ホーム >  かしこいお金の使い方

クレジットカードの支払いが遅れた…対処と遅れの影響をまとめます

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
クレジットカードをお持ちの方なら誰にでも起こりえるトラブル。
それが、“クレジットカードの支払いが遅れてしまった”トラブルです。

「引き落とし日を勘違いしていた」

「口座にお金をいれておくことをうっかり忘れてしまった…」

 

このようにヒヤッとする場面では、まず一番に対処法が気になりますよね。

そこで、クレジットカードの支払いが遅れたときの対処法をまとめます。

 

また、役立つ情報として“支払いが遅れた場合の影響”や“気になる疑問点”もまとめて、不安や心配な気持ちを一気に解決していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

クレジットカードの支払いが遅れて焦っている…こんなときは必見です!

クレジットカードの支払いが遅れたときの対処法

「クレジットカードの支払いが遅れた…!」

こんなときは誰しも焦ります。

 

「引き落とし口座にお金をいれるのを忘れていた」

「引き落とし日を勘違いしていた」

…など原因はさまざまですが、原因はなんであれ口座が残高不足だとお金を落とすことができず、“遅延”したことになってしまうのです。

 

ここでは、クレジットカードの支払いが遅れたときの対処法をご紹介します。

まず何をすべきかを確認していきましょう。

 

支払いが遅れた…!まずすべきこと

支払いができていないことに気づいたら、まずはカード会社に連絡をいれましょう。

自分から連絡をすれば印象が多少なりとも変わるからです。

連絡先はカードの裏面に記載があります。

 

絶対に連絡をいれなくてはいけない!というルールはありませんが、これは信用に関わる問題です。

 

身近なことに例えてみましょう。

  1. 友人に貸した本がいつまでももどってこないな…というパターン
  2. 戻ってこないと思っていたところ、友人から「○○日までに返すからごめんね」といわれたパターン。

 

どちらが印象がいいでしょうか?

多くの方は、遅れたとしても連絡をくれる友人のほうが印象がいいと答えるでしょう。

また、信頼できるのも連絡をくれる友人ですよね。

 

クレジットカードの支払いが遅れたときもこれと同じことがいえます。

カード会社に連絡をいれることで印象を少しでも良くする、信頼度を下げすぎないようにすることが大切です。

 

カード会社に連絡をすると“どう対処したらいいか”の指示をもらえますが、主な対処は「銀行にお金を振り込む」、「再度の引き落としのために準備をする」ことなので詳しくご紹介します。

 

銀行にお金を振り込む

銀行にお金を振り込んで支払いをする方法で、振込先はカード会社指定の銀行口座になります。

口座番号などを尋ねることで、自分ですぐに対応することも可能です。

 

再度の引き落としのために準備をする

カード会社や引き落としに登録している銀行によっては、再度引き落としを行ってくれるケースもあります。

その場合は、指定された日までに引き落とし分のお金を登録口座にいれておくようにしましょう。

 

お金がなくて支払いが難しいときの対処

この場合もまずすべきことは、“カード会社に連絡をいれること”。

先ほどお伝えしたように、連絡があるかないかで信用度や印象がだいぶ変わってきます。

 

「電話するのが怖い、こちらに非があるから申し訳ない…」

このような気持ちから電話するのがおっくうになる気持ちはわかりますが、連絡をいれなくては何もはじまりません。

 

連絡してもしなくても支払わなくてはいけないことには変わりはないので、まずは相談する気持ちで連絡を入れてみましょう。

支払いが難しい場合の対処は以下のものがあります。

支払い方法を変更する

例えば一括払いで支払う予定だったものを分割で支払うように変更することも可能です。

手元にこれだけしかお金がない…」というときは、分割の金額なら払える場合がありますよね。

 

支払い方法の変更が間に合う期間であれば、この方法で対処してもらうようにします。

お金を借りる・稼ぐなどで用意する

​​​​​家族に借りるというのが一番安心かもしれませんが、簡単にはできないから困りますよね。

そのようなときは身近な人に頼らずしてお金を借りなくてはいけません。

 

この場合は「クレジットカードのキャッシングを利用する」「カードローンを利用する」といった方法があります。

 

また、借りることに抵抗がある場合はお金を稼ぐことを検討してみてください。
短期のアルバイトをしたり、不要なものを売ったりすることでお金の問題を解決できるかもしれません。

 

お金がないときの対処法をもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

クレジットカードの支払いが遅れるとどんな影響があるの?

クレジットカードの支払いが遅れたときにまず気になるのは対処法ですが、それ以外にも気になることがあります。

 

「支払いが遅れるとどんな影響があるのだろう」

「なにかまずい事態になるのかな…」

 

このように不安に感じている方に向けて、クレジットカードの支払いが遅れたときの影響について説明します。

 

クレジットカードが利用できなくなる

クレジットカードの引き落としができませんでした」という情報が銀行からカード会社に入ると、クレジットカードが利用停止になります。

 

さらに支払いを滞納すると、強制解約というかたちでカードを退会することになってしまうので注意しましょう。

 

個人信用情報にキズがつく

クレジットカードの支払いを延滞すると、個人信用情報機関に延滞の記録がついてしまいます。

個人信用情報機関とは、クレジットカードの支払いがキチンとされているかなど、クレジットカードの利用についての記録がされる機関のことです。

 

「延滞をしました」という記録がされることで、クレジットカードを新たに作るときに審査に通りにくくなることも…。

これだけではなく「住宅ローン」「スマホの分割払い」など利用したいものの審査が通りにくくなることもあります。

 

遅延損害金の支払いが発生する

遅延損害金とは、支払い遅れしたときに発生するペナルティのようなものです。

約束した日までにお金を返さなかった罰というと大げさかもしれませんが、軽く考えると危険かもしれません。

 

遅延損害金の年率は最大20%、これは法律で決まっていることです。

遅延損害金は引き落とし日の次の日から計算されていきますので、返済は一日でも早くおこないましょう。

返さずに放置していると遅延損害金が高くなってしまいますよ

クレジットカードの支払いが遅れたときのQ&A

クレジットカードの支払いが遅れるとさまざまな疑問が出てきますし、ご自身の状況によって気になることが変わってきますよね。

 

気になることをそのままにしていると、どうもモヤモヤして気持ちが晴れない…。

 

その疑問はここで解決しましょう!

クレジットカードの支払いが遅れた場合の疑問をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

支払いが何回も遅れると危険?

支払いが遅れ…を繰り返せば繰り返すほど信用度が下がり、ローンを組めなくなるなどのリスクが高まります
クレジットカードの引き落とし日には十分に注意しましょう。

クレジットカードの支払いは何時に行われるの?

何時に引き落としをするかは引き落としに登録している口座の金融機関が決めてるため、引き落としの前日までにお金を用意しておくことが大切なのです。
「何時に引き落とされるか?」「残高がなかったときの再度引き落としの有無は?」などの不明点は各金融機関に問い合わせましょう。

支払いが遅れると催促される?

カード会社からの電話かハガキなどの手段により、催促される可能性が高いです。
いずれも無視をすることはできませんし、場合によっては自宅のみならず勤務先に連絡が入ることもあります。

支払いが遅れた理由がしっかりあるときはどうなる?

天候や家庭の事情など、まっとうな理由がある場合でも“支払い日に遅れた”という事実を基本的には変えることはできません。
いかなる理由があっても1日でも遅れたら延滞だということを覚えておきましょう。

支払いが終わったらいつからカードが使える?

カード会社が入金を確認でき次第、カードが使えるようになります。
確認の翌日から使えることもありますが、カード会社や利用の金融機関によって異なるため確認が必要です。

クレジットカードの支払いが遅れたときにETCカードは使える?

支払いが遅れた場合にETCカードをいきなり使えなくしてしまうと、高速道路に入るときに事故が起きてしまいかねません。
そのため、ETCカードは利用できるようになっています
ただし、支払いを放置して強制退会になるとETCカードは使えなくなるので、支払いは早めにおこなう必要がありますよ。

まとめ

クレジットカードの支払いが遅れたときの対処とその影響についてまとめました。

クレジットカードの支払い遅れに気づいたときは、速やかにカード会社に連絡をいれることが大切です。

 

支払いが遅れるとマイナスな影響がたくさん出てきますし、影響はクレジットカードに関するものだけではありません。

今後利用する可能性のあるローンや分割払いの利用にまで影響をあたえることもあるため、支払い遅れには十分に注意したいものですね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします