ホーム >  かしこいお金の使い方

「リボ払いで借金地獄になった…」一刻も早く抜け出す3つの方法とは

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。  今回は、リボ払いによる借金地獄の危険性と、リボ払いの借金地獄に陥ってしまったとき脱出するための解決策について、お伝えいたします。

リボ払いの支払いからなんとか解放されたい

リボ払いってそもそも何…?

 

このように、きちんと理解しないまま利用している人もいるのではないでしょうか?

仕組みをわかっていないために、気づけばリボ払いの借金地獄に陥っていた…!ということになってしまうのです。

もう一度、仕組みをきちんと理解し、もし現在苦しい状況になっていたら、今すぐ抜け出す手立てを講じなければなりません。

 

リボ払いの仕組みやリスクなどの基本知識からリボ払いの借金地獄から抜け出す解決策まで、すべてお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

SMBCモビット

アイフル

そもそもリボ払いって何なの?

リボ払いとは、クレジットカードの支払いなどで使われる返済方法のひとつです。

 

リボ払いと分割払い、一括払いの違いは何となく分かるでしょうか?

簡単にいうと、こんな感じなんです。

たとえば、クレジットカードを利用するシーンを思い浮かべてください。

店員さんから「お支払いは一括でよろしいですか?」と聞かれませんか?

クレジットカードのスタンダードな支払い方法として“一括支払い”が認知されていると思いますが、一括支払い以外にもさまざまな支払い方法があります。

 

その一つが、「リボ払い」です。

リボ払いをすることで、毎月支払う金額が一定になります。分割払いは、金額を指定するのではなく、返済する(支払う)回数が決まるので、リボ払いとは少し違いうことが分かりますね。

リボ払いを利用すれば、どれだけお買い物をしても毎月同じ金額が登録口座から落ちる、ということになるのです。

 

どれだけお買い物をしても同じ金額だけ支払えばいい!

これだけ聞くととってもお得な気がしませんか?

 

しかし、じつはここに、リボ払いのリスクが潜んでいるのです…!

リボ払いの利用を間違えるとトラブルに…

毎月同じ金額の支払いになるリボ払いですが、使い方を間違えるとトラブルになることがあります。

リボ払いの手数料を把握していない

たとえば、リボ払いで毎月1万円の支払いをしていたとします。

毎月1万円を支払っていけば、お買い物をした分の金額はそのうち返せる気がしてしまいますよね?

 

しかし、この1万円は単純にあなたがお買い物した分の料金ではありません。

この1万円には利用した分に利息が含まれています

 

毎月、自分がお買い物に使った1万円をきっちり返しているじゃないか!」と思っていても、じつはその内訳を見るとそのほとんどが利息の支払い…なんてこともあるのです。

利息とは?
リボ払いにおける利息は「リボ払いを利用した手数料」と考えるとわかりやすいですね。
リボ払いの手数料は、クレジットカード会社の利益になります。

 

ここまでは、特別怖いことではありません。

リボ払いを利用すると利用料がかかりますよ」という単純な話です。

 

しかし、この手数料をきちんと把握していなかったとしたら…。

これは、大きなトラブルのもとになってしまうのです。

 

リボ払いによって「金銭感覚」が狂ってしまう

リボ払いでクレジットカードを利用していると、いくらお買い物しても1万円しか落ちなくなるので、いつのまにか金銭感覚がくるってしまうこともあります。

買い物をすればするほど、気づかないうちに返済しなくてはいけない金額が膨れ上がっていきます。

 

返さなくてはならないのに返せない=いつのまにか借金

知らないうちに、こんな状態になってしまうのです…!

 

借金をしていることに気づかずリボ払いを利用し続ける」というような状況になると、手数料(利息)も大きくなってしまいます。

 

リボ払いで借金地獄に陥った一例

リボ払いの仕組みをきちんと理解せずに使った結果、どのようなことになるのかもう少し詳しく考えてみましょう。

 

毎月の返済額に利息が含まれているということをきちんと理解していなかったため、こうなってしまったのでしょうか?
「仕組みを知っている」ということが、どれだけ重要かがよく分かりますね。

とくに、よくクレジットカードを利用する人は注意ですね。
リボ払いにすると毎月利息がかかるため支払金額は増えているにもかかわらず、「減っている」という感覚になってしまうのです。
利息の重要性がよく分かる事例ですね。

リボ払いで注意したい2つのこと

  • リボ払いを利用すると利息(手数料)がつくことを理解しておく
  • どれくらいの利息(手数料)がかかっているかを把握しておく

 

リボ払いをしたことによってどのくらいの利息が発生するのか、知っておくことは何より大切です。

 

リボ払いが必ずしも悪いということではありません。毎月の支払金額が固定されることは、「家計管理がしやすい」というメリットもあります。

しかし、そもそも家計管理ができないという人いつもクレジットカードを使いすぎてしまうという人は、リボ払いをうまく使いこなせるか不安になりますよね?

そんな人はできるかぎりリボ払いを利用せずに、一括で支払う方がリスクは少ないのかもしれません。

どうしてもリボ払いにしたいときには、「知らないうちに利息がこんなに増えた」ということだけはないように、支払い計画を立てるとよいでしょう。

「リボ払いの借金地獄から抜け出したい…!」3つの解決策をご紹介!

それではここで、リボ払いの借金地獄からいち早く抜け出す方法をお伝えいたします…!

とにかく完済したい!!

この状況から抜け出したい!!

 

そんなときは、この3つの解決方法を実践してみてください。

迷っていても、状況は何も変わらないのですから、まずは行動してみましょう。

 

繰り上げ返済をする

繰り上げ返済とは、いつもの返済に加えて返済をすることです。すこしでも返済に余裕ができた方におすすめしたい方法です。

返済しなくてはいけない残高を少しでも減らす、早く返す。これによって発生する利息の負担を軽減できます。

 

返済額を増やす

毎月の返済額を増やすことで、返済をはやく終わらせることができます。毎月の返済額を増やせば、返済がはやく終わるだけでなく返済総額を少なくすることも可能ですよ。

5,000円多く返済するようにするだけでも、かなり負担は減ってくるので検討してみてもいいでしょう。

繰り上げ返済や返済額の増加は、返済に余裕がある方なら実践しやすいと思います。
まずは、クレジットカードの裏面に記載されている窓口番号に問い合わせてみましょう。WEBで会員登録をされている方は、マイページ上で設定できることもありますよ。

カードローンを利用する

ここからは「上の二つの方法では解決できそうにない…」という方のためにお話しいたします。

どうしても繰り上げて返済できないという人や生活に余裕がないという人にとって有効な方法は、「カードローンを利用すること」です。

 

借金に借金をするようなものじゃないか…!」と思われる方も多いかもしれませんね。

しかし、カードローンには大きなメリットもあるのです。

 

カードローンは「リボ払いよりも低金利」?!

ズバリ、カードローンを利用するメリットはこちらです…!

みなさんは、カードローンに対してどんなイメージを持っていますか?

消費者金融」「サラ金」返済が大変」「無人機でお金を借りる」「CMでよく見かける」など、いろいろなイメージがあることでしょう。

カードローンは、銀行や消費者金融が提供している、担保や保証人なしでお金を借りることができる個人向けのローンのことです。

 

カードローンとクレジットカードのリボ払いの金利を比べてみましょう。

種類

金利相場

クレジットカードリボ払い

約15.0%

銀行カードローン

約14.0%

消費者金融カードローン

約18.0%

リボ払いの金利(利息を計算する割合)は、約15.0%です。銀行カードローンは、約14.0%低金利ですよね。

 

消費者金と比べるといかがでしょうか?

消費者金融は、約3.0%高いので「損するんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、消費者金融には「無利息期間」という魅力的なサービスがあるため、場合によっては利息を払う必要がないことも多いのです…!

 

もうすぐボーナスが入るから、すぐに返済できる!」という人なら、消費者金融のカードローンを利用して返済すれば負担を軽減できるというわけなんです。

 

銀行カードローンには、無利息期間は原則ありませんが、少し金利が下がればその分負担を減らすことができるのではないでしょうか?

カードローンの金利は「金利3.0%~18.0%」というように幅のある金利表示であることが一般的です。
これは、利用者の年収借り入れ状況などによって決められています。
はじめて利用する場合は、基本的に上限金利が適用になることが多いということを知っておきましょう!

カードローンを使った具体的な返済方法

カードローンを使ってリボ払いの負担を減らす、具体的な方法をお伝えします。

  • 悩みの種である「リボ払いの残高分」をカードローンで借りる
  • 借りたお金でリボ払いの残高を一括返済する

 

あとは、カードローンで借りたお金を計画的に返していきましょう。

金利が低いカードローンを利用した場合は、金利の負担が減るので余裕が生まれるはずです。

 

ここでのポイントをひとつ、お伝えしておきます。

それは、「リボ払いの残高分だけ借りる」ということです。

あくまで、リボ払いの残高を一括返済するためにカードローンを利用するということを忘れないようにしてください。

 

カードローンも、お金を借りていることに違いはありません。

この目的以外でカードローンを利用すると、厳しい状況をまた作り出してしまうかもしれません。

詳しいカードローンの利用方法については【カードローンとは?基本から安心して使うためのポイントまで徹底解説】で解説していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

リボ払いは、毎月一定の金額で支払うため計画的に使える返済方法ですが、返済が長引いてしまうというリスクがあることがわかりましたね。

 

計画的に利用すれば便利ですが、そもそも仕組みを理解せずに利用すると借金地獄に陥ってしまうのです…!

リボ払いによる借金に悩んでいる方は、まずは3つの解決方法を検討してみましょう。繰り上げ返済カードローンの利用など、ご自身の状況に合わせて対処できるといいですね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

 

SMBCモビット

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします