低金利でATM手数料無料の安心感!常陽銀行のカードローン

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
日常生活において、なにかとまとまった資金が急に必要になる場面があります。

前もって決まっている用事であれば銀行からお金を引き出して事前に準備できるものです。

 

しかし、外出先での急な出費や冠婚葬祭などではいやがおうにも現金を用意しなければならないでしょう。

時には預金を引き出そうとしても残高不足といったこともあるかもしれません。

 

そのようなときに便利なのが、常陽銀行のカードローンです。

 

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」はATM手数料が無料で使える低金利のローン商品であり、初心者でも使いやすいものとなっています。

 

このカードローンにはどのような特徴があるのか、メリット・デメリットなどについて詳しく解説していきましょう。

 

常陽銀行カードローン「キャッシュビット」の基本情報

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の特徴

利用条件

・満20歳以上~75歳未満

・安定した収入がある

・茨木、福島、栃木、宮城、千葉、埼玉、東京のいずれかに居住または勤務している

金利

2.5%~14.8%

利用限度額

1万円~800万円

利用用途

自由(事業資金を除く)

借入方法

ATM

返済方法

ATM

ATM手数料

無料

月々の返済額

3,000円~

利用可能年齢と条件について

常陽銀行のカードローンを利用するさいに注意しておくべきなのが、利用条件を満たしているかどうかという点です。

 

基本的に幅広い利用者に対応できるよう設定されていますが、主要な項目を以下に挙げましょう。

 

  • 満20歳以上かつ満75歳未満である
  • 茨城県・福島県・栃木県のいずれかに居住しているかまたは勤務している

 

キャッシュピットではアルバイトやパート、年金のみの収入でもローンを組むことができます。

 

収入に継続性があれば、審査においてプラスに働くでしょう。

利用可能な地域に住んでいる方であれば、常陽銀行カードローンのキャッシュピットにはぜひ注目しておきたいところです。

 

利用可能年齢については、キャッシュピットは比較的幅広く設定してあります。

参考までに、日本の3大メガバンクが提供しているカードローンの利用可能年齢も紹介しておきましょう。

 

銀行名

利用可能年齢

みずほ銀行

満20歳以上満66歳未満

三菱UFJ銀行

満20歳以上65歳未満

三井住友銀行

満20歳以上満69歳以下

常陽銀行のキャッシュピットはいずれの利用年齢よりも高い設定であり、高齢者にとって利用しやすいカードローンといえます。

キャッシュピットが安心して利用できる理由

人に知られずに簡単に申し込める

世間体を気にしてカードローンの利用を家族や同僚などに知られたくないという人は意外と多いものです。

 

キャッシュピットはプライバシーの保護を徹底しており、審査のときにおこなわれる在籍確認の電話を行員の個人名でおこなっているのです。

郵送物なども、常陽銀行の通常サービスで利用する封筒を使用しています。

 

そのため、カードローンの利用が周りに知られてしまうケースはかなり低いといえるでしょう。

 

また、申し込みがネットで済むのも強みです。

銀行にわざわざ足を運ぶ必要はなく、スマホかパソコンがあればどこにいても申し込むことができます

 

提携ATMでは手数料が無料!

常陽銀行と提携しているキャッシュサービスセンターやコンビニ ATM などの利用では手数料がかからないように設定されています。

コンビニでは以下のATMと提携しているのです。

  • eネット
  • セブン銀行
  • ローソンATM

 

借入限度額によって金利は異なる

具体的には以下の金額ごとに金利が設定されます。

 

借入限度額

金利

1万~100万円未満

14.8%

100万~200万円以下

12.0%

200万超~300万円以下

9.8%

300万超~400万円以下

8.8%

400万超~500万円以下

7.8%

500万超~600万円以下

5.5%

600万超~700万円以下

4.5%

700万超~800万円未満

3.5%

800万円

2.5%

利用限度額をいくらにするかで金利が決まるため、自分の返済能力にあわせて計画を立てることができますね。

借入は1,000円単位!

カードローンはATMで借り入れと返済ができる便利なツールですが、それでも融資を受けることに不安を覚える人もいることでしょう。

 

キャッシュピットでは、1000円という少額単位で借り入れできるので、多額の資金を動かすことに慣れていない人でも気軽に利用することができます。

 

さらに、少額で融資を調整できるため借りすぎを抑えられることができるのです。

 

これにより、返済期間が間延びして金利を多めに払い込んでしまうなどの無駄なコストを省くことにも繋がります。

キャッシュピットは、少額の借り入れサービスを導入しているため、カードローンが初めての人でも安心して利用できるのです。

フリーローンは自由に使えるのが魅力

急な引っ越しにも使える

常陽銀行カーロドーンのキャッシュピットは使い道が自由です。

 

ただし、計画的にカードローンを使うためには、自分がどのようなシーンで使うかある程度イメージしておくことが重要です。

 

たとえば、社員寮などから急に退去命令が下されるなどが挙げられます。

引っ越しのケースでは数十万円の出費になることが多く、場合によっては100万円程度かかることも少なくありません。

 

常にそのくらいの大金を財布に入れておくわけにはいかないので、急な命令が出されたところで資金に困ってしまうでしょう。

 

冠婚葬祭や旅行中のトラブルにも

そのようなときに、ローンカードを持っておくとATMで簡単に資金を引き出せるのでスムーズに引っ越しできます。

 

また、冠婚葬祭で祝儀や香典料などの現金が必要になったときも、キャッシュピットのローンカードを持っていれば安心です。

 

家族旅行などでトラブルに見舞われて資金が必要になっても、ケガや病気など不測の事態が起こってもカードローンを契約しておけば金銭的な心配はせずに済みます。

使いすぎには注意が必要ですが、具体的に使用シーンを想定して自由かつ計画的に利用しましょう。

キャッシュピットは事業用に使える?

キャッシュピットは事業用には使えない

常陽銀行カードローンのキャッシュピットは基本的にフリーローンの融資形態です。

無担保かつ利用者側で保証人をつける必要もありません

 

気軽に利用できるキャッシュピットですが、事業用の資金や投資用の資金には適用外となっています。

 

事業者向けカードローンのクイック

しかし、その代わりのサービスとして事業者向けカードローンであるクイックを展開しています。

 

このサービスは、急な事業資金が必要なときに使える金融商品であり、こちらもインターネットやFAXで簡単に申し込むことができます。

 

キャッシュピットと同じくカードローンタイプで使いやすく、審査も3営業日以内と手間がかかりません。

 

第三者の保証も不要で担保も必要ないという事業者にとって優しいサービスです。

 

気になる金利については、通常であれば変動金利で年5.1~12.1%という設定になります。

ネット申し込みとクレジットカード契約及びネットバンキング契約をセットですると、金利は4.2~11.2%まで減らすことが可能ですよ。

申し込みはインターネットで来店不要

常陽銀行カードローンのキャッシュピットでは、申し込みはインターネットで済ますことができます。

まず、キャッシュピットのホームページを開いて申し込みフォームにアクセスしましょう。

 

ここで、住所や名前勤務先などの個人情報を入力するのです。

申し込みの前に簡単な審査を受けることもできるため、まずはこちらから審査を通るかどうか試してみるとよいでしょう。

 

ネットで申し込みが終われば必要書類をダウンロードし、自宅のパソコンやコンビニのプリンターなどで印刷します。

 

申し込みに必要な書類はなにがあればいい?

本人確認書類の例(いずれか1つ)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート

 

常陽銀行カードローンキャッシュピットの申し込みに必要な書類が、本人確認書類です。

本人確認書類は、原則として現住所記載のある書類と決められており、運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カードなどが挙げられています。

 

ネット申し込みのあとに審査がありますが、これに通った段階でネット上にて契約書をダウンロードしましょう。

収入証明書類(50万円以上の借り入れ希望のみ)

カードローンの契約手続きにおいて、収入証明書などの提出が求められることは多いでしょう。

 

なぜなら、収入証明書は、融資する側が利用客の返済能力を確かめるための確固たる証拠となるからです。

 

ちなみに、収入証明書は給与所得者などであれば源泉徴収票などの公的な書類であることが条件です。

しかし、常陽銀行カードローンキャッシュピットにおいては収入証明書などの提出は絶対ではありません。

キャッシュピットにおいては、利用限度額が50万円以内であれば収入証明書などの提出は求められないのです。

キャッシュピットは即日融資可能?

常陽銀行カードローンのキャッシュッピットでは即日融資には対応していません。

 

キャッシュピットの場合、融資の審査に最低でも2~3日はかかるので、即日融資はできないのです。

 

キャッシュピットでは即日融資はありませんが、利率が低く設定されているため時間に余裕をもって事前に作っておくと便利に使えます。

急ぎでお金を借りたい人は、即日融資可能なカードローンを検討してみましょう。

審査に落ちてしまうのはどんな場合?

信用情報に金融事故として記録されている人

キャッシュピットは低金利で高い利用限度額の融資を受けることができるカードローンです。

しかし、審査に通るためには一定の返済能力を認めてもらう必要があります。

 

審査に通る理由は人によっていくつもあるでしょうが、落ちる人にはある共通した特徴があるものです。

まずは、信用情報にキズがあるということが挙げられます。

 

信用情報とはいわゆるブラックリストとよばれるもので、金融機関で保存されている要注意顧客リストのようなものです。

過去の返済態度があまりに悪かったなど問題があれば、金融事故として信用情報機関という会社に最低5年間は記録されてしまいます。

書類に誤りがある人や他社の借入残高がある人

また、書類に虚偽の記載があることも審査には不利に働くでしょう。

 

さらに、他社の借入残高がたくさんあるなど返済に無理があると判断されても審査に落ちることがあります。

 

これらの金銭的なウィークポイントがあれば、審査に落ちる可能性があると考えてよいでしょう。

 

随時返済で早めの完済も目指せる!

約定返済と随時返済

資金調達において決められた期日内に返済するということは、最も大事な決まりごとです。

 

この決まりごとが守られないと、借入先だけでなく、それ以降長期にわたって審査が通りにくくなるでしょう。

 

あまりにもモラルのない行動をしてしまうと、信用情報という金融機関のネットワークに金融事故として記録に残るケースもあります。

 

そうならないためにも、まずは約定返済と随時返済について知っておくことが肝要です。

 

約定返済とは、契約の時点で決められた最小返済額を毎月支払うという返済方式になります。

この最小返済額については、金融機関ごとによってさまざまです。

 

借入残高と利用限度額の関係

常陽銀行カードローンのキャッシュピットであれば、借入残高と利用限度額によって返済金額が決まっているのです。

 

最も安いプランであれば毎月1000円から返済できるものもあります。返済額は以下のような設定です。

 

借入残高

月々の返済額

10万円以下

1,000~3,000円

10万超~20万円以下

2000~6000円

20万超~30万円以下

3000~9000円

30万円超

10万円増すごとに1000~3000円追加

 

毎月の返済金額が低ければ低いほど返済が長くなり、金利負担も大きくなるものです。

可能であればできるだけ毎月の返済金額を大きくしたいところでしょう。

 

しかし、あまりに1カ月あたりの支払い負担が大きすぎると、返済が滞る可能性も高くなるのです。

万が一収入が少ない場合や思わぬ出費が重なったときでも、十分返済できるような金額に設定しておくことで無理なく返済できますよ。

随時返済をいかに使うか

常陽銀行カードローンキャッシュピットであれば、約定返済に加えて随時返済も可能です。

 

もしも資金に余裕があるのであれば、約定返済に加えて余剰資金を返済することができます。

 

この随時返済を取り入れることにより、 低い金額に設定した約定返済による金利の過払いを軽減できるのです。

約定返済と随時返済を組み合わせて効率よく返済計画を立てられるのが、常陽銀行カードローンキャッシュピットの魅力のひとつといえます。

契約したあとに限度額を増額する方法

カードローンは、契約するときにいくらの金利でいくらまで借り入れできるかということが決まります。

 

借り入れの状況によってはもっと限度額を増やしたいと考えることもあるでしょう。

そのような人のために、増額手続きというサービスがあります。

 

増額審査に通ることが必要

利用限度額を増額するには改めて増額審査に通る必要があります。

増額申請の申し込みは電話で行いましょう。

 

そのさい本人確認書類である免許証やマイナンバーなどの書類や、50万円以上の利用限度額に増額する場合は収入証明書として源泉徴収票や所得証明書確定申告書などを提出します。

 

次にあるのが、勤務先への在籍確認の連絡です。

この段階で最初の申し込みと勤務先が変わっているなどの変更点が伝わっていなければ、増額申請が承認されない事態になりかねません

 

スムーズに増額申請するためには、事前に勤務先などの基本事項に変化があれば随時銀行に連絡しておいて情報に違いがないようにしておく必要があります

 

また、カードローンの新規申し込みから増額申請までであけておくべき間隔としては、だいたい半年はあけておくとよいでしょう。

なぜなら、半年以上の返済実績を作らないと、カードローン会社にとっては「増額しても問題ない顧客かどうか」の判断が難しいからです。

 

利用限度額が減らされるというリスクもある

増額申請をした時点で返済能力の低下が認められてしまえば、増額どころか銀行の評価が下がって利用限度額が減らされてしまいます。

 

また、カードローンは流動性預金の性質があるサービスです。

銀行にとってはマイナス要素の大きい資金となるため利益を出すための運用に回せません。

 

仮に返済があったとしても、すぐ融資をしなければならない資金のため、カードローンの資金は銀行が自由に使えないのです。

 

そこで、他のローンの借入限度額を減らすことでその補てんをはかろうとすることがあります。

ひとくちに増額申請といっても良し悪しがあるので、自分の返済能力や資金計画から最適なものを選ぶとよいでしょう。

緊急の出費に備えて作っておくと便利!

カードローンは事前に作っておく

融資を受けるきっかけになるライフイベントにはさまざまなものがあるでしょう。

 

しかし、カードローンは必要になってから作るよりも万が一の備えとして事前に契約しておくほうが賢く利用できます。

 

まず、資金に余裕がある状態のほうが審査に通りやすいのです。

他社からの借り入れがなく収入も安定しているという経済的にクリアな状態のときに作っておくのがよいでしょう。

 

そのほうが、利用限度額や利率なども条件がよいプランで契約しやすくなります

 

キャッシュピットは維持費ゼロ

さらに、常陽銀行カードローンのキャッシュピットであれば入会金や年会費などの維持費もかからないため、前もって持っておくだけでも損はありません。

 

思わぬ事態に備えて、いつでも資金を用意できる環境を、カードローンを使って整えておくのもよいでしょう。

 

まとめ

常陽銀行カードローンキャッシュピットは、低金利で高額の融資が望めるサービスです。

 

入会金や年会費などの維持費もかからなければ、担保や保証人を用意する必要もなく気軽に利用できます。

 

貯金をしっかりしておき普通預金から引き出すという生活は基本です。

しかし、キャッシュピットを契約しておけば、いざというときに預金を引き出す感覚で便利に借り入れできるのです。

 

お守り代わりに財布に入れておき、賢くカードローンを利用しましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。