ホーム >  消費者金融カードローン

無利息期間を無駄なく使える!低金利でプロミスを利用できる理由

 

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
急に大きなお金が必要になった!」という経験をしたことのある人は少なくないと思います。

急ぎでお金が必要だと分かっていたとしても、家族や親戚に頼むのも申し訳なく思ってしまいますよね。

 

そんな状況を解決してくれるのが、消費者金融カードローンであるプロミス。

プロミスは申し込んだその日のうちに、家族に知られずに借りることができるんです!

 

この記事を読んでみれば、あなたがプロミスに向いているかどうかが分かります。

それでは、プロミスがどのようなカードローンなのかチェックしてみましょう!

 

SMBCモビット

アイフル

カードローンの特徴について簡単に説明します!

カードローンの説明にはいるまえに、まずは担保・保証人について解説しましょう。

担保・保証人とは、お金を借りた人が返済できなかったときに代わりに貰うものを担保、代理で支払う人のことを保証人といいます。

 

「ちょっと難しい!」と思った人は、お金が返済されなかったときの保険として担保・保証人を用意していると考えればイメージがつきやすいはずです。

 

では、そろそろカードローンの説明にはいりましょう。

カードローンは担保・保証人を用意しなくてもお金を借りられる、一般的なローンとはちょっと違ったサービスなんです。

 

一般的なローンは担保・保証人を信用してお金を貸していますが、カードローンはお金を貸す人の安定した収入を信用してお金を貸しています。

また、カードを用いてお金を借りられるのも特徴で、利用限度額までの範囲内であれば何回でもお金を借りられますよ!

銀行?消費者金融?2つのカードローンの違い

カードローンには銀行カードローン消費者金融カードローンの2種類があり、使い方はどちらも同じなのですがそれぞれ特徴が違います。

どちらもお金を貸したときに発生する金利で利益を得ているところは同じですが、以下のような違いがあります。

 

  • 銀行:お金を貸すこと以外にも、お金を預かるサービスをしている
  • 消費者金融:一般の個人に対してお金を貸すことだけを専門にしている

銀行は預金口座でお世話になっている人も多いと思うのでイメージがつきやすいと思います。

 

金利

借入額の制限

最短融資時間

銀行

消費者金融

銀行と消費者金融のカードローンの違いを表にまとめました。どちらも一長一短ということが分かると思います。

 

さて、消費者金融カードローンを語るうえで避けては通れない総量規制の話をしましょう。

 

昔、消費者金融からお金を借り過ぎてしまって返済できなくなった人が多く出たそうです。

そのため、2010年に貸金業を対象とした貸金業法という法律が改正されて、総量規制というルールができました。

 

総量規制によって、年収の3分の1を超えてお金を借りられないように借入額が制限されたのです。

ちょっと話が難しくなってしまいましたのでもう少し分かりやすくしてみますね。

【例題】あなたの年収が300万円だった場合の借入限度額

300万円÷3=100万円

イメージが湧きにくいという人は、あなたの年収を3で割ってみると、あなたの最大借入金額が分かりますよ。

プロミスの特徴とは?独自サービスが多く個性的なカードローンです

カードローンについてご理解いただけたところで、そろそろ本題にはいりましょう。

プロミスの基本情報

金利

4.5%~17.8%

融資限度額

500万円

ATM手数料

三井住友銀行提携ATM以外は有料

無利息期間

借入日の翌日から30日間

即日融資

可能

以上がプロミスの基本的な情報になります。とくに注目しておきたいところは「最大金利」のところでしょうか。

 

ほかの大手消費者金融と金利の差を比べてみました。表をご覧ください!

大手消費者金融

金利

4.5%~17.8%

アコム

3.0%~18.0%

アイフル

3.0%~18.0%

最大金利はアコム、アイフルよりも0.2%低い17.8%になります。

 

たった0.2%の差ならあまり変わらないのでは?と思ってしまいそうですが、確かに短い期間の借入ではあまり金利の差は感じないのかもしれません。

ですが、長く利用していると金利の量が多くなるにつれ0.2%の差が響いてきます

「長期的に利用する可能性があるかも・・・?」と感じる人はなるべく最大金利の低いカードローンを選んだほうが出費を抑えることができますよ。

申し込んだその日からお金を借りることができる

この記事を見ている人のなかでは、「今すぐお金を借りたい!」という緊急でお金が必要な人もいることでしょう。

 

プロミスは即日融資ができるカードローンで、申し込んだその日からお金を借りられます

ただし、プロミスが即日審査対応できる時間は9:00~21:00になっており、時間に制限があることは覚えておきましょう。

 

早めに申込をおこなうことで即日融資ができる可能性が高くなります。

できれば、午前中に申し込むのが理想ですよ。

申し込んでいる人が多くて審査の時間がかかる場合もありますし、ジャパンネット銀行と三井住友銀行以外の口座に振り込みする方法でお金を借りたい場合は平日14時までに契約を終わらせる必要があるため、注意してくださいね。

無利息期間のカウント日が借入日の翌日から

無利息期間とはその名の通り利息がかからない期間のことで、多くの消費者金融で無利息間サービスがあります。

もちろんプロミスにも無利息期間サービスがあるのですが、プロミスの場合は無利息期間の仕様がちょっと違うんです。

ただし、「メールアドレス登録」と「Web明細利用の登録」が必要になります

 

一般的な消費者金融カードローンの無利息期間開始タイミングは「契約日の翌日から」というところが多いため、まだ借り入れをおこなってない日も無利息期間を消費してしまうんです。

ですが、プロミスは借入日の翌日のタイミングで無利息期間がカウントされるので無利息期間を無駄なく使うことができます

支払う利息は1円でも減らしたいと思いますよね。

カードローンを選ぶときに、金利の低さを重視している!」という人にプロミスは向いているといえるでしょう。

3日後でも、1か月後でも初回借入時の無利息期間は30日です。 契約してから急いでお金を借りる必要はありませんよ!

大手の消費者金融で、三井住友銀行が親会社としてついている

ドラマや漫画などで、悪質な取り立てをしている消費者金融の姿を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

そのイメージから、消費者金融は怖いという先入観を持っている人もいると思いますが、プロミスは安心して利用ができる消費者金融ですのでご安心ください!

 

その根拠は、三井住友銀行が親会社としてついているからです。

 

プロミスというのは会社名ではなく、SMBCコンシューマーファイナンスという消費者金融会社が提供しているサービス名だということはご存知でしたでしょうか。

SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友銀行の子会社として運営している大手の消費者金融です。

 

大手だからこそブランドイメージが大切です。悪質な取り立てをしていれば親会社の三井住友銀行のブランドに傷がついてしまいます。

会社の規模が大きいということはそれほどサービスの質がいいという根拠でもあるんです。

その点でいえば、プロミスは安心して利用ができる消費者金融といえますよね!

 

WEB完結サービスがあるため、カードなしで誰にもバレずにお金を借りられる

プロミスでは、WEB完結サービスというサービスがあるんです。WEB完結サービスの特徴を以下のようにまとめてみました。

  • 「申込」「借入」「返済」をインターネット上でおこなえる
  • カードを発行しなくても利用可能
  • 借り入れ・返済は口座を通しておこなわれる
  • 郵送物が届かないので家族にばれる心配がない

お金を借りるという行動自体が後ろめたいと感じていて、カードローンを利用していることを誰にも知られたくないっていう人、結構多いんですよね。

 

WEB完結サービスは、インターネット上でのやりとりなので、誰かにカードローンの利用を知られることはありません

 

また、カードなしで利用ができるため「財布から出しっぱなしにしたカードを見られて、カードローンの利用がばれてしまった!」といった事態を防げるので、誰にも知られることなくお金を借りることができますよ。

 

プロミスポイント

皆さんはポイントカードをよく利用していますか?

ポイントをコツコツ貯めてお得な特典を貰えたり、割引を受けられたりできるので好きな人もいるのではないでしょうか?

 

ポイントカードではありませんが、「プロミスポイント」というプロミス会員限定のサービスがあり、以下の特典が受けられるんです!

サービス名

適用期間

必要ポイント

提携ATM手数料

申込日~翌月の末日まで

40

無利息サービス

7日間

250

15日間

400

30日間

700

ATM手数料を無料にできたり、無利息期間を得ることができたりなど、あなたのお財布の負担を軽減できるサービスを利用することができますよ。

 

また、以下のような方法でプロミスポイントを貯めることができます。

ポイントが貰えるきっかけ

貰えるポイント

収入証明書の提出

160

プロミス会員初回申し込み

100

プロミス会員毎月初回ログイン

10

会員ページの「お知らせ」確認

5~20

ご返済日お知らせメール

1

取引確認メール

1

PC・スマホでの書面の受け取り

1

プロミスの審査を受けるときに収入証明書を提出するだけで、会員申し込み分も合わせて260ポイントを貰うことができます。

260ポイントあれば、無利息期間7日間のサービスが使えるので、プロミスの初回借入時の無利息期間も合わせて「実質37日間」もの無利息期間を使うこともできるんです!

少し手間がかかるかもしれませんが、少しでも金利を抑えたいのであれば審査のときに収入証明書を用意しておきましょう!

プロミスの気になるところ

プロミスは、消費者金融カードローンのなかでもおこなっているサービスの数が多く、低金利でお金を借りることができますが、そんなプロミスでもちょっと気になるところがあります。

 

返済日を細かく指定できない

返済日についてはまたのちほど説明しますが、プロミスは「5日・15日・25日・末日」の4つのパターンしか選ぶことができません

 

カードローンを探している人のなかには、給料日に近い日を返済日にしたいという人もいるのではないでしょうか?

 

給料日に近い返済日を選ぶことで返済額が払えないリスクを減らすことができますが、「返済日をどうしてもこの日にしたい!」というこだわりの強い人にはプロミスは向いていないのかもしれませんね。

 

プロミスに向いている人・向いてない人

プロミスの特徴についてお分かりいただけましたでしょうか?

お金を借りる経験があまりない人も多いので、どうしてもカードローン選びにはつい慎重になってしまいますよね。

 

そこで、プロミスを選ぶ判断材料としてプロミスに「向いている人」と「向いていない人」をまとめてみました。

迷っている人は参考にしてみてください!

プロミスに向いている人

  • すぐにお金が欲しい人
  • なるべく金利をかけずに消費者金融カードローンを利用したい人
  • カードを持ち歩きたくない人
  • 借りていることを知られたくない人
  • 信用度の高い消費者金融を利用したい人

プロミスに向いていない人

  • 返済日にこだわりたい人

 

審査の前に要確認!申し込み方法と必要書類

申し込み方法

受付時間

公式サイト

24時間

無人契約機

9:00~22:00

一部21時までもあります。

電話

9:00~22:00

プロミス店頭窓口

10:00~18:00

店舗により営業時間、休日が異なります。

郵送

24時間(届くまでに数日かかる)

申し込み方法は、上記の5つの方法から選ぶことができます。

無人契約機や電話は22時まで受け付けているのでなかなか時間が取れない人でも利用しやすいですし、ネット申込なら24時間いつでも申し込みできますよ。

 

申込に必要な書類は、以下のようになります。

本人確認書類

収入証明書(50万を超えて借りたいとき)

運転免許証

源泉徴収書(最新のもの)

健康保険証+住民票

確定申告書(最新のもの)

パスポート

給与明細書(直近2か月のもの)

必要な書類は上記の「本人確認書類」のうち1点が必要になります。

「収入証明書」は50万円を超えるお金を借りたいときに表のうちいずれか1つが必要です。

 

また、収入証明書を提出することで、契約後に160ポイントものプロミスポイントを受け取ることができます。

プロミス会員サービスに興味があれば、収入証明書を自主的に提出してみてはいかがでしょうか?

 

収入証明書がよく分からない・・・という方は【必見!よく見るアレが役に立つ!収入証明書のすべて】を参考にしてください。

 

審査に挑む前に確認したいチェックポイント

この記事を見ている人のなかには、「審査」に申し込むこと自体が初めてだという人もいるのではないでしょうか?

 

はたして、自分は審査に通過できるだろうか?」と不安になってしまいますよね。

 

プロミスの審査に挑む前に確認しておきたいポイントをまとめました。

以下の点に問題がなければ必ず審査に通るとは限りませんが、参考程度に確認してみてください。

審査のときにどこをチェックされるのかを頭に入れておけば、もっと肩の力を抜いて審査に挑めるはずですよ!

安定した収入があるか?

どこのカードローンでも同じですが、やはり安定した収入の有無は審査をするうえでとても重要なポイントです。

年収や勤続年数がしっかりしている人をカードローン会社は評価しますよ。

支払い遅延といった信用を損なう行為をしていないか?

カードローン会社も、きちんと返済できる人にカードローンを使ってもらいたいと思っています。

返済に対して誠実な対応をしているか?」というところもカードローン会社の審査では重要視されますよ。

多数のカードローンに申し込んでいないか?

短期間に多数のカードローンを申し込んでいる状態のことを申し込みブラックといい、カードローン会社からはマイナス評価として見られますのでカードローンの審査はひとつずつ申し込むのが無難です。

 

審査に対する不安がある方は、事前に信用情報に問題がないか確認すると安心ですよ。

信用情報を確認する方法を詳しく知りたい方は、【審査が不安・・・そんなときは迷わず開示!信用情報開示について】をチェックしてみてくださいね。

 

返済方法について。忘れずにチェックしよう!

プロミスは、上記の5つの返済方法でお金を返すことができます。それぞれ説明しますので、自分に合った返済方法を選んでみましょう!

来店決済

新宿プロミスお客様サービスプラザという店舗で返済をおこなうことができ、しかも手数料が無料なんです。

プロミスの担当者を通して返済をするので、分からないことがあればその場で相談ができるというメリットがありますよ。

インターネット決済

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

上記のインターネットバンキングを開設していれば、プロミスの会員サービスを通じて返済をすることができます。手数料がかからないのが嬉しいポイントですね。

コンビニ決済

公共料金の支払いやチケットの購入などでコンビニの端末を使う人もいると思います。

実は、プロミスの返済もコンビニの端末でおこなうことができるのです!

 

使い方は、端末メニューから「カードローン・キャッシングの返済」を選んで受付用紙を発行してレジで支払うだけなので、お手軽に返済をすることができますよ。

ATM決済

提携ATMの名前

手数料の有無

プロミスの自社ATM

三井住友銀行

ゆうちょ銀行

セブン銀行

E-net(ファミリーマート)

ローソンATM

 

上記のプロミスが提携しているATMで返済することができます。プロミスと三井住友銀行のATMであれば手数料はかかりませんが、ほかのATMは手数料がかかってしまいますのでご注意ください。

 

また、プロミスの自社ATMであれば、申込時に登録した個人情報を入力することでカードなしで返済をすることが可能です。

カードを忘れて困ったときは、プロミスのATMを探してみるのもいいかもしれませんね。

口座振替

返済日になったとき、指定の銀行口座から自動でお金が引き落とされる支払い方法が口座振替です。

 

利用手数料がかからなく、返済金額より預金残高が下回らないようにすれば返済忘れを対策できることがメリットですが、口座振替手続きが反映されるまで1~2か月の期間がかかるので、その点だけ注意しておきましょう。

 

返済期日について

プロミスの返済期日は「5日・15日・25日・末日」の4種類ありそれぞれ選ぶことができるのですが、口座引き落としの返済方法を選んだ場合三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の銀行口座での返済日は「5日」に固定されますので注意しましょう!

また、初回の借入のときのみ返済期日が下記のように特殊になっています。

選択した返済日

初回借入日

初回返済期日

5日

1~19日

翌月5日

20~末日

翌々月の5日

15日

1~末日

翌月の15日

25日

1~9日

同月の25日

10~末日

翌月の25日

末日

1~14日

同月の末日

15~末日

翌月の末日

 

まとめ

プロミスは即日融資が可能なカードローンで、最大金利が低く、無利息期間を無駄なく使えます。

金利がかからない消費者金融がいい!」という人であれば、プロミスを利用するのに向いていますよ。

 

また、WEB完結サービスやプロミスポイントサービスなど、サービス面でも充実しているのも嬉しいところですね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします