カードローンの代役!ジャパンネット銀行のネットキャッシングを解説

マネーアナウンサーの門刈です。
最近は娯楽などの充実から、預金口座とのにらめっこが多くなったように感じます。

生活費やレジャー費用を賄うために、ジャパンネット銀行でカードローンを持とうと考える人もいるかもしれません。

しかし、ジャパンネット銀行は現在カードローンの新規受付を終了しており、ネットキャッシングに移行しています。

 

ジャパンネット銀行がカードローンの受付を終了してまで勧めているこのネットキャッシングですが、カードローンと似たサービスでありながらインターネット銀行ならではのメリットがいくつかあるのです。

 

ここではそんなジャパンネット銀行が展開するネットキャッシングについて確認していきましょう!

ジャパンネット銀行の公式サイトもチェック↓

ジャパンネット銀行のバナー

 

ジャパンネット銀行のカードローンは新規受付をしていない

冒頭でも説明した通り、残念ながらジャパンネット銀行のカードローンは新規申し込みを終了しています。

 

現在ジャパンネット銀行はカードを使ったローンから、オンライン上でお金の貸し借りを完結させる「ネットキャッシング」に移行しているのです。

 

ジャパンネット銀行は無店舗で経営する形態の銀行ですから、オンラインのみでの取引にすることで利便性を向上させることが狙いなのかもしれませんね。

 

そのため、ジャパンネット銀行で借り入れをおこなう場合は、カードローンではなくネットキャッシングを利用することになるでしょう。

ここからは、そんなジャパンネット銀行が提供しているネットキャッシングについて解説していきます。

 

ネットキャッシングとは「インターネット上だけで完結する貸し借り」

ネットキャッシングを簡単に説明すると「インターネットを利用して、自分の預金口座にお金を振り込んでもらう借り入れサービス」です。

インターネット上で申し込みから利用開始までを完結させることができるため、直接店舗にいくことなく利用できるのが主なメリットといえるでしょう。

 

ネットキャッシングがあればインターネット環境とATMが設置してある場所があれば始めることができるので、娯楽の補填など手軽に利用したい人にとって都合のいいサービスといえますね。

 

カードローンとは「カードの有無」以外に違いは少ない

カードローンとネットキャッシングの決定的な違いは「カードの有無」になります。

 

逆に言えば、カードローンとネットキャッシングは、カードの有無以外の明確な違いはそれほどありません。

 

カードローンのときは、クレジットカードかローン専用のカードを使って限度額の範囲内でATMから借りたい分だけ引き出したり、会計時にカードを出すことによってお金を借りたりします。

 

インターネットキャッシングはインターネットを通じて、限度額の範囲内で借りたい分だけ自分の口座に入金してATMで自分の口座から引き出しているのです。

返済方法も特にカードローンとの差はなく、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは指定された日に自動で指定された口座から引き落とされる返済方法です。
カードローンでも口座引き落としの返済方法はありますので特別な方法ではありませんね。

ネットキャッシングは返済しやすくて素早い!

それでは、そんなジャパンネット銀行のネットキャッシングのメリットを3つ紹介します。

ネットキャッシングには、インターネットで管理されているからこそのメリットがあるのです!

 

ネットキャッシングは返済額が調整できて日程も選べる

まず1つ目のメリットとして「返済のしやすさ」が挙げられます。

 

まず、返済する日を毎月好きな日に設定できるのです。

そのため「給料が入ったらすぐに返済に充てたい!」という人は給料日の前日に返済日を設定することができますし、自分の都合の良い返済スケジュールを立てることが可能なのです。

 

次に、ジャパンネット銀行には「残高スライド元利(がんり)定額返済方式」というのがあります。

これは返済額の量を調整することによって返済額をどのように返すかを決めることができるのです。

 

残高スライド元利定額返済方式にはAとBのタイプに分かれます。

方式Aは少なめにコツコツ返済できる

残高スライド元利定額返済方式Aは月の返済額が少なめに設定されており、長期の支払いができるため余裕を持った返済プランを立てることができるでしょう。

 

また、方式Aは返済額が少ないということは収入の少ないアルバイトやパートの方でも返済しやすいため、無理のない返済計画を立てることができます。

 

あまり手持ちを圧迫させずに返済を済ませたいと考えるのであれば、方式Aを採用するとよいでしょう。

方式Bは多めに返すことで短期に返済ができる

残高スライド元利定額返済方式Bは逆に月の返済額が多めに設定されているため、短期で一気に返済を済ませることができます。

カードローンの借金を素早く返済させることで、家計の管理もしやすくなるでしょう。

 

また、返済回数が減らせるということは、その分返済時の手数料を抑えることができます。

もし手持ちに返済の余裕がある場合は、方式Bを採用するとよいでしょう。

 

ネットキャッシングにかかわる「素早い」3つのサービス

2つ目のメリットとして、「即入金」「即振り込み」「自動融資」という3つの「素早い」サービスが受けることができる特徴があります。

 

「即と言っても手続きには時間かかるのでは……?」と思うかもしれませんが、実はジャパンネット銀行のネットキャッシングはお手元のスマートフォン1台で入金や振り込みが完了するのです!

 

また、毎月のお支払いの引き落とし時に口座の残高が足りなくなってしまった場合、自動で融資してもらうことができます。

急に訪れてしまった残高不足に対しても素早く対応できるのもネットキャッシングの特徴といえるでしょう。

 

実は、ATM手数料がかからない

「インターネットを使っている分、手数料とかで利息の元を取ろうとしているのでは?」と思った方もいるかもしれませんが、意外にもネットキャッシングにはATMでの手数料がかかりません。

これがネットキャッシングの3つ目のメリットです。

 

カードローンでの現金の貸し借りは、ローン会社とローンカード間でお金が動いている仕組みなので利息制限法という法律が適用されます。

利息制限法が適用されるとATM手数料がかかる銀行が出てくる場合があるのです。

 

しかし、ネットキャッシングはオンライン上で、ローン会社と自分の口座間でお金のやり取りをしているのです。

それを自分の預金口座から引き出しているため、ATMの時間を合わせれば無料で引き出すことができます。

 

ATM手数料がかからない場合があるのは、大きいメリットといえるのではないでしょうか?

 

ネットキャッシングを利用するときに注意すること

そんな利便性の高いネットキャッシングですが、利用のときにはいくつか注意点があります。

 

最大金利が他社と比較して高めである

ジャパンネット銀行が展開するネットキャッシングは、銀行が展開する他のキャッシングと比べて最大金利が高めに設定されているのです。

 

金利は限度額によって決まってきます。

ネットキャッシングの最大金利は100万円未満の場合18.0%になります。

 

しかし、同じ銀行カードローンである「三井住友銀行カードローン」では、同じく100万円以下の場合の最大金利は12.0%~14.5%になってしまうのです。

 

そのため借り入れ限度額が低めの設定の場合は、金利の差について注意を払う必要があります。

 

しかし、借り入れ限度額の上限はネットキャッシングの方が1,000万円と高く、利用用途によってはこちらに軍配が上がるでしょう。

 

また、「三井住友銀行カードローン」の借り入れ限度額の上限は800万円であり、上限である800万円のときの金利は4.0%~4.5%になります。

 

しかし、ネットキャッシングで800万円未満の場合の金利は4.0%になるため、最終的な金利は他の銀行のカードローンと並ぶのです。

そのため、金利を少しでも抑えたい場合は他社と比較してシミュレーションをしていきましょう。

 

結局のところATMでしか引き出せない

カードローンの場合、ローンカードやキャッシュカードを会計時に使うことでローンの借り入れは完了します。しかし、ネットキャッシングの場合はインターネットを使用して口座に入金してもらい、それをATMで引き出すことによってはじめて借り入れが完了するといえるでしょう。

 

つまり、ネットキャッシングの場合は借りた金額分をわざわざATMで出向いて引き出す必要があるのです。

 

デビットカードを使用すれば、そのデビットカードがそのままローンカードと同じ役割を持たせることができます。

そのためもしATMでの引き出しが煩わしいと感じるのであれば、デビットカードを発行してもらうとよいでしょう。

 

デビットカードを発行してもらう場合、使用先がデビットカード対応可能かどうかをあらかじめ調べておくのも忘れないでくださいね。

 

普段使いの口座と紐づける場合は残高管理に注意

ネットキャッシングは自分の口座に指定したローンの金額分を振り込むという仕組み上、ネットキャッシングを管理するアプリを使わないと具体的な借り入れ額が把握できません。

 

たとえば、自分の預金残高が100万円だったとします。

その100万円の預金を確認しただけだと、いくらローンから入金されているのかわかりません。

つまり、金銭感覚が緩んでしまって使い過ぎが発生する恐れがあるのです。

 

そのためカードローン以上に、ネットキャッシングでは常に借り入れ額を意識して計画的に利用することが大切になるでしょう。

 

ネットキャッシングでも審査がある

カードローンと同じく、ネットキャッシングにも審査があります。

 

「審査」と聞くとなんだか厳しそうで難しそうな印象を受けますが、内容は聞かれる内容からある程度推測することはできるでしょう。

 

ひとことで説明すると「その人にお金を貸しても、ちゃんと返済してくれるための信用があるかどうか」を審査することになります。

 

それでは、そのような信用があるかどうか調べるために、ジャパンネット銀行が集める情報とは一体なんでしょうか?

 

年収

まずは返済能力のキモとなる年収でしょう。

この年収の基準というのは審査する会社によってバラバラですが、ジャパンネット銀行はパートやアルバイトでも申し込みができます。

つまり、パートやアルバイトなど収入が安定しない職業でも審査に通る可能性があるのです。

 

勤務先と待遇

その返済能力のキモとなる年収を与えているのはそもそも勤務先です。

そのため、勤務先も審査の内容に入って来るでしょう。

 

また、その勤務先での役職や勤続年数、所属部署も審査内容に含まれます。

そこで「これからも安定した年収が確保できるか」を調べられることができるわけですね。

 

住所と居住年数

申し込みする人が住んでいる場所と、その場所に何年住んでいるかを知ることも重要になります。

「その人と確実にコンタクトが取れる」というだけでも十分信用できる情報として扱えるということですね。

 

また、そのような目的から「住んでいる場所が悪いから信用が下がる」ということは考えにくいでしょう。

 

他のローンでの返済状況

他のローンでの返済状況も、審査の情報として参考にします。

過去のローンの返済状況やクレジットで返済がちゃんとできていない場合は、信用が下がってしまうのです。

 

こういった返済状況、いったいどこでどのように管理されているのでしょうか?

 

まず、こういった返済状況などをまとめたものを「信用情報」といい、複数社がまとめて管理をおこなっています。

ジャパンネット銀行は「日本信用情報機構(JICC)」という場所に保存されている信用情報を使って審査をおこなっているのです。

 

このような信用情報は、JICCに直接申し込むことで確認することができます。

信用情報に不安がある場合は、申し込んで確認するとよいでしょう。

以上が、ジャパンネット銀行が審査をするときに確認すると考えられる点になります。
しかし、これらはあくまで内容の一部分の推察なので、さらに調べることが増える場合があるでしょう。

申し込みの流れ

 

それでは、ジャパンネット銀行のネットキャッシングが理解できたところで早速申し込んでみましょう!

ネットキャッシングに申し込む場合、まずは「ジャパンネット銀行の口座の有無」が大事になります。

 

ここでは、ジャパンネット銀行の口座がある場合とない場合に分けてそれぞれ申し込みの流れを簡単に確認していきましょう!

 

ジャパンネット銀行の口座がある場合

もし元からジャパンネット銀行の口座を持っていた場合は、申し込みと在籍確認などの簡単な申し込みをおこなって、その後審査のために必要な本人確認書類を提出します。

 

本人確認書類はスマートフォンやパソコンから提出する方法と、郵送して手続きを済ませる方法があるので自分の都合のいい方で提出しましょう。

 

その後、審査結果がメールで送られます。

このタイミングで利用できる限度額が判明されると同時に金利が決定するわけですね。

 

審査が通ったあと、契約手続きをしてから借り入れを始めることができます。

申し込みが終わったあとでも自動融資機能や上限額の拡張もおこなえるので、利用しながら同時にこれらも検討してみてはいかがでしょうか?

ジャパンネット銀行の口座がない場合

ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合、まずはジャパンネット銀行の口座を開設する必要があるので、解説手順から確認していきましょう。

 

まず、必要であれば収入証明書を郵送します。

収入証明書を写真に収めたあと、その画像をパソコンで送信するか、収入証明書そのものを郵送しましょう。

そのあと職場や自宅に在籍確認の電話がきます。勤務先については、確認が取れれば本人が出る必要はないので心配する必要はありませんよ。

 

在籍確認が取れたら、次にインターネットか郵送で口座開設とネットキャッシングの申し込みをおこないます。

 

インターネットの場合、口座開設の申し込みをしたあとにスマートフォンの専用アプリを使用して本人確認書類(運転免許証、カード型の健康保険証、マイナンバーカードのうちいずれか)を撮影して送信してください。

 

郵送の場合は、口座開設申し込み書類を郵送します。

口座開設申し込み書類とは、貼り付け台紙に本人確認書類を貼り付けた書類と、申し込み内容修正依頼書の2点です。

 

これら2つの書類をセットに郵送してください。

これで口座開設の申し込みとネットキャッシングの申し込みが同時に完了され、情報を基に審査されるでしょう。

 

郵送で有効となる本人確認書類は以下の通りになります。

  • 運転免許証のコピー
  • マイナンバーカードのコピー
  • パスポートのコピー
  • 各種健康保険証のコピー
  • 住民基本台帳カードのコピー
  • 印鑑証明書
  • 住民票の写し
  • 各種年金手帳のコピー+補助資料の原本
  • 身体障碍者手帳を含む各種福祉手帳のコピー+補助資料の原本

 

審査の結果はメールで通知され、通過した場合は追加の手続きを踏んだのちにキャッシュカードとログインするためのキーとなるトークンが送られますので、それを使って初期設定をおこなえば借り入れができるようになります。

 

まとめ

残念ながら、ジャパンネット銀行は現在カードローンの新規受付をしていません。

現在はカードを使わず、インターネットで取引を主におこなうネットキャッシングに移行しています。

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは返済日が自由に設定できたり、返済額が調節できたりと返済しやすいサービスだと言えます。

 

しかし、ネットキャッシングを利用するときには、限度額が低いうちは最大金利が高いことに注意してください。

 

もしジャパンネット銀行の口座がまだなかった場合には、まずはジャパンネット銀行の口座を開設する必要があります。

 

そのため、申し込み書類が増えて初期設定もおこなう必要があるので注意が必要です。

もしキャッシングの予定がすでにある場合は、余裕を持って申し込みをおこないましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

 

ジャパンネット銀行のお申し込みはこちらからどうぞ↓

ジャパンネット銀行のバナー