京都銀行のカードローンは使いやすい?京都信用金庫との違い

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

銀行系カードローンといっても、銀行によって特徴メリットにはさまざまなものがあります。

 

自分にとってメリットのあるカードローンを選ぶにはどこがいいのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そのうえ、銀行系といってもメガバンクや地方銀行、信用金庫など違いもあるので、どう違うのか押さえておきたいところです。

 

また、口座を持っていない銀行のカードローンは利用できるものかどうか、疑問を持つ人もいるでしょう。

 

このように、カードローンのメリットや特徴、利用条件など分からないことがあると、せっかくいいカードローンがあっても使うことができません。

 

そこで、今回は京都府内に住んでいる人が利用できるカードローンとして、主に京都銀行カードローンについて紹介していきます。

 

Contents

「飾らない」「地域密着」を前面に出している京都銀行

京都銀行の歩み

京都銀行は、1941年の創立以来、地域に密着した銀行として京都府の人びとの暮らしとともに歩んできた銀行です。

地方銀行でありながら、拠点数は有に490カ所を超えています(2018年7月現在)。

 

海外駐在員事務所を設置するなど、国内だけでなく海外でも京都銀行利用者にとって便利な環境の提供に努めています。

地域密着の理由

京都銀行が進める地域密着とは、主に地元産業の活性化にあります。

1つは、顧客企業を中心に新製品開発新技術の研究海外事業の展開や人材育成です。

 

さらに、企業の発展と維持に欠かせない分野へのコンサルティングと資金支援にも力を入れているのです。

 

IT企業などの創業や新事業の創設などにもサポート力を発揮することで、京都、そしてその周辺地域の活性化と発展に協力しています。

 

特に地域再生と活性化では、他県の地方銀行や専門家、さらに地方公共団体との連携を図ることで、偏りのない、そして実行力の高いサポートを実現しているのです。

 

柔軟で飾らない銀行

京都銀行が飾らない銀行を前面に出しているのは、理由があります。

個人の顧客に対しても、「普段気になったこと」「銀行のシステムなどで不便だと感じたこと」などがあれば、どんどん意見を吸収していることです。

 

例えば、ICキャッシュカードが自宅に届くまでには、以前はおよそ2週間かかっていました。

 

しかし、「早く受け取りたい」という意見を反映させ、ICキャッシュカードが即時発行できるカード発行機を設置したのです。

 

他にも、インターネットバンキングのスマートフォン利用セキュリティー強化など、顧客の声を柔軟に受け入れ、顧客目線の飾らない銀行として地域に貢献しています。

 

京都銀行で取り扱うカードローンの種類

京都銀行では、「京銀カードローンW(ワイド)」を取り扱っています。

 

「京銀カードローンW」の借入限度額は、30万円、50万円に100万円、300万円、そして最高額が500万円です。

 

借入利率は、最低借入限度額の30万円の場合は11.975%、最高借入限度額の500万円では3.975%での利用ができます。

 

京銀カードローンWの特徴

「京銀カードローンW」の使いやすさのひとつは、来店不要で作れることです。

インターネットから24時間365日いつでも申し込みができます

 

口座がない人でも申し込み可能ですが、その場合は利用までに口座を作っておきましょう。

口座開設のときだけ来店が必要になります。

 

申し込みは、満20歳以上、満60歳以下で安定収入があれば、パートやアルバイトなど働き方は特に問われません

使い道自由な心強いカード

「京銀カードローンW」の良さは、使い道が自由であるということです。

一度作ってしまえば、いつでも必要なときに、利用限度額の範囲内であれば好きな金額の利用ができます。

 

事業性資金には使えませんが、通常のローンのように、利用目的が限定されているわけではありません

 

冠婚葬祭など、急で大きな出費があると時期によっては捻出がむずかしいこともあるでしょう。そんなときに役立つカードローンです。

 

京都銀行とメガバンクのカードローンのスペック比較

京銀カードローンWは利率が低め

カードローンの利用で気になることのひとつに利率があります。

 

カードローンは、発行している銀行によって借入限度額や利率が異なり、それが特徴にもなっています。

 

メガバンクのカードローンと京都銀行の「京銀カードローンW」の利率を比較してみましょう。

 

メガバンクのカードローンは、最も低い利率だと1%台、高いものでは14%強という利率もみられます。

 

これに対して「京銀カードローンW(ワイド)」の利率は低いもので3.975%、高いものでも11.975%です。

全体的に高い利率という印象はありません。

 

京銀カードローンWは手頃な限度額

利用限度額に関しては、メガバンクの場合、最高は800万円を超えるカードローンも出てきています。

 

一方、「京銀カードローンW」の最高限度額は500万円なので、やや低いと感じるかもしれません。

 

しかし、実際にはカードローンの利用で800万円までの借り入れをするというのは、そうそうないでしょう。リフォーム費用などに使うとしても、十分と考えられる金額です。

申し込みから発行までの期間は?

「京銀カードローンW」の申し込みから利用までにはおよそ1週間かかります

 

ただし、メガバンクのカードローンでも、2018年からは即日の利用ができなくなっています

 

仮に無人カード発行機などでカードだけ発行された場合でも融資を受けるのは後日になるので、利用のタイミングで大きな差は考えられません。

 

「京銀カードローンW」の優れている部分は、公共料金などの引き落とし日に残高が不足していれば、自動融資を受けられることです。

 

給料前の引き落としや入金忘れにも安心できますね。

京都銀行カードローンWの利用条件

「京銀カードローンW」の利用条件は、まず京都銀行に口座を持っていることです。

ただし、口座がない場合でも利用までに開設できていれば問題はありません

 

「京銀カードローンW」は、基本的に申し込みからカードの受け取りまでが来店不要になっています。

しかし、審査結果によっては窓口での契約が必要になる場合があります

 

口座を新設する人ではなくても、最寄りに京都銀行の本支店がある人のほうがいいかもしれません。

 

京都銀行カードローンWの利用条件Wが向いている人

京銀カードローンWに向いている人

「京銀カードローンW」の利用条件に向いている人は、まず、京都銀行の本支店が近くにある人です。

京都銀行は、地元京都府はもちろん、大阪府や滋賀県にも支店があります。

 

カードローンを作ってしまえば、コンビニなど提携ATMから利用ができるため、普段の利用には不便がありません

 

「京銀カードローンW」は、安定収入があることが条件です。

雇用形態などのくくりはないため、パートやアルバイトといった非正規雇用の人も向いています。

 

他には、使い道自由の借り入れを繰り返し利用したい人にも向いているでしょう。

京銀カードローンWに向いていない人

一方、「京銀カードローンW」に向いていない人は、即日融資を受けたい人です。

また、京都銀行の本支店が近くにない人も向いていないかもしれません。

 

ただし、それは京都銀行に口座がない人だけの問題です。すでに口座を持っている人には関係ないでしょう。

 

「京銀カードローンW」は、100万円を超える限度額の利用を希望する場合には、収入証明が必要になります。

そのため、勤続年数が1年未満で100万円以上利用したい場合には向いていません。

 

また、限度額が大きくなると、非正規雇用の場合も向いているとはいえないでしょう。

20歳未満の人や61歳以上の人も、年齢の条件に引っかかってしまうため、向いていません。

 

急ぎでお金が必要な人は「即日融資可能なカードローン」を検討してみてください。

メインバンクが京都銀行の人向け!自動融資機能アリ

京都銀行がメインバンクならさらに便利

京都銀行をメインバンクにしている人は、特に便利です。

 

「京銀カードローンW」には、公共料金などを口座からの引き落としにしている場合、口座の残高が不足していると、自動的に融資してくれるサービスがついているからです。

 

例えば、お給料の振込日が、休日の関係で引き落とし日の後にずれてしまうということはないでしょうか。

そんなときにも、勝手に融資を行ってくれるので、払い忘れを防ぐことができます

 

また、急病や葬儀など突発的なことで口座に入金する時間がない場合でも、残高の状況に応じて自動的に融資して払ってくれます。

 

うっかり携帯が止まってしまうという困った事態も、未然に防いでくれるのです。

カードローン申込みまでに京都銀行の口座が必要

京都銀行の口座開設でスムーズに

「京銀カードローンW」の利用には、京都銀行の口座が必要です。

京都銀行に口座がない人は、「京銀カードローンW」の申し込みまでに口座を開設しておきましょう。

 

口座は、京都銀行の本支店で作れます

近くにない場合や特に急がない場合は、京都府や滋賀県、大阪府など本支店のある地域に行った際、作っておくのもいいかもしれません。

 

また、居住地は違っても、実家が京都などであれば、帰省のついでに口座を開設しておくのもいいでしょう。

 

口座さえあれば、いつでもインターネットで申し込みができます。その際、京都銀行をメインバンクにしておけば、自動融資の利用もできて快適ですね。

パートやアルバイトはOKだが本人に収入がない人は申込み不可

100万円未満なら収入証明書は不要

「京銀カードローンW」に申し込む際には、必要な書類がいくつかあります。

 

まず、本人確認書類です。

運転免許証が好ましいですが、ない場合にはパスポートまたは健康保険証の写しがあれば問題ありません。

運転免許証と健康保険証の写しは、裏表が必要です。

 

次に、京都銀行普通預金口座の印鑑も用意しましょう。

 

そして、外国人の場合は住民票も用意します。この場合の住民票とは、在留資格が記載されたものをいいます。

 

最後に、収入証明書です。

ただし、収入証明書が必要になるのは、借入限度額が100万円以上の場合なので、30万円または50万円コースを希望する場合は必要ありません。

 

仮審査はネットで!本申込みは郵送で手続き

申し込みから審査までの流れ

「京銀カードローンW」は、インターネットから申し込みが可能です。

インターネットは仮申し込みという形になり、その後に仮審査が始まります。

 

仮審査の結果は申し込みの際に入力した電話番号に直接連絡が入るか、または郵送で届けられます。

また、このとき、場合によっては在籍確認の電話が勤務先に入るかもしれません。

 

誰でも必ず在籍確認があるわけではありませんし、電話がある場合でも個人名での連絡なので、カードローンであることを周囲に気づかれる心配は無用です。

 

仮審査が通れば、申込書が自宅に郵送され、契約書の作成に入ります。

このとき、審査に通過できなかった場合も郵送でその結果が知らされます。

 

契約書が郵送されてきたら、必要事項を記入し、運転免許証など本人確認ができるものの写し、限度額によっては収入証明書などを同封して返送しましょう。後日、カードが郵送で届きます。

 

口座がない人は窓口がスムーズ

また、「京銀カードローンW」は京都銀行の口座を持っていることが利用条件のひとつです。

 

口座がない人は窓口で開設する必要があるので、インターネットからの申し込みではなく、店頭の窓口で申し込むほうがスムーズでしょう。

 

京都銀行カードローンWの申し込みや審査対象になる人は?

安定収入のある人が対象

京銀カードローンW」の審査の難易度についてですが、就労条件や年齢などの点を考えると、誰でも通りやすいとはいえません

 

カードローンの中には専業主婦や学生など、配偶者や家族に安定収入があれば作れるカードもあります。

 

しかし、「京銀カードローンW」の場合は、自分で収入を得ていることが条件です。

ただし、パートやアルバイト、派遣社員などにも対応しています。

 

そのため、正社員ではないことで作れるカードローンがなかった非正規雇用者には、作りやすいのではないでしょうか。

総量規制に注意

カードローンの審査には、総量規制も対象として考慮されます。

総量規制とは、簡単にいえば年収の3分の1以上の借り入れができない法律のことです。

 

ただし、総量規制は消費者金融のカードローンにしか適用されません。

「京銀カードローンW」は銀行のカードローンなので、総量規制に触れるかどうかを気にする必要は少ない、と思われがちですが最近では銀行カードローンのあいだで借入額の自主規制をしている銀行が多くなっています

 

あくまで自主規制ではありますが、借入限度額の過度な期待はしない方がいいでしょうね。

家族にバレやすい?!利用明細書は必ず郵送

カードの発送は郵送で

「京銀カードローンW」のカードは原則郵送です。

 

もちろん、本人宛の配達記録郵便などで届きますが、自分が不在の場合には他の家族が受け取るかもしれません。

勝手に開封されることがあれば、中身は何か分かってしまうでしょう。

 

また、審査中の在籍確認や、審査の結果が電話でくる場合も、周囲にバレる可能性がないとは言いきれません。

 

もちろん、勤務先への在籍確認は個人名でかかってきます

しかし、プライベートな電話は個人の携帯にかけるような職場の場合には、やや不自然に思われるかもしれません。

 

利用明細も郵送が原則

実際にカードローンを利用するようになると、利用明細は郵送で送られてきます。

中身を見られなければいいので、必ず自分の部屋で開封し、すぐにしまっておくなど工夫しましょう。

 

カード自体もそうですが、うかつに見えるような場所に置かないこと、カードは財布に入れっぱなしにせず必要なときだけ持ち歩くなどすれば家族や周囲にバレることを防げます。

京都銀行カードローンの返済方法とは

柔軟性のある返済方法で早めに返せる

カードローンを利用する場合は、返済方法に柔軟性があるほうが早く返済できます

 

「京銀カードローンW」の場合、約定返済任意返済の2つが用意されており、どちらも利用できるので、返済方法の柔軟性は高いといえます。

 

しかも、任意返済で利用できるATMは、ゆうちょ銀行やコンビニが主です。

 

ゆうちょ銀行やコンビニなら全国で利用可能で、京都銀行のATMが近くにない場合でも返済できます

 

利用時間がATMによって異なるので確認は必要ですが、任意返済ができると早く返済ができるため、そのぶん金利を抑えることも可能です。

ゆうちょ・コンビニも利用可!京都銀行カードローンの提携ATM

「京銀カードローンW」の場合、約定返済と任意返済の2つが用意されており、どちらも利用できるので、返済方法の柔軟性は高いといえます。

 

約定返済とは?

約定返済日は、毎月5日で固定されています。

5日が土日や祝日にかかる場合には、翌営業日が返済日です。

 

約定返済日は京都銀行の口座からの引き落としになるので、間違いのないよう、事前に入金しておきましょう。

 

任意返済とは?

任意返済とは、約定返済以外に自由に返済できる方法です。

任意返済の場合は京都銀行のATMか、提携先のATMから自由に返済できます

 

あくまでも任意なので、必ず返済しなければいけないわけではありません。

その代わり、余裕のあるときにはいつでも、いくらでも返済できるため、早めに返済できる便利な返済方法です。

 

ただ、ATMで残金すべてを一括返済するのはむずかしいので注意しましょう。

 

日割り計算分の支払利息があるため、通常は端数が出る金額になります。

そのため、小銭に対応していないATMからの場合は、完済するのはむずかしいのです。

 

端数の小銭まで返済したい場合には、小銭に対応したATMを探しましょう。

 

また、確実に完済するなら自分で計算せず、京都銀行に残金を確認してからのほうが確実です。

京都銀行の場合は、以下の金融機関やコンビニと提携しています。

  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • ローソン
  • イーネットなど

 

また、ATMの返済からは手数料がかかります

手数料は金融機関によって異なるので、注意しましょう。金融機関での違いだけでなく、さらに時間帯によっても異なります。

 

曜日や時間帯によって手数料がかなり手頃になっているATMも多いので、上手に利用するとお得に使うことができます。

電話のつながりやすさはカード利用に反映する

カードローンを利用するとき、困ったことや利用に対する疑問点については、インターネットで検索するという方法があります。

 

しかし、ダイレクトに電話で聞いてしまったほうが早い場合も多いものです。

 

そこで、気になるのは実際のオペレーターの対応や電話のつながりやすさでしょう。

カードローンやクレジットカードなどの場合、なかなか電話がつながらないこともめずらしくはありません

 

利用者が多いことが理由として考えることはできますが、電話のつながりやすさは重要な問題です。

 

例えば、「返済が間に合わない」「返済額の相談をしたい」という場合には、電話がつながらないことで翌日にずれてしまうこともあります。

 

電話が繋がらなかったために緊急の連絡ができないこともあるので、事前に知っておくといいでしょう。

京都銀行と京都信用金庫カードローンならどっち?

京都銀行は、京都やその周辺地域の人にとって、飾らない地域密着型の銀行として定着しています。

 

実際に、メインバンクにしている地元の企業も多いので、地域で暮らす人や経営者からの信頼が高いことがうかがえます。

融資やコンサルティングの両面から企業をサポートできるのは京都銀行の強みですね。

 

ベンチャー企業や、地場産業を盛り上げるためのバックアップなども力を入れていますし、京都になくてはならない銀行といえるでしょう。

 

ところで、京都で地元に密着した金融機関といえば、京都信用金庫も外すことはできません。

 

京都信用金庫も使い勝手の良い金融商品を提供していますし、地域住民に浸透した、利用者の多い金融機関です。

 

京都信用金庫のカードローンの種類

京都信用金庫には、「クイックLINE」「キッチンLINE」「スマートLINE」の3つのカードローンがあります。それぞれに特徴が違うので、概要について見ていきましょう。

 

クイックLINE

「クイックLINE」とは、最高100万円まで利用可能なカードローンで、京都信用金庫に口座のある人なら誰でも申し込みができます。

 

基本的にインターネットでの申し込みが可能で、来店は不要です。

 

印鑑や署名なども不要なので、作りやすいカードローンといえます。

 

キッチンLINE

「キッチンLINE」も、最高限度額は100万円です。

利率は3.8%と低めで、郵送のみで契約可能なため、来店不要で利用できます。

 

ただし、「キッチンLINE」の場合は、京都信用金庫で住宅ローンを利用していることが条件です。

住宅ローンの利用を検討している人、または利用がある人はお得な金利で利用できます。

 

スマートLINE

「スマートLINE」は、最高限度額が200万円と、3つのカードローンの中では最も高い利用額が見込めます。

「スマートLINE」も来店不要で、郵送での契約が可能です。

 

金利も4.8%と低めですが、「京信ポイントサービス」がサードステージ以上であることが申し込み条件になっています。

 

金利の低さが魅力だが口座の開設は必須

インターネットで完結できるクイックLINE

「クイックLINE」は、申し込みから契約までがすべてインターネットで完結できるカードローンです。

そのため、店頭まで行くわずらわしさがありません。

 

カードローンを作りたいけど、「なかなか銀行に行く時間がない」「窓口が開いている時間帯の外出がむずかしい」という人に向いています。

 

最高限度額は100万円と低い印象を受けるかもしれませんが、カードローンで大きな限度額が通るケースは実際少ないものです。

 

それに、使い過ぎを抑えたい人にとっては、手頃な金額といえるでしょう。

100万円の他に、30万円と50万円のコースがあります。

 

「クイックLINE」の金利は固定で8.9%と、手頃な金利設定になっています。

借り入れも返済も、京都信用金庫のATMか、全国の信用金庫、またはコンビニなど提携金融機関のATMで可能です。

 

年齢は、20歳以上から65歳未満までが対象で、京都信用金庫の営業区域内に居住していれば申し込みできますよ。

 

使い道自由で急な出費に安心

「クイックLINE」も、他のカードローン同様、使い道は自由です。

事業性の支払いには使えませんが、日常の突発的な出費にあると便利に使えます

 

限度額の範囲内であれば、繰り返して使えるので、いざというときのカードとして備えておくといいでしょう。

 

ただし、「クイックLINE」は京都信用金庫に口座を持っていることが基本条件です。

そのため、利用にはまず口座の開設が必須になります。

 

また、申し込みから契約までインターネットで可能ですが、申し込みに関する確認は電話で行われるうえに、カードや書類は郵送が基本です。

 

周囲に知られたくない場合や、口座を作るために窓口まで行くのがむずかしい人には、向いていないかもしれません。

 

まとめ

カードローンをどこで作るかは、自分の使いやすさで決めるのが一番です。

 

「口座を持っているか」「今後もその金融機関を利用する予定があるか」

「職員の対応や説明が分かりやすいか」といった条件も、カードローン選びには重要です。

 

一度作れば、長く利用を続ける可能性もあるので、

「なじみがあるかどうか」「持っていたい口座か」

「さらに職員や困ったときの対処はどうか」など、さまざまな方向から考えて使い勝手の良いカードローンを選びましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。