ホーム >  かしこいお金の使い方

リボ払いはやばいって本当?借金地獄から抜け出す3つの打開策

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
あなたは、クレジットカードのリボ払いとはどういうものか知っていますか?

よくクレジットカードのCMで「リボ払いがおすすめ!」と宣伝されていることがありますよね。

ですが、インターネットなどでこんなうわさを耳にしたことはあるのではないでしょうか?

 

リボ払いは本当にやばいから絶対にやめておけ!

リボ払いで借金地獄になった!

 

はたしてリボ払いはお得なのか、怖いものなのか気になるところですよね。

 

実際のところリボ払いは無計画に利用してしまうと、本当に「やばい」状態になってしまう危険性がある支払い方法なのです。

この記事を読むことで、そのやばいといわれている理由がわかります。

 

また、リボ払いで借金地獄になってしまった場合の打開策についても説明します。

リボ払いの支払いに苦労している人も何か解決への糸口が見つかるかもしれませんので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

SMBCモビット

SMBCモビット

アイフル

アイフル

リボ払いとは?

広告やテレビでも良く出てくるリボ払いを簡単に説明すると、分割払いの一種です。

この支払い方法の特徴は、毎月の支払い金額(手数料除く)を自分で設定できるところにあります。

 

たとえば、あなたが月々の返済額を1万円に設定してリボ払いを利用したとしましょう。

あらかじめ返済金額が決められているので、あなたが生活費でいくら使おうが、趣味にどれくらいお金をかけようが、リボ払いで使ったお金の返済額は1万円(+手数料)なんです。

 

ここで「リボ払いと分割払いって何が違うんだろう?」と気になると思いますので、リボ払いと分割払いの違いを説明しておきましょう!

 

リボ払い

分割払い

月々の支払い金額

自分で設定する

利用金額によって変化

返済回数

支払い金額や利用金額による

自分で設定する

おもな違いを簡単に説明すると支払い金額を設定するか、返済回数を設定するかの違いです。

 

リボ払いにはどんなメリットがある?

リボ払いの仕組みならではのいいところもあります。

たとえば、リボ払いを利用する際店員に「リボ払いで!」と伝えるだけですぐに分割で支払いができるので、通常の分割払いのように商品の購入のたびに「分割回数は何回にしよう?」と考えなくてよくなります

 

そのほかにも、リボ払いは月々の支払い金額が分割払いよりも少なくなる傾向があるため、「請求額が高くなりすぎてお金が足りなくて支払えない・・・!」といったリスクを大幅に減らせるんです。

 

ここまでの話だとリボ払いってすごくいい仕組みのように見えますよね?

では、リボ払いが「やばい」といわれるのはなぜなのでしょうか?

実はこのリボ払い、使い方を間違えるとかなりやばいことになるんです……。

次からはいよいよ本題、リボ払いのやばいところについて解説します。 心して聞くように!

リボ払いがやばいといわれている理由

「返済額」が「利用額」に合ってないと返済が進まない

リボ払いは、カードローンなどの借金と同じように金利というものがあり、利息を支払わなければなりません。

 

リボ払いの金利相場は約15%となっています。

金利についてイメージしにくい人は「1年で15%」「1か月で約1.25%」利息が発生するという認識を持っていただければ大丈夫です。

 

そして、この利息こそがリボ払いがやばいといわれている理由なんです!

 

先ほどと同じようにシミュレーションをしてみましょうか。

あなたが「リボ払いでお金を使いすぎて、支払い残高が50万円に到達してしまった!」という設定でいきましょう。

 

月々の支払い金額が1万円に設定していて、金利手数料15%だった場合、月々の支払い金額の内訳は大体このようになります。

支払い残高

月々の支払い額

利息

返済額

50万円

10,000円

6,250円(63%)

3,750円(37%)

なんということでしょう!

月々の支払い額の6割以上が利息の支払いで消えていて、実際は3,750円しか返済されていないのです!

 

このように、支払い残高が大きくなるほど利息が大きくなるため、なかなか返済が進まず最終的にかかる利息や返済回数がかなり多くなってしまいます

 

ちなみにシミュレーションのように50万円を毎月1万円で返済する場合、完済までに6年7か月(79回)もかかり、最終的な利息額は約29万円もかかってしまうんです!

こうしてみると、リボ払いの使い方って少し難しく感じますよね。

借金をしている感覚が、クレジットカードの通常の利用よりも薄れる

また、リボ払いがやばいといわれている理由はもう1つあります。

それはクレジットカードの通常の利用よりも、借金をしているという感覚が薄くなってしまうことなんです。

 

この記事を読んでいる人のなかには、「クレジットカードを使いすぎて痛い目を見てしまった!」という人もいるのではないかと思います。

 

一括払いであれば、来月の請求額を見て使いすぎたことを反省し、次回から使い方に気を付けるようにすることができるでしょう。

 

先ほどにも説明したように、リボ払いの返済金額は一定なため使いすぎに気づきにくいですし、一応返済しているから何とかなるだろうという錯覚に陥ってしまう危険性があるのです。

 

リボ払いを終わらせるための打開策

では、もしリボ払いの支払い金額が多くなりすぎてしまった場合、どうすればいいのか疑問に思うことでしょう。
ここで、リボ払いを早く終わらせたいときの対処方法を解説いたします!

繰り上げ返済をする

繰り上げ返済とは、月々の支払い金額に、追加で返済することをいいます。

 

支払いの残高が高額になってしまった場合、月々の支払い金額のほとんどが利息の支払いだけになってしまうことは説明した通りです。

 

繰り上げ返済をすることにより支払い残高を減らすことができれば、最終的にかかる利息も減らすことができますし、返済期間も大幅に短縮することができます

 

ただし、無理に繰り上げ返済をしようとして生活に必要なお金を回すことだけは避けておきましょう

確かに早く返すほど利息がかかりませんが、生活が苦しくなってしまっては心の余裕がなくなってしまいますし、もし生活費が足りなくなった場合に困ってしまいます。

「繰り上げ返済のご利用も計画的に!」
これが鉄則ですよ!

カードローンに借り換える

リボ払いの金利がきつい!」と思ったのであれば、金利の低いカードローンを契約してリボ払いの借金を全額返済し、カードローンの借り入れに切り替えるというのも選択肢の1つでしょう。

 

これを借り換えローンといいます。

 

銀行カードローンの金利相場は約14.5%と、リボ払いの金利相場である約15%よりも低いため、最終的に払うことになる利息額を抑えることができます。

 

ただし、カードローンには審査が必要ですので、安定した収入がなければ通過するのは難しいでしょう。

カードローンについてはこのサイトでも多く紹介しています。
もしカードローンに興味を持ったのであれば上記のページを参考にしてみてくださいね。

カードローンに借り換える

リボ払いの金利がきつい!」と思ったのであれば、金利の低いカードローンを契約してリボ払いの借金を全額返済し、カードローンの借り入れに切り替えるというのも選択肢の1つでしょう。

 

これを借り換えローンといいます。

 

銀行カードローンの金利相場は約14.5%と、リボ払いの金利相場である約15%よりも低いため、最終的に払うことになる利息額を抑えることができます。

 

ただし、カードローンには審査が必要ですので、安定した収入がなければ通過するのは難しいでしょう。

カードローンについてはこのサイトでも多く紹介しています。
もしカードローンに興味を持ったのであれば上記のページを参考にしてみてくださいね。

ボーナス一括払いを利用してみる

クレジットカードには「ボーナス一括払い」という、ボーナスの時期にまとめて一括で支払う支払い方法があります。

 

リボ払いの残高をボーナス一括払いに変更することは基本的にできないのですが、次回からのお買い物をボーナス一括払いにすることでボーナス時期まで支払いの猶予ができます

 

その猶予の間にリボ払いの繰り上げ返済をすることで、リボ払いの残高を効率よく減らすことができるようになるでしょう。

 

また、ボーナス払いはリボ払いとは違って金利がかからないのが大きなメリットです。

ただし、ボーナス払いが使えないお店があったり、使いすぎに気を付ける必要があったりするといった注意点がありますので気を付けてくださいね。

 

リボ払いを賢く使うためには?

ここまでリボ払いの怖さを説明してきましたが、仕組みとリスクを十分理解して賢く利用すれば、リボ払いは決して怖いものではないんです。

 

では最後にリボ払いのかしこい使い方について解説いたしましょう。

  • 利用明細を必ず確認する
  • 月々の支払い額を多く設定する

 

リボ払いに限らずお金の管理をすることは、人生を生きていくうえで必要なスキルです。

使ったお金を意識する習慣がない人は、まずは毎月の利用明細に必ず目を通すようにしてくださいね。

 

そしてもう1つの方法、月々の支払い額を多く設定する方法について説明します。

 

あなたは月々にいくらまで返済に回すことができるでしょうか?

無理のない範囲で支払うことのできる金額を月々の支払い額に設定してみてください。

 

たとえば月々の支払い額が1万円の場合と5万円の場合では返済が終わるまでのスピードが断然違いますし、あまり利息をかけずに利用することができるでしょう。

 

「現金を借りる」という選択肢もあります

また、お金を使っている感覚が薄いのが気になる人は、リボ払いではなく現金を借りるという方法も考えてみてもいいかもしれません。

たとえば、クレジットカードにはキャッシングや、消費者金融や銀行のカードローンで現金を借りる方法があげられます。

 

キャッシングの場合、現在使っているクレジットカードにキャッシング機能を付けてもらうだけなので手続きがしやすいですが、カードローンには無利息期間などのサービスが充実しています。

 

どちらにも利点がありますので、よく検討してからお金を借りるのがよいでしょう。

リボ払いと同じく利用計画をきちんと立てることは必要ですが、現金を借りているためお金を使いすぎてしまうリスクを減らすことができますよ。

まとめ

リボ払いは何も考えずに利用しすぎると利息金額が大きくなり、なかなか支払い残高が減らないといったケースが起こるため、お金の管理にルーズな人はリボ払いに向いていないのかもしれません。

 

ですが、リボ払いは月々の支払い方法を調整できるというのが大きな利点です。

 

使いすぎないように利用明細を確認して計画的な利用をすれば、賢くお金を使うことができるようになるでしょう。

 

また、リボ払いを利用しすぎて借金が高額になってしまった人でも借金を解決する方法は複数存在します。

 

まずは落ち着いて、どの解決方法がいいのか自分の状況を考えて検討してみてはいかがでしょうか。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

SMBCモビット

アイフル

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします