北海道銀行のカードローンに申し込もう!金利や貸付条件はどうなる?

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

北海道銀行は北海道内にある銀行のなかでも事業規模が大きく、地元の人たちから親しまれている地方銀行です。

 

カードローンも利用できるため、北海道銀行のカードローンを契約しようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

北海道銀行には、ラピッドというカードローンがあります。

ラピッドと言えば、早い、迅速といった意味があり、審査や融資スピードなどで、どのような特徴やメリットがあるのか気になるところですよね。

 

そこで今回は、北海道銀行カードローンの契約をしたい人に向けて、ラピッドのメリットやデメリット、金利、貸付条件などをまとめてみました

 

ラピッドの特徴や契約方法を理解して、カードローンの申し込みの際にスムーズな手続きができるようにしましょう。

 

北海道銀行のカードローンの特徴

北海道銀行カードローンには「どさんこバンク」のキャッチコピーが付けられていますが、名称は「ラピッド」です。

 

具体的にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

web完結可能

ラピッドは、申し込みから契約までインターネットの手続きのみでおこなえるのが特徴です。

わざわざ店舗に出向く必要がなく、自宅にいながら契約が完了します。

 

契約後の融資もインターネットから可能でので、パソコンやスマホで手軽に申し込みたい人は、便利なweb完結を利用してみましょう

 

いつでも申し込み可能

ラピッドは、24時間年中無休で申し込みできるのが特徴です。

一般的に、パソコンやスマホであれば、時間や曜日に関係なく申し込めるのは特別珍しいことではありませんが、ラピッドのフリーダイヤルは24時間365日対応しているため、時間帯を選ばず申し込みができます

 

申し込みしたいと思ったそのときに、すぐに電話をして相談することができますよ。

返済は月々2000円から

ラピッドの最低返済額は2,000円に設定されています。

他社のカードローンと比べてみても、少額に設定されているのが特徴です。

 

月々の返済負担を気にすることなく、借り入れできると安心ですよね。

 

返済の負担を抑えつつ自分のペースで返済したい人などは、ラピッドの利用を検討してみるとよいでしょう

 

ラピッドの金利はいくら?

ラピッドの金利は年1.9%~14.95%です。

消費者金融の最高金利の相場は18%、銀行カードローンは15%といわれています。

 

ラピッドの最高金利は消費者金融よりは下回っていますが、銀行カードローンと比較すると平均的と言えます。

 

なお、金利は借入限度額によって変わり、借入限度額は審査によって決定されるため、自分が希望する金利で契約できない場合があります。

 

ラピッドの貸付条件

年齢は?

ラピッドは、年齢が満20歳~74歳未満であれば申し込みできます。

 

一般的に、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンでも、年齢上限を60歳~65歳に設定しているところが多いのですが、ラピッドは高齢者でも申し込みできるのが強みです。

 

今まで年齢の条件を満たせずにカードローンに申し込めなかった人などは、ラピッドの申し込みを検討してみるとよいでしょう。

 

収入は?

ラピッドは、安定した収入があることを貸付条件としています。

そのため、安定した収入がないと判断された場合は融資を受けることができません

 

勤続年数が短かったり収入が少なすぎたりすると、審査に落ちる可能性が高くなるので注意しましょう。

 

反対に毎月の収入が安定していれば年収が高くなくても審査通過のチャンスはあるでしょう。

口座はなくても大丈夫?

ラピッドを利用するのに北海道銀行口座は不要です。

銀行カードローンの契約では口座開設必須なところが多いため、口座不要で手続きできるのはうれしいポイントですね。

 

カードローンのためだけに口座を開設するのは手間、ローン専用口座を作りたくないという人などは、ラピッドを利用してみるとよいでしょう。

 

ラピッドを利用するメリット

北海道銀行の口座がいらない

ラピッドは北海道銀行の口座がなくても申し込めるので、スムーズな手続きが可能です。

 

基本的に、口座開設必須なカードローンでもカードローンの申し込みと同時に口座開設手続きもおこなえますが、手続きに時間がかかるのがデメリットですね。

 

しかし、ラピッドの場合はそもそも口座を開設する必要がないので、手続きの手間も時間も節約できます。

なるべく早く融資を受けたい人にとってメリットが大きいと言えるでしょう。

 

さらに、ラピッドは北海道銀行の営業エリア内に住んでいなくても利用可能です。

 

北海道に住所がないと利用できないといった条件は設けられていないため、北海道外に住んでいても問題はありません

 

北海道外だからといって、ラピッドの申し込みをあきらめる必要はないというわけですね。

自身に収入がなくても、配偶者に安定収入があれば申し込める

ラピッドは安定した収入があることが貸付条件ですが、自身に収入がない専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があればラピッドの審査に申し込むことは可能です。

 

学生も可能

ラピッドは学生も融資の対象としています。

 

学生でアルバイト収入を得ている場合は、申し込みフォームの勤務パターンは「勤務」を選択します。

働いているので、学生であってもフリーターとして申し込めるということですね。

 

働いていない学生の場合、勤務パターンは「学生」を選択します。

ただし、学生は収入の有無にかかわらず、親の同意が必要になります。

 

親権者へ必ず電話確認が行われるので、申し込む際は事前に親に相談しておくようにしましょう。

借り入れが簡単

ラピッドは、コンビニATMが利用できるので、手軽に借り入れが可能です。

セブンイレブンやローソン、セイコーマート、ファミリーマートなど、全国のコンビニATMが利用できます

 

北海道に住んでいない人でも、近くのコンビニで借り入れができるので便利です。

 

手数料は一切無料

ラピッドのローン専用カードで手続きする際、ATM手数料は完全無料です。

 

北海道銀行ATMはもちろん、コンビニATMでも、曜日や時間帯にかかわらず手数料は一切かかりません。

 

このメリットは、ほかのカードローンではなかなかないため、手数料負担を抑えたい人にはとても魅力的なサービスと言えます。

 

借り入れは1,000円単位からとなっており、必要になったときに必要な分だけお金を引き出せるのがうれしいところですね。

 

インターネットで手続き可能

web完結で手軽に申し込めることもメリットです。

 

仕事で店舗に行く時間がない人や、県外に住んでいる人などでも気軽に申し込みができますよ。

 

ラピッドを利用するデメリット

自動引き落としは不可

返済方法はATM支払いか銀行振込のみとなっており、自動引き落としができないことが大きなデメリットとなっています。

 

自動引き落としができるカードローンの場合は、口座にお金を常に入れておけば返済日を気にする必要がありません。

 

しかし、ラピッドでは、毎月支払日までに自身で忘れずに支払いを済ませる必要があります

手間と時間がかかりますし、返済遅延の可能性も出てきます。

 

万が一、返済が遅れると、遅延損害金が発生してしまうため注意しなければなりません。

 

返済期間が長くなりやすい

ラピッドは毎月の最低返済額が2,000円からと少額です。

返済負担を減らしたい人にとってはうれしいポイントですが、返済額が少ないということは、その分完済が長引く可能性が高くなるということです。

 

利息も余分に支払わなければならないため、最終的に返済総額が増える恐れがあります。

 

この場合、積極的に繰り上げ返済をすることによって返済期間を短くすることが可能ですよ。

ラピッドの利用に向いている人

大型の融資を希望する人

ラピッドの利用限度額は最大800万円と平均的ですが、高額融資を受けるには十分な限度額です。

 

他社のカードローンでは最大500万円までのところもあるため、大型の融資を希望する人に向いていると言えます。

 

最低金利が低く設定されているので、おまとめローンなどに利用すると金利の負担を抑えることも可能ですよ。

銀行カードローンで早めに審査を終えたい人

ラピッドの審査スピードは早めなので、すぐにでも審査結果が欲しいといった人はラピッドへの申し込みを検討してみるとよいでしょう。

 

手数料を支払いたくない人

ラピッドは、北海道銀行ATMおよびすべての提携ATMで利用手数料が無料です。

借り入れはもちろん、返済時も無料です。

 

利用時に手数料の負担を気にする必要がまったくないため、気軽にお金を引き出したい人にピッタリです。

 

銀行カードローンは即日融資ができない

ラピッドは銀行カードローンであるため即日融資は不可能です。

 

銀行カードローンの審査では、契約者の情報を警察庁に照会しなければなりません。

 

照会結果は最短でも翌営業日となるので、融資は最短でも翌日となります。

契約が完了しても当日には融資を受けられないので注意しましょう。

 

振込融資は早め

ラピッドの振込融資は、比較的スピードが早いといわれています。

そのため、少しでも早く融資を受けたい場合は、契約の際に振込融資を希望するのがベストです。

 

なお、振込融資は北海道銀行口座以外でも可能となっています。

他行の口座であっても、本人名義の口座であれば問題ありません。

 

北海道銀行カードローンの必要書類

北海道銀行の口座がある人

すでに北海道銀行の口座がある人は、特に必要な書類はありません

 

パソコンやスマホから申し込みできる「web口振受付サービス」を利用すると、口座情報から本人確認ができるからです。

 

口座を持っていると事前に書類を準備しておく必要がないため、スムーズな手続きが可能です。

 

北海道銀行の口座がない人

北海道銀行の口座を持っていない人は、運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれかを提出する必要があります。

 

インターネットで手続きをする場合は、本人確認書類をアップロードして提出することができます。

 

手間も時間もかからないため、少しでも早く申し込みを完了したい場合は、インターネットを利用するようにしましょう。

 

ラピッドに申し込む場合、北海道銀行の口座があるかないかで必要書類が変わってきます。

 

50万円以上の融資には収入証明書が必要

口座を持っている人は書類の提出は不要ですが、口座を持っていない人の場合は本人確認書類の提出が求められます。

 

なお、借入希望額が50万円を超える場合には、口座の有無に関わらず収入証明書の提出が必要になってきます。

 

書類に不備があると審査に日数がかかる場合があるため、事前に準備しておくことが大切ですね。

ラピッドの審査の流れ

ラピッドの申し込みから借り入れまでの流れは以下の通りです。

  1. 申し込み画面で必要事項を入力
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. 本審査結果の連絡
  6. 契約とカードの受け取り
  7. 借入

ラピッドはインターネット、電話、郵送、FAXのいずれかで申し込みできます。

 

インターネットの場合はweb完結で申し込みできますし、電話は24時間365日オペレーターが対応しています。

スムーズな手続きを希望する場合は、インターネットか電話で申し込むとよいでしょう。

 

申込後の審査では、在籍確認が行われます。

在籍確認が完了し審査に通過すれば、本人確認書類を提出後、本審査です。(1営業日程度かかります)

 

本審査に通れば契約手続きをしたあとカード発行となり、借り入れができるようになります。

 

なお、振込融資で借り入れを希望していればカードを受け取る前に振込融資が可能です。

 

なるべく早く融資を受けたい場合は、契約の際に振込融資を希望しましょう。

在籍確認の方法は?

勤務先への在籍確認

ラピッドの在籍確認は勤務先への電話連絡です。

カードローンの審査では書類確認で済むケースもありますが、ラピッドではほぼ必ず勤務先への電話連絡がはいります

 

なお、在籍確認の際は銀行名ではなく個人名で電話がかかってくるため、勤務先にカードローンの利用がバレる可能性は少ないでしょう。

 

また、在籍確認は本人が出られなくても大丈夫です。

本人以外が電話をとったとしても、席を外している、今日は休みで出勤していないといった内容を伝えるだけで在籍確認は済むからです。

 

本人が勤務先で働いているのを確認できればよいので、必ずしも本人が出る必要はありませんよ。

在籍確認されないケースは?

基本的に、カードローンの審査で在籍確認を避けることは難しいです。

ただし、ラピッドの場合は、道内居住で口座を持っていれば在籍確認をしない可能性があります

 

ラピッドでは、保証会社ではなくラピッド支店が在籍確認を行うので、申込書を確認すれば勤務実態を把握することができます。

 

そのため、北海道内に住所があり、なおかつ北海道銀行の口座を持っている人在籍確認は不要と判断されるケースがあるのです。

 

北海道銀行カードローンの借入方法

口座振り込みが可能

ラピッドでは、銀行口座への振り込みが可能となっています。

電話で借り入れを希望すれば、限度額の範囲内で本人名義の口座に現金が振り込まれます。

 

もちろん、北海道銀行以外の口座にも融資は可能ですよ。

ネットキャッシングが可能

ラピッドは、インターネットから申し込めるネットキャッシングにも対応しています。

 

インターネットから申し込めば、わざわざ電話をかける必要もなく、気軽に借り入れができますね。

 

ネットキャッシングを利用する場合、北海道銀行カードローンの会員ページにて手続き可能です。

 

自宅に届いたローンカードに記載されている口座番号と、契約時に設定した暗証番号を入力すればログインできます。

 

24時間振り込み手続きは受け付けていますが、<実際にお金が入金されるのは平日9時~14時までの依頼のみ/span>です。

それ以外の申し込みは翌日となるので注意しましょう。

 

なお、銀行営業日のみの取り扱いとなるため土日祝日は利用できません

 

また、振込依頼が多い場合には、平日9時~14時までに申し込みしても即日に反映されないこともあるため注意が必要ですよ。

提携ATMでの借り入れ

ラピッドのローン専用カードを利用して、提携ATMでお金を引き出せます。

利用できるATMは、北海道銀行ATM、セブン銀行、ローソン、イーネット、バンクタイムATMです。

 

北海道銀行が利用できる時間帯は「7時~21時まで」になりますが、その他のコンビニATMでは24時間利用も可能です。

 

なお、一時的に利用できない曜日や時間帯があるため、深夜や朝方に利用する際は事前に確認が必要です。

 

一部利用できない時間帯はあるものの、コンビニATMはほぼ24時間利用できるので利便性は高いと言えますね。

 

北海道銀行カードローンの返済方法

ラピッドは、借入残高スライドリボルビング方式になります。

毎月の借入残高によって、返済額が決定される仕組みです。

 

ラピッドの返済期限

ラピッドの返済日は「35日ごと」あるいは「6日を除いた毎月の指定日」のいずれかから選べます。

 

毎月の指定日に返済する場合、契約時に自身が希望した日にち(6日を除く)を指定して、返済していきます。

支払日が決まっているので、計画的に返済がしやすいことでしょう。

 

35日ごとにした場合は、1回目の返済日は初回借入日の翌日から数えて35日以内が返済日です。

その後は、返済日の翌日から数えて、35日以内に返済していく流れになります。

 

毎月支払うよりも返済ペースがゆっくりですから、返済負担を抑えたい場合に向いていると言えます。

ただし、35日ごとにするとどうしても返済日を忘れがちになるため注意が必要です。

 

また、どちらの返済プランであっても期限は延長されないので注意しましょう。

ラピッドの返済額

利用限度額が400万円以下の場合、借入残高が10万円以下だと返済額は2,000円です。

それ以降は、借入残高が10万円増すごとに2,000円が追加されていきます。

 

利用限度額が400万円以上の場合は、借入残高が10万円以下だと返済額は1,000円でより低く設定されています。

 

それ以降は、借入残高が10万円増すごとに1,000円追加される仕組みです。

 

ラピッドでは、基本的に借入残高が10万円単位で細かく設定されていて、毎月の返済額も少なく設定されています

 

返済負担を抑えたい人は、ラピッドの利用を検討してみるのがよいでしょう。

ラピッドの返済方法

コンビニATMで返済することができます。

 

返済に利用できるATMは、借り入れに利用できるATMと同じで利用時間も変わりません。

時間や曜日を気にすることなく、いつでも返済できるのは便利ですね。

 

ただし、自動引き落としが利用できないため毎月の支払いを忘れないよう注意が必要です。

 

なお、銀行振込でも返済できますが、手数料が発生するため手数料を節約したいときにはATMを利用しましょう。

 

まとめ

北海道銀行のカードローンであるラピッドはATM手数料が無料であったり、返済額が低かったりといった利用しやすいメリットがあります。

 

また、パートやアルバイトでも申し込めますし、1,000円から借り入れできるため気軽に利用できます

 

お金に困ったときは、北海道銀行のラピッドを積極的に利用してみましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。