第四銀行カードローンの特徴は?向いている人向いていない人

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

銀行カードローンを作る場合、どこの銀行がいいのか気になりますよね。

また、メガバンク地方銀行ではどんな違いがあるのでしょうか。

 

地方銀行よりメガバンクのほうが大きいので、メガバンクのカードローンなら安心感があるのは確かでしょう。

 

しかし、カードローンに関してはメガバンクと地方銀行にはそれほど大きな違いはなさそうです。

 

第四銀行は新潟県に拠点を置く地方銀行ですが、第四銀行に口座がなくてもカードローンが作成できるのでとても便利です。

 

ほかにも、第四銀行のカードローンにはいろんな特色があります。

ここでは、第四銀行のカードローンについて解説します。

 

Contents

来店不要&印鑑不要は魅力的!第四銀行にはよく似た2つのローンがある

第四銀行には個人向けローンが2つあります。

この2つは似ている点もありますが、大きく違っている点もありますので、それぞれの特徴を説明してみましょう。

どちらも来店不要かつ、印鑑不要で契約できて使い道が自由という点では同じです。

カードローン:解決スピーディー

金利4.0~14.8%で、最大500万円まで借り入れできます。

 

ローンカード発行前でも利用することが可能で、カードローン口座開設日に指定の口座に、借入金を振り込むことができます。

 

第四銀行に口座がなくても申し込めますが、web完結申し込みの場合第四銀行の普通口座が必要です。

 

フリーローン:フリーダム

金利5.0~14.8%10万円以上500万円まで借り入れができます。

 

インターネットからの申し込みなら、金利は0.5%引き下げとなりますので、かなりお得です。

 

フリーダムに申し込みできるのは、契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満で、現在の勤務先の勤続年数が1年以上、しかも継続して安定した収入が見込まれる人が対象となっています。

 

また、申し込みには第四ジェーシービーカード(株)またはエム・ユー信用保証(株)の保証が得られることが条件です。

 

第四銀行のカードローンは担保・保証人なしで借り入れできます。

しかし、第四銀行の代わりに保証会社が借り入れ申込者を保証してくれるわけです。

 

一度審査に通れば何度でも借りられるのがカードローンの強み

カードローンとフリーローンはよく聞く言葉ですが、どういう違いがあるのでしょうか。どちらも、お金を融資してもらうという点では同じですが、大きく違っている点もあります。

カードローンとは

カードローンは、銀行や消費者金融、信販会社が取り扱う個人向けローンです。

事業資金としては使えませんが、個人使用ならどんなことでも使うことができます

 

カードローンで借り入れするには、返済能力信用情報の調査を中心とした審査を受けなければなりません

 

他社からの借り入れがあったりすると、その件数や金額によっては審査が通らないこともあります

 

また、過去に返済の遅延や滞納があると審査に影響しますし、自己破産債務整理の履歴があると、より一層融資を受けるのは難しくなります。

 

審査に通ると借り入れができますが、審査時に決められた借入限度額内であれば、何度でも借りたり返済したりすることが可能です。

 

つまり、カードローンは一度審査を通れば、あとは借り入れのたびに審査を受ける必要はありません。

この点が、次に挙げるフリーローンと大きく異なります。

 

フリーローンとは

フリーローンは、主に銀行が扱う個人向けローンで、事業資金に使わない限り使用目的は自由です。

この点はカードローンと変わりません。

 

銀行が扱うローンには住宅ローン自動車ローンなどがありますが、これらのローンはそれぞれに住宅や自動車の購入代金以外の目的で使用することはできません

 

しかし、フリーローンはフリーという名のとおり自由に使うことができます

 

ただし、銀行によっては利用目的を証明する書類の提出を求めることもあるのです。

 

フリーローンも申込時に審査を受けなくてはなりません。

カードローンと同様に、返済能力信用情報に関するチェックが行われます。

 

どんな違いがある?

フリーローンとカードローンの大きな違いは、フリーローンは借り入れのたびに審査があることです。

 

そのため、カードローンのように、一度審査に通ったら何度でも利用できるわけではありません。

フリーローンは、一度目は審査を取ってもその次も通るとは限らないのです。

 

金利にも大きな違いがあり、フリーローンのほうが低く設定されている場合がほとんどです。

 

そのため、同じ銀行の個人向けローンでありながら、フリーローンのほうが楽に返済することができます

自由にお金を使いたい!という人は「解決スピーディー」、融資目的が決まっていて低金利で借りたいなら「フリーダム」を検討してみましょう。

口座必須のメガバンクvs口座不要の解決スピーディー

解決スピーディーは、借入限度額50万円以内なら、申込時に所得証明書は不要です。

 

また、夫の収入が安定していれば専業主婦も借り入れできる点も、メガバンクにはないメリットといえるでしょう。

 

通常、専業主婦は収入がないため、銀行カードローンで借り入れを申請しても却下されてしまいますが、解決スピーディーなら安心して申し込めます。

 

解決スピーディーは、第四銀行の口座がなくても使えるのも便利な点といえるでしょう。

 

手間なく最短で融資

多くのメガバンクのカードローンでは、口座を持っていることが必須となりますので、第四銀行のほうが手間なくカードローンの申請ができるでしょう。

 

また、第四銀行の口座があれば、最短で融資を受けることができるというメリットもあります。

 

これは、第四銀行を返済用口座に指定すると、口座振り込みで借り入れできるというものです。

審査に通るとすぐに口座振り込みで借り入れできるのは、便利なサービスといえます。

 

また、解決スピーディーは、メガバンクと比較しても金利は低い傾向です。

金利は借入限度額が大きいほど低くなりますので、500万円を借りるとほかの銀行よりかなり金利面でお得になります。

また、70歳未満まで申し込めることも利用者にとってはうれしい条件といえるでしょう。

口座のない人は本人確認書類を郵送するのが若干面倒

解決スピーディーは、近くに第四銀行の店舗がないと利用しにくいカードローンです。

 

また、インターネットで申し込みをしても第四銀行に口座がないと書類の郵送やファクスでの送付が別途必要になります。

 

そのため、最短で2~3営業日後に借り入れ可能というカードローンが多い中では、少し利用しにくいのがデメリットです。

また、提携ATMで借り入れ・返済する際は基本的に手数料がかかるのも、少し気になるところでしょう。

住所と勤務地のどちらかが第四銀行の営業区内である必要あり

解決スピーディーを申し込むには、住所か勤務地のどちらかが第四銀行の営業区内でなければなりません

 

第四銀行の営業区内は、新潟県福島県大阪府埼玉県北海道東京都富山県愛知県神奈川県です。

 

また、解決スピーディーを利用するには第四銀行の本支店が近くにないと不便な場合があります。

 

第四銀行がなくても解決スピーディーを利用することはできますが、急いで借り入れしたい場合は本支店に行って第四銀行の通帳を使って窓口で借り入れしなくてはなりません

第四銀行の本支店が近くにないと利用しにくいというのは、そういうことなんですよね。

金利が低い

解決スピーディーは銀行カードローンですから、消費者金融よりも金利が低くなっています。

 

借り入れしたいけど金利を抑えたい人は、解決スピーディーの利用を検討するといいでしょう。

 

また、年収の3分の1以上借り入れしたい人も、解決スピーディーなら可能です。

 

なぜなら、解決スピーディーは銀行カードローンのため、消費者金融に対する規制である総量規制の対象外となっているからです。

 

解決スピーディーなら年収の3分の1以上でも借り入れできる可能性があるため、どうしてもまとまったお金が必要な場合には非常に役に立ちます。

 

主婦・フリーターは利用可だが年金収入だけの人は利用不可

解決スピーディーは、利用するのに向いている人と向いていない人がいます。

パートやアルバイトでも定期的な収入があれば利用できますが、年金収入だけの人は利用することができません。

 

それは、年金は働いて得る収入ではないからですが、ほかの銀行カードローンの中には、年金収入のみでも借り入れできるものもあります。

そのため、この点では他行より審査が厳しくなっているといえるでしょう。

専業主婦も申し込める

しかし、解決スピーディーは専業主婦でも、夫に定期的な収入があれば借り入れすることが可能です。

 

大手銀行の多くは専業主婦にカードローンを発行しないため、解決スピーディーは専業主婦に向いているカードローンといえるでしょう。

 

もっとも、夫に定期的な収入があることが前提なので、それが担保となって借り入れができるわけです。

 

第四銀行に口座がなければ、解決スピーディーはネットで申し込んでも確認書類は郵送かファックスで送らなければなりません

 

手続きに時間がかかるケース

また、第四銀行に口座があっても、口座開設時に申請した住所と氏名に変更があれば、確認書類は郵送かファクスすることを求められる場合もあります。

 

このように、ネットで申し込んでも少し手間がかかるため、手続きをネットで簡単に済ませたい人には不向きといえるでしょう。

 

また、ローンカード即日発行もできないため、すぐにカードが欲しい人も向いていないカードローンということになります。

 

250万円以上なら一気に低くなる金利は魅力的

カードローンの金利は、借入限度額が上がるにしたがって低くなっていきます

 

その中でも、第四銀行カードローン解決スピーディーは、借入限度額が250万円以上なら一気に低くなるので、高い限度額を設定できる人にとってはかなり魅力的なカードローンといえるでしょう。

 

借入限度額250万円以上400万円以下の金利は6.0%となっており、450万円・500万円になると4.0%です。借入限度額が少ないと金利は14.8%ですから、250万円以上の限度額がいかにお得かがわかります。

ただし、これだけの借入限度額を設定するには、かなりの収入が必要となる点が注意点ですね。

金融事故があると

もちろん、過去に金融事故などの履歴があると、いくら収入があっても高額の限度額は認められないでしょう。

 

そのため、高額の収入があってなおかつ信用情報がクリーンな人でないとかなり難しいということです。

 

ちなみに、限度額10万以上90万円以下の場合は、金利14.8%で、100万円以上200万円以下は金利12.0%となっていますから、250万円以上との金利の差は歴然です。

 

コンビニやゆうちょ銀行も利用可!充実のATM提携数

解決スピーディーの借り入れは、専用カードを使えば最小で1000円から可能で、借入限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れと返済を繰り返すことができます

 

また、振り込みによる借り入れも利用できます。

こちらは、ローンカード発行前でも利用が可能なので、急いで借り入れしたいときに便利です。

 

振り込みによる借り入れ可能金額は100万円までで、10万円単位で増やしたり減らしたりすることができます。

 

借り入れは、第四銀行の約550台のATMをはじめ、ゆうちょ銀行ATMローソンセブンイレブンファミリーマートなどに設置してあるATMが利用できます。

これら以外にも全国にある提携金融機関のATMが利用できますが、利用時間がそれぞれに違うため事前にチェックしておきましょう。

利息は日割り計算

また、利用する金融機関によっては手数料がかかる場合があるので、あらかじめ確認が必要です。

 

返済は、利用した日数分だけ利息がつく日割り計算方式だから、お得に利用することができます。

 

返済方法は「入金タイプ」と「口座振替タイプ」の2種類ありますが、web完結で申し込むと口座振替タイプのみとなります。

 

入金タイプは、近くのATMでカードローン口座に入金して返済する方式です。

また、口座振替タイプでは、指定した口座から自動引き落としでの返済となります。

 

入金タイプにする

カードローンの利用を家族に知られないためには、ここで返済方法を「入金タイプ」にする必要があります。しかし、web完結で申し込むと入金タイプを選択することができないので、家族に内緒で借り入れしたい人は、web完結以外の方法で申し込まなければなりません。

 

女性専用ダイヤルは利用者が対象!審査は総合案内で

第四銀行のカードローンには女性専用ダイヤルがありますので、女性の場合はこちらにかけたほうが質問しやすいでしょう。

 

もし女性専用ダイヤルで答えられない質問があれば、総合案内など適切な部署を紹介してくれます。

 

専任のオペレーターが懇切丁寧に質問に答えてくれますので、わからないことがあれば何でも聞きましょう。

 

銀行系カードローンは余裕を持って申し込もう!2018年から即日融資NG

銀行系カードローンは、2018年1月から即日融資が禁止となりました。

警視庁に照会

気軽に借りたまではよかったものの、返済に行き詰る人が増えてしまったために、規制が設けられることになりました。

 

銀行が即日融資をしなくなった理由のひとつに、融資申し込み者の情報を警視庁に照会する手順が入ったことが挙げられます。

 

これは、借入金が犯罪に使われることを抑止するために行われるものです。

警視庁に照会して戻ってくる間、審査はストップしますのでその分だけ長引くことになるわけです。

 

即日融資廃止の理由

また、即日融資を廃止することで、借り入れにより慎重になる人が増えることも期待されています。

 

即日融資だと、思い立ったその日に借り入れができるため、安易な借り入れにつながりやすいからです。

 

また、これと同時に収入証明の提出基準も変更され、以前より厳しいものになりました。

 

それまでは、大手銀行では100万円、200万円、あるいは300万円以上の借り入れの場合にのみ収入証明が必要でしたが、変更後は50万円から必要となっています。

 

ますます厳しくなる

このように、銀行カードローンを利用しての借り入れは、少しずつ厳しさを増してきました。

 

これまで、メガバンクは年収の2分の1まで借り入れが可能でしたが、某メガバンクは消費者金融の総量規制に合わせて融資額を年収の3分の1に自主規制しています。

この流れはほかの銀行にも波及していくことが予想されますので、多くの銀行で年収の3分の1までしか貸さないようになる可能性があります。

解決スピーディーはその名のとおり審査はスピーディー?

解決スピーディーで最短で融資を受けるには、第四銀行の口座を持っている必要があります。

 

口座がなくても解決スピーディーを申し込むことは可能ですが、この場合はローンカードが届くまでに2週間程度かかってしまいます。

急いで借り入れをしたい場合は、事前によく調べてから申し込むようにしましょう。

 

最短で2~3営業日

また、解決スピーディーは銀行カードローンですから、第四銀行の口座があっても、借り入れできるまでに最短で2~3営業日はかかることが予想されます。

 

解決スピーディーを申し込むには、ある程度余裕を持って手続きすることが大切です。

安易な借り入れをせず、きちんとした返済計画を立てて上手に利用しましょう。

 

解決スピーディーに申し込むために必要な書類

解決スピーディーの申し込みに必要な書類は以下の3点です。

  1. 解決スピーディー利用申込書兼保証委託依頼書
  2. 解決スピーディー暗証番号届
  3. 本人確認書類

 

上記の1.と2.は、第四銀行のホームページからプリントアウトして、必要事項を記入して準備しておきましょう。

本人確認書類は以下の3点のうちいずれか1点です。

 

本人確認書類

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. マイナンバーカード

 

また、借入限度額が50万円超えの場合は、収入証明書類が必要となります。

収入証明書類は、以下の3点のうちいずれか1点です。

 

収入証明書類

  1. 源泉徴収票
  2. 所得証明書
  3. 税額通知書

 

解決スピーディーを限度額50万円以上で申し込むには、収入証明書が必要となります。

 

上記の書類などはすべて、郵送かファクスで自宅か勤務地を営業区域とする第四銀行本支店に送ると、審査が開始されます。

 

ネットで手続きする場合は、スマートフォンやデジカメで書類の画像を撮って送れば受け付けが可能です。

 

ただし、第四銀行に口座を持っている人で、口座開設時の住所や氏名が現在と変わっている場合は、書類を郵送かファクスで送るよう求められることがあります。

 

申し込みから借り入れまでの流れ

解決スピーディーの申し込み手続きをwebで完結するには、第四銀行に口座があることが条件です。

申し込みは保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社が受け付けて審査が開始されます。

申し込むにはパソコン、スマートフォン、タブレットで申し込み、審査に必要な本人確認書類を送ります。

申し込み方法

第四銀行に口座のない人が、最短で簡単スピーディーに融資を受けるには、まずwebで申し込みます。

 

必要書類を送る

必要書類が送られてくるので、それに記入して本人確認書類とともに返送しますが、必要書類の用紙はホームページからプリントアウトすることも可能です。

 

審査後の流れ

審査完了後、メールで審査結果の案内URLが届きます

URLからログインして審査結果を確認し、審査が通ったら契約の手続きをしましょう。

 

手続き完了後、カードの利用開始

メールで手続き完了の通知が届き、ローンカードが送られてきますので、第四銀行本支店のATMから借り入れと返済が可能となります。

 

家族にばれないように!運用に関する注意点

カードローンを利用している人の中には、借り入れを家族に知られたくない人も多いでしょう。

 

第四銀行カードローンは、親族の同意や保証人を必要としないので、申し込みをすることだけではカードローンの利用が家族に知られてしまうことはありません。

 

しかし、運用の方法によっては家族に知られてしまう可能性はいくつもあるので注意が必要です。

ここでは、家族にばれないように気をつけるべきタイミングについて解説します。

郵送物に注意!

その中のひとつがローンカードの受け取りです。

解決スピーディーのローンカードは郵送でしか受け取ることができません

 

封筒を見てもローンカードが入っているとはわかりませんが、もし家族に開封されるとわかってしまいます。

 

利用明細書が郵送される

解決スピーディーは利用明細書が郵送されるようになっています。

 

しかし、送られてくるのは1月と7月の年2回だけなのですが、それでも家族が開封すればカードローンの利用がばれてしまうでしょう。

 

また、解決スピーディーのローンカードには中央部分に「カードローン」とはっきり書かれています。

これが見つかるとばれてしまうので、見つからないように隠す必要があります。

 

選べる入金タイプをチェックする

解決スピーディーは家族にばれずに利用することが可能ですが、運用には十分注意が必要です。

 

返済方法に「入金タイプ」を選べば、通帳にカードローンを使用した履歴が残らないようになっているので、万が一通帳を家族に見られても安心です。

 

しかし、返済方法を「口座振替タイプ」にしてしまうと、毎月の引き落としのたびに「ローン返済」と記載されるので、カードローンの利用がばれてしまいますから注意しましょう。

 

まとめ

今回は、第四銀行のカードローンである「解決スピーディー」について詳しく解説いたしました。

 

解決スピーディーはweb申し込みが可能来店不要で申し込みでき、「銀行に行く時間がない!」という人でも申し込めるとても便利なカードローンになっています。

 

また、ローンカードが送られてくるのが郵送のみになっており、家族にカードローンの利用を知られたくない人には注意が必要です。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。