ホーム >  消費者金融カードローン

あなたは大丈夫?消費者金融の審査に落ちやすい人はこんな人!

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。 「消費者金融からお金を借りたいと思っているけど審査に通るか心配…」 「審査ではどこを重視されるんだろう…」 審査に申し込むときは、「自分に審査が通るのか」と心配になってしまいますよね…。

もしかすると、これを読んでいる人の中にはすでに「消費者金融の審査に落ちてしまった!」という人もいることでしょう。

 

これから審査を受けるという人も、審査に落ちてしまった人も、審査に落ちやすい人の傾向を知っておくことは大切です。

 

原因を知っておくことで、審査で少しでもいい印象を持たれるように対策ができるかもしれません。

 

この記事では、「審査に落ちやすい人の特徴」を詳しく解説します。

あなたに当てはまっていないか、記事を読んで確認してみましょう!

 

 

SMBCモビット

SMBCモビット

 

アイフル

アイフル

審査に落ちやすい人の特徴

  • 過去に金融事故を起こしている
  • クレジットカードや携帯料金の支払いに遅れたことがある
  • 安定した収入があると認められなかった
  • 他社で借りている会社の数や借金の金額が多すぎる
  • いきなり多数のカードローンに申し込んでしまった

消費者金融の審査に落ちやすい人には、以下のような特徴があります。 自分に当てはまっていないか確認してみてくださいね。

過去に金融事故を起こしている

  • 金融事故とは:債務整理や長期間の支払い延滞など、返済トラブルの記録のこと
  • 債務整理とは:お金を貸した人に交渉をして、借金の問題を解決に近づけること

 

あなたは、過去に借金が返せなくて弁護士に債務整理を依頼したり、支払いが長い間遅れたりしたことはありませんか?

 

3ヶ月以上の長期延滞をしてしまい、代位弁済がおこなわれてしまうと金融事故として扱われ、消費者金融の審査に通過するのは難しくなるでしょう。

代位弁済に詳しく知りたいのであれば、【代位弁済がおこなわれたらどうなるの?確認すべきデメリット3つ】をチェックしてみてくださいね。

クレジットカードや携帯料金の支払いに遅れたことがある

たとえ1日だけ遅れたとしても、延滞は延滞です。

クレジットカードや携帯料金やその他借金返済など、支払い遅れの記録は消費者金融の審査のときに必ずチェックされてしまいます。

 

お金を貸す側からしてみれば、支払い遅れをしたことがある人にお金を貸すことは「ちょっと怖い…」と感じるものなのです。

先ほどの金融事故よりは傷が浅いものの、支払い遅れの記録があると審査ではやや不利になることは覚えておきましょう。

安定した収入があると認められなかった

年収が高くて、同じところに何年も勤務している…」こういった人は消費者金融の審査では好意的な印象を与えます。

 

逆に言ってしまえば、年収が低すぎて勤続年数が極端に少ないと消費者金融の審査では不利になってしまうということです。

 

とはいえ、そこまで身構える必要はありません!

消費者金融では「パート・アルバイトOK!」と公式サイトで明記しているほど、比較的年収の低い職業のカードローンの利用に寛容な消費者金融は少なくないのです。

たとえば、アコム・アイフル・プロミスの大手消費者金融はパートやアルバイトの利用に寛容のようですよ。

他社での借金が多すぎる

すでに、借金の金額が多い人 は消費者金融の審査で不利になってしまいます。

 

なんとなくイメージしやすいとは思いますが、「現在の借金を完済できていない人」にお金を貸しても、ちゃんとお金を返してくれるのか不安ですよね。

 

また、借入金額のほかに他社の借り入れ件数が多いのも注意点です。

あくまで目安ではありますが、3社以上の借り入れをしている人から「借り入れ件数が多い」という判断をする消費者金融が出てくるかもしれません…。

いきなり多数のカードローンに申し込んでしまった

審査が不安だからと「スベリ止め感覚」で複数のカードローンの審査に申し込んでいる人も審査に落ちやすい傾向があります。

意外に思う人もいるかもしれませんね。

 

なぜなら「複数のカードローン会社に申し込むほどお金に余裕がない」と判断されて、審査ではマイナス評価として見られてしまうからです。

審査通過率のデータから見る消費者金融

消費者金融の審査難易度ってどのくらいだろう・・・」と気になる人も多いのではないでしょうか?

 

審査難易度が甘いか厳しいかの基準を定めるのは難しいことですが、実は各消費者金融の公式ページにある「IR情報」というデータから審査に通っている人の割合を知ることができます!

消費者金融

新規成約率

アコム

46.3%

アイフル

48.2%

プロミス

47.3%

※表の会社名をクリックすると、IR情報のページに飛ぶことができます

※2018年5月のデータです

この表は大手消費者金融を比較したものですが、どれもほぼ2人に1人が審査に通っていることがわかると思います。 この数値を高いと見るか、低いと見るかはこの記事を読んでいるあなた次第ですね。

消費者金融の審査に落ちた場合の対処方法

消費者金融の審査の基準は統一されているのではなく、各カードローン会社によって違います

そのため、ひとつの消費者金融に落ちたからといって、次も必ず審査に落ちるとは限りません

 

たとえば、あなたが短期の支払い遅れがあって消費者金融の審査に落ちた人と仮定しましょう。

落ちた消費者金融の審査基準では短期の支払い遅れが「大きなマイナス評価」とされても、次に申し込んだ消費者金融では「短期ならそこまでマイナスにならない」といったことがあるかもしれないのです。

 

ただし、申し込みブラックにならないように申し込みの頻度には気をつけたほうがよいでしょう。

カードローンは諦めて、他の方法でお金を借りる方法を探しているのであれば、【お金を借りる方法は様々!自分に合ったお金の借り方を見つけよう!】をご覧くださいね。

まとめ

いかがでしたか?

消費者金融の審査に落ちやすい人の傾向についておわかりいただけたでしょうか?

 

今回紹介した項目に問題がないからといって、必ずしも審査に通るとは断言できません。

しかし、これから消費者金融の審査に申し込もうとしている人の不安が解消されたのであれば幸いです。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

 

 

SMBCモビット

SMBCモビット

 

アイフル

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします