見極めて、そのポイントを会社ごとに比較することで賢くカードローンを選んでいただけるでしょう。

あなたのカードローン選びにお役立ちいただければ幸いです。
以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

 

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。