専業主婦向けの借り入れ・キャッシング・カードローン

ローンを組むときの条件として「申込者本人の安定した収入」が必要になってきますが、専業主婦の場合は「配偶者貸付制度」を利用してお金を借りることが可能です。
ただし、申し込む前に確認すべき注意点がありますので、確認してみましょう。

配偶者の同意を得ておくこと
配偶者貸付制度を利用してカードローンを申し込む場合、配偶者の収入をもとに審査がおこなわれます。
そのため、カードローンを申し込むときは、利用の承諾や年収の確認などを配偶者と相談しておくことが必要です。

借入限度額に過度な期待はしない
いくら借入可能とはいっても、自分の収入で審査されているわけではないため、通常のカードローンよりも利用限度額が低く設定されるケースが多いということは頭に入れておきましょう。
また、実際にお金を借りるときも、過度な借り入れはせずに「必要なときだけ」お金を借りるようにしてくくのがカードローンをかしこく利用するコツですよ。