埼玉りそな銀行のカードローンを利用!申し込みの流れは?

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

埼玉りそな銀行は、りそなホールディングス傘下の都市銀行です。

 

通常の預金業務以外にもカードローンも取り扱っているため、埼玉りそな銀行を利用している人のなかには、カードローンの利用を検討している人も少なくありません。

 

埼玉りそな銀行のカードローンはどのような仕組みになっているのでしょうか。

 

実は、埼玉りそな銀行が提供しているカードローンの種類はひとつだけではありません

そのため、利用したい場合には、それぞれの特徴と契約方法、借り入れまでの流れを知っておくのがベストです。

 

そこで今回は、埼玉りそな銀行カードローンの種類メリットやデメリット、申し込みの流れを解説していきます。

埼玉りそな銀行ではどのようなサービスを提供しているのか、詳しく見ていきましょう。

 

Contents

埼玉りそな銀行カードローンの特徴

web完結ができる

埼玉りそな銀行カードローンは、web完結が可能です。

そのため、申し込みから契約まで来店不要で手続きできます。

 

窓口での契約は気が引ける、店舗に行く時間がない人などは、web完結を利用すればスムーズに契約できて便利です。

 

なお、申し込みはインターネットから24時間365日可能なので、時間や場所を気にすることなく、いつでもどこでも申し込めます。

 

提携ATMで手続きができる

埼玉りそな銀行カードローンは、提携ATMで借り入れ、返済が可能です。

そのため、りそな銀行ATMが近くにない人でも、わざわざ足を運ぶ必要なく、近くにあるATMで手続きできます

 

利用可能なATMは、全国の提携ATMです。

コンビニATMやゆうちょ銀行など、提携先の種類が豊富なため、手続きの際に不便を感じることは少ないでしょう。

また、時間や曜日に関係なくいつでも利用できるので、急にまとまったお金が必要になったときでも安心ですね。

自動融資機能が便利

埼玉りそな銀行カードローンでは、自動融資機能を受けられます

自動融資機能は、一時的にりそな銀行の口座残高が足りなくなったときなどに、自動的に残高不足分をチャージしてくれるサービスです。

 

クレジットカードの返済日が近いのに口座にお金が足りないときなどは、自動融資機能が便利です。

 

この機能を利用すれば、自動的に足りない分がチャージされるため、問題なく引き落としが完了するのです。

 

引落しできずに、返済遅延扱いされることもありません。

自動融資機能で残高不足を回避すれば、返済日にお金が足りなくなったときでも安心ですね。

埼玉りそな銀行の種類

りそなプレミアムカードローン

このプランは、限度額が最大800万円と高めなので、高額融資を受けたい人に向いたカードローンです。

 

金利は、3.5%~12.475%低めに設定されており、条件を満たしていれば金利の引き下げもあります。

 

金利の引き下げ条件は、埼玉りそな銀行の住宅ローンを利用しているかどうかで、引き下げ対象になると金利が0.5%引き下げられるのでお得です。

 

りそなクイックカードローン

このプランは、限度額が10~200万円までと低く少額融資を希望する人向けのカードローンになります。

 

金利は、9.0~12.475%です。

 

低い限度額の場合は金利が高めになるのが一般的ですが、このプランの場合は他社よりも低く設定されています

 

少額融資向けのカードローンとしては、金利が低く返済の負担が大きくなりにくいということですね。

 

さらに、りそな銀行での給与振込を利用する場合は、金利0.5%引き下げられる特典を受けられます。

通常の金利でも十分低いのですが、金利優遇を受けるとさらに低金利でお金を借りられるのがうれしいところですよね。

カードローンはどちらを選ぶべき?

2種類あるカードローンのうち、自分にはどちらのカードローンのほうが向いているのか確認しておきましょう!

クイックカードローンに向いている人

とにかく、少額融資を希望する場合はクイックカードローンの利用が向いていると言えます。

 

最大限度額が低めで使い過ぎる心配もないですし、低金利なので利息の負担も抑えられます

 

一般的に、他社の銀行カードローンの最大金利は14.6%前後である場合が多いため、比べてみてもクイックカードローンは低く設定されているのがわかりますね。

 

少額の借り入れを希望で、利息の負担を減らしたい人は、クイックカードローンを利用してみるとよいでしょう。

 

また、低金利で返済負担を減らせるため、個人事業主や自営業を営んでいる人も向いていると言えます。

 

基本的に、りそな銀行カードローンは事業資金として使うことはできないですが、個人事業主や自営業は事業資金としての利用が可能となっています。

 

プレミアムカードローンに向いている人

プレミアムカードローンは限度額が最大800万円と高めなので、高額融資を希望する人に向いています。

 

経営者は事業資金として充てることはできないので、それ以外の用途で高額の借り入れをしたい場合は、このプランを選択するとよいでしょう。

 

また、りそな銀行で住宅ローンを組んでいる人は、金利の引き下げによって通常よりもお得に利用できます。

そのため、住宅ローンを利用している人は、こちらのプランの利用が適切と言えます。

 

埼玉りそな銀行カードローンの貸付条件

りそなプレミアムカードローンの貸付条件

貸付条件は、申込受付時の年齢が満20歳~60歳未満の人、継続して安定した収入がある人、保証会社の保証を受けられる人です。

 

このプランでは、一般的なカードローンの年齢条件よりも低めに設定されています。

この条件に当てはまらない人は、申し込めないので注意しましょう。

 

また、安定した収入がある場合パートやアルバイトでも申し込み可能ですが、専業主婦や学生は融資の対象外です。

 

なお、プレミアムカードローンの審査を行うのは、りそなカード株式会社ではありません

 

審査は、オリックス・クレジット株式会社が行うため、過去にこの会社で信用事故を起こしていた場合は要注意です。

 

オリックス・クレジット株式会社からの保証を受けられなければ、融資の対象外となります。

 

りそなクイックカードローンの貸付条件

貸付条件は、申込受付時の年齢が満20歳~66歳未満の人、継続して安定した収入がある人、保証会社の保証を受けられる人です。

 

こちらも安定した収入がある場合には、アルバイトやパートでも申し込めますが、学生や収入のない専業主婦は利用できません

 

また、申込受付時の年齢が満66歳未満とプレミアムカードローンとは異なる条件のため注意が必要です。

クイックカードローンの場合、審査はりそなカード株式会社が行い、りそなカード株式会社から返済能力がある人だと認められれば利用することができます。

りそなのカードローンを利用するメリットは?

簡単に手続きができる

まず、web完結可能な点が大きなメリットであると言えます。

来店不要で、いつでもどこでも申し込めますし、契約まで完了します。

 

カードローンの利用を誰にも知られたくない人や、手軽に申し込みたい人にぴったりですね。

 

また、web完結を利用する場合、提出書類が不要で仮申し込みもできます。

そのため、仮申し込みは個人情報や他社の借入状況、りそな銀行口座の有無などの項目を埋めていくだけで簡単に済みます。

 

最初の申し込みの時点で本人確認書類を提出する必要がないため手間がかかりません。

 

利用しやすい

りそな銀行カードローンは、自動融資機能(オートチャージ機能)を利用できたり、コンビニATMを利用できたりと利便性に優れたカードローンです。

 

自動融資機能を使えば、口座の残高が足りないといった事態でも焦る必要はありません

 

残高以上のお金が引き出される場合には、自動で残高不足分をオートチャージしてくれます。

 

利用できるATMは、りそな銀行ATMやコンビニATMなど豊富なので、近場にあるATMを利用すればすぐに借り入れ、返済ができてとても便利です。

 

なお、りそなATM、コンビニATMに加えて、ゆうちょ銀行などの提携ATMでは、カードローン機能を使っての引き出しが可能です。

 

引き出す際、残高を超えた分の引き出しは、限度額の範囲内で自動融資となります。

 

ローン専用カード不要

りそな銀行カードローンは、ローン専用カード不要で利用可能なため、借り入れや返済は、りそな銀行口座のキャッシュカードをそのまま使用できます。

 

ローン専用カードを持ちたくない人や、カードローンの利用を知られたくない人などは、りそなのカードローンの利用を検討してみるとよいでしょう。

ローン専用カードを見られて借金がバレた!」というリスクがなくなるので、キャッシュカード一体型カードローンは借金がバレたくない人におすすめなのです。

埼玉りそな銀行のカードローンを利用する際の注意点

りそなクラブポイントの利用が必須

埼玉りそな銀行カードローンでは、りそなクラブポイントが導入されています。

 

りそなクラブポイントとは、りそな銀行との取引でポイントが貯まり、さまざまな優遇特典を受けられるサービスです。

 

ポイントを貯めれば、ATM手数料無料(月間3回)振込手数料無料(月間3回)などの特典を受けられるためお得です。

 

ただし、毎月20ポイント以上持っていないと、どのATMでも手数料が発生してしまうため注意しなければなりません。

ポイントの利用次第でATM手数料が無料になるのは嬉しいメリットですね。

どんな優遇がある?

りそなクラブポイントでは、獲得したポイント数に応じたステータスが設けられています。

一番下から「スタンダード・パール・ルビー・ダイヤモンド」とあり、ステータスが上がるほど受けられる特典が増える仕組みになっているのです。

 

ステータスは、毎月20日の保有ポイントで決定し、表にすると以下のようになります。

ポイント

ステータス

追加される優遇特典

20ポイント未満

スタンダード

なし

20~99ポイント

パール

りそなグループATM手数料無料

100~199ポイント

ルビー

コンビニATM手数料無料

200ポイント以上

ダイヤモンド

他行提携ATM手数料、振り込み手数料無料

ポイントを貯める方法は?

りそなカードの利用代金引落しやカードローンの利用など、りそな銀行の商品やサービスを利用することでポイントを貯められます。

 

なお、給与口座としてりそな銀行口座を指定しておけば、それだけで毎月20ポイント加算されます。

手軽にステータスをアップしたい場合に便利なので、活用してみるとよいでしょう。

 

なお、りそなクラブポイントは、りそなクラブ.com経由で買い物をしてもポイントが貯まり、貯めたポイントは提携サービスのポイントとの交換が可能です。

 

Web完結で申し込みするときの流れはどうなる?

  1. webで申し込み
  2. 申し込みの受付
  3. 仮審査結果の連絡
  4. 本申し込み
  5. 必要書類のアップロード
  6. 本審査結果の連絡
  7. 契約手続き
  8. 借入

 

web完結する場合は、まず仮申し込みをします。

仮申し込みは、パソコンやスマートフォンからでも申し込めますし、電話や郵送でも可能です。

 

電話は申し込み専用ダイヤルが年中無休で利用できますが、利用時間が限られているので事前に確認することが大切ですね。

 

仮申し込みの際に、提出する書類は一切ないのであらかじめ準備する必要はありません。

仮審査の際には、自宅か勤務先のいずれかに在籍確認が行われます

 

仮審査結果の連絡は、仮申込書に記入したメールアドレスに送られるのが基本です。

ただし、場合によっては電話や郵送での連絡となる可能性もあります

 

仮審査に通れば、本申し込みの手続きです。

その際、本人確認書類などの必要書類をアップロードして提出する必要があります。

 

なお、郵送やFAXなどで仮申し込みした場合は、本申込書が自宅へ郵送されるので、必要事項を記入し必要書類を添付して返送しましょう。

必要書類を提出したら本審査が行われ、本審査結果の連絡がきます。

 

本審査結果の連絡は、仮審査結果同様メールアドレスです。

本審査を通過していれば、来店不要でそのまま契約手続きに入り、借り入れとなります。

契約手続きや借り入れは、休日でも対応しているのでとても便利ですね。

埼玉りそな銀行の審査は安定収入を重視する!

りそな銀行カードローンは、安定した収入があればパートやアルバイトでも申し込み可能です。

 

つまり、社会的信用よりも返済能力があるかどうかを重要視するため、審査は厳しいと言えます。

 

また、りそな銀行カードローンは、毎月の返済額がどちらも最低1万円と高く設定されており、最低利用限度額も30万円と高めです。

 

以上の要素から見ると、返済能力が十分にある人向けのカードローンといえるので、申し込む前に自分の年収や勤続年数を見直しておきましょう。

 

審査に落ちた人はどう対処すればいい?

もし審査で落ちてしまった場合、どうすればよいのでしょうか。
ここでは、埼玉りそな銀行カードローンの審査に落ちてしまったの対処方法をご紹介します。

信用度が重要

審査に落ちてしまった場合は、まずは埼玉りそな銀行からの信用度を上げる必要があるでしょう。

 

カードローンの審査では信用度が高ければ高いほど、融資の条件を満たしていると判断されやすくなります。

 

そのため、利用実績がゼロだった場合などは、審査に落ちる可能性が高くなってしまうのです。

 

そこで、埼玉りそな銀行をメインバンクとして利用し、信用度をアップすることが重要になってきます。

 

給料の振込先や光熱費の引落しなど、日常的に利用するものは、りそな銀行で契約をしましょう。

メインバンクにすることで、実質預金を担保にしていることにもなりますから、信用度を上げるには有効な方法といえるかもしれません。

 

他社の借り入れを整理しよう

他社の借り入れがあると、銀行からの評価はマイナスになるケースが多いため、審査落ちする確率が高まります。

 

基本的に、金融機関は他社からの借り入れを嫌う傾向にあるため、申し込む前に完済するのが望ましいでしょう。

完済が難しければ、なるべく減らすようにするのが大事です。

 

また、借入件数が多い人も要注意です。

借入件数が多いと多重債務者とみなされるおそれがあります。

 

4件以上の借り入れがある人は、返済可能なものを完済して、3社程度まで借入件数を減らすようにしましょう。

 

消費者金融のカードローンを検討してみよう

一般的に、銀行系カードローンは低金利なのでそのぶん返済能力を求められることが多く、審査が厳しい傾向にあります。

 

一方の、消費者金融系のカードローンは銀行とは違った審査基準で審査がおこなわれるため、銀行カードローンでは審査に落ちても、消費者金融カードローンなら審査に通過するといったことがおこるかもしれません。

 

そのため、銀行カードローンの審査に落ちてしまった人は、消費者金融で審査を受けてみるのもひとつの方法です。

 

ただし、金利は銀行系カードローンよりも高めになりますし、必ずしも審査に通るわけではありません。十分に検討してから申し込むようしましょう。

消費者金融カードローンについては、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

即日融資はできる?

銀行カードローンの審査は、2018年1月より、反社会勢力との取引排除の徹底を図るために、警察庁のデータベースへの照会が必須となっています。

そのため、以前までは可能とされていた即日融資は難しいと言えるでしょう。

 

データベースへの照会結果は早くて翌日なので、最短でも翌日融資になります。

 

なお、翌日融資はweb完結のみで、郵送などで手続きした場合は最短で1週間程度かかってしまいます。

そのため、借り入れを急ぐ場合は、web完結の利用が適切です。

 

なお、りそな銀行カードローンはキャッシュカードがないと借り入れや返済ができません。

キャッシュカードを持っていない人はカード発行まで利用できないため、融資までに2~3週間かかります。

急ぎでお金が必要な人は、即日融資可能なカードローンを検討してみましょう。

在籍確認事情は?

りそな銀行カードローンは、どちらの場合も在籍確認は必ず行われます

 

在籍確認では銀行名のみを名乗るため、カードローンの利用が知られる確率は低くなっています。

 

どうしても銀行名を名乗られるのを避けたい人は、担当者の個人名での在籍確認も可能です。

個人名で連絡してほしい場合は、申し込みの際にあらかじめ相談しておきましょう。

 

なお、在籍確認は本人が出なくても問題はありません。電話に出た人が「本人は席を外していて出られない」ことを伝えれば、会社で働いていることがわかるからです。

カードローン会社は、あなたの勤務先にカードローンの利用がバレないようにしっかりと配慮してくれますよ。

カードローンの借入方法

りそな銀行カードローンは、ATMを利用すれば借り入れできます

 

借り入れできるATMは、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行などのりそなATM、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMです。

 

埼玉りそな銀行のATMの場合は、ATM画面の「カードローン」ボタンを選択して「ローン借入」ボタンを押すことで借り入れ可能です。

 

なお、カードローンを利用して、普通預金口座の引き出しをする場合は、りそなATM、コンビニATM、ゆうちょ銀行などの提携ATMでも利用可能です。

 

引き出し額が普通預金の残高を超える場合には、利用限度額の範囲内で自動融資されるので、問題なくお金を引き出せます。

 

ATM利用手数料は、りそなクラブポイントのステータスによって無料になる場合があります

 

優待特典を受けられない場合には、手続きに応じて108円~216円の手数料がかかるので、利用する前に確認しておきましょう。

コンビニATMに対応しているので、「お金が足りない!」と思ったときにすぐに対応できるのがうれしいところですね。

カードローンの返済方法

毎月の返済は自動引き落とし

りそな銀行カードローンの返済方法は、自動引き落としによる返済が基本となります。

 

返済日は、毎月5日です。

プレミアムカードローンの場合、残高が1~50万円以下で1万円、50~100万円以下で2万円、100~200万円以下で3万円といったように、返済額が決められています

 

クイックカードローンの場合は、50万円以下で1万円、50~100万円以下で2万円、100~200万円以下で3万円です。

 

約定返済に利用できるATMは、全国のりそな銀行ATM、コンビニATMになります。

 

追加返済も可能

りそな銀行カードローンは、約定返済のほかに、追加返済も可能です。

お金に余裕があるときに利用することで、効率的に借入残高を減らして利息を抑えることができます。

 

返済方法は、ATMかマイゲートでの利用が可能です。

マイゲートとは、インターネットバンキングのことです。

マイゲートであれば、パソコンやスマホから24時間365日いつでも返済できて便利です。

 

ただし、追加支払いをしても、約定返済日には必ず自動引き落としされます

 

万が一、約定返済日に残高不足で引き落としできなかった場合は、翌日より遅延扱いとなります。

くれぐれも、入金のし忘れには注意しましょう。

残高不足による支払い遅れでも、あなたの信用にキズがついてしまいます。
返済日の数日前に預金残高を確認するクセをつけておくと安心できますよ。

埼玉りそな銀行カードローンの増額方法

もっとお金を借りたい!」と思ったときの選択肢のひとつが「カードローンの利用限度額の増額」です。
増額の申し込みには注意点もありますので、しっかりと確認しておきましょう!

増額の申し込みはネットで

webのマイページにログインして、簡単に増額申し込みが可能です。

審査日数は7日程度かかるため、増額を急ぐ場合には早めの申し込みが大切です。

 

なお、増額審査の際は、在籍確認が行われます

銀行名での在籍確認を避けたい場合は、担当者の個人名での在籍確認ができるか相談しておきましょう。

 

増額審査の注意点

増額審査は通常のカードローンと同じ方法で審査が行われます。

そのため、申し込みをしても、確実に増額融資を受けられるわけではありません

 

注意すべきポイントは、まず融資の返済を遅らせないことです。

過去に、一度でも返済の遅れがあると増額審査に影響します。

 

これは、りそな銀行カードローンの返済に限ったことではありません。

 

他社のクレジットカードの支払い履歴や、携帯電話の分割払いなどの返済履歴もチェックされる可能性があります

 

契約しているすべてのローンが審査対象になる可能性が高いため、一度も返済が滞っていないことが審査通過の必須条件と言えるでしょう。

 

ローンの切り替えは?

クイックカードローンの限度額で利用が不便になった場合、プレミアムカードローンに切り替えができます

 

ただし、クイックからプレミアムへ切り替える場合は、年収400万円以上である必要があります

 

これが審査基準となるため、年収400万円を下回っている場合は増額融資が難しくなってくるでしょう。

 

なお、この審査基準はプレミアムカードローンを利用中の場合も同様です。

そのため、プレミアムカードローンを利用中に、年収400万円以下で増額申請した場合は、逆に利用限度額が下げられてしまう可能性があります。

増額申請は、注意点をしっかり把握してから申し込む必要があるでしょう。

まとめ

埼玉りそな銀行は、金利が低めで少額融資と高額融資、それぞれに合ったカードローンを提供しているのが特徴です。

そのため、より自分に合ったカードローンを選びやすいメリットがあります。

 

また、埼玉りそな銀行をメインバンクにしている場合、りそなクラブポイントが自動的に貯まり、ATM利用手数料がお得になるなど優待特典を受けられます。

 

埼玉りそな銀行をメインバンクにしている、もしくはこれからする予定がある人は、カードローンの利用を検討してみましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。