ホーム >  かしこいお金の使い方

わずかな手数料でポイント2倍!?マイペイすリボのお得な利用方法!

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
リボ払い専用のサービスであるマイペイすリボ。 三井住友カードのユーザーであれば一度は聞いたことがある名前でしょう。

マイペイすリボって具体的にどんなサービスなの?

マイペイすリボって本当にお得なの?

というか、リボ払い自体が分からない・・・

 

リボ払いを使ったことがない人なら、このような疑問もあることでしょう。

 

結論からいうと、利用するときの「コツを抑えておけば」マイペイすリボはメリットが大きいサービスなのです!

 

今回は、マイペイすリボについて詳しく解説しましょう。

メリットだけでなく、利用の際の注意点も解説しますので、利用予定の人も最後まで記事を読むことをおすすめしますよ。

 

SMBCモビット

アイフル

マイペイすリボで得をする前に、リボ払いについて理解しよう!

リボ払いは、とても便利な支払い方法ではあるものの、その仕組みを理解しないまま使ってしまうと、「思ったより金利手数料がかかって損した!」といった事態になりかねません。

 

マイペイすリボをかしこく使ってお得に利用するには、リボ払いについての知識を押さえておくことが必要不可欠なのです。

 

リボ払いは損をする支払い方法だ!」と思いがちですが、仕組みをよく理解してから利用することで損をしないリボ払いの使いかたができるようになりますよ!

 

リボ払いの仕組みも説明

リボ払い(リボルビング払い)とは「自分で月々の支払い金額を設定」して毎月の支払いをしていく支払い方法のことをいいます。

 

たとえば、あなたが金利手数料15.0%のクレジットカードで「10万円」の商品を「月1万円支払いの設定のリボ払い」で購入したとしましょう。

 

その場合、月々の支払いの流れは以下のようになります。

このように、基本的には「設定した月々の支払い額+手数料」を支払っていくことがリボ払いの流れです。

 

これだけを見れば、「自分の好きなように支払い額を設定できるなら便利な支払い方法じゃない?」と思ってしまいそうですが、リボ払いにはリスクもあります。

 

たとえば、リボ払いは「次回に繰り越した支払い残高が大きくなる」ほど手数料が大きくなってしまうといった特徴があり、リボ払いは無計画に使ってしまうと借金地獄に陥る可能性もあります。

知らずに使うとリスクのあるリボ払いですが、仕組みを知って計画的に使えば便利な支払い方法ではあるんですよね。

マイペイすリボとは?

マイペイすリボは普通のリボ払いとはちょっと違い、「最初に1回払いでカードを利用していき、支払い日のときに設定金額だけでは完済できなかった金額のみが、リボ払いになるサービス」のことです。

 

イラストを見ると、イメージがつきやすいのではないかと思います。

まずは、1番のように普段のクレジットカードの使用と同じく、1回払いで利用します。

 

支払い日になると、1回払いのように利用金額のすべてを支払うのではなく自分で設定した分の金額が、口座から引き落とされます

 

そして、残った返済(残高)については1回払いの扱いからリボ払いの扱いに代わり、支払い日の翌日から金利手数料が発生していくというのがマイぺいすリボの利用の流れです。

一般的なリボ払いとの違いは?

マイペイすリボと一般的なリボ払いとの違いは、「金利手数料がかかるタイミング」です。

 

一般的なリボ払いは、最初からリボ払い扱いなため利用した翌日から金利手数料がかかります。

 

一方、マイぺいすリボは「最初の支払い日が来るまでは一括払い」という扱いになります。

そのあと、支払い残高が残っていればリボ払いに切り替わるので、一般的なリボ払いよりも金利手数料が発生するタイミングが遅いということなんですね。

つまり、「マイペイすリボは金利手数料がかかるタイミングが少し変わっているリボ払い」ということがいえますね。

マイペイすリボのメリット

年会費が割引される

 

年会費(税別)

割引後の年会費(税別)

三井住友カード

1,250円

0円

三井住友ゴールドカード

10,000円

5,000円

プライムゴールドカード

5,000円

2,500円

ANA VISAカード

2,000円

1,025円

三井住友カードには基本的に年会費がかかるものですが、マイペイすリボを利用することによって年会費が「ほぼ半額~無料」まで割引きになるんです!

 

三井住友カードなら年会費無料でクレジットカードが利用できてしまいますし、三井住友ゴールドカード系に関しては5,000円も割引されるなど、かなり大きいことが分かります。

 

割引で節約できたお金でおいしいものを食べるのも良し、将来に備えて貯金するのも良し、と使い道を考えてしまいますよね。

 

ポイントが2倍になる

マイペイすリボでリボ払いをすると、ワールドプレゼント(カードの利用金額に応じてもらえるポイントを貯めて、景品交換や他社のポイントとして利用できるサービス)のポイント還元率が2倍になります!

 

溜まったポイントは、1ポイント=5円として使えるほか、生活に使えるグッズなどに交換できます。

 

ただし、「金利手数料が発生した月のみの利用料金」に対してのみ、ポイント2倍特典を受けることができる、という条件がある点に注意が必要ですよ!

ポイント2倍をうまく活かすコツは、この後の「ポイント2倍までの流れはどうなる?」にて解説しますよ!

マイペイすリボのデメリット

支払い残高が残ると金利手数料が発生する

リボ払い全般に共通することですが「金利手数料がかかってしまう」という点がマイペイすリボのデメリットといえるでしょう。

 

では、リボ払いの仕組みのときに説明した「三井住友カードのマイペイすリボ(年利15%)で10万円の商品を買ったとき」のシミュレーションをしてみましょう。

 

そのまま10万円の支払い残高を「毎月1万円+手数料」で支払い続けた場合、10回(約10か月)の支払いで完済になります。

 

その場合、完済までに支払うことになる金額は「105,625円」となり、「5,625円」もの手数料がかかってしまいます

 

これでは、「年会費の割引やポイント2倍なのに、結局手数料で損じゃないの?」と思ってしまいそうですが、それは使い方次第なんです。

これから説明する「マイペイすリボをお得に使う方法」を実践することで、マイペイすリボをかしこく利用することができますよ。

マイペイすリボをお得に使う方法

利用限度額=月々の支払い金額にする

「最初の支払い日までは手数料が発生しない」というのがマイペイすリボの特徴だと説明しましたが、最初の支払い日で支払い残高を0円にすれば、実質的に一括払いと同じように利用することができるのです!

 

マイペイすリボの月々の支払い金額の初期設定は5,000円になっています。

これを、ショッピング枠限度額と同じ金額まで上げてしまいましょう

 

こうすることで、「金利手数料は発生しないけど、年会費割引の特典を最大限に受けられる」ことができるのです!

ただし、この方法だと金利手数料は発生していないので「ワールドプレゼントのポイント2倍特典」を受けられない点には注意しましょう。

金利手数料を可能な限り低くする

ワールドプレゼントのポイント2倍特典を受ける条件は「“1円でも”金利手数料を発生させること」です。

 

ここで「まさか・・・」と感づいた方もいることでしょう。

 

その通りです!「支払い残高と月々の支払い金額をうまく調整して、発生する手数料を可能な限り低くする」ことで、「ポイント2倍の恩恵を最大に活かす」ことができるようになります!

 

マイペイすリボの支払い金額は「1万円単位」となっており、少ない金利手数料にするには「〇万円+ちょっと」の金額の範囲で調整しなければいけない点に注意ですね。

 

ポイント2倍特典までの流れはどうなる?

ポイント2倍特典を得るためには金利手数料を発生させなければなりません。

 

具体的にどうやれば、ポイント2倍特典を受け取れるの?」と疑問に持つ人もいることでしょう。

 

そこで、8~9月のカレンダーを用いて「ポイント2倍特典を得るまでのシミュレーション」をおこないます。

 

また、具体的な金利手数料を知りたいのであれば、こちらの式を用いて計算してみましょう。

三井住友カードの金利手数料は、小数点以下が切り捨てになっていますので注意してくださいね。

「支払い残高×0.15※×手数料発生期間の日数÷1年の日数※」
※三井住友カードの金利は年15%
※365日。うるう年の場合は366日

 

スマホの電卓機能や、Googleの検索ボックスで式を入力して計算してみましょう。

初回支払い日までのスケジュール(2018年8月の場合)

マイペイすリボでは、初回支払い日までに発生する金利手数料は「無料」となっています。

 

つまり、オレンジ矢印が引かれている期間(8/1~8/27)は金利手数料が発生しないため、「手数料を発生させるチャンスは初回支払い日後の翌日からその月の末日(8/28~8/31)までのわずか数日間」ということになるんです!

 

このカレンダーのケースでは4日間のうちに金利手数料を発生させないと、8月分の獲得ポイントを2倍にできないということになります。

 

ここで、先ほど紹介した計算式を当てはめてみましょう。

たとえば、利息発生期間が4日の場合で支払い残高が1,000円だったときの利息は…

「1,000×0.15×4÷365=1.64…」

 

三井住友カードの場合は小数点以下を切り捨てるため「今回のケースでは1,000の支払い残高を残せば、1円の金利手数料がつく」ということになります。

また、今回のケースのように、26日が土日祝日になっていた場合や、休日が続いた場合は次の営業日まで支払い日が後にずれていきます。

 

利用する月や曜日によっては金利手数料発生期間がたった0~1日しかない場合もあります。

1日しかない場合は、最低でも2,500円以上支払い残高を残さなければならない点に注意です。

カレンダーの例を参考にして、初回支払い日での金利手数料発生期間を調べてみましょう。

2回目以降の場合

2回目以降の支払いは、このような流れになります。

初回との違いは、手数料無料期間の有無ですね。

 

1日から支払い日までの期間は、先月の支払い日後残った支払い残高を対象に利息がかかっています

たとえば、先月27日に1,000円のリボ払い金額が残っていたのであれば、その1,000円が手数料の対象になっているということになりますね。

 

2回目以降の場合、丸ごと1か月分のリボ払いの金利がかかるため、手数料を発生させるには「100円以上」が必要となり、初回よりも手数料発生のハードルが下がっていますね。

 

ポイント2倍のまとめ!注意点はある?

  • 初回では「2,500円以上の支払い残高を残す」
  • 2回目以降では「100円以上の支払い残高を残す」

 

細かい計算が面倒だ!」という人は、「初回はとりあえず2,500円以上の支払い残高を残す」ようにしましょう。

 

これなら、初回の金利発生期間が1日しかなくても「多くても10円以下の手数料」で初回のリボ払いを乗り切ることができますよ。

 

以上の2つのルールを守っていれば、手数料をほとんどかけずにポイント2倍の特典を受けることができます。

 

注意点:失敗した場合はやり直し

支払い残高を調整するのに失敗して、手数料が0円になってしまった場合は、もう一度初回の方法からやり直す必要があります

ポイント2倍獲得に失敗してしまったまま使い続けてしまうとをしてしまうでしょう。

ポイント2倍獲得のルールを守って利用していれば基本的に大丈夫ですが、念のためにポイント2倍をきちんと獲得できているかのチェックをしておきたいですね。

注意点:マイペイすリボ対象外の商品がある

  • 三井住友カード年会費
  • キャッシングリボ
  • ローンの返済に充てるお金
  • PiTaPa利用料金
  • 三井住友の情報誌購読料
  • 提携会社から収納事務を委託された一部の保険料

 

たとえば、上記のものがマイペイすリボ対象外のものになります。

とくに注意しておきたいのが、年会費やキャッシングリボあたりでしょうか。

 

キャッシングリボ対象外の商品で支払い金額調整に失敗してしまうケースもありますので、支払い日前には、必ず利用料金の内訳を確認してから調整することをおすすめしますよ。

 

支払い金額の設定方法

三井住友カードを利用している方であれば、利用残高の確認などで「Vpass」を利用している人が多いかと思います。

マイペイすリボの支払い金額は「Vpass」にて変更することができます。

 

利用限度額=月々の支払い金額にしたい場合

  1. Vpassにログインする
  2. ページ上部にある「リボ払い&キャッシング」を選ぶ
  3. マイペイすリボの「お支払い金額変更」を選ぶ
  4. 「増額を申し込む」を選ぶ
  5. 2つのメニューが出てくるので、2つとも選んで次へ進む
  6. お申し込み内容の「すべてを支払う。」にチェックを入れる
  7. 不備がないか確認をして申し込む

 

これにて、次回の支払いをすべて一括支払いにすることができますが、もうひとつ、手順があります。

最後に、お支払いコースを変更しておきましょう!

  1. リボ払い&キャッシングの画面にある「お支払いコースの変更」を選ぶ
  2. 支払いコースの金額設定ができるので、自分の利用限度額と同じになるように入力
  3. 不備がないか確認をして申し込む

これで「利用限度額=支払い金額」にする手続きは完了です。実質一括払いで使えて、しかも年会費無料になるのはおいしいですよね。

ポイント2倍のために、支払い残高を調整したい場合

  1. Vpassにログインする
  2. ページ上部にある「リボ払い&キャッシング」を選ぶ
  3. マイペイすリボの「お支払い金額変更」を選ぶ
  4. 「増額を申し込む」を選ぶ
  5. 2つのメニューが出てくるので、上の「臨時増額の申し込み」を選ぶ
  6. 支払い残高が少なくなるように増額をする

 

ポイント2倍狙いで増額するときは、支払い金額の増減が1万円単位になっていることに気をつける必要があります。

 

初回の場合は〇万円+2,500円以上、2回目以降の場合は〇万円+100円以上になるように、うまくお買い物をして調整していきましょう。

細かい作業が必要になってきますが、地道にコツコツ調整していきましょう!

マイペイすリボに向いている人とは?

  • クレジットカードを計画的に利用できる人
  • 少しでもお得に三井住友カードを利用したい人
  • コツコツとした作業が苦ではない人
  • ゴールドカードなど、年会費の高いカードを使っている人

以上の4点のうち、ひとつでも当てはまればマイペイすリボを向いている人といえるでしょう。

 

マイペイすリボでポイント2倍の特典を受け取るには少し面倒な手続きが必要かもしれませんが、年会費無料の割引特典なら少しの手続きだけで終わらせることができます

 

とくにゴールドカードのような、年会費が高いカードを持っている人なら、年会費割引特典のメリットが大きいでしょう。

 

まとめ

マイペイすリボはいくつか注意点があるものの、仕組みをよく理解して計画的に利用すればメリットの大きい支払い方法といえます。

 

また、マイペイすリボは途中からやめることもできます。

 

一度やってみて「自分には合わないな・・・」と思ったときは、電話一本でもとの支払い方法に戻せるので、仕組みを理解してから一度やってみるのもいいかもしれませんね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

 

 

SMBCモビット

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします