広島銀行カードローンの魅力とは?6種類のカードローンがあります

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

広島銀行は、広島県広島市中区に本店があります。

通称は「ひろぎん」として、地域の多くの人に利用されている地方銀行です。

 

広島県内だけでなく、山口県や岡山県、大阪府、兵庫県などにも支店があるため、県外に住んでいながら広島銀行を利用している人も多いかもしれません。

 

そんな広島銀行では、カードローンを6種類も取り扱っています。

ラインナップが豊富なので、ライフスタイルや職業、使用用途、融資希望金額などに合わせて選ぶことができるのが魅力です。

 

今回は、それぞれのカードローンの特徴やメリット、申し込み方法などをご紹介します。

 

広島銀行カードローンの種類

マイライフプラス

「マイライフプラス」働く人を応援するカードローンです。

アルバイトやパートが申し込むことはできず、会社員などの安定した収入がある人を対象としています。

 

融資金額は10万円以上1000万円以内で、10万円単位の借入が可能です。

金利は変動金利型で、年2.475%~13.975%です。

ハローローンワイド

「ハローローンワイド」主婦やアルバイト、パート、年金受給者申し込むことができます

 

10万円単位で借りることができ、融資金額は10万円以上500万円以内です。

 

申し込みの間口が広い代わりに「マイライフプラス」と比べると融資金額の上限が少なくなっています。

金利は固定金利型で、年7.5%~14.6%です。

スーパーカードローンVIP

「スーパーカードローンVIP」は、最大融資金額が大きく、最低金利が低いのが特徴の大型ローンです。

 

融資金額は10万円以上1000万円以内で、10万円単位で借入できます。

金利は固定金利型で、年3.00%~14.00%です。

総合口座プラス30

30万円以内の少額の融資を対象としたものが「総合口座プラス30」です。

 

融資金額は10万円、20万円、30万円からいずれかを選びます。

金利は変動金利型で、年9.125%または9.625%です。

2つの公務員向けカードローン

最後にご紹介する2つのカードローンは職業限定で、公務員を対象としたものです。

 

そのうちの1つが「公務員カードローン」で、融資金額は50万円、100万円、200万円、300万円からいずれかを選べます。

金利は変動金利型で、年2.475%~4.225%非常に低いのが特徴です。

 

「ミニ公務員カードローン」も公務員専用のカードローンで、少額の融資を対象としています。

融資金額は10万円、金利は変動金利型の年3.725%で、こちらも低めの金利が魅力の商品です。

 

カードローンの貸付条件

マイライフプラスとハローローンワイド

  • 継続した安定収入があること
  • 指定の保証会社の保証を受けられること

 

上記の2は共通していますが、それぞれの違いは「マイライフプラス」アルバイトやパートが申し込むことはできないことです。

 

また「マイライフプラス」満20歳以上65歳以下が対象なのに対して「ハローローンワイド」満20歳以上65歳未満の人が対象です。

スーパーカードローンVIP

  • 定例年収のある人
  • 指定の保証会社の保証を受けられること
  • 満20歳以上69歳以下

 

次に、最大融資金額が大きい「スーパーカードローンVIP」定例年収のある人が対象で、収入があってもアルバイトやパートは申し込むことができません。

総合口座プラス30

  • 税込み年収が120万円以上であること
  • 指定の保証会社の保証を受けられること
  • 満20歳以上73歳未満

どれも指定の保証会社の保証を受けられることや安定した収入があることなどが条件として挙げられています。
借りたお金をきちんと返せるかどうか、つまり返済能力があるかどうかが重要視されているんですね。

カードローンの選び方は?

広島銀行のカードローンを申し込もうと思っても、6種類もあるのでどれが良いのかわからず迷ってしまうかもしれません。

最適なカードローンの選び方を知って、自分に合ったものを選択しましょう。

会社員や個人事業主に向いているのは?

まず、会社員や個人事業主なら「マイライフプラス」または「総合口座プラス」を選ぶことができます。

 

それ以外の「ハローローンワイド」や「スーパーカードローンVIP」と融資可能な限度額や貸付条件はそれほど変わりませんが、金利が低いのでメリットが大きいでしょう。

 

30万円を超える融資を希望するなら「マイライフプラス」、30万円以下であれば金利の低い「総合口座プラス30」を選びます。

公務員なら、金利が優遇されている!

公務員であるなら、公務員専用のものを選びましょう

「公務員カードローン」または「ミニ公務員カードローン」のどちらかです。

 

安定した収入があり信用度の高い職業である公務員専用のローンは、かなり優遇された金利に設定されています。

公務員であるなら、このメリットを活用して借入をしましょう。

 

融資金額に応じて、50万円以上の融資を希望するときは「公務員カードローン」、少額の融資であればより金利の低い「ミニ公務員カードローン」がおすすめです。

アルバイトや主婦に向いているのは?

アルバイトやパートであれば選択肢は「ハローローンワイド」です。

「ハローローンワイド」なら、主婦でも申し込みは可能です。

 

税込年収が120万円以上であるなら、それに加えて「総合口座プラス30」も選択肢に入れられます。

 

公務員以外の人で借入額が少ないなら、「総合口座プラス30」を選ぶのが良いでしょう。

限度額が30万円と低い代わりに、金利は10%未満とかなり安くなっています。

自分がどれほど借入したいかを考え、その金額に応じて金利を比較しながら選ぶと最適なカードローンが見つかるでしょう。

広島銀行のカードローンを利用するメリット

低金利で利用できる

広島銀行のカードローンは、銀行カードローンならではの比較的低金利なことがメリットです。

 

特に「マイライフプラス」や「総合口座プラス30」は銀行カードローンのなかでも金利が低いのが特徴です。

 

大きい金額の融資を受けるときや返済期間が長くなるときには、金利によって返済金額が大きく変わることがあるのでこのメリットを実感しやすいでしょう。

 

借り入れ可能な限度額が高い

借入可能な限度額が高いこともメリットとして挙げられます。

 

「マイライフプラス」と「スーパーカードローンVIP」は、どちらも限度額が1000万円です。

少額の融資はもちろん、まとまった金額を借入したいときにも活用できます。

 

コンビニATMの利用がしやすい

コンビニのATMを利用しやすいというメリットもあります。

広島銀行は提携ATMの数が多いので、広島県内だけでなく全国のほとんどのコンビニで利用可能です。

 

最後に挙げるメリットは、6種類のすべてのカードローンがインターネットで申し込み可能なことです。

 

広島銀行の店舗にわざわざ足を運ぶ必要はなく、自宅にいながらパソコンやスマートフォンなどを使って申し込みができます。

 

Web完結申し込みが可能

さらに「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」ではWeb完結申し込みが可能です。

 

申し込みだけでなく本契約もインターネットで行うことができ、借入はATMで手続きができます。

 

ただし、借入金額が50万円を超える場合は、web申し込みは仮申し込みとなり、その後の契約は郵送または店舗で行う必要があります。

 

必要書類は何がある?

  • 身分証明書類
  • 収入証明書(50万円を超える借入希望額の場合のみ)
  • 職員証または共済組合員証(公務員の場合のみ)

 

広島銀行のカードローンは、パソコンやスマートフォンを使ってweb完結で申し込みをする場合には、書類の提出は不要です。

 

web完結申し込みを利用せずに店舗や郵送で手続きをする場合は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

 

また、ローン申込書や個人情報取り扱いに関する同意書に記入し、提出しなければなりません。

 

web申し込みなら、インターネット上で個人情報の取扱い方針に同意し、ローンの申し込みフォーマットに入力することができるので、これらの書類を提出する必要はないのです。

50万円を超える金額を借りたいなら、収入証明書類が必要!

利用限度額が50万円を超える場合や、審査の結果必要と判断された場合には、申し込み方法に関わりなく収入証明書類が必要になります。

源泉徴収票や住民税決定通知書、確定申告書など収入を証明できるものを用意しましょう。

収入証明書についてはこちらの記事で解説しています。
50万円を超えるお金を借りたい人は要チェックですよ!

申し込むときの注意点

web完結で申し込みたい場合、広島銀行の普通預金口座が必要

まず、web完結で申し込みをするには、広島銀行の普通預金口座を持っていなければなりません

 

web完結申し込みができるのは便利ですが、対象となるのはすでに広島銀行の口座を持っていて、かつ借入額が50万円以下の場合であることを覚えておきましょう。

 

分割返済型はフリーローン商品になっている

申し込みの際には、カード型と分割返済型から選びます。

分割返済型はカードローンではなく、一度のみの借り入れとなるフリーローン商品となっています。

 

カード型と分割返済型では金利や借入限度額などが少し異なりますが、大きく異なるのは返済方法です。

 

カード型の返済金額や返済期間が比較的自由であるのに対し、分割返済型は毎月決まった金額を返済していきます。

そのため、借入をしたときに完済までの期間はすでに決められているのです。

 

臨時収入があった月に多めに入金して完済までの期間を短くしたり、余裕のない月の入金を少なくしたりすることはできません。

自由な借り入れや返済方法のカードローンを申し込みたいのであれば、カード型を選択しましょう。

カードローン申し込みの流れ

申し込み

広島銀行のカードローンをweb完結で申し込む場合は、まずパソコンやスマートフォンなどで広島銀行のホームページにアクセスし、画面の指示に従って操作することで申し込みをすることができます。

 

商品の内容と手続きの流れを確認したら、本審査の申し込みです。

個人情報の取り扱い、ひろぎんローンカード規定に同意し、必要事項を入力していきます。

 

必要事項は名前や住所、生年月日のほか、家族構成や他の金融機関からの借入額などです。

広島銀行の口座情報や、勤務先についての情報も入力します。

 

申し込みに必要な項目の入力にかかる時間の目安は、20分ほどです。

すべて入力できたら、間違いがないか入力内容をしっかり確認してから送信しましょう。

審査と在籍確認

申し込み後は、審査と在籍確認が行われます

 

在籍確認とは、申告した勤務先に本当に在籍しているかどうか、電話をかけて確認することです。

 

審査に無事に通過した場合、審査結果を知らせる電話がかかってきます。

残念ながら審査に落ちてしまった場合は、郵送での通知となるでしょう。

契約手続き

審査に通ったら、審査結果の連絡のあとに本契約をインターネット上で行います。

専用ページを開いて契約条件に同意し、契約手続きをしましょう。

 

契約までの内容に不備がなければ、契約手続き後簡易書留郵便でローンカードが送られてきます

 

ローンカードが到着したら、そのカードを使って広島銀行や提携店舗のATMにて借入が可能です。

申し込みからローンカード受け取りまでに最短でも1週間程度はかかります。

審査に落ちてしまう原因

申し込んだものの、広島銀行カードローンの審査に落ちてしまうこともあるかもしれません。

審査に落ちてしまう場合には、いくつかの原因が考えられます。

他社からの借り入れ件数や金額が多い

まず、他社からの借入が多いことです。

審査では、ほかの会社からどれくらい借入をしているのかもチェックされます。

 

同時にいくつもの会社から借入をしているなら、お金に困っている人とみなされて審査落ちしてしまうことがあります。

 

ひとつの会社だけから借入している場合でも、年収に対して借入金額が多すぎるようなら注意が必要です。

支払い延滞や債務整理などをした過去がある

次に考えられるのは、過去に延滞などの金融事故があることです。

 

金融事故が起きると、その情報は信用情報機関に登録されるので、ローンやクレジットカードなどの審査のときには明らかになります。

 

過去に金融事故情報があると、返済に対する意識の低い人と判断されてしまいます。

審査対象となる過去の金融事故情報は、5年ほどです。

申し込みブラックになっている

さらに、申し込みブラックになっているために審査に落ちることもあります。

申し込みブラックとは、複数のカードローンを同時に申し込むことです。

 

現在の申し込み状況も、審査でチェックされるポイントのひとつなのです。

収入が安定していない

収入の多さだけでなく、勤務先や雇用形態、勤続年数、会社の規模なども審査の対象です。

 

特に重視されるのは勤続年数で、一般的に勤続年数が長いほど離職率は低くて収入も上がりやすいため、勤続年数が長ければ審査において有利になります。

返済は長期間に及ぶことが多いので、安定した収入があるかどうか、今後もそれを見込めるかどうかは審査において重要なポイントとなるのです。

在籍確認の方法は?

職場に電話をかける在籍確認は、申し込みすべてに対して行われるわけではありません

広島銀行が必要だと判断した場合にのみ行われます。

 

広島銀行では原則、広島銀行と名乗って電話がかけられます。

とはいえ「広島銀行のカードローンを申し込んだため」などと内容が明らかにされることはありません

審査で勤務先に在籍確認をされてしまう可能性がありますが、カードローンの申し込みがバレないように配慮してくれるので安心ですね。

即日融資は可能?

できるだけ早く融資を受けたい、可能なら即日融資をしてほしいという急ぎの場合もあるでしょう。

広島銀行のカードローンでは、残念ながら即日融資を受けることはできません

 

ローンカードを手にしてから借入が可能になるため、審査に通過してもローンカードが届くまで待たなければなりません。

 

ローンカードの郵送に時間がかかるため、即日融資を受けることはできないのです。

申し込みが受理されてから融資まで、通常7日程度かかります。

銀行カードローンは即日融資ができないのです。急ぎの方であれば消費者金融カードローンを考えてみましょう。

広島銀行カードローンの借入方法

広島銀行の借り入れ方法は、カードローンの種類によって異なります。

 

基本的には、広島銀行のATMまたはコンビニなどの提携ATMから、ローンカードを使って借入しますが、「マイライフプラス」と「総合口座プラス30」の場合は少し使用が違います。

マイライフプラスの場合

「マイライフプラス」であればATMだけではなく、インターネットバンキングでの手続きが可能です。

自宅にいながら借入ができ、土曜日や日曜日の深夜・早朝など一部の時間帯を除いて即時入金をすることができます。

 

さらに、電話による振り込み融資にも対応しているので利便性は高いでしょう。

総合口座プラス30の場合

「総合口座プラス30」はATMからの借入ができず、自動融資のみとなっています。

 

口座の預金残高がマイナスとなったときに、自動で融資が行われます。

口座に預金残高がある状態では、融資を受けることができません

 

クレジットカードや公共料金などの引き落としにより口座の預金残高が0円を下回ったときに、自動的に借入となります。

 

カードローンの返済方法

カード型の場合

「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」のカード型は、約定返済日である毎月7日に広島銀行から引き落としされます。

 

7日が休日の場合は、翌営業日の引き落としです。

返済金額は、借入金額などにより審査で決定します。

直接返済カード型の場合

「ハローローンワイド」の直接返済カード型は、借入残高に応じた返済額を毎月、約定返済日までにATMで入金して返済します。

総合口座プラス30の場合

「総合口座プラス30」の場合は、毎月の返済義務がありません。

口座に入金することが返済となり、預金残高が0円以上となったときに完済となります。

 

借入をしている間は、利息は1日ごとに発生し、年に2回その分が引き落としされます。

返済忘れを防ぐために、給与の受け取りなどを広島銀行に指定しておくと良いでしょう。

公務員専用カードローンの場合

公務員専用の2つのカードローンも、返済方法は口座への入金です。

このほか、ローンカードを使って随時ATMで返済することもできます

 

まとめ

広島銀行のカードローンは種類が豊富にあるため、自分の職業や希望する融資金額、金利などを考慮して選びましょう。

 

各商品によって借り入れ方法や返済方法が異なるため、使いやすさを重視して選ぶこともできます。

 

それぞれのカードローンを比較して、自分に合ったカードローンを選んで活用できるといいですね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。