どうしたらアコムで増額できる?審査はあるの?徹底解説します!

  • 消費者金融カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
みなさんは、増額という言葉をご存知ですか?

今月ピンチ!!…でもカードローンの利用限度額がもう少ない…

増額できるって連絡が来たけど、そもそも増額ってなに?

 

ズバリ、増額とは今利用しているアコムのカードで借りられる利用限度額をさらに引き上げることをいいます。

 

しかし、残念ながら申し込めば誰しも増額できるわけではありません

増額には申し込みと同じく審査があります。もし万が一審査に落ちた場合は、最悪の場合カードが利用停止になることも…。

 

ですが、増額することで得るメリットも、もちろんたくさんありますよ。

 

今回は、アコムでの増額について説明します。

増額とはそもそもなにか、増額の申し込み方法、増額の審査のポイントなど、アコムの増額に関する情報をピックアップしました。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

アコムで増額するメリット・デメリット

そもそも増額とはなにか

増額のメリット・デメリットにふれる前に、増額とはなにかを簡単にご説明しますね。

 

 

そもそもカードローンには借入限度額があって、その限度額の範囲内でのみ、お金を借りることができます。

つまり、限度額をあげて、さらに多くのお金を借りられるようにするのが増額なのです。

(※借入限度額…利用者がお金を借りられる上限)

増額により、金利が下がる場合があるのがメリット

金利は、範囲内を借り入れた金額とは別に支払っていますよね。

驚くことに増額することで、金利が下がることがあるのです。

なぜ、増額すると金利が下がることがあるのでしょうか?

 

答えは利息制限法という法律にあります。

【利息制限法】
お金を借りる金額が大きければ大きいほど、適応される金利の上限が下がるように設けられた法律のこと

 

この利息制限法の法律の仕組みがあるからこそ、増額すると金利が下がるといったメリットがあるということなのです。

金利が下がれば、支払う金額と返済ペースが同じでも、支払う利息に違いが出てきます。

今よりも負担が少なくなるのであれば、金利が下がるのはうれしい限りですよね。

 

ではアコムで増額する場合、金利はどのように変化するのでしょうか。表をご覧ください。

利用限度額

100万円未満

100~300万円

301~500万円

501~800万円

金利の上限

7.7%~18.0%

7.7%~15.0%

4.7~7.7%

3.0%~4.7%

この表の割合が大きいほうの金利に注目してみましょう。

このように、借り入れ可能な限度額が多くなるにつれ金利の上限が低くなっているのがわかりますよね。

 

ところで、この表の金利に幅があるのが気になった人もいるのではないでしょうか?

いいところに目をつけましたね!

実は、この金利は「あなたに対する信頼度」によって下がることがあるのです!

 

たとえば、「継続的に利用している」ことや「返済に遅れたことがない」といった要素があげられます。

そのため、「100万円以上」「301万円以上」といった金利の上限が下がるラインまで増額できなくても金利が下がる可能性はあるということなんですね。

「普段からアコムにお世話になっている
まじめに返済をおこなっている
という点に自信がある人は、アコムの増額審査を検討してみましょう。

審査結果によっては、利用限度額が下がるのがデメリット

増額を申し込む場合、申し込みのときと同じように審査があり、審査の結果次第では増額ができなくなるかもしれません。

 

また、増額審査中は利用制限がつき、審査結果が出るまで残っていた利用限度額の借り入れができなくなるおそれがあります。

 

お金が必要になったから増額を申し込んだのに、今も借り入れできないなんて…!

 

と、借り入れができず困ってしまう可能性があるので、申し込みのであれば、借り入れる予定がないときに行うのが良いでしょう。

 

また、審査によって利用限度額が減額、最悪の場合はカードローンが利用停止になってしまうことがあるのです。

増額をするということは、申し込んだ契約を変更するということになります。

 

そのため、収入が以前申し込んだときより減ってしまっていたり、返済が滞ってしまったりすることで信用度が下がってしまっていれば、減額や利用停止になるおそれがあるのです。

増額にはメリットがあるぶん、リスクもあるのですね。

アコムで増額するための手続き方法

アコムで増額するためには、手続きが必要です。

手続きの際に重要な、申し込み方法と必要書類について詳しくご説明しますね。

増額の申し込みの時間が早ければ即日増額もできる可能性がありますよ。

 

申し込み方法

アコムで増額するための申し込み方法はおもに4つあります。

あなたに適した申し込み方法を選ぶことができますよ。

 

①会員ページ
スマホやパソコンから24時間いつでもどこでも申し込むことができるのが良い点です。 会員ページログイン後、トップページにある「極度額等の変更お申し込み」から申し込めます。 ただし、21:50~8:00の時間に申し込んだ場合は、9時以降の対応になるため注意が必要です。

 

②電話
アコムのフリーコールにかけることで申し込むことができます。 ただし、電話での申し込みは平日の9:00~18:00に限られます。 土日祝日やこの時間外に増額を申し込む場合は、電話以外で申し込む必要があるため、気をつけましょう。

 

③むじんくん
いわゆる自動契約機に来店し、申し込む方法です。 年末年始をのぞき、年中無休で営業しています。 営業時間も8:00~22:00と長く、仕事終わりなどに申し込みに行くことも可能です。 (一部のむじんくんは営業時間が異なる場合があります。) 本人確認のために運転免許証などが必要になることがありますので、事前にご用意ください。

 

④店頭
店頭に来店することで申し込めます。 質問や不明点を直接聞くことができますので、
申し込みする前にいくつか聞いておきたいことがある!」 という方はおすすめです。 平日の9:30~18:00に営業しているところがほとんどです。 土日祝日はお休みなので、土日祝日や時間外は他の申し込み方法で申し込む必要があります。

 

24時間増額を申し込める、会員ページは便利ですね。

必要書類

申し込み時には本人確認書類が必ず必要になりますので準備しましょう。

また、利用限度額が50万円を超える場合や、アコムと他社との借入額が100万円を超える場合には、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書が必要になります。

 

アコムが提示を求めている収入証明書、本人確認書類は以下の通りです。

収入証明書(いずれか1点で、最新のもの)

 

・源泉徴収票

・給与明細書(直近1カ月分)

・市民税・県民税額決定通知書

・所得証明書

・確定申告書(第一表)

 

本人確認書類(いずれか1点で、有効なもの)

 

・運転免許証

・個人番号カード

・健康保険証など

※顔写真がない書類、または書類の住所が現在の住まいと異なる場合は以下も合わせて提出(発行日または領収日から6カ月以内のもの)

・住民票

・公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか)

・納税証明書

例)健康保険証+住民票

アコムの増額審査で気をつけたいポイント

いくら増額を希望しても、審査に通らなければ増額できません

増額審査のポイントになりそうな部分をまとめましたのでご覧ください。

 

審査で重要な3つの情報

信用情報

あなたの信用情報はCIC、JICC、KSCの3つの会社が情報を共有しています。

そのため、あなたが他社で借りている金額や、返済履歴などはすべてこの信用情報でわかるようになっているというわけなんです。

 

強制解約や、債務整理などがあると「この人は信用情報で問題があるな」ということで審査に通らない可能性があります。

支払いに遅れたことがある…」「債務整理をした…」 など審査に不安がある方は、事前に自分の信用情報を開示することもできますよ。

個人情報

個人情報は、年齢や住所家賃の有無勤務先加入している保険などにあたります。

増額申請の際になぜ個人情報があらたに必要となるのでしょうか?

答えは簡単です。ズバリ、「契約した情報に変わりがないか」を知るためです。

 

そもそも、申し込み後に転職して勤務先が変わったり、引っ越して住所が変わったりした段階で変更の届け出をだす必要があります

 

転職をした後にアコムがあなたの退職を知った場合は、たとえあなたが転職先で働いていても、届け出がでていない限りアコムはあなたを「無職の人」と判断してしまうんです。

 

また、引っ越しをして住所が変わったのに、届け出をだしていなければ、アコムからの郵送物を送っても届きませんよね。

その場合はアコムからしてみれば「住所がわからない人」になります。

 

「無職の人」や「住所がわからない人」にお金を貸すことはできないですよね。

したがって、変更の届け出がでていない場合は増額の審査に通らないこともあるのです。

 

そして、年齢という情報が必要になるのにも同じように理由があります。

新規の申し込みと同じように、増額には対象年齢があるからです。

そもそも対象年齢でなければ、増額の審査には通りません。 

 

【アコムの増額対象年齢】

 

利用限度額50万円以内

利用限度額50万円以上

対象年齢

20~69歳

20~64歳

引っ越しや転職の際には、契約内容をきちんと変更しておくことが大切ですね。

返済実績

返済実績は、今後増額することによってあなたが返済をしてくれる人なのか判断するのに必要な情報です。

 

あなたがお金を貸す人だとして考えてみてください。

今まで5,6回延滞しちゃったけど返済はします!増額したいです!」といわれたらどうでしょうか?

えー、ちゃんと返済してくれないんじゃない?」と思いますよね。

 

また、初回借り入れ日から延滞がなくても、数日、数カ月しか返済した経歴がない場合は、まだあなたに増額してもよいのか判断する実績がないため、増額が難しい可能性があります。

初回借り入れ日から最低でも6カ月が経過していて、その中で1度も延滞していない人であることが重要です。

 

6カ月以上、というのは基準ではなく、あくまで目安となります。

申し込みから6カ月ほど継続して利用していることで、カード会社は「この人はきちんと返済してくれる人」という判断ができるからです。

延滞することなく、きちんとした返済実績をつくっていくことが重要ですね。

申し込みのときよりも収入が減っていないか

働いていても、年収が60万円以下の場合は審査が通らないことがあります。

年収60万円ということは月収5万円。増額してこの人は返済できるだろうか?」という不安が拭えない点があるからでしょう。

 

総量規制に引っかかっていないか

総量規制とは、借入額は年収の1/3までという賃金業法という法律の決まりです。

そのため、借入額がすでに年収の1/3を超えている、またはギリギリという場合は審査に通らず、増額が難しいでしょう。

増額はお金を貸す側にとって、リスクがあります。 新規申し込みよりも審査が厳しくなるのは致し方ないことかもしれませんね。

増額以外にもお金を借りる方法はある

増額は難しいのかなぁ…

でもお金は必要だしなぁ…

増額の審査に落ちた…

 

という方におすすめなのが、増額ではなく新たに違うカードローン会社で申し込むことです。

ただし、新たにカードローン会社で申し込む場合も、総量規制があり、借入額が年収の1/3以上を超える借り入れはできませんのでご注意ください。

 

今は消費者金融カードローンで即日融資をしてくれる会社がたくさんありますよね。

お金が必要になったときには、アコムと同じく30日間無利息の会社もありますし、うまく活用すれば金利がかからず借り入れることができるでしょう。

 

お金を借りたいけど、どこで申し込むのがいいのかわからない

という方は、即日に融資をしているカードローン会社をまとめた下記の関連記事をぜひご覧くださいね。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回はアコムの増額についてご紹介させていただきました。

 

増額することによって金利が下がるかもしれないのはうれしいですよね。

ただ、どんなことでもリスクはつきもので、万が一増額しようと申し込んで審査に落ちてしまったらカードそのものの利用が停止になってしまうこともあるのです。

 

また、増額をすること以外にも追加でお金を借りることができる方法もあります。

増額するよりも、新規カードローン会社で申し込むのも一つの手段といえるのではないでしょうか。

 

このコラムがあなたのお役に立てたならばうれしいです。

次回またお会いしましょう。

以上、マネーアナウンサーの門刈がお送りしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。