クレジットカードの審査が甘いとはどういう意味?詳しく解説します

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
最近、クレジットカードが欲しい場面が増えてきましたね。
オンラインショッピングだけでなく、アプリ内の電子マネー、定額制配信サービスなどなど……

当然ですが、だれもがクレジットカードを持てるわけではありません。

クレジットカードを持つには、審査に通る必要があります。

 

人によっては「自分は学生で、収入はアルバイトだけ」「私は専業主婦で夫の収入に頼っているから、自分の名義でカードが作れるとは思えない」などの理由から「クレジットカードの審査が甘い会社が知りたい」と思うでしょう。

 

しかし、そもそも「クレジットカードの審査が甘い」とはなんでしょうか?

 

この記事では、クレジットカードの審査基準から「審査の甘いクレジットカード」とはどういうものなのかを徹底解説していきます!

 

クレジットカードは信用性が審査される

審査の甘いクレジットカードを知る前に、まずは具体的になにを審査されているのかを知りましょう。

 

クレジットカードは具体的に「この人と契約しても問題なく利用してくれるか」を調査しています。

その人の返済能力や勤務先の事情などから「この人であれば、ちゃんと返してくれるだろう」というのを審査していくわけですね。

 

そこで、クレジットカードを発行する会社は以下のようなことを調べていきます。

 

年収

まずはなんといっても年収です。

返済能力を図るキモのひとつですね。

 

勤務先とそこでの状況

その年収を給付しているのは勤務先なので、勤務先も審査の内容に入るでしょう。

その勤務先の会社規模だけでなく、所属する部署や勤続年数、雇用形態も調べられます。

 

住んでいる場所、居住年数

必ずしも取り立てるために必要な情報というわけではありません。

 

これは転職したかどうかの判断材料として使われます。

また住んでいる場所が持ち家であれば、担保とすることができるので審査が有利に働くこともあるのです。

 

この項目によって信用度が上がることはあり得ますが、住んでいる場所が悪いということで下がるということは考えにくいでしょう。

 

ローンなどの返済状況

これは業界用語で『性格』とも呼ばれることがありますが、別に「この人は繊細だから……」という話ではありません。

 

申請した人の過去のクレジットやローンの支払い状況で入金がキチンできていなかったりする場合は、信用度が下がって審査に落ちやすくなるのです

 

こういったクレジットやローンの利用状況を記録したものを『信用情報』といいます。

この信用情報、いったいどこがどのように管理しているのでしょうか?

 

信用情報を管理している機関は主に3つ。

 

日本信用情報機関

株式会社シー・アイ・シー

全国銀行個人信用センター

 

この3社が連携して情報を管理しています。

 

このような信用情報は、申し込むことで確認することができます。

「過去に返済が遅れたことがあるから、信用情報が心配」という方であれば、信用情報を開示してもらうとよいでしょう。

以上がクレジットカードの審査時に見られると考えられる点になります。
あくまでこれは内容の一部なので、クレジットカード会社によってはさらに調べることが増える場合があるのです。

「クレジットカードの審査が甘い」とはなにか?

さて、ここまでクレジットカードでの審査内容を説明してきましたが、「やっぱり自分は通らないのでは……?」と思ったかもしれません。

 

たとえば、「自分は学生で、収入はアルバイト代だけだから審査に通らないのでは?」という人もいるでしょう。

 

また、「自分は家事の専業で相方の収入で生活しているから、支払い能力があると思えない。自分の名義でクレジットカードは作れないのでは?」という人いるかもしれませんね。

 

ですが安心してください。

そのような方でもクレジットカードを作れる可能性は十分あります!

 

ここからは本題である「クレジットカードの審査が甘いとはどういうことか」について解説していきます!

 

審査が甘くなる特徴その1:年収の基準が低いカード

当たり前ですが、年収が確保できていないとクレジットカードを持つことはできません。

ですが、この「返済能力があると判断できる年収」というのはクレジットカード会社によって考え方が異なるでしょう。

 

これはただ「年収が〇万円である」という話だけではありません。

たとえばアルバイト代を年収として評価される会社もあれば、それを年収として評価しない会社もあります。

 

よって、年収から考えた場合の審査の甘いクレジットカード会社は「アルバイト・パートのような雇用形態でも審査されて、年収が低くても通る見込みのある会社」ということになりますね。

具体的な年収の基準は会社によってボーダーが違ってきたり、条件によってもある程度左右されてきたりします。
そのため「年収〇万円あれば大丈夫」とは一概にいえないのです。
ある程度は口コミによって判別できるかもしれません。
しかし、審査する情報は人によって違ってくるため結局のところその人次第です。

家事専業の人はどうなる?

それでは、自分で年収を持たない専業主婦などの家事を専業とする方々はどうなるのでしょうか?

 

年収が103万円以下の主婦の方などは、法律上「扶養家族」という扱いです。

扶養家族として認められれば、年収は世帯単位で年収を計算することになります。

 

つまり、夫婦の年収の合計を基準として審査されるということになるのです。

この仕組みがあるからこそ、家事専業の方でもクレジットカードの申請をすることができるといえるでしょう。

 

審査が甘くなる特徴その2:特定の顧客に向けられたクレジットカード

次にあげられる特徴としては「ターゲティングしているカード」でしょうか。

 

ターゲティング」とは製品を売るときにあらかじめどの顧客層に売り込むかを絞ることです。

つまり「ターゲティングされたクレジットカード」とは「特定の顧客に向けて提供されているクレジットカード」ということですね。

 

それでは、どのような顧客に向けたクレジットカードがあるのでしょうか?

ここでは審査に通るか不安を抱えているある顧客に向けたクレジットカードを2つ紹介します。

学生向けクレジットカード

年収はアルバイト

勤務先はバイト先だから安定しているとは言い難い

信用情報は真っ白

 

そんな学生がクレジットカードを作れるのでしょうか?

ご安心ください、学生でも作れるクレジットカードは、もちろんありますよ!

 

学生向けクレジットカードとは、その名の通りクレジットカードを作る会社が、あえて支払い能力の低い学生にターゲティングをしてクレジットカードを発行するというものです。

 

公式サイトに「学生向け」と書かれている会社もあれば、「18歳から25歳まで限定」と宣伝する会社もあります。

クレジットカードを探すときの参考にしてみてください。

 

では、なぜあえて学生に対してクレジットカードを発行するのでしょうか?

これには「支払い能力」と「宣伝」という2つの理由があります。

 

まず1つ目、「実は意外と支払い能力が見込める」という点。

たしかに学生の支払い能力は低いです。

しかし、学生は保護者からお金を援助してもらっている場合が多いです。

 

つまり代金の回収は、最悪親から補償すればいいという考えが会社側にあります。

……だからといって、クレジットカードの使いすぎが厳禁なのは言うまでもないでしょう。

 

また、学生向けクレジットカードは利用できる限度額が低いため、返済されなかったときのリスクも抑えてあります。

 

2つ目は「宣伝」。

学生の内に手に入れたクレジットカードは、大人になっても同じ会社のものを使い続けるのではないか?」という考えから、学生に対してクレジットカードを発行しているという点です。

 

学生のうちに顧客を確保しておこうというクレジットカード会社側の考えというわけですね。

当然ですが、学生向けクレジットカードでも審査はあります。
しかし、学生でも通るような審査基準に合わせてあるので、信用情報をキチンとそろえてから挑みましょう!

特定の店舗でオトクになるクレジットカード

クレジットカードを使用できるシーンや場所がある程度自分で把握できている場合、その場所が発行しているクレジットカードを利用するとよいでしょう。

 

たとえば、スーパーやガソリンスタンドが発行しているクレジットカードは、その場所で使うと非常にオトクな特典などがついてきています。

そのため、効率よくクレジットカードを使うことができるでしょう。

 

いやいや、審査の甘いクレジットカードが聞きたいんだけど……」と思っている方。実はここに審査が甘くなると考えられるポイントがあります。

 

たとえばスーパーがクレジットカードを発行する場合、これは主婦や一人暮らしの学生を主にターゲティングしていると考えられるでしょう。

 

つまりそもそも主婦や学生に対して、ある程度審査を通しやすくしないとクレジットカードとして成り立たなくなるのです。

 

そのため、利用すると考えられる層が自分とマッチしているクレジットカードはそれを加味した審査基準になっていると考えられるため、発行しやすくなると考えられます。

 

しかし、審査をしていることには間違いありません。

キチンと信用できる情報をそろえてから審査に挑みましょう。

 

審査が甘くなる特徴その3:独自の審査基準を謳うカード

クレジットカードの審査基準は会社によって違ってきます。

しかし、世間的に「ある1つのクレジットカード会社で審査が落ちてしまったら、他の会社でも審査に落ちるだろう」という考えが多いようです。

 

たしかに傾向として、ある1つのクレジットカード会社の審査に落ちてしまったら他での審査でも落ちてしまう可能性があるのは事実でしょう。

 

しかし、独自の審査基準を謳うクレジットカード会社はあえて「他社とは審査が違う」ことをアピールしています。

 

これは申し込む人に「あなたが審査に落ちた要因がここでは大丈夫かも?」ということを暗にほのめかしていると考えることができるでしょう。

 

そのため、他のカードで審査に落ちたものでも通す可能性があるのです。

当然ながら、だれでも通すわけではないので過信は禁物ですし、信用情報も手を抜いていいわけではありません。

「年収の基準が低い」「ターゲティングされている」「独自の審査基準」これらの3つが審査の甘いクレジットカードの特徴といえるでしょう。
とはいえ、どのクレジットカード会社も厳しく審査していますので、「必ず通るわけではないことにご注意」くださいね。

審査で好印象を与えるコツを知ろう

審査は厳重におこなわれるため、小手先のウソは当然通じません。

ですが、審査を通しやすくコツは存在します。

ここでは、クレジットカード審査を通しやすくするコツを紹介していきますので要チェックですよ!

 

正直に書く

記入内容に間違いがあると、虚偽申告とみなされるおそれもあり審査において不利に働きやすくなってしまいます。

人間を知るときにウソでないにしても、事実と違うことがわかったら少し不審に思うのと同じですね。

 

よって、申し込み内容は間違いとウソがないように正しく記入することが、審査を通すコツとしてあげられるでしょう。

 

記入できる情報はできる限り記入する

申し込みするページにはさまざまな記入項目があります。

審査に必要な情報は前でも説明した年収や、勤務情報などがありますがこれらの記入欄をできるだけ埋めるようにしましょう。

 

審査する内容はクレジットカード会社によってさまざま。

つまり、なにを審査されるのかわからない以上クレジットカード会社にできる限り自分の情報を伝えた方がいいのです。

 

会社によっては携帯電話だけでなく固定電話番号も記入しただけで、少しだけ審査に通りやすくなるということもあり得ます。

 

そのため審査を通したいのであれば、クレジットカード会社から指定された記入欄はできる限り埋めるようにしましょう。

 

携帯の端末料金を支払い続けることも大事

見出し名から「なぜ突然携帯料金の話が……?」と思った方も少なくないでしょう。関係なさそうだからってまだブラウザバックはしないでくださいね。

 

まず、月々の携帯料金の中はおおざっぱな内訳として「携帯通話料」と「携帯端末の料金」の2つに分かれます。

 

携帯通話量は基本的に銀行口座から引き落としになるため、ここでは関係ありません。しかし、月々に支払う端末の料金は、クレジット契約です。そのため、この支払い記録は信用情報として扱われるのです。

 

信用情報ということは、それを管理する機関に保管されてそれをクレジットカード会社が審査に使うことになるでしょう。

 

そのため、携帯の端末料金を支払い続けることは、審査に通りやすくなるポイントのひとつとして考えることができるのです。

 

特徴にあてはまるクレジットカードを3枚紹介!

ではここで、先ほどまで説明してきた「審査が甘くなる特徴」を持つクレジットカードを3枚紹介します。

それぞれ特徴が異なっているため、ぜひ参考にしてみてください!

 

学生でも作れる!ライフカードで海外旅行にいこう!

  • ポイント還元率:0.5%(200円ごとに1ポイント)
  • 利用限度枠:~120万円
  • 年会費:無料
  • 申し込み資格:高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中の方

 

学生向けクレジットカードとして「ライフカード」があげられます。

これは学生でも特に海外旅行する学生に狙いを定めたクレジットカードで、特典もそれに沿ったものが多いです。

 

たとえば、海外での買い物などでカードを使用した場合に、使用金額の5%をキャッシュバックする特典があります。

また海外旅行傷害保険が無料でついたり、海外旅行をサポートするライフデスクが備わっていたりするなど、サポートが充実です!

 

社会人になった後も引き続き年会費が無料であったり、誕生日月はポイントが3倍になったりするなど特典が盛りだくさんです!

 

ライフカード

 

イオンカードを使ってイオンを賢く利用しよう!

  • ポイント還元率:0.5%(200円ごとに1ポイント)
  • 利用可能枠:~300万円
  • 年会費:無料
  • 申し込み資格:高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方

 

特定の店舗でオトクになるクレジットカードとして「イオンカード」が例としてあげられます。

イオンカードはクレジットとしての機能は当然ですが、毎月20日と30日はイオンでカードを見せるだけで会計から5%オフになるのです!イオンユーザーにとっては大変オトクなカードになりますね。

 

また電子マネーのWAONが一体となっており、非常に使いやすいものになっています。WAONと一体になっているのは意外とメリットが多いです。

 

たとえばWAONをオートチャージすると、WAONのポイントとイオンカードのポイントである「ときめきポイント」のダブルのポイントが同時に付与されます。

 

イオンカード

 

IBISという独自審査!セディナカードJiyu!da!

  • ポイント還元率:0.5%(200円ごとに1ポイント)
  • 利用可能枠:~200万円
  • 年会費:無料
  • 申し込み資格:18歳以上で電話連絡可能な方

 

セディナカードJiyu!da!は他企業とは違って、IBISというシステムによって申し込んだ方を審査しています。

IBISは審査の基準に支払い能力などの信用できる情報だけでなく、セディナカードの利用を見込めるかどうかも同時に重視されるのです。

そのため、他の審査で落ちた場合にもここであれば審査に通るという可能性があるでしょう。

 

セディナカードの特徴として、支払い方法が自由に選択できる点。

毎月の支払い額は自由に設定でき、好きなときに好きな金額分支払える……という支払い方法も可能です。

 

また、セブンイレブンなどで利用すると毎日ポイント3倍になります。

普段から使用できるカードとしても優秀なカードになりますね。

 

セディナカードJiyu!da!

 

クレジットカードの代わりになるカードとは?

ここまで審査の甘いクレジットカードについて紹介してきましたが、もしかしたら「やっぱりクレジットカードを持つのはメンドウで大変……」と思ったかもしれません。

 

そこで、クレジットカードの代わりとなりえるカードを2つ紹介します!

 

デビットカード

デビットカードとは預金口座と直結させ、使用した金額分をその場で預金口座から引き落とされるカードです。このカードでキャッシングなどの借入はできませんが、預金口座と直結させるので残高が管理しやすいのが特徴になります。

 

またこれは支払い能力を問う必要がないため、審査はしません。

預金口座と直結させている仕組みから、「利用限度額=預金残高」となるので、預金口座の残高をこまめにチェックしながらお金の管理をしていきましょう。

 

プリペイドカード

これは、審査なしで作れる前払い式のカードです。

カードに現金をチャージして、使用するたびにそのカードから金額分を消費していくカードになります。

 

このカードは事前に金額をチャージする仕組み上、使い切る必要がありますがプリペイドカードに入金された金額を使い切るのは難しいのがややデメリットといったところでしょうか。

 

必ずしも買い物は下一桁が0というわけではありませんからね。

残高が中途半端な額になってしまうと損したような気持ちにもなります。

最近ではクレジットカード以外の選択肢も増えてきました。
クレジットカードの使用用途によってはこのような選択肢を採用するのもアリでしょう。
もし、これらの選択肢を採用する場合、使用先にこれらのカードが使えるか確認する必要があるので注意が必要です。

まとめ

企業側が共通して見ている審査基準として年収や勤務先、住所、クレジット支払い履歴といった信用情報があげられます。

これはあくまで共通して見ている箇所であって、細かい審査基準はクレジットカード会社によってバラバラです。

 

審査が甘くなる特徴として「年収の基準」「ターゲティングされたカード」「独自の審査基準」があります。

これらの特徴をふまえて、自分が審査に通過できそうなクレジットカードを探してみるとよいでしょう。

 

もちろん「クレジットカードの審査が甘い」といっても、企業側になにか後ろめたいことがあるというわけではありません。

 

しかし、どのようなクレジットカードであっても審査していることに変わりはありません。

自分の年収などの必要な情報をそろえてから審査に挑んでくださいね。

 

また最近では、デビットカードやプリペイドカードといったクレジットカードを持たなくてもよい選択肢が増えています。

クレジットカードを持つ理由と照らし合わせながら賢く選んでいきましょう!

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。