楽天カードでリボ払いを使いたい!コツや注意点を徹底解説!

楽天カードリボタイトル
racten-card-rivolving-credit title

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
みなさんはリボ払いをご存知でしょうか?
楽天カードを持っていればリボ払いの勧誘メールがよく届くので、名称をご存知の方も多いかもしれませんね。

しかしどのような仕組みなのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、楽天カードのリボ払いの利用方法と注意点についてご紹介していきます!

 

それでは詳しい話に入る前に、リボ払いの大枠をつかんでみましょう。

リボ払いの「リボ」とは英語の「revolving」のことで「一定額までの融資を繰り返し受けられること」を意味しています。

つまりは借金なのです。

 

こういってしまうと、悪いイメージを持たれる方が多いかもしれませんね。

クレジットカードの返済額を猶予してくれる、いわば融資審査の手間がかからない借金と言い換えてもいいでしょう。

 

たとえば楽天カードを使っている方のなかで、「今月使いすぎてしまった!」「返済額に届かない…」など使いすぎて困った経験がある方も多いかと思います。

そのような場合、お金を借りる手間を省いてリボ払いで商品の購入ができるのです。

 

ではこのリボ払い、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

この記事では楽天カードと他社との比較を交えつつリボ払いを徹底解説していきます。

 

リボ払いの仕組み

credit-card-jpY

リボ払いを借金と片づけてしまっては分かりにくいですよね。

リボ払いをもっと噛み砕いて説明すると、先に毎月の支払い金額を決めておき、毎月その金額(+手数料)を支払い続ける支払い方法のことです。

 

たとえば、毎月の支払い額を「2万円」に決めたとしたら、「毎月2万円+手数料」のみを支払うことで返済を続けることができます。

 

リボ払いのメリットは一括決済で使いすぎたときに「あとからリボ払い」を選択することで、分割払いのように支払いを分けて利用できるところです。

「今月使いすぎた!」というときにリボ払いに切り替えれば、一括支払いで所持金不足になるリスクは大幅に減らせるでしょう。

 

ただし、カード会社によっては「あとからリボ」に対応していない場合もあることは注意しなければなりません。

もちろん、楽天カードは「あとからリボ対応」のクレジットカードですよ。

分割払いとはどう違う?

ここで「リボ払いは結局分割払いと同じじゃないの?」という疑問が出てくるのではありませんか?

 

たしかに、支払いを数回に分けるという点でリボ払いと分割払いは似ていますが、よく見ると特徴に少し違いがみられるのです。

それぞれの違いを以下の表にまとめましたので、確認してみましょう!

 

 

リボ払い

分割払い

支払い前に決めるもの

毎月の返済額

支払い回数

メリット

返済の負担が少なくなる

返済計画が立てやすい

デメリット

利息が大きくなりがち

回数を細かく設定できない

楽天カードリボ払いのスペック

楽天カードで利用できるリボ払いとは、具体的にどのようなサービスなのか、気になる人も多いかと思います。

また、ほかのカードと比較して手数料や利用可能額は適正なのでしょうか?

 

手数料がかかるものなので、正確な情報をもとに安心して利用したいですよね。

 

まずは、楽天カードのリボ払いの特徴についてご紹介していきます。

 

手数料

年利15.0%

利用可能額

1万円~300万円(信用力によって変化)

最小支払額

月3,000円~

手数料が発生するタイミング

口座登録済みの場合:毎月20日

口座未登録の場合:毎月10日

返済日

毎月27日

特典

楽天ポイント還元(100円につき1ポイント)

楽天ポイント(キャンペーン期間中のみ)

楽天カードリボ払いのスペックは上記のものになります。
それぞれの項目について解説していくので、確認してみましょう。

リボ払いの手数料について

楽天カードでリボ払いを利用した場合の実質年利(手数料)は15.0%となっています。

15.0%といっても、この数字がどのくらい高いのかイメージが湧きにくいですよね。

では、手数料を計算して年利のイメージをつかんでみましょう。

 

まずは手数料の計算方法は以下のようになっています。

(リボ払いにした金額の残高)×0.15(実質年利)=手数料

 

この計算式をもとに、10万円を借りた場合の手数料を計算してみました。

 

利息がかかる期間

利息

1日後

41円

1か月後(30日)

1,232円

1年後(365日)

15,000円

 

イメージがつかめましたでしょうか?

10万円を借りたら1日に41円、1カ月で1,232円、1年で15,000円の手数料が生じます。

 

ざっくりといえば、1年でリボ払い利用額の15.0%かかるという仕組みになっています。

 

利用可能額について

新規で楽天カードを申し込んだ場合は、利用可能枠が1万円~300万円となっており、審査によって利用可能額が変動します。

すでに楽天カードを持っている場合は楽天e-NAVIから利用可能額を確認することができるため、便利です。

 

また、利用可能額の大きさはご自身の職業によって大きく違ってきます。

たとえば、アルバイトやパートをされている学生や専業主婦(主夫)の方は10万円 お勤めの方は100万円一般的な限度額だといわれています。

 

あくまで目安ではありますが、楽天カードのリボ払いを申し込む前に覚えておきましょう。

最小支払額について

楽天カードのリボ払いでは、月々の最小支払額利用金額によって変動します。

たとえば20万円までの利用で月々3,000円、20万円を超えると5万円毎に1,000円ずつ加算されていくという具合です。

 

つまり20万円をリボ払いにすると3,000円、21万円をリボ払いにすると4,000円、25万円のリボ払いでは4,000円というように、1,000円づつ加算されていくのです。

 

文字だけでは分かりにくいので、下のグラフで確認しておきましょう!

racten-card-rivolving-credit-minimum-spending

このように利用額20万円未満は月々の最小支払額が3,000円、以後5万円を刻む毎に1,000円ずつアップしていきます。

 

他のカードと比較して手数料は高くないの?

結論からいいますと、どのカードでも手数料に大きな差が生じないので、普段から楽天カードを使用されていれば、楽天リボの利用がおすすめです。

 

ではなぜそういえるのでしょうか、詳しく説明していきます。

 

はじめに他のカードの手数料はいくらになるのか確認しましょう。

 

リボ払いが利用できるカード

年間手数料

楽天カード

年利15%

JCBカード

年利8.04%~18%

UFJカード

年利15%

三井住友カード

年利15%

オリコカード

年利15%

セゾンカード

年利9.6%~14.6%

アメリカン・エキスプレス

年利14.9%

表からも分かるように、多くのカード会社ではリボ払いの年利を15%程度で設定しているか、それに近い金利のカード会社が多いです。

しかし、これだけを見ると多くの方が0.1%でも低い方がお得だと感じるのではないでしょうか。

 

ではここで、金利が0.1%変わった場合の手数料はどうなるのか、計算式でイメージをつかんでみましょう。

利用額1万円×年利差0.1%=1年間の手数料10円

 

つまり0.1%金利が変わると、1万円にたいして10円の手数料差が生じることになります。

そのため一般的なカードであればどこの会社を利用しても手数料差が数十円、多くても百円程度の差しか生じないのです。

 

 

たとえば手数料を低く抑えるには、加入条件収入証明の厳しい会社や高グレードのカードが有利です。

一方、楽天カードであれば1%のポイント還元があるため、ポイントを考慮すると実質14%の手数料となります。

 

ポイント還元を考慮した場合の手数料が低いため、楽天カードは他のカードに比べて有利だからおすすめなのです。

楽天カードリボ払いの種類

few-credit-card

楽天カードのリボ払いは大きく以下の3種類に分けることができます。

  • 自動でリボ払い
  • 後からリボ払い
  • 購入時にリボ払い

 

この3つは「ショッピングリボ」と呼ばれ、楽天カードを使った買い物の金額を自分で決めた額ずつ返済していく方法です。

それぞれリボ払いの対象にする範囲が異なるので、ご自身に必要なものを選んで使い分けるようにしましょう。

 

楽天カードのリボ払いページにはもうひとつ「キャッシングリボ」と呼ばれる、現金を借りて自分で決めた額ずつ返済する方法もありますが、そちらは下記のコラムでご紹介しています。

自動でリボ払い

自動でリボ払いは、あらかじめリボ払いに設定しておき、翌月以降の支払額をすべてリボ払いに変更する方法のことです。

商品を購入した度にリボ払いの変更手続きをする手間が省けることが便利といえます。

 

しかし、楽天カードの利用額がすべてリボ払いになってしまうため「複数の支払い方法を使い分けたい!」という方にはおすすめできる方法とはいえません。

 

後からリボ払い

後からリボ払いとは、もともと一括払いであった決済の状態を、後から自分でリボ払いに変更する方法のことです。

すべてがリボ払いになる自動でリボ払いと異なり、利用明細を選択して、一件づつリボ払いに変更できることが特徴といえるでしょう。

 

一括決済に設定していて使いすぎてしまったときに、後からリボ払いに変更することで当月の返済を繰り越すことができる便利な機能です。

 

明細を確認しながら自分でリボ払いにしたい分を決めることが出来るので「必要な時だけリボ払いを使いたい!」という人に向いていますよ。

 

後からリボ払いの利用をするには、楽天e-NAVIのページから「お支払額の調整」を選択し、リボ払いの変更ページから利用を開始することが出来ます。

 

ではそこで「分割払いはリボ払いで支払うことができるの?」といった疑問が生まれる方もいるかと思います。

 

分割払いで購入した場合、支払いをリボ払いにすることは可能なのでしょうか。

楽天カードは分割払いでもリボ払いへ変更することができるため、仮に分割払いの額がリボ払いの額を超えてしまうようなケースでも、後からリボ払いで繰り越すことができます。
リボ払いの金額が大きくなるときは早めの支払いを心がけましょうね。

ボーナス払いも後からリボにできる?

たとえば他にも、ボーナス払いの残高を後からリボに変更することができるのか気になる方がいるのではないでしょうか。

 

ボーナス払いから後からリボ払いへ変更することは可能です。

 

しかし、リボ払いの残高を後からボーナス払いに変更することはできません

この場合完全なツケの状態にはできませんが、リボ払いの月々の返済額を多くすることで調整がでます。

 

購入時にリボ払い

お店で商品を購入するさい、リボ払いで支払う旨を伝えることで利用できる方法です。

 

リボ払いを利用すると、返済額がどれだけ貯まっているか不安になりますよね。

購入時に口頭でリボ払いにすれば、支払う額の確認になるため安心して利用でき便利です。

 

購入時にリボ払いを利用するのが恥ずかしい場合は、後からリボ払いでも利用額の確認をすることができるのでおすすめです。

 

リボ払い残高の支払い方法

楽天カードのリボ払い残高の支払い方法は「リボ払いお支払いコース」「リボ残高おまとめ支払いコース」の2種類があります。

それぞれ月々の支払い金額を決める支払口と、月額より多くあるいは一括で支払う支払口というように言い換えてもいいでしょう。

 

 

リボ払いお支払いコース

リボ残高おまとめ支払いコース

支払額

自分で決めた額

決めた額~全額

利用するタイミング

リボ払いを始めるとき

月々の支払い額を変えたいとき

リボ払いを早く終了したいとき

当月だけ多めに支払いたいとき

支払うタイミング

自動で引き落とし

自分で引き落とし額を決定

 

先述したように「リボ払いお支払いコース」では、月々の最小支払い額が決まっているため注意が必要です。

リボ払いのリスク

fork-load

リボ払いは元金に加えて手数料も必要になるため、必要なとき以外は極力使わないことが大切です。

 

月々の返済額や返済回数は自分で決めることが出来るため、リボ払いの利用状況を把握していないとリボ払いの返済が一向に終わらない状態に陥ってしまう恐れがあります。

 

ですが、お金の工面に困ったさいには大変助かる支払方法です。

お金が必要になったさいに、手段の候補として利用するようにしましょう。

 

ここでは、リボ払いを利用するときのリスクをご紹介します。

 

手数料がかかる

リボ払いを頻繁に利用することで、金利手数料を長期間にわたって支払わなければならず返済手数料が高額になってしまう恐れがあります。

 

たとえば、「先月に続いて、今月の買い物もリボ払いを利用しよう」「何年も返済が終わらない」といったことが続いている場合は危険な状態ですよね。

 

普段からリボ払いに頼って買い物をしていると、利用額に対して返済額が少ないため一向に返済が終わらないといった状況に陥ってしまう可能性があるのです。

返済残高が減りにくい

毎月の支払額を自分で設定することができるため、月々の返済額が少ない場合は返済残高が減りにくい傾向があります。

 

たとえば、10万円の商品の購入にリボ払いを利用しているとしましょう。

そこで、最低額の3,000円を毎月の返済に充てると、34カ月間、手数料(金利)で21,454円も余分にかかってしまうのです。

 

ここではリボ払いの利用がこの10万円だけの場合で計算していますから、さらに翌月、翌々月とリボ払いを利用していくと返済額が膨れ上がってしまいかねません。

 

つまり長期間借り越してしまうと手数料が膨れ上がり、返済に余計な手数料を支払わなければならなくなるため、月々の返済額の設定は注意して決める必要があります。

 

使いすぎてしまいやすい

リボ払いは、「毎月自分で決めた額を毎月支払う」仕組みのため、いつの間にか利用残高が膨らんでしまうケースになりがちです。

 

なぜかというと、毎月の支払額だけでは、まだ余裕があると思ってしまいやすいからなのです。

 

たとえば、あなたが毎月2万円の返済額のリボ払いをしていたとしましょう。

その場合、あなたが毎月いくら使っても返済額は「2万円」になります。

本当は裏でリボ払いの残高が貯まっているにもかかわらず、「毎月2万円の返済だから」甘く見てしまいやすいのです。

 

そのまま利用明細を確認せずに使いすぎてしまうと「ある日明細をのぞいてみたら数十万円の利用金額になっていた…」というような、恐ろしいことがおきるかもしれません。

 

ここまでリスクを紹介してきましたが、リボ払いはリスクを知ったうえで適切な使い方をすると、低リスクでメリットを活かすことができます。
次の項で、その具体的な対策方法をご紹介していきます。

リボ払いで失敗しない方法

graph

リボ払いを利用するさい、返済に追われないためにはどのようなことに注意すべきでしょうか。

 

リボ払いは利用金額も違えば、返済プランそれぞれに応じたものとなります。

少ない手数料で抑えるためには早めの返済をし、賢く計画的に利用することが大切なのです。

 

リボ払いの危険性を把握する

リボ払いは商品の購入代金の返済を繰り越す仕組みなので、普段から返済を怠ってカードを利用していると、商品の購入残高が膨れ上がり、すぐに限度額に到達してしまいます。

 

リスクを知らないままリボ払いを利用することは大変危険なことなのです。

 

リボ払いで返済を怠ると後々より多くの手数料を支払うはめになることを認識しておきましょう。

 

借金をしている意識を持つ

リボ払いを「毎月返済している」と思っていても、返済額以上のペースでリボ払いを利用していたら一向に利用残高は減りません。

そのため借金をしている意識を持ち、出費の抑制をすることが大切なのです。

 

たとえば、リボ払いを利用した翌月は外食や洋服の出費を減らしたり、娯楽の費用を抑えたり、あるいはレシートを見直して余計な出費を減らすよう心掛けるのです。

 

利用明細のこまめなチェックをする

自分で月々の返済額を決めることはできても、買い物の利用額はなかなか把握しづらいものです。

 

利用明細の確認を怠ると返済すべき金額が分からないけでなく、危機感も生まれないため、実情に合わない買い物をしてしまうことがあるかもしれません。

 

そのような事態に陥って月々の不足額を積み立てないためにも、利用明細の確認を習慣づけお財布事情を把握することが大切だといえます。

 

楽天カードの利用明細は、パソコンやスマートフォンから楽天e-NAVIのページを開いて確認することができます。

 

また、カード契約時にはがきで通知の申し込みをしている場合であれば自宅に利用明細を届けてもらうこともできます。

返済計画を立てる

リボ払いは早く返済するほど手数料が低く抑えられるため、早ければ早いほどお得に利用することができるのです。

 

たとえば楽天カードを利用して10万円の商品を購入し、1カ月毎に5万円の返済をしていけば、2回の支払で合計1,875円の手数料で済みますが、2万円ずつの返済をしていると、5回の支払いで3,750円の手数料がかかってしまいます。

 

楽天カードで10万円の商品を買った場合の手数料

リボ払いの設定金額

月5万円の返済

月2万円の返済

1カ月目

(10万円×1.25%)1,250円

(10万円×1.25%)1,250円

2カ月目

(5万円×1.25%)   625円

(8万円×1.25%)1,000円

3カ月目

 

(6万円×1.25%)  750円

4カ月目

 

(4万円×1.25%)  500円

5カ月目

 

(2万円×1.25%)  250円

手数料合計

1,875円

3,750円

 

その差(3,750-1,875=)1,850円

倍近い手数料を払っていることになります。

 

自分で月々の返済額を決めることが出来るリボ払いでは、

早めの返済を心掛けた計画を立ててから利用することが大切なのです。

 

他の借金をつくらない

他に借金がある場合は、リボ払いの返済に充てるお金が準備できずに利息がかさんでしまう恐れがあるため、日頃の支出を見直すことが重要です。

 

他に借金をしたままリボ払いを利用すると、金融機関の信用情報に悪影響を及ぼすだけではなく、支払金利が多くなり返済の見込みが立たなくなってしまう状況に陥りかねません。

 

返済計画を立てることも重要ですが、収入と支出のバランスを保ってから利用するようにしましょう。

楽天カードのリボ払いを解除するには?

customer-service

リボ払いでは一括払いと異なり、手数料が発生します。

そのため、リボ払いの返済が終わるまでは一括払いに変更(リボ払いの解除)をすることが出来ません。

 

解除をする場合には楽天e-NAVIから「リボ残高のおまとめ払い」で全額の支払いを済ませてから「自動リボ払いの解除」を選択する必要があります。

 

楽天e-NAVへはパソコンやスマートフォンからログインできます。

まとめ

楽天カードのリボ払いについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

カード利用額を猶予してもらい、所持金が足りないときに便利なリボ払いですが、

  • 手数料がかかる
  • 利用額を把握しづらい
  • 消費の癖がつきやすい

このようなリスクがあるため、あらかじめ把握しておく必要があります。

 

しかし、どうしてもお金の工面に困ることはあるのではないでしょか。

所持金不足の回避手段のひとつとして、リボ払いを位置付けておくとよいでしょう。

 

普段から楽天カードを利用されている方でリボ払いを考えているのであれば、ポイント還元のある楽天リボがおすすめです。

くれぐれも、ご自身の収支に合った返済計画を立ててからの利用を心掛けるようにしましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。