池田泉州銀行のカードローンを利用しよう!特徴と申し込み方法

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

急な出費で現金が必要になったものの、手持ちのお金では足りないといった状況を経験したことがあるという方はきっと多いのではないでしょうか?

 

そんなときに活用したいのがカードローンです。

カードローンがあれば、もしものときのお金の準備も楽になるはずです。

 

しかし、すべての金融機関で利用できるサービスというわけではありません。そのため、カードローンが利用できる金融機関を知っておくと便利です。

 

大阪梅田に本店を置く池田泉州銀行は、カードローンサービスが利用できる銀行のひとつです。もし、池田泉州銀行の口座を利用しているのなら、検討してみてはいかがでしょうか?

今回は、池田泉州銀行のカードローンの特徴と申し込み方法について詳しく解説いたします。

 

Contents

池田泉州銀行のカードローンとは?

池田泉州銀行のカードローンは、自身の用途に合わせて借入れすることが可能です。池田泉州銀行のカードローンには次のような特徴があります。

 

キャッシュカード一体型

池田泉州銀行のカードローンはキャッシュカード一体型にすることも可能です。

池田泉州銀行を利用している人は、いつも使っているキャッシュカードにローン機能を付加することで利用することもできます。

パート・アルバイトの方でも利用可能

審査を通過することができればパートやアルバイト、年金受給者の人でも利用可能です。

 

口座を持っていればweb契約でカードローンが可能

池田泉州銀行に口座を持っていれば、カードローン契約を結ぶことができます。

カードローン契約はwebで行うことができるため、店頭で契約手続をする必要がありません。

 

店頭に行く時間がない方や、お子さまがいて銀行の待ち時間には耐えられない…!という方にとっては、うれしいポイントですね!

 

口座がない場合はアプリで口座開設ができる

池田泉州銀行の口座を持っていない場合は、口座開設専用のアプリを使って手続きをすることが可能です。

なお、口座の開設には運転免許証が必要になります。

 

口座開設後はカードローン契約の手続きもwebでおこなうことができますよ。

ただし、カードローンの利用はキャッシュカードを発行して手元にある状態でなければ利用できませんので、注意しましょう。

限度額が低いカードローン「パッとサッと」

池田泉州銀行には、キャッシュカード一体型以外にも「パッとサッと」というカードローンがあります。限度額は30万円で金利は14%です。

 

利用にかかる金利はいくらになる?

池田泉州銀行のカードローンの中でも最も利用されているのがキャッシュカード一体型です。キャッシュカード一体型の金利は次の通りです。

 

年14.5%の固定金利

池田泉州銀行カードローン「キャッシュカード一体型」の金利は年14.5%固定です。そのため、借入した金額に関わらず、常に一定の金利となります。

 

多く借入をすると損をする可能性がある

金利は一定ですので、借入金額が大きくなっても優遇されることはありません。そのため、100万円以内の借り入れであれば、ほかの銀行と比べても大きな差はないものの、100万円以上になると高金利になる可能性があります

 

利用可能限度額はいくら?

池田泉州銀行のカードローンには、限度額があります。

池田泉州銀行で最も利用されているカードローン「キャッシュカード一体型」の限度額は300万円です。

銀行系のカードローンとしては、限度額が低めに設定されていますね!借入金額は10万円単位となるため最低金額は10万円です。

池田泉州銀行カードローンの貸付条件

池田泉州銀行カードローンを利用するには一定の条件を満たす必要があります。

 

契約時の年齢

池田泉州銀行では、カードローン契約時の年齢に条件があります。

年齢条件は20歳~70歳未満です。

 

安定した収入がある

カードローンを利用するには、返済ができる程度の収入を持っている必要があります。

池田泉州銀行でも収入も条件のひとつになっています。なお、収入は本人もしくは配偶者どちらかにあれば問題ありません

 

所定のエリア内に在住

池田泉州銀行のカードローン所定のエリアに在住していなければ利用はできません

対象エリアは、大阪府・京都府・和歌山県・兵庫県・奈良県・滋賀県の2府4県です。

 

日本国籍または永住許可を受けている外国人

池田泉州銀行でカードローン契約ができる人は基本的に日本国籍の人に限定されます。

しかし、外国人の人でも永住許可等を受けていればカードローンを利用することが可能です。

 

保証会社の保証を受けられるかどうかの確認

カードローンを利用する前の信用状況も条件の1つです。

 

他にカードローンを組んでいる、過去に返済に遅れたことがあるといった金融に関する問題を抱えてないかチェックされます。

「キャッシュカード一体型」の保証会社は、新生フィナンシャル株式会社です。カードローン「レイクALSA」を販売している会社なんですよ。

池田泉州銀行カードローンのメリット

池田泉州銀行カードローンには、次のようなメリットがあります。自分に合った商品かどうかチェックしてみましょう!

 

対象エリアの人には使いやすい

池田泉州銀行のカードローンは、大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、滋賀県、奈良県に住んでいる人が利用できるサービスです。そのため、対象エリアに在主している人は利用しやすいというメリットがあります。

 

口座を持っていると有利

池田泉州銀行に口座を持っていると、キャッシュカードにローン機能をつけられる「キャッシュカード一体型カードローン」の利用ができます。

来店不要でローン機能を付けることができるため、手間がかかりません。なお、口座を持っていない場合は口座開設から始める必要があります

 

「MaxV(マックスファイブ)」を利用できる

池田泉州銀行では、超低金利型カードローンである「MaxV」の利用ができます。利用条件は次の通りです。

 

  • 20歳以上59歳まで
  • 以下の取引のどれかを池田泉州銀行で2年以上行っていること
  • 住宅ローン
  • 貸金庫
  • 定期預金
  • 給与振り込み
  • 池田泉州銀行子会社が発行するクレジットカードの利用
  • 公共料金の引き落とし
  • 前年度の年収が400万円以上
  • 勤続年数が2年以上
  • 金融ブラック状態ではない

 

利用条件は厳しいものの、条件を満たせば金利5.95%でカードローンが組めるため返済が楽になります。

 

池田泉州銀行のカードローンは、池田泉州銀行の口座を持っている人に特化したサービスです。とくにMaxVは、利用条件の中に池田泉州銀行で指定の取引を2年以上しているということが含まれています。

池田泉州銀行を頻繁に利用している人に最適なカードローンとなるでしょう。

池田泉州銀行カードローンのデメリット

池田泉州銀行のカードローンにはデメリットもありますので、しっかりと理解しておきましょう。

 

融資まで日数がかかる

利用するカードローンによっては融資まで日数がかかるというのがデメリットです。

「MaxV」は融資に2~3営業日、「キャッシュカード一体型」は翌日に借入れができる可能性があります。しかし「パッとサッと」は融資までに1週間以上かかることも少なくありません。

 

利用できる人が限られる

池田泉州銀行のカードローンは口座を持っている人、指定のエリアに在住の人以外は利用することができません。

 

そのため、カードローンを利用できる人は限定されます。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式なので元本が減りにくい

池田泉州銀行のカードローン返済方式は、残高スライド元利定額リボルビング方式です。

 

返済計画が立てやすいというメリットがあるものの、金額によっては元本が減りにくいというデメリットがあります。返済金額を増やすなど、適切な対応が求められます。

 

審査に必要な書類

池田泉州銀行でカードローンを利用するには、指定の書類を準備しなくてはなりません。なお、必要書類は以下の通りです。

 

  • 本人確認書類
  • 所得証明書(借入額が50万円を超える場合)

 

池田泉州銀行のカードローンの審査には、氏名や生年月日、住所が確認できる本人確認書類が必要です。運転免許証やパスポートなどが該当します。

「キャッシュカード一体型」と「MaxV」で借入額が50万円の場合は、所得証明書が必要になります。また「パッとサッと」は限度額30万円のときに準備する必要があります。

所得証明書とは、前年の1月1日~12月31日の所得を証明するものです。市区町村役所に行き、指定の手続きを踏めば取得可能です。

カードローン審査の流れ

池田泉州銀行のカードローン審査の流れは次のように行われます。

 

1.仮審査の申し込み

池田泉州銀行では、利用するカードローンによって申し込みできる手段が違います。

 

種類

申し込み方法

キャッシュカード一体型

電話、FAX、郵送、インターネット、店舗

MaxV

店舗、インターネット、FAX、郵送

パッとサッと

店舗

 

インターネットでの申し込みでは、申し込みフォームで勤務先や家族構成、資産状況、借入の有無といった情報を入力して送信します。入力する前に情報の整理をしておくことが大切です。

電話での申し込みは、オペレーターの案内に沿って情報を正確に伝えます。申込が終われば、あとは審査を待つだけです。

FAXと郵送での申し込みは、申込書を公式サイトからダウンロードして、必要事項を記入後FAXもしくは郵送で送ります。郵送する場合は、その分手続きに時間がかかってしまいますのでご注意くださいね。

店舗での申し込みは事前に予約を入れて来店し、担当者のヒアリングを行います。その後、申込書を記入すれば完了です。

 

2.仮審査

申し込みが完了したら、次は審査です。

審査は、申し込みで伝えた情報をもとに行われます。なお、勤務先の在籍確認も同時に行います。

 

3.審査結果の通知

仮審査が完了すれば、結果の通知です。

審査結果の通知は約2~3営業日経過後に電話・メール・郵送のいずれかで行われます。ただし、申し込み内容によっては日にちが前後する可能性があります

 

4.正式な申し込みと本審査

仮審査の通過を通知された場合、インターネット契約もしくは店舗契約のどちらかを選び、借入の申し込みを正式にすることになります。なお「パッとサッと」の場合、インターネット契約はできませんので、ご注意ください。

申し込みが完了すれば、本審査に入ります。最短で1営業程度ですが「パッとサッと」は1週間以上かかる可能性があります。

 

5.借入

本審査で不備がなければ通過となり、最終手続きを開始します。

「キャッシュカード一体型」と「MaxV」の場合、キャッシュカードにローン機能が追加されます。「パッとサッと」は約1週間後にカードが郵送されます。

カード発行後は、いつでも借入が可能です。

 

本人確認や在籍確認の方法は?

池田泉州銀行のカードローン審査では、本人確認と在籍確認は以下の手順で行われます。

 

本人確認

本人確認では、池田泉州銀行カードローンの利用条件を満たしているか、本人確認書類と申込書の入力事項に相違がないか確認をします。

提出書類と申込書の内容に相違があれば不備となるので、審査を通過することはできません。また、なりすましがないかのチェックも行われます。

 

在籍確認

在籍確認は、申告した勤務先に嘘がないか、というところをチェックしています。本当に返済能力があるのか、確認するためです。担当者が勤務先に電話連絡をすることで確認を取ります

 

ここで心配なのが、個人情報の流出ですよね。

カードローンを組むということが勤務先に知られるのでは…」と不安になる人もいますが、プライバシー保護の配慮が徹底されているので問題ありません

 

また、不在で出られなかった場合でも在籍確認は問題なくできます。

保証会社が電話をしたものの、連絡が取れずに在籍確認が取れなかったというケースも少なくありません。

この場合、申し込み者本人に直接連絡が取れる時間帯と勤務先の電話番号の確認が行われ、再度連絡します。それでも連絡がつかないときは、名刺や社会保険証など在籍確認が取れる書類の提出が必要になります。

 

書類提出ができない場合は、審査を通過することができません。したがって、借入は不可能ということになります。

 

池田泉州銀行のオペレーターについて

カードローン契約では、質問や来店の予約など直接連絡を取って行うことも少なくありません。となると、「オペレーターの対応がどうなのかな…」と気になるところではありませんか?

 

言葉遣いや話し方は非常に丁寧ですから、安心して話せるのでしょう。

池田泉州銀行には女性専用ダイヤルがありませんが、オペレーターは女性が多い傾向にあるようです。

 

審査にかかる時間はどの程度?

池田泉州銀行のカードローン審査にかかる期間は、次の通りです。

 

目安は2~3週間程度

審査にかかる期間は約2~3週間です。ただし、契約内容によっては審査にかかる期間が延長される可能性もあります。

 

即日融資は不可能

池田泉州銀行カードローンでの即日融資は基本的に不可能です。そのため、すぐに現金を用意したいという人には向いていません

審査に時間がかかると考えたほうがいいでしょう。

 

借入の方法は?

池田泉州銀行のカードローンは、提携金融機関のATMのみで利用可能です。

 

借入できる対応ATM

  • 池田泉州銀行ATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • E-net ATM

 

「パッとサッと」ステッカーのあるATM

大手のコンビニエンスストアで利用ができるため、関西圏以外でも利用は可能です。手数料は、全ATMで統一されています。

 

借入時の手数料

  • 平日7時~8時45分、18時~23時108円
  • 平日8時45分~18時まで無料
  • 土日祝日全時間帯108円

 

手数料については比較的安く設定されています。そのため、借入の利用がしやすいというのがメリットです。

 

口座内に金額が不足していた場合

池田泉州銀行の口座内に現金がないにもかかわらず引き落としなどが起きた場合、自動で融資が行われます。このとき、返済義務が発生しますので注意しましょう。

 

返済の方法は?

池田泉州銀行のカードローンの返済方法は以下の通りです。

 

支払い日は毎月10日

返済期日は毎月10日です。これは、すべてのカードローンで統一されています。なお、10日が土日祝日の場合は、翌平日に引き落としとなりますのでご注意ください。

 

借入限度額に応じて返済額を自動引き落としする

返済額は、利用しているカードローンによって違います

 

キャッシュカード一体型・MaxV

50万円以下の借入の場合、毎月の返済額は1万円です。

50万円以上100万円未満であれば、返済額は毎月2万円です。

100万円以上200万円未満になると、返済額は毎月3万円に増加します。

 

以降、100万ずつ借入額が増えれば、返済額は3万円プラスされます。

 

パッとサッと

借入額ではなく、限度額で返済額が決定します。

限度額が10万円の場合、返済額は毎月5000円です。

限度額が30万円になると、返済額が1万円まで増えます。

 

なお、毎月の返済額は借入残高にかかわらず固定となります。

 

ATMや窓口で任意返済も可能

返済は基本的に口座からの引き落としですが、ATMや窓口を利用した任意返済も可能ですよ。

 

任意返済は毎月の支払い以外に提携先のATMから追加の返済を行う方法です。余裕があるときに利用することができるので、返済期間を短縮させたいときに有効になりますね!

なお、借入とは違って手数料は無料なので安心です。

増額する方法は?

カードローン借入を利用したものの、「限度額いっぱいになってしまった…」というケースもあります。この場合、増額をするという方法が考えられます。

増額の申請手順は次の通りです。

 

1.担当者に増額の申し込み

増額の手続きは、池田泉州銀行のフリーコールから申し込み可能です。オペレーターと相談をして、増額の手続きを行います。

 

2.申し込み内容の確認

申し込みをする前に内容を確認しておく必要があります。申し込み内容は次のことを考慮して決定しなくてはなりません。

 

希望額が大きくならないようにする

希望額が大きいと申し込みができない場合があります。増額する金額は、収入とのバランスを考えて決めなくてはなりません。

自分の収入に見合った金額を借りるようにしなければ、返済も大変ですよ。

 

収入証明書の提出

増額する金額が50万円を超えると、収入証明書の提出が必要になります。そのため、事前に準備をしておくとスムーズに手続きができます。

 

在籍確認が必要になる場合も

勤務先の変更、収入の変化があるときは在籍確認を行うことがあります。

 

3.増額審査

増額は審査を通過しなければ利用することはできません。しかし、増額審査を通過できないケースもあります。

 

返済が遅れる人

すでに池田泉州銀行でカードローンを利用していて、返済が遅れがちになっている人は審査に通過できないことが多いです。

 

返済に遅れる人に、さらにお金を貸すなんて…」と思われてしまうからですね。返済に遅れることはないように、期日は絶対に守りましょう

 

他社借入金額の増加

他銀行や金融機関でカードローンを利用している人は、返済能力が低いと判断され審査落ちする可能性があります。

 

いくつもの会社からお金を借りている人は、「そんなにお金がないのかな…ちゃんと返済してくれないかもかもしれないな…」と思われてしまうのです。

 

金融事故による信用情報の低下

ローンやクレジットカードなどで支払いの長期延滞を何度も繰り返している人は金融事故を起こす利用者と判断されます。したがって、審査落ちする可能性が非常に高いです。

 

収入状況が悪い

転職を繰り返す、勤続年数が短い場合は返済能力がないとみなされるため、審査落ちするおそれがあります。

 

4.限度額の再設定

審査が完了したら、限度額の再設定が行われます。増額されると、金利負担が軽減される可能性があるため、負担が減ります。

 

ただし、3つのリスクがあるので注意が必要です。

 

  • 増額審査には時間が必要
  • 減額処分の可能性
  • 借入停止の可能性

 

また、審査は収入の状況を照らし合わせながら行われるため、収入が減っているとわかれば限度額が減額されるおそれもあります。

 

収入状況や利用実績に限らず、返済遅滞などを繰り返す人は返済をする維持がないと判断された場合は借入停止です。

池田泉州銀行カードローンは利用できなくなるので注意が必要です。

 

少額借入と低金利派向けのカードローン!

池田泉州銀行カードローンの限度額は、ほかと比べて少なめに設定されています。しかし、銀行系カードローンということもあり低金利であるというのがメリットだといえるでしょう。

 

したがって、返済時の負担が軽減できるというのがポイントです!

池田泉州銀行のカードローンは、対象エリア在住の池田泉州銀行口座所有者であり、「少額借入で負担をできるだけ少なくしたい!」という人向けのカードローンだといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

池田泉州銀行には、3種類のカードローンがあることをお伝えしました。キャッシュカード一体型のものもあるので、日常生活においても便利に使えるかもしれません

 

しかし、カードローンの利用には十分な注意が必要ですね。

使いすぎて「返済できない!」ということがないよう、計画的に使うように心がけましょう。

 

池田泉州銀行カードローンのメリットは、金利の安さにあります。ただし、銀行口座を持っている人やエリア内に住んでいる人というように、利用できる人は限られてしまいます

 

もし、条件を満たすことができないという人は、他銀行のカードローンを検討してみるとよいでしょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。