生活福祉資金貸付制度ってなに?特徴や利用方法を詳しく解説!

  • 用語説明

みなさんこんにちは、マネーアナウンサー門刈です。
突然ですが、みなさんは生活福祉資金貸付制度という言葉を耳にしたことはありますか?

じつはこの制度、みなさんの生活を助けてくれる重要な役割を果たしているのです。

収入が低く銀行や消費者金融でお金を借りられなかったときに、国や市区町村ではお金を貸してくれる制度があります。

そのひとつが、生活福祉資金貸付制度です。

生活が厳しいので働きたいのに、高齢になってなかなか仕事が見つからない…

収入が少なくて、子どもを大学に行かせてあげられないかもしれない…

そんな方でも、諦めないでくださいね。

豊かな生活を送るためのひとつの方法として、生活福祉資金貸付制度のことをしっかりと知ってもらいたいのです…!

ぜひ、最後まで読んでみてください。

生活福祉資金貸付制度とは

生活福祉資金貸付制度は、国や市区町村が行っている経済的支援のことです。

「収入が低い」「高齢である」「障害がある」という方々の、生活を支えるとともに社会参加の支援を目的としてそれぞれの状況にあった資金支援をする制度のことを、生活福祉資金貸付制度といいます。

生活福祉資金貸付制度には、上記の4つの種類があります。

 

どんな人が利用できるの?

残念ながら、すべての人が生活福祉資金貸付制度を利用できるわけではありません

利用できる人は、「低所得世帯」「高齢者世帯」「障害者世帯」と決められています。

利用可能世帯

内容

低所得者世帯

必要な支援をすることで自立した生活を送ることができるが、生活福祉資金貸与制度以外にその資金を借りることができない世帯。

高齢者世帯

65歳以上の世帯。

(日常生活で療養や介護が必要な高齢者など)

障害者世帯

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人(これと同程度だと認められる人も含む)が属している世帯。

低所得者」の基準は、各市区町村で異なっているので注意してください。

また、無収入の人いくつもの場所からお金を借りている人は、利用できない可能性が高くなります。

金利が低いからという理由だけでも利用することはできません。

生活福祉資金貸付制度は、住民みなさんの生活を豊かにするための方策だということを、心に留めておきましょう。

いくらまで借りられるの?

 

生活福祉資金貸付制度では、利用の目的や借り方によって借りられる上限金額が異なっています。

総合支援資金

生活支援費

住宅入居費

一時生活再建費

2人以上世帯:月20万円以内

1人世帯:月15万円以内

40万円以内

60万円以内

福祉資金

福祉費

緊急小口資金

580万円以内

10万円以内

教育支援資金

教育支援費

就学支度費

高校:月3.5万円

高専:月6万円

短大:月6万円

大学:月6.5万円

*上限額の1.5倍まで借入可能な場合も

50万円以内

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金

要保護世帯向け不動案担保型生活資金

・土地の評価額の70%程度

・月30万円以内

・土地および建物の評価額の70%程度

(マンションなど集合住宅は50%)

・生活扶助額の1.5倍以内

※生活扶助とは、日常生活において最低限のものが足りない人におこなう給付

あくまで、この制度は「お金を借りる」制度で「給付」ではありません。
貸してくれるところがどんなところであっても、お金を借りているということを忘れないようにしましょうね。

銀行や消費者金融より返済の期間が長い

生活福祉資金支援制度では、銀行や消費者金融と返済期間が長く定められていているのが大きな特徴です。

返済期間が長ければ、無理のないペースでお金を返すことができるのではないでしょうか?

ただし据置期間がありますので、詳しくは厚生労働省のHPで確認してみてください。

返済期間

返済の期間については以下の通りです。

総合支援資金

生活支援費

住宅入居費

一時生活再建費

10年以内

福祉資金

福祉費

緊急小口資金

20年以内

12カ月以内

教育支援資金

教育支援費

就学支援費

20年以内

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金

要保護世帯向け不動案担保型生活資金

据置期間(契約終了後3ヶ月以内)終了時

この表では「償還期間」についてまとめてありますので、「据置期間」については詳しくは厚生労働省のHPで確認してみてくださいね。

※償還期間とは、返済期間のこと。

※据置期間とは、返済がはじまるまでの猶予期間のこと。

 

金利

お金を返すときには返済期間とともに重要なのが、金利です。

金利とは借りたお金の金額に応じて支払わなければならないお金、つまり「手数料」というようなものでしょうか。

じつは、生活福祉資金貸付制度の金利は、銀行や消費者金融でお金を借りるよりも低金利なんです!

比べてみましょう。

種類

名称

金利

保証人

カードローン

バンクイック

1.8%~14.6%

不要

アコム

3.0%~18.0%

生活福祉資金

支援制度

総合支援資金

生活支援費

保証人あり

無利子

 

保証人なし

1.5%

原則、必要

 

 

保証人なしでも可

住宅入居費

一時生活再建費

福祉資金

福祉費

保証人あり

無利子

 

保証人なし

1.5%

原則、必要

 

 

※保証人なしでも可

緊急小口資金

無利子

不要

教育支援資金

教育支援費

無利子

不要

 

※世帯内で、連帯借受人(連帯して債務を負う人)が必要

 

就学支度費

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金

年3.0%、または長期プライムレートのいずれか低い金利

必要

 

※推定相続人の中から選任

 

要保護世帯向け不動産担保型生活資金

不要

保証人とは?
万一お金が返せなくなったとき代わりに支払う義務を負うことになっている人のこと。
長期プライムレートとは?
銀行などお金を取り扱う金融機関が、最も信用している優良企業(一流の企業)に対して1年以上の長い期間でお金を貸すときに使用する、最優遇貸出金利のこと。

不動産担保型生活資金だけは、年3.0%または長期プライムレートのいずれか低い金利という特殊な金利が適用されるようです。

みずほ銀行が発表した長期プライムレートは、年1.0%(2017年7月11日より)とされているので、思っているよりも低金利であることがわかりますね。

このように、生活福祉資金支援制度の金利は、銀行や消費者金融カードローンに比べて低金利なんです。

保証人がいなくても利用可能なものが多いですので、困ったときには安心して頼ることができますね!

金利だけで判断することはできませんが、借りたお金を返す以外の負担が減るということは少しだけ気持ちに余裕が生まれそうな気がしませんか?

生活福祉資金貸付制度の申請や審査は時間がかかる

先ほどもお伝えしましたが、生活福祉資金貸付制度に申込をしたからといって必ずお金を借りられるわけではありません。

収入や世帯状況など厳しい審査もあり、実際にお金を借りるまで1カ月ほどかかってしまうようです。

どうしても「今すぐお金を借りたい…」「1か月も待てない…」という人は、即日融資をしているカードローンを検討してみましょう。

アルバイトやパートタイマーの方でも継続的な収入があれば、お金を借りられる可能性はあります。

カードローンには「無利息期間」という決められた期間内に返済すれば金利がかからないおトクなサービスもありますので、これを活用すれば負担も最小限におさえられますよ。

自分自身で自立した生活を積極的に営んでいくためには周りの支援は必要になることもあります。
時間に余裕をもって、準備するようにしてください。

相談するときはお近くの社会福祉協議会へ

生活福祉資金貸付制度は、市区町村の社会福祉協議会が窓口となって、みなさんの相談・支援をおこなっています。

社会福祉協議会とは、地域住民や社会福祉関係者の方が参加して、地域の福祉に対応した活動により充実した生活ができるよう、調査や人材育成を行っている機関です。

生活福祉資金貸付制度を利用したい

私って対象者になるのかな…

ちょっとした不安や疑問があれば、ぜひ一度お近くの社会福祉協議会の窓口へ行って相談してみるとよいですよ。

 

申請をするために必要な書類

申請には、以下の持ち物が必要です。

  • 申請される方の本人確認書類
  • 収入がわかる給与明細や通帳のコピー
  • 住民票など世帯状況がわかるもの
  • 連帯保証人となる方の給与明細や通帳のコピー
  • 債務状況(他での借り入れなど)がわかるもの
  • そのほか、提出するように指定されたもの

まとめ

いかがでしたか?

借りたお金をすぐに返済できそうなほど継続的な収入がある人は、生活福祉資金貸付制度を利用できない可能性があります。

少し金利が高くなりますが、銀行や消費者金融のカードローンの利用を検討してくださいね!

みなさんにとって、当たり前に保証されるべきである「教育」や「福祉」などが奪われるほど経済的な余裕がないのであれば、すぐに社会福祉協議会の窓口で相談してみるとよいですよ。

今すぐ必要ではなくても、今日のお話がいつか役に立てばうれしいものです!

以上、マネーアナウンサー門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。