ホーム >  かしこいお金の使い方

プロミスの返済方法を把握して自分に合うやり方で返済しよう!

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。 みなさんは、カードローンを利用したことがありますか?

消費者金融からお金を借りると、当然お金を返す日が近づいてきます。

審査に通りお金を借りることができると、ついつい安心してしまうという方も多いでしょう。

 

返済日っていつだっけ?

今日が返済日なのに返済の仕方がわかんない!

いつの間にか返済日をすぎてしまった!

なんてことにもなりかねません。

 

急いで返済をしたのはいいものの、思っていたよりも手数料が発生してしまうことや、返済日をすぎてしまい、最悪の場合は借り入れが停止してしまうなどの影響もでてきてしまいます…!

 

あせらず確実に返済していくために、事前準備はしっかりおこなっていきましょう。

 

今回は、大手消費者金融のひとつであるプロミスの返済について、詳しく解説してまいります。

いくつもの返済方法がありますので、しっかり学び、自分に合った返済方法を見つけましょう。

 

 

プロミスの返済方法一覧

まず、プロミスではどんな方法でいつ返済が可能なのかみていきましょう。

返済方法

24時間対応

土日の利用

インターネット

可※1

口座振替

不可(自動引落)

不可

店頭窓口

不可(10時から18時)※2

不可

プロミスATM

不可(7時から24時)※2

コンビニ

提携ATM

不可(ATMにより異なる)

不可

銀行振込

不可(銀行により異なる)

不可

※1毎週月曜日0時から7時まで、毎月第3日曜日0時から6時までの間利用不可

※2店舗によっては利用時間が異なる場合があるので注意。

 

上記のようにプロミスでは7つの返済方法を用意しており、それぞれに特徴があります。

これだけあれば、じぶんに合う返済方法がみつかりそうですね!

オススメの返済方法は?

多すぎてどれが自分にあうのかわからない…

 

そう思われる方もいるかもしれませんので、オススメの返済方法をご紹介していきます。

 

【口座振替】

口座振替での返済なら、毎回特定の日にちに必要な金額だけを自動で引き落としてくれるので、返済手続きをする必要がありません。

 

口座の残高に気を付けていれば「返済日を過ぎていた!」なんてことにならないので安心できますね。

 

しかしながら、口座振替では自分の好きなタイミングで返済することができません

手間をかけてもいいから自分の好きなタイミングで返済をしたいという方は、次の2つの返済方法にしましょう。

【インターネット】

外にでるのがめんどうだなあ

この時間は家にいなくてはいけないのになあ

 

こんな気分になることは、誰にでもあります。

そんな心配をしたくない人にはインターネット返済がおすすめです。

 

インターネット返済は、インターネット環境さえ整っていればいつでもどこでもじぶんの好きなタイミングでWEBページから返済が可能です。

 

【コンビニ】

お近くにコンビニがある方や、普段からよくコンビニを利用する方でじぶんの好きなタイミングで返済したい方は、コンビニ返済がおすすめです。

自分自身の性格と相談して、「どんな返済方法がよいのか」考えることが大切ですね!

手数料にはきをつけて

下記2つの返済方法は手数料が発生しますので、お気を付けください。

①提携ATM(ATM利用手数料)

普段三井住友銀行を利用しているかたには朗報です。

プロミスは三井住友銀行グループですのでATM手数料が無料になります。

 

実際に手数料のかかるATMは以下のとおりです。

 

  • ゆうちょ銀行
  • Enet
  • ローソン銀行
  • セブン銀行

 

利用時のお取引金額が1万円以下の場合、借入及び返済時の利用手数料は108円です。

利用時のお取引金額が1万円超の場合、借入及び返済時の利用手数料は216円です。

②銀行振り込み(振り込み手数料)

返済可能な銀行は以下の通りです

三井住友銀行

三菱UFJ銀行

西日本シティ銀行

セブン銀行

イオン銀行

横浜銀行

東京スター銀行

第三銀行

福岡銀行

熊本銀行

※ゆうちょ銀行

 

※ゆうちょ銀行で振り込みをする際は、web明細の登録が必要です。

 

返済が間に合わない

返済に遅れそうな場合

返済期日が来る前に、プロミスコール(0120-24-0365)へご相談ください。

 

支払いの延滞はカードローン会社に悪い印象を与えてしまい、今後のカードローンの利用によくない影響を与えてしまうかもしれません。

 

プロミスへの信用を失わないためにも、「間に合わないかもしれない!」と思った時点で連絡するようにしましょう。

プロミスは、返済遅れについての困りごとでもしっかりと相談に乗ってくれますよ。

返済日を過ぎてしまった場合

延滞した日数分の遅延損害金を支払うことになります。

すぐにプロミスコール(0120-24-0365)へ連絡するようにしましょう。

 

プロミスの遅延利率は20.0%となっており、通常よりも多くのお金を支払わなくてはならなくなってしまいます。

 

しかも、延滞したという事実は記録として残るため、自分の信用に傷がつくことにもなりかねません。

 

延滞した記録は※信用情報機関に登録され、最大5年間保存されてしまい、このような状態に陥ると金融関係の審査に通らなくなる可能性が高くなります。

 

※信用情報機関とは、信用情報を管理し提供している機関です、クレジットカードなどの審査の際に利用されます。

延滞はデメリットしかありません!約束の期日は守るように心がけましょう。

返済に遅れないために

給料日と返済日が合わなくて返済に遅れそう…

このように、お給料日などの関係で返済日を変更したいと思う方もいると思います。

プロミスでは、自動契約機・店頭窓口・郵送から変更することが可能です。

 

普段インターネットをご利用のかたは、会員サービスの【ご返済日変更申し込み】から変更することができます

 

変更の際、必ずしも変更ができるわけではありません

変更する場合、利息清算が必要になる可能性がありますので注意が必要です。

 

お給料などの関係で返済日を変更したいと思うかたもいると思います。

無理をして遅延してしまう前に、変更を申し出るようにしましょう。

問題が起きる前に、不安なことや疑問があればきちんと連絡を入れることが大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

返済期日を守ることは、信用問題における重要な項目のひとつです。

 

たとえば、友達が約束の時間を何度も破る人だったら、「約束してもどうせまた遅れるんだろうな…」と思いますよね?

 

お金を借りることも、それと同じです。

返済が遅れてしまっては、信用を少しも落とさず契約を続けることは難しいでしょう。

 

返済日は必ず守ること、もし遅れそうな場合は事前に連絡をいれること、遅れてしまった場合は今後そのようなことはないように徹底すること。

 

一見当たり前のように見えますが、改めて自分自身に言い聞かせることで心がけは変わってくると思います。

ご利用のまえにはしっかりと計画をたてることを忘れないようにしましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします