ホーム >  カードローンの基礎知識

審査なしのカードローンはある?審査が心配なときの解決策

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

新しくカードローンを申し込むときに心配なのが、審査に通るかどうかですね。

すでに複数のカードローン会社から借り入れを行っている人や、収入が安定していない人は、とくに不安になってしまうかもしれません。

 

カードローンの審査は、今までの利用の仕方や収入によって判断される部分が大きいです。そのため、できる限り審査の緩いところ、またはまったく審査がないところを探したくなりますよね。

 

実際のところ、審査がまったく必要ないカードローンなどあるのでしょうか?

 

今回は、審査なしでも利用できるカードローンがあるのかを解説していきます。

また、審査が気になった場合や借り入れが増えてしまったときの解決策についても解説していくので、参考にしてくださいね!

 

SMBCモビット

SMBCモビット

審査なしで借入できるカードローンはある?

結論からいうと、審査なしで申し込みできるカードローンはありません。

消費者金融は貸金業法によって審査の仕組みが決められていて、個人の信用情報をもとに、貸し付けの判断を行います。銀行も同様で、貸し付けについては銀行法で定められた方法で貸し付けしてもよいかどうかの与信判断を行うのです。

 

消費者金融や銀行はお金を貸してしっかりと返済されることで上乗せした金利が利益になります。

そのため、審査なしで返済能力のない人に貸し付けを行ってしまうと利益が出ない可能性があるので、審査のないカードローンがないのは当然といえるでしょう。

 

法律を守らず営業をしている金融業者が扱っているカードローンなら、審査をせず利用できる可能性があります。

しかし、法律にもとづいた経営をしているカードローン会社であれば、審査なしで利用できる会社はないといえるでしょう。

審査のないカードローンを探すよりも、自分の不安要素をクリアできそうなものを選んで申し込むことが大切です。

審査なしは違法業者だと思ってよし!

仮に審査なしを売りにしているカードローン会社があったとしても、その会社は闇金業者など違法な営業を行っている業者の可能性が高いです。

 

闇金とは、貸金業者として正式に登録を行わずに貸し付けを行う業者のことをいいます。

闇金業者かどうか見分けるためには、まず金利を確認することが重要です。

 

闇金業者の貸し付けは高金利!

闇金業者は往々にして、非常に高い金利で貸し付けを行うのが特徴です。「トイチ」や「トゴ」といったような言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。「トイチ」は10日で1割、「トゴ」は10日で5割の利息を取るということです。

 

本来金利は利息制限法で年間の利息が最大20%までと定められているのです。しかし、「トイチ」は年利365%ということになるので、定められた金利の18倍以上と、明らかに違法な金利を設定しています。

闇金はほとんどが「トイチ」や「トゴ」といったような法外な利息を取っているので、まず金利を確認して、闇金かどうか判断しましょう。

貸付金額が低めなのも特徴

新規の顧客を安心させるためやお金に困っている人のために、少額から貸し付けを行っていることも特徴です。

最初は借りた金額が少額でも、高い利息やさまざまな手口でどんどん借金が積み重なるのが闇金の恐ろしいところといえます。

 

甘い条件を持ちかけられたら闇金を疑うべき!

ブラックリストになっていても借りられる!」や「ほかで断られた人でも大丈夫!」は、闇金業者が使う常套句です。

闇金はほかのカードローン会社の審査に通らないような不安要素を抱えている人をターゲットにしています…!

 

審査もなく明らかにほかのカードローン会社の審査で不利になるような条件でも受け入れている場合は、闇金業者である確率が高いといえるでしょう。

 

総量規制に左右されないカードローンを選ぶ

すでにほかのカードローンやキャッシングを利用していて借入額が心配な場合は、総量規制に左右されにくいカードローンを利用する方法がありますよ。

 

総量規制って何?

総量規制とは、貸付業法で定められている、「貸付業者は年収の3分の1以上の貸し付けは行ってはいけない」という決まりです。

 

「総量」とは、個人の借入金額合計のことを示しています。

つまり、総量規制とは借入総額に一定の上限を設けることで、カードローン利用による借り過ぎを防止することを目的にした決まりなのです。

 

簡単な例でいえば、年収600万円の人は200万円までしか借り入れを行うことができません。借りる側の生活を壊さないための決まりごとといえるでしょう。

総量規制があるのは貸付業法に従って営業している消費者金融や信販系のカードローン会社のみとなっています。

銀行系のカードローンなら総量規制がない

総量規制は銀行系のカードローンには適用されません。銀行は銀行業法によって営業しているので、貸付業法によって規定されている総量規制は関係がないのです。

 

総量規制が心配という人は、銀行系のカードローンの利用を検討するとよいかもしれません。

ただし、銀行系のカードローンにも審査があるので、どんな条件でも必ず借り入れができるということではないので、注意が必要です。

 

銀行系のカードローンに申し込む際も、審査に通ることが可能かどうかは、しっかりと吟味してくださいね。

 

2社以上の借入はおまとめローンを利用する

複数のカードローンを利用しており、すべて限度額がほぼいっぱいな状態なら、おまとめローンを利用する方法もあります。

 

おまとめローンとは?

複数のカードローン会社から借り入れを行うと、月々の返済の負担が膨れ上がり「多重債務者」になる可能性があります。

 

そういった多重債務者におすすめなのが、おまとめローンです。

おまとめローンに明確な定義は存在しません。とにかく、「複数の借り入れを1つにまとめること」をおまとめというのです。そのため、商品名は「おまとめローン」でも扱っているカードローン会社や銀行によって内容が異なる場合があります。

 

申し込んでから目的の商品と違ったということにならないよう注意しましょう。

 

おまとめローンの審査は通りやすい?

おまとめローンの審査は、誰でも通るというわけではありません

 

おまとめローンは主に複数のカードローン会社から借り入れを行っている人が利用する返済方法です。

複数の会社からの借り入れは普通の審査では返済能力を疑われる条件ですから、そもそも審査に通りにくい状態にあると思って申し込みをしたほうが良いでしょう。

 

おまとめローンの審査を通過するための条件

おまとめローンの審査を通過するための条件として、まずは勤続年数が挙げられます。おまとめローンの審査でも継続して返済ができるかどうかは重要な判断材料です。

 

一般的に、安定した収入を得られる仕事を1年以上続けていると、審査で信用を得られる傾向にあるようです。また、おまとめローンの審査に通過する最低ラインとして、年収は200万円以上必要といえます。

 

さらに、返済の滞納や遅延など、信用情報に傷がないことも重要です。

おまとめローンを利用する以前に使っていたカードローンで滞納や遅延があると、審査に通りにくくなる可能性があります。

1,2回の遅延や少しの期間の滞納ならそれほど問題ではありませんが、それ以上の遅延または2カ月以上滞納した過去があった場合、審査に通ることは非常に難しくなってしまうでしょう。

おまとめローンは利息を増やさないように注意して選ぼう

元々契約していたカードローンの金利がおまとめローンの金利よりも低い場合、逆に金利が上がってしまい支払い総額が増えてしまうケースがあります。

 

金利が上がってしまった場合発生する利息も多くなるので、本来の目的であるはずの返済の効率化ができなくなってしまうので注意しましょう。

 

収入証明なしのカードローンで収入をクリア

収入面での問題で審査に不安を覚えているという人は、収入証明なしのカードローンを利用すれば解決できるでしょう。

 

大体のカードローン会社では、所得証明書の提出は借入限度額を50万円に設定した場合に必要とされています。そのため、多くの場合50万円以内の申し込みであれば、提出せずに済むのです。

 

逆にいえば、借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要となりますので、それ以上の限度額で利用できないことが収入証明なしでカードローンを利用する際のデメリットといえます。

 

収入証明書を提出しなくて済む条件は、銀行系のカードローンでも消費者金融のカードローンでもほとんど変わりません。

ただし、カードローン会社ごとに設定が異なる場合があります。

 

たとえば、消費者金融のアコムは「アコムでの利用限度額が50万円を超える場合、または、アコムの利用限度額とほかの貸金業者からの借り入れの合計額が100万円を超える場合」に、収入証明書が必要です。

 

つまり、ほかの借り入れが0、もしくはほかからの借入額が50万円以内の場合、アコムへ申し込んだ借入申込額が50万円以内であれば、所得証明書は不要といえます。

カードローン会社によって収入証明書に関しての設定は異なるので、事前に確認することが大切です。

専業主婦は配偶者の収入が審査対象になる

専業主婦(主夫)の人で収入がなくても、カードローンを使える可能性はあります。

専業主婦の場合は配偶者の収入が審査対象になるため、配偶者が安定した収入を持っている人ならば審査を通過できるのです。

 

もちろん、専業主婦でも申し込み可能なカードローンを選ぶ必要があります。

 

審査に通りにくい条件を知っておこう!

審査のないカードローンを探すよりも、審査に通りにくい条件とはどんなものなのかを知っておくことが重要です。

 

収入が不安定、または無職の場合

まず、収入が不安定、または無職の場合は、カードローンの審査には通りにくいです。

 

なお、少ない額でも一定の安定した収入があるならば、アルバイトやパートの人でもお金を借りるうえでの最低条件は満たしています。アルバイトやパートだからといって諦める必要はないため、適切なカードローン会社を調べ、審査に申し込んでみましょう。

 

無職の人に関しては、消費者金融・銀行系のカードローンすべて含めても、申し込みできるところはありません。しかし、先ほど述べたように専業主婦(主夫)の人なら、配偶者の収入によっては審査を通過することが可能です。

 

信用情報機関に事故情報が記載されている場合

信用情報機関に事故情報が記載されている場合も、審査に通りにくくなってしまいます

信用情報とは、カードローンなどの信用取引に関する契約内容や返済状況、支払い状況や利用残高などの取引情報を客観的に示すものです。

 

信用情報は、新たにクレジットやローンなどの利用を申し込む際に、カードローン会社が申し込みをした人の「信用力」を判断するために使われます。

 

返済の遅延や滞納など情報がこの信用情報に記載されていた場合、返済能力を疑われて審査を通過するのが難しくなる可能性があるのです。

信用情報に記載された事故情報が削除されるには5~10年かかるので、時間が経つのをじっと待つしかありません。そうならないように、返済は計画的に行うようにしましょう。

信用情報に不安がある人は開示してみよう

審査に落ちたからといって必ずしも信用情報の傷が原因とは限りません。

 

別の理由があったときに正しく対処できるよう、自分の信用情報に不安がある人は、自分の信用情報を開示してみることをおすすめします。

 

信用情報の開示は、パソコンやスマートフォン、郵送、窓口での手続きなどさまざまです。開示方法によって手数料が異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

借り入れ件数が多い場合

複数のカードローン会社から借り入れを行っている場合も、審査に影響を与えてしまいます。また、それらのカードローンで年収の3分の1まで借り入れを行っている場合も、総量規制に引っ掛かって審査に通ることができません。

 

現状でいくら借り入れをしていて、年収の3分の1までどのくらい余裕があるのか常に確認しながらカードローンを利用することが重要です。

 

カードローン審査の一般的な基準と書類

一般的な審査基準や申し込みの流れを知ることも大切です。

 

一般的な審査基準

一般的にカードローンの審査で見られるのは、以下の項目です。

 

  • 安定した収入があるか(継続的に返済しているか)
  • 借入額と借り入れ件数
  • 勤務先への在籍確認
  • 虚偽記載がない
  • 年齢が満たされている
  • 保証会社の審査に通過できる(金融事故などがない)

 

在籍確認って何?目的は?

在籍確認とは、カードローンを申し込んだ人の勤務先をカードローン会社が調べることです。在籍確認はほとんどの場合、電話で行われます。

 

在籍確認を行う理由は、不正利用を防ぐためです。

 

たとえば、あなたが落とした保険証を誰かが拾い、その情報を使って申し込みをしたとします。このとき在籍確認がなければ、審査が問題なく終了してしまうかもしれません。

在籍確認があれば、勤務先で働いているあなたのもとに連絡が来るので、身に覚えのない多額の請求をされるという事態を防ぐことができるというわけです。

 

また、踏み倒しするつもりでお金を借りようとする人を審査に通さないためにも、在籍確認は役に立ちます。

 

たとえば、仕事を辞めて無職の人が、お金に困ってカードローン会社に申し込みをしたとしましょう。返済のあてはないので、借りるだけ借りて踏み倒そうと考えています。

そのとき、前の勤務先の情報で申し込みを行った場合は在籍確認により退職していることが判明するので、虚偽申告であることがわかるのです。

在籍確認は、借りる側、貸し付ける側両方を守るために、大きな役割を果たしているといえます。

カードローンが利用できるのは何歳から何歳まで?

カードローンは、消費者金融系や銀行系にかかわらず、利用できるのは20歳以上からとなっています。これは法律で定められていることなので、未成年はカードローンの利用は一切できません

 

また、下限年齢だけでなく上限年齢も設けられています。消費者金融系のカードローンは69歳くらいまで、銀行系カードローンは65歳くらいまでとなっています。

 

継続的に安定した収入を得られない可能性があることが、上限年齢が設けられている理由でしょう。

 

年金やそのほかの収入があったとしても、高齢になるとどうしても貸し付けたお金を回収できる可能性は低くなります。そのため、70歳以上の人には新規の借り入れを行っていないカードローン会社が多い傾向です。

 

審査に必要な書類

カードローンの審査に必要になるのは、主に本人確認書類収入証明書類です。

カードローン審査で使える本人確認書類は、以下の書類ですので確認しておきましょう。

 

  • 運転免許証(または運転経歴証明書)
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住証明書

 

とくに、顔写真が載っている公的な身分証明書である運転免許証や運転経歴証明書、パスポートは身分証明書としては大変有効です。運転免許証とパスポートは顔写真以外にも氏名、住所、年齢など審査に必要になる情報がすべて記載されています。

 

カードローンの申し込みをする際は、運転免許証かパスポートがあれば、本人確認書類の提出は問題なく行えるといえるでしょう。

 

収入証明書に関しては、先述したように収入証明書の提出が必要なのは、50万円を超える借り入れを行う場合です。また、ほかのカードローン会社から借りている金額と今回の借り入れ希望額が100万円を超える場合などです。

借り入れ希望額によっては収入証明書の提出が不要の場合もあるので、借り入れを行いたいカードローン会社での収入証明書の扱いについて事前に確認しましょう。

審査に通りやすくする条件を整えておく

審査に通りやすくするために、改善できるところから条件を整えていきましょう。

 

まず、ほかのカードローン会社からの借り入れがある人は、少しでもそちらの借入残高を減らしておくことが大切です。

借入残高が少ないほど、返済する余力があることを示すことが可能なので、少しずつでもよいので返済をしておきましょう。

 

また、いくら借りているかだけでなく、借り入れ件数も重要な審査項目になります。カードローン会社によっては他社借入額よりも、他社借り入れ件数のほうが審査において重要視されることがあるのです。

 

借入額よりも借り入れ件数のほうが重要?

  • 4つのカードローン会社から20万円ずつ合計で100万円借りている人
  • 1つのカードローン会社から150万円借りている人

 

この2人のうちどちらが審査に通りにくいかというと、「4社から借り入れを行っている人」です。1社から150万円借りられるということは、それだけ返済能力が高く信用度も高い人というように判断されます。

 

一方で、「4社から20万円ずつ合計で100万円借りている人」は、1社からは20万円ほどしか借り入れができない信用度の低い人とみなされるのです。その信用度の低い人が4社も同時に借り入れを行っているわけですから、返済能力を疑われても不思議ではありません。

カードローンの審査に臨む前に、できるだけ借り入れ件数を減らしておきましょう。

借り入れ件数の減らし方

借り入れ件数を減らすということは、1つのカードローンを完済するということです。

完済実績を積めば審査でプラスになることもあるので、積極的に借り入れ件数を減らしていきましょう。

 

借り入れ件数を減らす最も効率的な方法は、先ほど紹介した「おまとめローン」の利用です。

おまとめローンで債務をひとまとめにすれば、借り入れ件数を一気に1つに減らすことができます

 

おまとめローン自体にも審査があり、場合によっては審査が難しくなることもありますが、借り入れ件数を一度に減らしたい場合はおまとめローンの利用を検討してください。

 

昇給または安定した仕事に就いてから審査に申し込む

収入面に不安がある人は、安定した収入のある仕事に就いてからカードローンに申し込みましょう。

申し込み自体は、パートやアルバイト、派遣社員の人でも可能です。そのほか、昇給をして年収を上げてから申し込みをすることも有効といえるでしょう。

即日融資のカードローンは通りやすい?

即日融資のカードローンの審査は申し込みから最短30分ほどで終わるところもあります。

申し込んだその日のうちに借り入れを行いたい人が申し込むのが即日融資のカードローンなので、審査が早いのは必然といえるでしょう。

 

ただし、審査が早く終わるといっても、審査内容が厳しくないわけではありません。甘い認識で即日融資を受けようとしても落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

なお、即日融資のカードローンの審査でも本人確認書類と、場合によっては収入証明書が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

周囲の目が気になるという人はWeb完結のカードローンを利用しよう

カードローンを申し込む際、周囲の目が気になるという人は多いのではないでしょうか?

カードローンで借り入れを行うということは「借金」を抱えることですから、周囲に気づかれたら心配されたり、うわさになったりするかもしれません。

 

そんなひとのために、周囲にばれずにカードローンを作る方法のひとつとして、スマートフォンなどネットを使った申し込みだけで完結するカードローンを選ぶというやり方がありますよ。

 

ネット申し込みの流れ

ネットでの申し込みには、インターネット口座の契約カードまたはキャッシュカード・預金通帳など、支払い口座設定に対応した金融機関の口座情報などがわかる書類と、収入証明書電子データの提出が必要になります。

 

書類が用意できたら、申し込みたいカードローン会社のホームページから「申し込みフォーム」にアクセスし、口座情報を入力しましょう。口座情報を入力したら設定した各金融機関のページに移動し、画面の指示に従って手続きを行います。

 

その後、収入証明書の画像データを提出すれば、申し込み手続きは完了です。

Web申し込みの場合は審査結果が郵送ではなくメールで連絡が来るので、周囲の人に知られる可能性は低いといえるでしょう。

完全にネットだけで完結するカードローンもある

カードローン会社によってはネット申し込みの後カードの受け取りがなく、カードレスでの利用になるところもあります。

このように、完全にネットだけで申し込みや利用が完結するカードローン会社もあるので、どうしても周囲に知られたくない場合はそういったカードローンを利用するというのもひとつです。

 

また、利用明細についてもネットで確認できるものが多いので安心して利用できるといえるでしょう。

在籍確認で会社にばれる?

みなさんが心配することとしては、在籍確認もそのひとつですよね…。

勤務先に電話がかかってくるというだけで心配なのは分かりますが、じつは在籍確認についてそこまで心配することはないんですよ!

 

カードローン会社側が電話連絡ではっきりと「カードローンに申し込んだ○○さんはいらっしゃいますか」ということは決してありません。

 

オペレーターは個人名で電話をするのが基本です。会社側に「お金をかりるんだな、あの人」とは分かりにくくなっているので、安心できますね。

 

在籍確認をなしにしてもらう方法とは?

在籍確認が必須のカードローンであっても、事情を話すことによって電話での在籍確認をパスしてもらえる可能性があります。

無条件というわけにはいきませんが、職場での立場や状況を説明すれば、在籍確認を書類で行ってもらうこともできるのです。

 

先ほどもお伝えした通り、ほとんどのカードローン会社は在籍確認で勤務先に電話をしたとき、担当者の個人名でかけてくれます。そのため、電話自体でカードローンを利用していることがばれることはほとんどありません。

それでも、「職場に連絡されるのが不安…」という人は、申し込みの際に相談してみましょう。

 

書類やカードの郵送がある場合の解決策

周囲にばれてしまうことを心配するうえで一番ネックなのが、書類やカードなどの郵送です。郵便物が届くタイミングによっては家族などほかの人が書類を受け取ってしまい、カードローン利用がばれる可能性があります。

 

時間指定ができたとしても、常に自分が受け取れるように気を張っていなければならないため、精神的につらいですよね。

 

書類の郵送について配慮のあるカードローン会社を選ぶことも重要といえます。カードローン会社によっては書類を店頭窓口やネット上で受け取り・確認ができる場合があるので、積極的に利用しましょう。

 

キャッシュカードについても、店頭・自動契約機で受け取りができるので、家族や知り合いに一切知られずにカードローンを利用することは十分可能ではないでしょうか?

 

カードが発行されないローンの注意点

カードが発行されないタイプのローンを利用すれば、郵送がないので周囲にバレにくいといえます。しかし、カードレスタイプのカードローンでも、場合によっては周囲にばれてしまう可能性があるのです。

 

カードレスタイプでも在籍確認がある

カードレスタイプならカードの郵送はありませんが、在籍確認は通常通り行われます。そのため、在籍確認をされたくない場合は、申し込みの段階でカードローン会社に相談しておきましょう。

 

銀行振り込みの場合、通帳に履歴が残る

カードローンの借り入れや返済を銀行振込で行った場合、通帳記入時に履歴が残ってしまいます。通帳をほか人にチェックされたときにばれてしまう可能性があるので、自分だけが使う専用の通帳を用意するなどして対策を取りましょう。

 

ローンカード専用のサービスは利用できない

当然ですが、カードがないのでカードを使うサービスは利用できません。提携ATMやコンビニでの借り入れ、返済ができないので不便に感じる人もいるかもしれません。

 

「審査なし」ばかりに目を向けないことが重要

「審査なし」という点ばかりに目を向けてしまうと、さらに債務を増やすだけになってしまうこともあります。

たとえば、審査がないカードローンは利率が高く設定されていることが多いので、甘い認識で申し込んでしまうと、返済が長引いてしまう可能性があるのです。

 

また、返しやすい返済方法かどうかも重要といえます。

繰り越し返済や随時返済、一括返済ができないものは利息が増えてしまう可能性が高いので、これもまた、返済が長引く要因になります。こういった条件にも目を向け、計画的に利用できるものかどうか判断してください。

 

余裕のあるときに条件のよいカードを作る

経済状況が困窮したときにカードローンを考えると、審査に対して臆病になったりすぐに借りれるところを探したりして、条件の悪いものや自分に合わないものを作ってしまう傾向が高くなります

収入が安定し経済的に余裕があるときに、条件のよいカードローンを作っておくことが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

 

審査のないカードローンは、存在しません

審査なしのカードローンは闇金など違法な金融業者である可能性が非常に高いのです。

 

余裕がないからといってこういった業者に手を出すと、取り返しのつかないことになってしまいますよ。審査が不安であっても、計画的に利用できるカードローンを選びましょうね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

SMBCモビット

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします