ホーム >  カードローンの基礎知識

電話の在籍確認なしでカードローンを使いたい!対策方法を解説します

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
カードローンの審査に申し込みたいけど、勤務先に在籍確認の連絡がきたらどうしよう…
こういう気持ちがあるからこそ、あなたはこのページを開いたのではないでしょうか?

借金をしようとしたことが周りにばれたら…」と思うと、お金を借りたいのについ二の足を踏んでしまいますよね。

 

ですがご安心ください、在籍確認電話ではカードローンの申し込みであることを勤務先に知られることはありません!

 

この記事を読んで、その理由を確認してみましょう。

SMBCモビット

SMBCモビット

アイフル

アイフル

在籍確認の目的とは

在籍確認とは、申し込み時に記入した勤務先に連絡をして、申し込み者が本当にその勤務先で働いているのかを確認することをいいます。

カードローン会社の在籍確認は、電話での連絡が一般的です。

 

在籍確認の目的をざっくりいうとこれだけですが、そもそもなぜ在籍確認をしてまで勤務先の確認をするのか考えたことがありますか?

 

それは、カードローンの審査では申し込んだ人の返済能力を最重要視しているからです。

 

消費者金融や銀行がカードローンで利益を得るには、利用者に貸した分のお金と利息を返済してもらう必要があることはわかると思います。

そのため、ちゃんと継続した収入があり、返済能力が十分にある人にお金を貸したいとカードローン会社は思っています

 

しかし、申し込み者が送った書類の情報だけでは、返済能力を十分に確認することはできません

書類の記入だけではいくらでも情報をごまかすことができますよね?

 

その対策として、カードローン会社は申し込み者が本当に勤務先で働いているのかを調べるために連絡をします。

そうすることで、勤務先を偽る怪しい申し込み者をブロックしているのです。

つまり論より証拠、書類より在籍確認なんです!
書類を見るだけより、実際に勤務先に在籍確認をしたほうが有力な審査の判断材料になるから在籍確認をおこなっているわけなんですね。

カードローンの審査で在籍確認をされやすい人の傾向

在籍確認をおこなうかどうかはカードローン会社の任意ですので、審査に申し込んだからといって必ずしも在籍確認がおこなわれるわけではありません。

 

しかし、在籍確認をされやすい人には以下のような傾向があります。

  1. 融資希望額が大きい人
  2. パートアルバイトなど、収入にやや不安がある人
  3. 銀行カードローンを申し込んでいる人
  4. クレジットカードやカードローンを利用したことがない人

 

1番と2番については、「返済能力があるのか怪しいから」とイメージがつきやすいのではないでしょうか。

 

また、銀行カードローンは基本的に消費者金融カードローンよりも金利が低いぶん、お金を貸すことのリスクが高いため審査に慎重になります。そのため、在籍確認がされやすいということです。

 

そして残るは4番目の項目、これが一番気になるという人も多いのではないでしょうか?

じつは、審査ではクレジットカードやカードローンの利用履歴でも返済能力の有無を確認しています。

 

クレジットカードやカードローンの利用をしたことがない人は、審査をする側から見れば、返済能力の有無を判断する情報が少ないということになります。

つまり、判断材料を増やすために在籍確認がおこなわれるということなんですよね。

もし在籍確認電話がかかってきたら会社に借金がバレる?

会社に在籍確認電話がかかってきたら、「カードローンに申し込んだことが会社にばれてしまうのか?」と気になってしまいますよね。

 

ですがご安心ください、カードローン会社はあなたがカードローンを利用しようとしていることを勤務先に悟られないようにしっかりと配慮してくれます!

 

私が在籍確認電話をする役をしている、上記のイラストを見てみましょう。

普通、会社のオペレーターが電話をかけるときは会社名を名乗ることが多いのですが、在籍確認電話の場合は会社の名前を出さずに個人名を名乗ってくれます

 

そのため電話を対応した勤務先の人に、カードローンの会社からの連絡かどうかは断定できないということなんです。

 

また、在籍確認OKとされるパターンもイラストの通りになります。

覚えておきたいポイントは、必ずしも申し込んだ本人が電話に対応する必要はないところです。

 

たとえば、あなたが有給休暇などでお休みをしていて会社にいなくても、勤務先の電話担当の人が、あなたが会社に在籍していることが確認できる言葉を発してくれれば在籍確認OKということになります。

それでも不安!在籍確認電話の対策方法はないの?

書類で在籍確認をしてくれるカードローンを選ぶ

カードローン会社によるのですが、電話による在籍確認ではなく、保険証などの書類を用意することで在籍確認をすることができることもあります。

 

電話連絡をしないということを強みにしている「SMBCモビット」というカードローンでは、WEB完結申し込みをすることによって電話連絡を回避することができますよ!

  1. SMBCモビットのWEB申し込みをする
  2. 在籍確認の証明として、社名のついた保険証と直近2か月の給与明細を用意する

 

WEB完結申し込みなら電話確認なし!」と公式サイトで公表している大手のカードローンは今のところSMBCモビットだけのようです。

どうしても電話での連絡を回避したい!」という人は、SMBCモビットを検討してみるのもいいかもしれませんね!

 

在籍確認電話がかかってきたときの対策を考えておく

いくらカードローン会社が配慮してくれたところで、個人あてに担当者から電話がかかってきます。

急に電話がかかってくるなんて珍しいな」と社内の人から思われることもあるかもしれません。

 

そんな状況になってしまった場合の対策を考えておきましょう。

 

電話がかかってきたときの対策として一番自然で怪しまれにくいのは「クレジットカード会社から在籍確認の電話がかかってきた」です。

クレジットカードであれば持っている人も多いですし、クレジットカードの審査でも在籍確認をするのはよくあることなので、あまり不自然ではないでしょう。

 

まとめ

在籍確認電話は必ずしもおこなわれるものではありませんが、カードローン会社が「ちょっと怪しいかも・・・」と感じたときに在籍確認電話がおこなわれやすいです。

 

ただし、在籍確認電話がおこなわれたからといって、勤務先にカードローン会社からの電話であることは知られませんし、そこまで心配しなくても問題ないですよ!

 

また、どうしても勤務先に電話をされたくない場合、書類で在籍確認をおこなってくれるカードローンを探しましょう。

今回少し紹介したSMBCモビットも、このサイトでオススメしているカードローンのひとつです。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

SMBCモビット

アイフル

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします