福岡銀行カードローンのメリット・デメリットを確認しよう!

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

福岡銀行には「福岡銀行カードローン」というローンがあります。このカードローンは、主に九州地方に居住・勤務している人を対象としたローンで、「利用限度額が高め」「利率は手ごろ」などのメリットも多いカードローンです。

 

そこで、福岡銀行カードローンとは具体的にどのようなローンなのかについて紹介します。まず、特徴申し込み条件・方法について説明した後、便利な使い方お得な返済方法について解説します。

 

また、福岡銀行カードローンのメリット・デメリット、福岡銀行が発行している他のローンについても詳細に解説します。

 

カードローンは、自分に合ったタイプのもので、なるべく利息を少なくできるカードを選ぶことが重要です。

早めの完済を目指すためにも、カードローンを選ぶ際はその特徴をしっかり確認するようにしましょう。

 

Contents

福岡銀行カードローンってどんなカード?

福岡銀行カードローンは、福岡銀行が発行しているカードローンです。利用するためには次の条件を満たす必要があります。

 

  • 20歳以上69歳以下で、収入がある人(アルバイト・パートの方も可)
  • 保証会社の保証が受けられる
  • 居住地および勤務先が九州・山口であること、または福岡銀行の普通預金口座を持っている

 

福岡銀行は、九州地方に居住、勤務している人を対象として地域密着型の金融業務を行っており、カードローンも九州・山口の居住者、勤務者を対象としています。

 

来店不要、口座不要で利用できる

福岡銀行カードローンは、申し込みをするのにわざわざお店に行かなくても、PCスマートフォンからインターネットで申し込みを完結させることができます。

 

また、口座引き落とし型ではなく、直接入金型で利用する場合は、福岡銀行の口座を持っていなくても申し込み可能です。

 

福岡銀行の口座があれば3ステップで申し込み完了

福岡銀行に口座があれば、PCやスマートフォンから「申し込み・審査・カード発行」の最短3ステップで申し込みをすることができます。

 

なお、口座を持っていない人でも、PCやスマートフォンから申込書をダウンロードし記入することで申し込みが可能です。

 

選べる借り入れ・返済方法

福岡銀行カードローンは、いつでも近くの銀行、コンビニATMで簡単に借り入れ、返済ができます。

 

また、「口座引き落とし型」と「直接入金型」の2つの返済方法が選べるので、自分に合った方法で月々の返済をすることができるため便利です。

 

最高限度額は1000万!利率も手ごろ

福岡銀行カードローンの利用限度額や金利についてみていきましょう。

 

福岡銀行カードローンの利用限度額と利率

福岡銀行カードローンの最高限度額は1,000万円です。500万円や800万円を限度額としているカードローンと比べるとかなり高額であることが分かります。

 

また、利率は利用限度額に応じて年3.0~14.5%に設定されます。

 

そもそも利率とは何か

利率とは、利息を計算するために使われる割合のことです。

 

利息は、イメージとして、借りた側が貸してくれた側に対し、お金を一定期間貸してくれたことについてのお礼として追加で支払うお金のことです。

 

もっとも、借りたほうとしてはあまり余計な利息を支払わずに済むほうがお得なので、なるべく利率の低いローンを選んだほうがメリットはあります。

 

その点、福岡銀行カードローンは手ごろな利率なので使いやすいローンといえるでしょう。

 

なぜ福岡銀行カードローンの利率が手ごろといえるか

一般的に、大手銀行カードローンの金利は中小の消費者金融のローンよりも低めに設定されており、大体1.9~14.5%です。

 

福岡銀行カードローンの上限金利は14.5%なので、大手銀行カードローンとほぼ同じくらいです。

 

したがって、福岡銀行カードローンの利率も決して高くはなく、手ごろであるといえるでしょう。

 

福岡銀行に口座がなくても契約できる

福岡銀行カードローンは、福岡銀行に口座を持っていなくても申し込むことが可能です。

口座を持っていない場合は、「直接入金型」を返済方法として選択することになります。

 

「直接入金型」とは、返済を口座引き落としではなく、カードローン口座へ直接入金する方法です。

 

ただし、口座引き落としで返済をしたい人は、申込時に福岡銀行口座を開設する必要があるため注意が必要ですよ。

 

福岡銀行カードローンのメリット

福岡銀行カードローンのメリットにはどのようなものがあるか紹介します。

 

最高限度額の大きさ

福岡銀行カードローンの最高限度額は1,000万円と高額なので、大きな借り入れをしたいときに便利です。

もっとも、必ず最高限度額で通るとは限らない点に気を付けましょう。

 

金利が手ごろ

福岡銀行カードローンの上限金利は14.5%であり、大手銀行カードローンの平均くらいです。

 

決して高い金利ではないので、利息を少しでも抑えたい人にとってはメリットのあるカードローンといえるでしょう。

 

申し込みが簡単

福岡銀行に口座を持っている人ならば、スマートフォンから必要書類をアップロードするだけで簡単に申し込めます。

申込書の記入や印鑑が不要なので、手軽に申し込める点が魅力です。

 

福岡銀行カードローンのデメリット

福岡銀行カードローンのデメリットを挙げるとすると、次のようなものがあります。

 

申し込みできる条件

福岡銀行カードローンは、他の大手銀行系カードローンと異なり、「九州地方または山口に居住、勤務している人」または「福岡銀行に口座を持っている人」でないと申し込めないという条件があるのがデメリットです。

 

即日融資は不可能

福岡銀行カードローンは、申し込んでから最低5~7日程度の審査期間を経てから契約となります。

したがって、即日融資はできません。

 

「今すぐにでも借りたい」という人にとってはデメリットといえるでしょう。

 

急いでいる人は、即日融資のカードローンを検討してみましょう。

口座を持っていないと郵送手続き必須で時間がかかる

福岡銀行カードローンは、口座を持っていなくても申し込みはできます。

 

しかし、口座を持っていないと契約の際に郵送手続きをしなければならないため、利用開始まで時間がかかる点はデメリットになるでしょう。

 

銀行カードローンで即日融資できない理由

先ほどデメリットでも挙げた通り、福岡銀行カードローンは即日融資には対応していません。

 

なぜなら、2018年1月からマネーロンダリング対策を強化という観点から、審査の際に警視庁のデータベースへの照会という手続きが増えたことが理由です。

 

福岡銀行カードローンでなるべく早く融資を受けたい場合は、キャッシュカードありでWEB申し込みをするのが最も早く融資を受けられる方法となります。

 

申し込み後に審査が行われ、約1週間~10日程度で振り込み融資が可能です。

もっとも、審査の状況によっては3週間程度かかる場合もあります。

 

福岡銀行カードローンで借り入れを考えているのであれば、時間的余裕を持って申し込む必要があるといえるでしょう。

家族や周囲にばれずに契約できる?

カードローンを利用しているという事実は、できれば家族や周囲の人に知られたくないものです。

 

福岡銀行カードローンはWEBで申し込みができますが、カード発行は郵送のみです。

窓口や自動契約機で対応してくれるということはありません。

 

もっとも、福岡銀行側も、利用者がカードローン契約の事実を周囲に知られないよう配慮しています

 

カードが郵送で届く際には、中身がカードだと分からないようにした形で届くようにしています。

カードローンに申し込める条件とは?

福岡銀行カードローンに申し込むためには条件があります。誰でも申し込めるというわけではありません。

ここでは、その条件について説明します。

 

年齢

福岡銀行カードローンに申し込むことができる年齢は、20歳以上69歳以下です。

これ以外の年齢の人は、家族や自身に収入があったとしても、申し込むことができません

 

居住地および勤務地

九州地方に拠点を置く銀行である福岡銀行ならではの条件ですが、カードローンを申し込めるのは居住地および勤務先が九州か山口の人という条件を掲げています。

 

もっとも、九州か山口に居住、勤務していない人でも、福岡銀行の普通預金口座を持っていて他の条件も満たしている人ならば申し込み可能です。

 

申し込み方法と審査にかかる期間について

福岡銀行カードローンは、口座を持っている場合と持っていない場合とで申し込みの流れが異なります。

福岡銀行に口座を持っている場合

福岡銀行に口座を持っている場合は、まず、PC・スマートフォンで申し込みをします。

 

この段階で、必要書類をアップロードで提出します。

提出後5~7日程度で書面および電話で審査結果が届きます。

 

審査の状況によっては3週間程度かかることもあるので、急いでいるときなどは注意しましょう。

 

審査に通ったら、電話で契約内容を確認後、カードが発行されます。

 

福岡銀行に口座を持っていない場合

福岡銀行に口座を持っていない場合でも、PC・スマートフォンから申し込むことができます。

もちろん、電話、郵送、FAX、窓口でも申し込み可能です。

 

審査結果が出るまでの期間は口座を持っている場合と同様、通常5~7日程度かかります。

 

審査に通ると、契約手続きとなり、契約書への自署捺印をして提出します。

契約手続きは原則郵送のみです。その後電話で契約内容の確認があり、カードが発行されます。

 

銀行のカードローンはどうしても審査にある程度時間がかかるものです。最短でも1週間程度の期間が必要であることを念頭に入れておきましょう。

カードローンの申し込みに必要な書類

福岡銀行カードローンに申し込み、利用を開始するためには、次の必要書類を提出する必要があります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

それぞれどのような書類を提出すればよいかについて説明します。

 

本人確認書類

カードローンを利用するためには、申込者の本人確認が必須です。

したがって、本人の名前、住所、生年月日が確認できる書類を提出しなければなりません。

 

本人確認書類は、原則として、運転免許証パスポートマイナンバーカードのいずれかを提出します。

 

収入証明書類

福岡銀行カードローンの利用限度額が50万円を超える場合には、収入を確認する資料が必要になります。

 

給与所得者の場合は、所得証明書源泉徴収票給与明細のいずれかが必要です。

自営業者の場合は、納税証明確定申告書のいずれかが必要となります。

 

本人確認書類に不備があると申し込みできませんので、必要書類は事前にきちんと準備するようにしましょう。

 

収入証明書について詳しく知りたい場合は、こちらのページをご覧ください。

審査が通らない場合に考えられる理由

福岡銀行カードローンの申し込み条件に沿っていても、審査が通らない場合があります。審査に落ちてしまう理由として挙げられるのは、主に次の5点です。

  1. 他社の借り入れが多い
  2. 年収に対して希望額が大きい
  3. 書類に虚偽がある
  4. 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社で事故歴がある
  5. 信用情報に事故歴がある

 

このような事情があるとなぜ審査に落ちてしまうのか、その理由について解説します。

 

他社の借り入れが多い

福岡銀行カードローン以外の他社からも借り入れがあり、その件数が多いと審査落ちの対象となる可能性があります。

他社からの借入件数が多いということは、それだけ借金の額が多いということです。

 

銀行からすると、他社から何件も借金をしているような人がきちんとローンを返済しているのかどうか信用しづらいことになります。

 

もし、他社の借り入れが多い人でどうしても福岡銀行カードローンも利用したいという場合は、少しでも他社からの借り入れを減らすよう努力しましょう。

 

あくまで目安として、すでに3社以上の借り入れをしている場合は審査に通りにくいと覚えておきましょう。

年収に対して希望額が大きい

自身の年収に対して希望融資額が大きいと判断されると、審査に通らない場合があります。

 

カードローン申し込みの条件として「収入」が挙げられていることからも分かるように、審査に当たっては収入の額と安定さが重要なポイントです。

 

そうであるとすると、希望額に対してきちんと返せるだけの収入がなければ審査落ちの対象となる可能性が出てきます。

 

カードローンを利用する際は、あらかじめきちんと返済計画を立て、自身の年収に見合った分の借り入れをするようにしましょう。

 

書類に虚偽がある

福岡銀行カードローンの申込時には申込書に必要事項を記入して提出します。

名前、住所、電話番号など、間違いがないようにしっかり確認してから提出しましょう。

 

また、絶対にしてはいけないのが虚偽の勤務先を記入しているというケースです。

 

カードローンの審査においては、銀行側から申込者の勤務先に在籍確認の電話があります。

 

申込者からすると自分がカードローンに申し込んだことを勤務先に知られるのが嫌で、勤務先をいい加減に書いてごまかすというケースがあるようです。

 

しかし、カードローン審査における本人確認の電話は、ローン会社や銀行からの電話であることが分からないように個人名を使うなどの方法によって行われます。

 

これは福岡銀行カードローンの場合も同様です。カードローンに申し込んだことが勤務先に知られないよう工夫がされているので、安心して勤務先を正確に書くようにしましょう。

 

保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社で事故歴がある

福岡銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

 

過去にSMBCグループのクレジットカードで支払い遅延があったり、SMBCのカードローンで支払い遅延が繰り返されたりするなどの事故があると、その情報はすべて福岡銀行カードローンにも共有されます。

 

保証会社で事故があるということは申込者の信用性を疑わせるに十分といえるでしょう。

したがって、SMBCグループで事故歴があると審査に通るのは難しいかもしれません。

 

信用情報に事故歴がある

カードローンの審査において金融業者は、信用情報機関に登録されている信用情報を参照しながら融資できるかどうかを判断しています。

 

信用情報とは、申込者のクレジット利用やローン契約、支払いの事実についての情報で信用情報機関に加盟している金融業者間で共有されます。

 

過去に複数のローンで支払い遅延がある」「クレジットや家賃、携帯電話の支払い遅延を繰り返したことがある」などの事故歴もすべてローン会社に共有されるので、事故歴が多いと当然ローン審査に響くでしょう。

 

自分の信用情報がどのように記録されているか気になる場合は、信用情報機関に情報開示請求することができます。

 

不安な人は、カードローンに申し込む前に一度情報開示してもらうのもよいでしょう。

契約してからの実際の利用方法とは?

福岡銀行カードローンとの契約が成立すると、福岡銀行の口座を持っている場合は振り込みで融資を受けられます

 

これは初回借入のときのみで、2回目以降はローンカードを使用してATMで引き出しして借り入れをすることになります。

 

ATMを利用する場合は、福岡銀行のATMとコンビニATMの両方で借り入れ可能です。

 

どちらもローンカードをATMに挿入して画面の案内にしたがって操作するだけなので、好きなときに簡単に借り入れできますよ。

福岡銀行カードローンの返済方法

福岡銀行カードローンの返済方法には「口座引落型」と「直接入金型」の2つの方法があり、どちらで返済するか選べます。

 

口座引落型

口座引落型は、文字通り、銀行口座から月々引き落とされることにより返済する方法です。

 

直接入金型

直接入金型は、自分の口座から引き落としてもらうのではなく、直接お金を福岡銀行に入金することによって返済する方法をいいます。

 

入金は近くの福岡銀行ATMまたはコンビニATMですることができ、気が向いたときに返済が可能です。

 

福岡銀行に口座を持っていない人でも、直接入金型の返済方法を選ぶことでカードローンに申し込むことができます。

 

随時返済できるから早期の完済が可能

福岡銀行カードローンは、随時返済が可能なため、自主的に随時返済をすることで早期の完済が可能となります。

 

ここでは、「随時返済とは何か」という「随時返済をするとなぜ早めに完済できるのか」というについて解説していきましょう。

 

随時返済とはどういう返済方式?

随時返済とは、月々の決まった額の返済(約定返済)とは別に、利用者が任意の金額で繰り上げ返済する方法をいいます。

 

ボーナスなどの臨時収入があったときなどによく使われる方法です。

カードローンの早期完済を目指すためには、この随時返済をこまめに取り入れることが重要です。

 

随時返済がなぜカードローンの完済を早めるかというと、元金が減ることにともない利息を減らすことができるからです。

 

毎月決まった額を返済する約定返済は、月々の最低金額を返済しているにすぎません。

 

返済金額は「元金+利息」に充当されるので、元金が大きいと利息を減らすだけで精一杯になってしまい、なかなか元金を減らすことができなくなってしまうのです。

 

しかし、随時返済をこまめに取り入れることで、一度に返済できる金額が大きくなるため、返済額すべてを元金に充当することができます。

 

また、元金を早めに減らすことができればその分かかる利息も減るため、トータルの返済額も減らすことができるのです。

 

以上のことから、随時返済をすることによって、完済を早めることができるといえるでしょう。

随時返済の注意点は?

随時返済をするにあたっては注意点もあります。

 

それは、たとえどれだけ随時返済で多めに返済したとしても、約定返済も毎月必ずしなければならないということです。

 

随時返済で多めに返済しすぎたために、お金が足りなくなって約定返済ができなかったということになると、遅延損害金が発生してしまいます。

 

また、信用情報にも事故歴として記録が残ってしまう可能性もあるため注意が必要ですね。

 

返済にあたっては、約定返済を基本として、あくまでお金に余裕ができたときに随時返済を取り入れるようにしましょう。

残高スライド返済方式を知っておこう

福岡銀行カードローンをはじめ、多くのカードローンやクレジットカード会社では「残高スライド返済方式」というという返済方法を採用しています。

 

計画的な返済をするためにも、この「残高スライド返済方式」というについて知っておきましょう。

 

残高スライド返済方式とは何か

残高スライド返済方式とは、利用者の残高にあわせて毎月の返済金額をスライドさせていくという仕組みをいいます。

 

毎月決まった額を返済するリボルビング方式だと、利息ばかり増えて元金がなかなか減らないという点がデメリットです。

 

このデメリットを解消するため、採用されているのが残高スライド返済方式といえるでしょう。

 

残額スライド返済方式で気を付けたい点

残高スライド返済方式の特徴は、借入残高が多いとその分返済額も多くなるという点です。

反対に、残高が減ると返済額も減少します。

 

残高が少ないときは返済額も少なくて済むというと負担も少ないように見えますが、返済金がなかなか元金に回りづらいという点がデメリットです。

 

残額スライド返済方式で返済する場合はこういった点も念頭に置きながら返済計画を立てましょう。

 

一週間借りた場合の利息はどれくらい?

実際に、福岡銀行カードローンでお金を借りた場合の利息を計算してみましょう。

 

仮に1万円を1週間だけ借りた場合を想定すると、10万円×金利14.5%×7日÷365日という計算式になり、利息は約278円となります。

 

14.5%という金利は福岡銀行カードローンの上限金利なので、借入限度額によってはもう少し低くなる場合もあります。

 

カードローンは、借入限度額が高くなればなるほど金利は下がる傾向です。

しかし、最高限度額まで限度額の幅を広げるためには、平均よりもかなり高収入であるなどの信用性が要求されます

 

必ずしも、自分の希望する金利で借りられるわけではないことに注意しましょう。

カードローンTHE FIRSTとは?

カードローンTHE FIRST」とは、福岡銀行が発行しているカードローンの一つです。

 

福岡銀行の住宅ローンを借り入れ中もしくは借り入れ予定の人か、または年収400万円以上の人限定のカードローンです。

 

本ローンを利用するためには他にも、借入時の年齢が満20歳以上60歳以下保証会社の保証が受けられるという条件をすべて満たす必要があります。

 

通常の福岡銀行カードローンと比べて、より高収入の人を対象としたカードローンといえるでしょう。

 

利率は年3.0~8.0%、利用限度額は50万~1,000万円となっています。

 

THE FIRSTのメリット・デメリット

福岡銀行で発行しているカードローンTHE FIRSTのメリットとデメリットについてそれぞれ紹介していきます。

カードローンTHE FIRSTのメリット

カードローンTHE FIRSTのメリットは、何といっても利率の低さでしょう。

 

通常の福岡銀行カードローンの上限金利が年14.5%であるのに対し、カードローンTHE FIRSTの上限金利は年8.0%です。

 

他の大手銀行カードローンの平均的な上限金利が14%~14.5%であることをふまえても、年8.0%はかなり低い利率であることが分かるでしょう。

 

また、利用限度額も最高1,000万円と高額で、使い道も自由です。

旅行や冠婚葬祭などのさまざまなシーンで活用することができます。

 

他にも、「WEBで簡単に申し込みができる」「借り入れ」「返済はコンビニATMで気軽にできる」といったメリットもあります。

 

カードローンTHE FIRSTのデメリット

カードローンTHE FIRSTは、福岡銀行の住宅ローンを借り入れ中もしくは借り入れ予定の人か、または年収400万円以上の人でないと申し込みできません。

 

通常の福岡銀行カードローンよりも申し込み条件が厳しいので、誰でも気軽に申し込めるカードローンとはいいづらいでしょう。

 

教育カードローンとはどんなカード?

福岡銀行では、進学を予定している子どもを持つ保護者のために、教育カードローンを発行しています。

利用できるのは、以下の条件をすべて満たす人です。

  • 借入時の年齢が60歳以下
  • 高校、高専、専門学校、大学・大学院に在学、または進学が決定している子どもの保護者(高校進学が推薦等で決まっている場合に限り中学3年生の1月から申し込みが可能)
  • 安定した収入がある
  • 保証会社の保証が受けられる 

 

利用限度額は最大1,000万円と高額であることが特徴です。

また、ATMで10万円単位の借り入れが可能なので、必要なときに好きなタイミングで借りることができます

 

返済についても、自動引き落としの他に専用のローンカードを使ってATMから随時返済が可能です。

 

教育カードローンのメリット・デメリット

教育カードローンにはどのようなメリット・デメリットがあるのかみていきましょう。

教育カードローンのメリット

福岡銀行の教育カードローンの大きなメリットは、子どもの在学中の返済は利息のみでいいという点です。

 

毎月の返済日に、前月分の利息が返済用口座から引き落とされることになります。

 

この期間は、子どもの最終就学予定学校の卒業予定年月にプラスして1年、最長8年3カ月継続できます。

 

また、WEBで申し込むと、利率が年3.9%になります。郵送や店頭で申し込んだ場合の利率は年4.5%なので、WEBで申し込むと0.6ポイント利率を下げられるメリットがあります。

 

教育カードローンのデメリット

教育カードローンの利用限度額は最大1,000万円ですが、すべての人が1,000万円まで借り入れできるというわけではありません。

 

本ローンの利用限度額は利用者の年収の50%までとなっています。

したがって、年収の高い人でないと高額借り入れができない点で注意が必要です。

 

まとめ

福岡銀行カードローンは、利用限度額が1,000万円までと従来よりもアップし、大きな出費にも対応できるところが魅力です。

また、利息についても、上限金利が14.5%なので一般的で手ごろだといえるでしょう。

 

他にも、「スマートフォンからWEBで簡単に申し込める」「必要書類が少ない」といったメリットもあります。

 

「九州地方に居住・勤務している」「福岡銀行に口座を持っている」などの条件もありますが、他のカードローンと使い分けるなどして、うまく活用していきましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。