遅延損害金とは?その意味や計算方法について

  • 用語説明

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。 突然ですがみなさんは、「急な出費が重なった」「今月使いすぎてピンチ」ということはありませんか?

そんなときに、簡単に現金を借りられるサービスとして、カードローンが広く知られるようになりました。

 

保証人を立てる必要がなく即日融資ができる金融機関もあります。また、インターネットで簡単に申込むことも可能です。

 

とても便利なカードローンですが、利用する際に心がけたいのが、確実に返済するということです。

 

ATMで現金を借りることができるので、まるでATMで現金を引き出しているような感覚にもなります。

 

つい借金だという意識が薄れてしまう人も多いでしょう。

しかし、返済が遅れてしまうとさまざまなペナルティが課せられることになります。

 

そのなかでも、遅延損害金にスポットを当てて詳しく紹介しましょう。

 

カードローンの支払い遅延にはペナルティがある

カードローンを利用して借り入れをすると、毎月一定額を決められた期日に返済していくことになります。

 

月々の返済額は、借りた金額(元本)と利息を合わせた総支払額から決まります。

 

毎月決められた返済額をきちんと返せている人はいいのですが、問題は支払いが遅れてしまったときです。

 

借り入れをするときに、借入額や金利については確認をしていても、支払いを遅延したときのことまで確認をしている人は少ないでしょう。

 

しかし、万が一のときを考えて、カードローンを利用する前に、遅延に関するルールはしっかりと確認しておくべき項目です。

 

カードローンの借り入れは、無担保で保証人もなく、利用者の信用を担保に融資を行います。

そのため、カードローン会社は支払いの遅延には敏感なのです。

たった数日の遅延でも、さまざまなペナルティが発生します。その1つが遅延損害金といわれるものです。

そもそも遅延損害金とは

遅延損害金とは、返済期日までにお金を返せなかった場合に、発生する損害金のことです。

支払いができなかったときの「罰金」「ペナルティ」のようなものになります。

 

この遅延損害金は、元本や利息とは全くの別物です。

そのため、遅延損害金を払ったからといって元本や利息が減ることはありません。

 

また、遅延損害金は通常の金利より高い金利が設定されています。

ただでさえ、元本に加えて高い利息を払っているのに、そのうえ遅延損害金まで払うことになるのは避けたいですよね。

 

そして、遅延損害金は、支払期日の翌日から返済完了日まで発生します。

支払いが1日遅れるごとに、雪だるま式に遅延損害金も増えていくのです。

 

1日の遅延損害金が数百円だったとしても、1カ月後には数万円、1年後には数十万円にも膨れ上がる可能性もあります。

 

さらに、この遅延損害金は、時間が経ったり無視をしたりすることで無くなることはありません。

可能な限り早く返済を済ませるようにすることが重要ですよ。

遅延損害金の利率は?

遅延損害金の利率は、カードローン会社により違いはありますが、通常の金利よりも高くなります。

金利よりさらに高いと聞くと、いったいどのくらいのペナルティになるのか、気になりますよね。

 

その利率についての上限は、制限利率の1.46倍までと法律で決められています。

これを具体的に計算すると、仮に制限利率が15%だったとします。

 

ここに、1.46倍の遅延損害金がかかるとすると、21.9%です。

この21.9%が遅延損害金になるのですが、改定貸金業法によって、上限は20%に制限されました。結果、遅延損害金は上限である20%となるのです。

 

金利の15%と遅延損害金の20%は、数値でみると5%の差なので「金利とそんなに変わらない」とあまり負担に感じない人もいるでしょう。

 

しかし、問題はいくら遅延損害金を払っても、金利や元本が減ることがないということです。

つまり、きちんと返済さえしていれば、遅延損害金は払う必要のないお金だということです。

 

本来払う必要のないお金を年利20%で払うとなると、やはり大きな負担に感じるでしょう。

もちろん例外もありますが、20%に設定している金融機関も多いんですよ。

遅延損害金の計算方法は?

遅延損害金が20%だとして、期日に支払いが間に合わなかったとき、実際に払う遅延損害金を計算してみましょう。

 

借入金額が100万円、支払いを10日遅延した場合を例にあげてみます。

 

まず、20%の金利は年利なので、100万円×20%を日割り計算します。

このとき、通常は365日で割るのですが、うるう年のときは気を付けてください

 

うるう年のときは366日で割ります。その金額に延滞した日数分をかけることで、遅延損害金を計算することができます。

 

つまり、100万円×20%÷365日×10日=5,479円になるのです。

 

10日間で5,479円の遅延損害金になるので、1カ月(30日)になると約3倍の1万6,438円になります。

ここに、月々の返済額がプラスされるので、次回の返済時は通常時よりかなり高額になります。

 

また、長く遅延をしていると、総支払額が当初の借入額の倍以上の金額になる事態も考えられるのです。

そうなると、返済も非常に苦しくなってきます。

日割り計算ですので、支払いが遅れれば遅れるほど遅延損害金の金額も増えていくことになります。

遅延損害金はいつ払えばいいの?

つい忘れて返済期日に間に合わなかった場合、多くの人はどうすればいいのか分からず慌ててしまうでしょう。

 

遅延損害金が発生することは分かったけど、すぐ払うの?

連絡があるの?

 

そんな疑問に答えるため、ここでは遅延損害金を支払うタイミングについて説明します!

 

結論から言うと、遅延損害金は次回返済日に、まとめて支払うことになります。

返済期日を過ぎてしまった場合、まずは通常の返済を一刻も早く済ませることが必要です。

 

振込での支払いや、再振替、コンビニ収納などで支払うことができます。

振込はすぐに払うことができるので、遅延の期間を最小限に抑えられておすすめです。

 

再振替だと、再振替を毎日行っている金融機関と、毎月決められた日だけしか行っていない金融機関があります。

 

再振替の日まで遅延とみなされてしまうので、結果遅延損害金も多くなってしまう場合があるのです。

 

その後、カードローン会社が遅延損害金を計算し、次回の返済日に通常の返済額に加え、遅延損害金を払うことになります。

 

次の支払い日の金額が具体的に知りたい場合は、コールセンターなどに問い合わせてみるといいでしょう。

 

カードローン会社が遅延損害金と返済額について教えてくれます。

遅延損害金は利子や元本とは全く別の性質を持つ支払いです。遅延損害金を支払ったからと言って、元本や利息が減るわけではない点に注意しましょう。

遅延損害金は必ず払わなければならないの?

遅延損害金を払うことについて、お金を借りるときに想定している人はあまり多くないでしょう。

 

そのため「利子も払っているし、遅延損害金は払わなくてもいいのではないか?」と思う人もいるかもしれません。

 

実は、遅延損害金に関するルールは契約書に明記されています。

忘れてはならないのが、遅延をするということは、重大な「契約違反」だということです。

 

カードローン会社は、利用者を信用してお金を融資しています。

そのため、ルールが守られなかった場合のペナルティが設けられているのです。

 

遅延損害金は必ず払うべきものであり、免除されることはありません

 

また、利息や元本とは別に発生するため、この先の返済をきちんと続けていても消えることはないのです。

 

遅延損害金を最小限に抑えるには、やはり1日も早く振込などで通常の返済額を支払うことです。

 

遅延を無視することで、遅延損害金がなくなることもなく、何も得をすることはありません。

支払いが遅れることで、遅延損害金以外にも深刻なデメリットがあるのです。続けて解説しますね。

支払い遅延は絶対NG!遅延損害金以外のデメリット

カードローンの支払い遅延は絶対に避けるべきです。支払いの遅延は、遅延金損害金以外にもさまざまな困った事態を引き起こします。

遅延損害金は通常の金利よりも高く、借入額が大きいほど高額になります。

 

もし、借入額が10万円だった場合は、遅延損害金利率が20%で、10万円×20%÷365日=54円となり、1日当たり数十円の延滞損害金です。

 

数十円なら延滞しても支払えるし、ちょっとくらい支払いが遅れてもいいか」なんて思っていると、痛い目に遭うかもしれません。

 

なぜなら、遅延によって起こるデメリットは、遅延損害金だけではないからです。

遅延をするとどんなことが起こるのか、その具体的な例を紹介します。

 

1.信用情報に傷がつく

信用情報に傷がつくのは支払い遅延による大きなデメリットです。

いわゆる「ブラックリストにのる」ということです。

 

信用情報機関には、JICC(株式会社日本信用情報機構)CIC(株式会社シー・アイ・シー)、JBA(一般社団法人全国銀行協会全国銀行個人信用情報センター)という3つがあります。

 

それぞれの機関が、利用者の個人情報やローンの申し込み内容、返済記録などの情報を持っていて、会員である金融機関に情報共有を行います。

 

遅延が続くとその情報が信用情報機関に載るため、ほかのカードローン会社への申し込み、クレジットカードの作成などにも悪影響が出ることになるのです。

 

この情報は5年間記載されます。もし、いくつものカードローンの審査に落ちていたら、信用情報に傷がついている可能性も考えられます。

 

自身の信用情報が気になるときには、ネットなどで開示請求することも可能です。

 

また、住宅ローンや自動車ローンを組むときにも信用情報の照会を行います。

信用情報に傷があれば、住宅ローンや自動車ローンの審査が通る可能性は限りなく低くなります。

いざ借りたいと思う大事な場面で、大型のローンを利用することができなくなることもあるので、遅延は絶対にしないようにしましょうね。

2.督促状や督促の電話がかかってくる

支払いが滞って数日が経過すると、督促が行われます。

具体的には、督促状が届いたり会社や自宅に督促の電話がかかってきたりすることになります。

 

この段階になると、会社の上司や同僚、さらに家族にカードローンの利用・支払い遅延が知られてしまう可能性もあるのです。

 

家族に隠してカードローンを利用している人は、絶対に避けたい事態ですよね。

さらに会社の人に知られると、気まずい思いをすることになるでしょう。

 

テレビや映画などで見る、夜中に自宅に押し掛けてきたり電話口で怒鳴ったりということは、貸金業法で禁止されているのでありません。

しかし、督促状が届くと、精神的に穏やかではいられないでしょう。

 

督促の電話や督促状が届いたら、速やかにカードローン会社に連絡を入れることが重要です。

 

今後の返済方法などをカードローン会社の担当者と相談して、返済の見通しが立てば督促もおさまります。

それでも督促を無視し、連絡が取れないことが続くと、さらに深刻な事態となります。

3.一括請求をされる

督促状や督促の電話があるにもかかわらず、払わないままでいるとカードローン会社から一括請求が来ることがあります。

 

返済日から2カ月から3カ月が経過すると「残額を一括で払ってください」という請求があるのです。

 

内容としては「借金残額を一括で支払うよう請求します。支払いがない場合は裁判を予定しています」というものが一般的です。

 

さらに、残金に加えて遅延損害金も加算されて請求されます。

当初の借入額より請求額は高額で、とてもすぐに返済できるような金額ではない場合が多いです。

 

この段階になると「異動」という情報が信用情報に載ってしまい、5年間消えません。

この異動情報が消えるまでは、一切ローンやクレジットカードの利用ができなくなるのです。

 

月々の支払いができない状態で、カードローン会社から一括請求をされたとしても、返済できない場合がほとんどでしょう。

しかし、返済が困難だからと放置をしていると、裁判所から一括請求をされることになり、財産を差し押さえられる可能性もあります。

4.財産を差し押さえられる

一括請求が来ても返済ができないと、裁判になる場合があります

裁判になれば、呼び出し状と訴状が届き、出頭しなければなりません。

 

一括請求が来ただけでも不安でいっぱいのなか、裁判所に出頭するとなると、平常心でいられない人も多いはずです。

 

しかし、この通知を無視していると、カードローン会社の言い分をすべて認めたということになってしまうので大変危険です。

 

そして、最終的には財産や給料を差し押さえられることになります。

預貯金、株券、不動産などの本人名義の財産が差し押さえの対象です。

 

また、手取りの4分の1を限度に給料も差し押さえられてしまい、毎月返済をしていくことになります。

 

少なくとも、給料を支給する会社の経理担当者には、差し押さえの事実が知られることになるでしょう。

 

こうなると、生活が圧迫され困窮していまいます。

この状態で、お金を融資してくれるところはないので、非常に苦しい状態になるでしょう。

 

もし、財産を差し押さえても返済ができない場合には、自己破産をする事態にもなりかねません。

1度の遅延から、どんどん返済が困難になっていき、最終的には財産を失ってしまうこともあるのです。そんな最悪の事態を避けるためにも、遅延損害金の発生を防ぐ必要があります。

遅延損害金発生を防ぐには?

遅延損害金が発生しているということは、支払いに遅延が発生しているということです。したがって、その時点で信用情報に傷がついています。

初めは数百円だった遅延損害金も、遅延を続けることで、生活を圧迫するまでの高額に膨れ上がってしまうことがあります。

遅延損害金を発生させないためにも、確実に支払いの遅延を起こさないことが大切です。

 

また、遅延をせずにきちんと支払いをしていくことで、信用情報を傷のないきれいな状態にしておくことができます。

信用情報に問題がなければ、今後も借り入れがしやすくなり、追加の融資が受けられる可能性も高くなるのです。

 

将来大事な場面でローンを利用したりするときに、信用情報が原因で審査に落ちる心配もなくなるでしょう。

 

ここでは、支払いを遅延させないためのポイントを紹介します。

 

1.計画的に利用する

カードローンは、無担保で保証人も立てずにお金を借りられるので、急な出費があるときなどにとても便利です。

カード1枚でATMから気軽にお金を借りることができます。

 

あまりの便利さから、つい必要以上にお金を借りてしまう人も多いでしょう。

しかし、カードローンはあくまでも借金です。

 

借金である以上、将来必ず利息と合わせて返済しなければなりません。

無計画にカードローンを利用すると、気が付いたら大きな借金になっている場合もあります。

 

そして、最終的には支払いが困難となり、家計が破綻する原因にもなるのです。

カードローンは、返済計画や自分の支払能力を考えながら慎重に利用するべきです。

 

返済計画を立てるのは、面倒に思う人も多いかもしれません。

しかし、きちんと計画を立てないと借金が返済できなくなり、後々自分自身の首を絞めることになります。

 

また、返済ができるかどうか、漠然とした不安感をもって生活することにもなります。

カードローンを利用するときには、本当に必要な分だけ借りるようにしましょう。

借金であるという意識を持って、早めに返済できるようすることが大切ですよ。

2.返済日を管理する

カードローンは、たった1日の遅延でも遅延損害金を払うことになり、支払いが遅れた事実が残ります。

 

遅延損害金は、期日に支払いをすれば本来払う必要のないお金なので、遅延損害金を払うことは避けたいですよね。

そのためには、確実に返済日に返済できるようにすることが重要です。

 

返済が間に合わないときに遅延が発生しますが、予期せぬ遅延が起こることもあります。

それは、返済日当日の支払いを行っているときです。

 

この場合、支払いの期日に間に合っているとしても、金融機関の事情によって、翌日振込扱いになってしまうことがあります。

 

遅れるつもりはないのに、遅延になってしまった!」ということにもなりかねません。

 

確実に支払いをするために、返済日の数日前には余裕をもって支払いを完了させることが望ましいでしょう。

 

また、複数のカードローンを利用している場合も注意が必要です。

返済日がバラバラだと、返済を忘れてしまう可能性が高くなります。

 

返済日を同じ日に変更したり、返済日を忘れないようにメール通知をしたりする方法もあります。

スケジュールに入れておくなどして、返済日の管理を徹底しましょう。

支払いにあてるお金を確実に用意する

支払日を忘れないようにしても、支払うお金が用意できていなければ遅延することになってしまいます。

遅延を防ぐためにも、返済にあてるお金を確実に用意する必要があります。

 

その方法のひとつに、給料日後に支払日を設定するという方法があります。

多くのカードローン会社は、支払日を希望日に設定することが可能です。

 

また、手続きに時間がかかることもありますが、あとで支払日を変更することができる場合もあります。

 

転職をして、給料日が変わったときは転職先と一緒に、支払日の変更について連絡をするようにしましょう。

 

給料日後に返済日を設定すれば、支払いを忘れてお金を使ってしまうという事態を避けることができます。

 

そして、返済したあとのお金は自由に使うことができるので、気持ちにゆとりを持つこともできるでしょう。

確実にお金を用意するには、支払いに当てるお金を優先的に確保できる体勢を整えることが大切ですよ。

4.早めにカードローン会社に相談する

支払いの遅延が発生しそうになった段階で、早めにカードローン会社に相談をすることも重要です。

そうすることで、カードローン会社との信頼関係を保つことができます。

 

仮に、友人にお金を貸したとして、何も連絡がないまま返済されなかったら信用できなくなりますよね。

 

しかし「返済日を忘れてしまったから、明日必ず振込む」と謝罪されれば、腹が立っていたとしても、信じて待つということができるでしょう。

 

カードローン会社は企業ですが、信用を担保にお金を融資しています。

そのため、信用を無くすような行為は絶対に避けるべきです。

 

また、支払いができなかったことを連絡しても、怒鳴られたり責められたりすることは、まずありません。

ただ、どのように返済を行っていくかを利用者に確認します。

 

また、返済ができない状態の場合も、カードローン会社に連絡をしましょう。

担当者が返済方法の相談に載ってくれます。

 

遅延を放っておいて、督促の電話がかかってきてから事情を説明するのでは、相手の心証を悪くします。

これからの利用のことも考えて、遅延が発生しそうになったら、まずはカードローン会社に早めに連絡をするようにしましょう。

確実な返済でトラブルを防ごう

テレビや広告でも宣伝され、広く知られるようになったカードローンですが、無計画に利用をすると借金が増え、返済が困難になってしまうこともあります。

 

借金が増える要因になるのが、遅延損害金です。そして、その多くが1度の遅延から始まっています。

 

遅延を続けていると、遅延損害金が増えるだけではなく「早く返さなければいけない」「督促が怖い」など、不安な精神状態を余儀なくされることも考えられます。

 

だからこそ、遅延損害金を発生させないように気を付けなければなりません。

 

支払いを遅延しないためには、まず自分の返済能力を超えたカードローンの利用はしないことです。

お金が無くなったら借りればいい」という考えは、借金が常態化してしまいおそれがあり、とても危険です。

 

そして、うっかり返済できなかったという事態を避けるために、返済日を忘れずに管理することも大切になります。

 

遅延損害金のようなトラブルを防ぐためには、確実な返済が基本であり重要です。

 

そして、万が一返済が遅れそうなときには、カードローン会社に相談をすることが大切です。

相談をすることで、返済計画を見直すことができるかもしれません。

 

使い方を間違えなければ、とても便利で困ったときの救世主になるカードローンですから、計画的に利用し、きちんと返済をしていきましょう。

 

まとめ

遅延損害金は金銭面でのペナルティだけではなく、個人の信用面にも悪い影響を与えます。

 

お金がかかるぐらいなら少しぐらい遅れてもいいや・・・」と甘く考えてないようにしましょう。

 

また、月々の返済額が支払えない場合は「借り換えローン」や「おまとめローン」で返済の負担を減らすことができるかもしれませんし、最終手段として債務整理という方法もあります。

 

計画性を持って期日までに返済できるように、自分のお金の管理を見直して遅延損害金を発生させないようにしましょう!

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。