消費者金融系クレジットカードとは?メリットと利用方法

  • 消費者金融カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
消費者金融系クレジットカードとは、消費者金融や消費者金融のグループ会社が発行しているクレジットカードのことを指します。

消費者金融系クレジットカードの大きな特徴としては、パートやアルバイトでも申し込めるという点です。

 

消費者金融系のクレジットカードを持つべきなんだろうか…

と、悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

 

この記事では一般的なクレジットカードとの違いを明確にするため、消費者金融系のクレジットカードのメリットや利用方法などについて詳しく解説していきます。

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

SMBCモビット

アイフル

消費者金融系クレジットカードの特徴

クレジットカードは、銀行系、発行会社などによって信販系、流通系、消費者金融系の4つに分類することができます。

 

このうち消費者金融系クレジットカードは、アコムやアイフルといった消費者金融が発行しているものです。

 

消費者金融はキャッシングを主な事業として展開してきた企業のため、ほかのカード会社と比べると審査で重要視するポイントが異なります

そのため他社のクレジットカードは審査を通過できなかった場合も、消費者金融系クレジットカードであれば審査に通過できる可能性があるのです。

 

消費者金融系クレジットカードとして広く知られているのは、ライフカードやアコムACマスターカードなどです。

一般的なクレジットカードだと、ショッピング枠にキャッシング枠が付帯しているため、上限金額がそこまで充実していません

 

しかし、消費者金融系クレジットカードは、キャッシング枠が充実しており、上限金額が高めに設定されているという特徴があります。

 

消費者金融のカードローンとクレジットカードは何が違う?

カードローンは、融資額の幅が広く大口融資もできるという特徴があります。

そのため、基本的に融資額が高くなるので、リボルビング払いという返済方法を採用しているのが一般的です。

 

一方、クレジットカードはショッピング機能をメインとしたカードで、そこにキャッシング機能が付帯しています。カードローンと違い、小口融資を短期で借りるのが特徴です。

そのため、多くても融資額は50万円程度となり、1万円単位の少額から借入れることもできます。

 

カードローンとクレジットカードの大きな違いは、支払い方法です。

カードローンはリボルビング払いをはじめとする分割払いですが、クレジットカードは一括払いが一般的です。

 

メリット

デメリット

分割払い

・少額の返済

・無理なく返済できる

・完済するまで長期間

・支払総額が増えがち

一括払い

・完済までの期間が短い

・利息が少ない

・1度に高額な返済を強いられる

分割払いは、毎月少額ずつ支払うため、無理なく返済を続けることができるというメリットがあります。

 

しかし、完済するまでが長期間になりがちで、その期間中はずっと利息が加算され続けます。

そのため、一括払いと比べると支払い総額が増えやすいというデメリットもあるのです。

 

一括払いは完済までの期間が短く、利息も少ないのがメリットです。

また、分割払いと比べると金利が低い傾向もあります。

 

しかし、一括払いといっても借入額によっては一度に高額の返済を迫られるため、日々の生活を圧迫するリスクもあるため、注意してくださいね。

クレジットカードにはショッピング機能があるため、買い物の際にカード払いが利用できるのも特徴ですね!

消費者金融系クレジットカードのメリットとは?

審査を通過しやすい

消費者金融が発行するクレジットカードは、ほかのカード会社と審査基準が異なる部分があります。

すべての会社が同じ審査を行っているわけではないのです。

 

審査には「属性」といい、居住形態や勤務先、年収などといった個人情報が影響します。

 

カードによっては、申し込み資格として年収が300万円以上であるなど、制限がある場合もあります。

審査は受けてみないとわからないものですが、「年収」に関していえば、基本的には、安定した収入を確認できればカードの発行が可能となるのです。

「安定した収入」とは「継続的な収入」と考えられますから、パートやアルバイトの方でも利用できるというわけなんですね!

即日発行できるカードもある

アコムACマスターカードなど、申し込みをするとその日のうちにクレジットカードを受け取れるものもあります。

 

海外出張までにクレジットカードを作りたい場合や、ネット通販ですぐに購入した場合など、急にクレジットカードが必要になった時には便利です。

当日中に行ける範囲に無人契約機があれば、即日発行ができますよ。

 

自由度が高い

通常であれば付帯サービスとなっているキャッシング枠は、あまり充実していないことが多いです。

 

しかし、消費者金融はキャッシング専門の会社であるため、消費者金融系のクレジットカードはキャッシング枠の上限額が多めに設定されています。

そのため、現金が必要な場合はキャッシングで利用しやすく、自由な使い方ができるのです!

 

消費者金融系クレジットカードのデメリット

便利に利用できる消費者金融のクレジットカードですが、メリットと合わせて注意すべきデメリットもきちんと理解しておきましょう。

正しく利用するには、より多くの特徴を知っておくのが大切ですよ。

 

クレジットカードとしてのステータスが低い

クレジットカードには、付帯サービスがあるのが一般的です。

たとえば、ETCカードを無料で作れたり、国内外の旅行保険がついていたりします。

 

しかし、消費者金融系クレジットカードには、付帯サービスがない場合がほとんどです。

 

なぜなら、信販系のカードとは異なり、発行会社がクレジットカードを本業としている会社ではないからです。

キャッシングとショッピングという2つの機能のみのシンプルなカードといえます。

 

還元率が低い

消費者金融系クレジットカードは、カード利用ポイントや共通ポイントが貯まらない場合がありますが、クレジットを利用するとキャッシュバックが自動で適用されるカードもあります。

 

しかし、その場合は月の利用額に対しポイント還元率が0.25%など低めです。

ちょっと物足りないな…」と思うかもしれませんが、有効期限や手続きは必要ないため失効してしまう心配がありませんね。

消費者金融が発行元である

発行元が消費者金融であるため、カードローンの色合い(イメージ)が強いのが特徴です。

そのため、カードローンの延長にあるクレジットカードだと認識されがちです。

 

カードローンとクレジットカードならどちらがいい?

カードローンとクレジットカードは、利用する目的や状況に応じて使い分けることで、よりお得に利用することができます。

 

たとえば、買い物に利用する場合はクレジットカードの方がお得でしょう。

 

クレジットカードなら、その場でカードを提示するだけで買い物を済ませることができて、買い物をするたびにポイントを貯めることができます。

貯まったポイントを、次の買い物に利用するのもいいでしょう!

 

ですが、現金を利用する機会が多い場合は、カードローンのほうが便利です。

 

大手消費者金融でしたら全国的に店舗がたくさんあり、専用のATMから必要な時にすぐ現金を借り入れることができるので、急に現金が必要になったときには素早い対応ができます。

 

消費者金融の借入はクレジットカード審査で不利になる?

クレジットカードを申し込む際には、借入件数と無担保融資の借入額を申請することが多く、クレジットカードの審査には、消費者金融からの借入が大きく影響してきます。

 

無担保融資とは、保証人や担保が不要な借入を指します。

 

審査では、カードの利用料金を返済できるかどうかを判断します。

 

その際、利用者の属性に点数をつけ、その総合点が基準に達していればカード発行をおこなうのです。

 

この点数化の項目に、「他社からの借入額」や「借入件数」が含まれていて、収入に対して借入額が多かったり、3件以上他社で借入をしたりしていると、点数が低くなり、審査を通過しにくい傾向にあります。

 

カードローンやクレジットカードのリボ払い残高、キャッシングなどが該当していて、そのなかでも、大手消費者金融や銀行のカードローンよりも中小消費者金融からの借入のほうが点数は低くなるので注意が必要です。

 

中小消費者金融から借入があると、大手消費者金融では融資を受けられなかった理由があると判断されてしまう場合があるみたいですね。

 

一方で同じ借入でも、クレジットカードの審査に影響しない借入もあります。

 

それは、住宅ローンや奨学金、携帯電話本体の分割払いなど、無担保融資以外のローンです。

 

ただ、借入自体は審査に影響しませんが、返済が滞っていると不利な状況となってしまうことには変わりありませんので、返済には常に遅れないように気をつけましょう。

消費者金融系のクレジットカードは借入額や借入件数、返済滞納などと合わせて、独自の審査で決めているところもあるようですね。

消費者金融系クレジットカードなら即日発行もできる

クレジットカードは一般的に、申し込みから発行まで2週間ほど必要です。

しかし、すぐにクレジットカードを使いたい場合には、即日発行のクレジットカードが便利です。

 

消費者金融系クレジットカードにも、アコムACマスターカードなど即日発行に対応しているものがあります。

当日中に無人契約機へ足を運ぶと、その日のうちに受け取ることが可能です。

 

即日発行のクレジットカードには、いくつかのメリットがあります。

 

たとえば、ネットショッピングでどうしても欲しいものがある場合、買い逃しを防げますよね。

即日発行であれば、カード発行を待っている間に売り切れていたという心配がないのです。

消費者金融系のクレジットカードに向いている人

ここまで、消費者金融系のクレジットカードのメリットとデメリットをたくさん解説いたしました。

では、消費者金融系のクレジットカードはどのような人に向いているのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

 

スーパーホワイトの人

クレジットカードの所有歴がない「スーパーホワイト」と呼ばれる人は、一般的なクレジットカードの審査には通りにくいです。

 

なぜなら、審査の際にクレジットヒストリーを重視するからです。

スーパーホワイトの場合はクレジットヒストリーがない状態であるため、現金主義だからなのか、過去に金融事故を起こして信用情報機関から記録が消えるのを待っているからなのか、審査では判断できません

 

そのため、審査ではマイナスになる可能性があるのです。

しかし、消費者金融系のクレジットカード審査では、クレジットヒストリーはあまり重要視されません。

 

スーパーホワイトの人は、先に消費者金融系クレジットカードでクレジットヒストリーを作っておくとよいでしょう。

すぐに現金が欲しい人

クレジットカードのキャッシング機能は、利用上限があまり高くありません

 

しかし消費者金融系のクレジットカードは、キャッシング枠の上限が高めに設定されているため、高額なお金が現金で急に必要になったときに便利です。

 

ほかのクレジットカード審査に落ちた人

信用情報機関から、金融事故の記録が消えるのを待っている状態でクレジットカード審査に申し込んでも、一般的なカード会社では審査に落ちる可能性が高いでしょう。

 

また、短期間にいくつものカード会社に申し込みをしていると「申し込みブラック」という状態になり、審査落ちの確率が高くなります

 

しかし、このような人でも消費者金融系クレジットカードであれば通過できる可能性はあります

消費者金融系のクレジットカードなら絶対審査に通る!」というわけではありませんが、「どうしてもクレジットカードが必要」という人は、検討してみるとよいでしょう。

消費者金融系クレジットカードの評判は?

消費者金融系のクレジットカードを利用した人のなかには、「初めてのクレジットカードとして持つことができた」という人もいるのではないでしょうか?

 

年収や勤務形態、居住形態などの属性が悪く、クレジットカードの審査になかなか通りにくかった人も、消費者金融であれば審査に通過できたということもあるでしょう。

 

また、クレジットヒストリーを育てることができるため、ステータス性の高いクレジットカードの所有にもつながるという点にメリットを感じている人もいます。

 

クレジットカードは、キャッシング枠とショッピング枠の2つの役割があり、どちらも信用情報機関に履歴を記録できるため、クレジットヒストリーを育てたい人には適しているのです。

 

一方、還元率の低さについては否定的な意見を持つ人もいるかもしれません…。

他社のクレジットカードは、利用額によって一定割合のポイントが付与される仕組みですが、消費者金融のクレジットカードはポイント制度を導入していません

そのため、ショッピング枠を利用するメリットが少なくなってしまうのです。

 

さらに、貯めたポイントは、ギフトカードや商品などと交換できる場合が多いですが、消費者金融系のクレジットカードはポイントプログラムが用意されていません

 

そのため、ポイントを貯める楽しみが得られないことをデメリットと感じる人もいます。

 

また、付帯特典がないことを不満に思う人もいるようですね。

ショッピング保険や旅行損害保険が付帯していないため、ほかのカードと比べると損をしていると感じるかもしれません。

クレジットカードの審査の流れ

クレジットカードの審査は、消費者金融系カードローンの審査と似ていますが、申し込みの時点で本審査に入るという点が異なります

 

まず、インターネットや自動契約機、郵送などで申し込みをするのですが、なるべく早く発行してもらいたい場合は、インターネットや無人契約機を利用するとよいでしょう。

 

申し込みでは、個人情報や自宅情報、勤務先情報、希望極度額などを申請します。

会社によっては、ローンカードの申し込みフォームと兼用になっている場合があるため、確認しておくとよいでしょう。

 

申し込みをすると審査が始まり、早ければ30分ほどで結果の連絡が届くはずです。

 

審査結果を待つ間に、契約に必要な書類を準備しておきましょう。

本人確認書類は必須で、借り入れ条件によっては収入証明書も必要となります。

口座引き落としを希望する場合は、印鑑や口座の番号が分かるものも必要です。

 

審査結果の連絡がきたら、カードを自動契約機や郵送で受け取って完了です。

限度額は、審査のチェック項目に応じて決定します。

 

消費者金融系だと審査に通りやすいのはなぜ?

ほかのクレジットカードに比べ、消費者金融系は審査に通りやすいといわれています。

なぜなら、他社と審査基準が異なるためです。

 

一般的なクレジットカードは、クレジットヒストリーなど、過去のお金の返済なども判断材料として用いられます。

 

しかし、消費者金融系では、今、キャッシングできる人かどうかという点が重要視されるのです。

消費者金融はもともと、お金が足りない人やお金がなくて困っている人に貸付けをし、利息と一緒に返済してもらうというビジネスモデルです。

そのため、お金の悩みを抱えている人が利用者となっています。

 

このような消費者金融の性質を考慮したうえで、クレジットカードの審査もあるといわれています。

他社では重視されるクレジットヒストリーも、消費者金融系ではそれほど重視されません

 

過去ではなく、現在の状態が重視されているのです。

現在どのくらい収入があり、どのくらい安定しているのかという点を重視します。

その結果、他社では審査に落ちてしまった人も、カード発行がしやすい傾向といえるでしょう。

おすすめの消費者金融系クレジットカードをご紹介!

ここでは、おすすめの消費者金融系クレジットカードの特徴やポイントをご紹介しています。

 

興味がある方は、一度読んでみてくださいね。

【おすすめのクレジットカード】アコムACマスターカード

アコムACマスターカードは、年会費無料のクレジットカードです。クレジットの利用限度額は最高300万円で、利率は年10~14.6%となっています。

カードローン機能もついており、クレジットとカードローンの利用合計上限は800万円です。

 

国際ブランドはmastercardなので、世界中の加盟店でショッピングなどに利用することができます。

発行元は大手消費者金融のアコムす。

 

自動契約機を利用すれば、最短即日でカード発行することができます。

インターネットで事前申し込みをしておくことで、契約手続きに必要な時間を短縮できるのです。

利用明細はホームページで確認できるため、家に届いて家族に見られる心配もありません。

 

返済方法には定額リボルビング方式を採用しています。

支払い方法は、35日ごとか毎月支払いのどちらかから選択可能です。

 

状況に応じて多めに返済することもでき、一括返済もできますよ。

負担する手数料の節約にもつながりますね!

 

パソコンやスマホ、ATMなどで返済や借入が可能です。

利用金額の0.25%が還元されるため、使えば使うほどお得なカードといえるでしょう

【おすすめのクレジットカード】ライフカード

ライフカードも年会費無料で利用できる、株式会社ライフカードが発行元のクレジットカードです。

 

入会から1年間はポイントが1.5倍、誕生月には3倍になるサービスを展開しています。

また、年間の利用額に応じてポイントがもらえる仕組みになっており、使えば使うほどポイントが貯まっていきます

 

申し込みから最短で3営業日で発行可能です。

国際ブランドは、mastercardとJCB、VISAの3つから選ぶことができます。

会員限定の優待割引サービスや、最大25倍のポイントが付与されるオンラインショッピングモールや、海外アシスタントサービスも利用可能です。

 

カードの利用枠は、10~200万円となっています。そのうちショッピング利用可能枠は10~200万円、キャッシング利用可能枠は0~200万円です。利用可能枠は、入会時の審査によって指定されます。

日本国内に住んでおり、高校生を除く18歳以上で電話連絡可能な人が申し込み対象者です。

 

家族カードも展開しており、高校生を除く18歳以上の家族が入会できます。

ポイント還元率は、0.5~1.5%となっています。

 

まとめ

消費者金融系のクレジットカードには、独自のよさがあるということをご理解いただけたでしょうか?

 

クレジットカードを持つのがはじめての人は、消費者金融系クレジットカードを発行し、クレジットヒストリーの実績作りに役立てることができますね!

キャッシング枠が充実しているため、たくさんのお金が現金で必要な場合にも便利です。

 

消費者金融と聞くと、カードローンのイメージが強く申し込みをためらう人もいるかもしれませんが、実際にはメリットも多く、使い勝手もよいカードなのです!

 

これまで審査落ちしていた人は、申し込みを検討してみるのもよいでしょう。

 

それでは今回はここまで。

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました!

SMBCモビット

アイフル

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。