三井住友銀行カードローンの返済額は2,000円からで返済が楽!

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

カードローンには銀行系消費者金融系があります。

その中で、銀行系カードローンは各銀行が発行しており、それぞれに特色があるのが特徴です。

銀行系カードローンは消費者金融系に比べて金利が低く、しかも大手銀行が発行しているという安心感があります。

そのため、カードローンを持つなら、銀行系カードローンにこだわる人も少なくありません。

 

中でも、三井住友銀行カードローンは、銀行系カードローンの中ではかなり返済額が低く設定してあることが、大きな魅力です。

ところで、返済額が低いとどんなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットはあるのでしょうか。

ここでは、「カードローンで月々の返済額が低いことがどう影響するのか」についてさまざまな角度から見ていくことにします。

さらに、三井住友銀行カードローンの便利な使い方についても解説しましょう。

Contents

三井住友銀行カードローンの基本情報

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行が発行するカードローンです。

年利4.0~14.5%で、最大限度額800万円まで利用可能です。

年会費は無料満20歳以上満69歳以下安定した収入があれば誰でも申し込むことができます

ただし、三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けることが条件となっています。

借入金の使用目的は自由ですが、事業性資金には利用できません

口座がなくても申し込める

このカードローンはローン専用カードを使うため、三井住友銀行に口座がなくても申し込めます。

申し込み手続きは、三井住友銀行本支店の窓口またはローン契約機で行うことが可能です。

カードローンを申し込むと、次に本人確認書類を提出します。

三井住友銀行にその書類が届くと、最短で翌営業日には審査結果の回答があります。

 

三井住友銀行では、基本的にカードローンの取引明細を送っていません。

そのため、家族に知られることなく、カードローンを持つことも可能です。

ただし、取引明細の郵送を希望すれば、3カ月ごとに送ってもらうことができます。

申し込みは簡単

カードローンの申し込みは、パソコンやスマートフォンを使って、三井住友銀行のホームページから手続きが可能です。

「申し込みボタン」から「申し込み画面」へ進み、必要事項を入力して送信するだけなので簡単です。

あとは、本人確認書類をネットから提出すれば手続きが完了しますので、審査結果を待ちましょう。

審査結果の通知

審査の結果は電話かメールで知らせてくれますが、審査が通ったらすぐに融資を受けることが可能です。

しかも、三井住友銀行に口座があれば、手持ちのキャッシュカードですぐに引き出すことができるので、スピーディーに現金を手にすることができます。

三井住友銀行に口座がなければ、ローン契約機(ACM)でローン専用カードを受け取るか、郵送されたローン専用カードを受け取ってからの利用となります。

 

三井住友銀行カードローンの5つの特徴

三井住友銀行カードローンには、5つの特徴があります。

 

  1. 契約極度額に応じた金利
  2. 毎月の返済額は、2000円から
  3. 申し込みは来店不要、必要書類はWEBから提出可能
  4. 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで利用可能、しかも手数料無料
  5. 都合に合わせて返済方法と返済日が選べる

 

返済額は毎月ラクラクの2,000円から!

三井住友銀行カードローンの返済額は、最低2000円からとなっています。

これは、借入残高が10万円以下の場合の約定返済額です。

利用金額に応じて返済額は異なりますが、カードローンの中ではかなり低い設定となっています。

返済額が低いということは、家計を圧迫することなく返済ができるということですから、お金がないときは助かるでしょう。

お金に余裕ができたら、少しでも繰り上げ返済をするとそれだけ元の借金を減らすことができますよ。

返済額が少ないとメリットがたくさん

三井住友銀行カードローンは最低返済額が2000円と少ない設定になっていますが、返済額が少ないと無理なく返済できるので、借りる側にとっては大変ありがたいシステムです。

カードローンで借り入れするのは、家計に余裕がないという理由が多い傾向です。

余裕がないから借りるのに、今度は返済で大きな金額を返さなければならないと、また家計が苦しくなってしまいます。

悪循環に陥る危険

そうなると、またどこかで借り入れをしなければならず、借りては返すという悪循環になってしまうおそれがあります。

その点、三井住友銀行カードローンは返済額が低めの設定なので、家計を圧迫することなく余裕をもって返済することが可能です。

ただし、少ない返済額のままだと利息ばかりの支払いになってしまい、いつまでたっても元の借金が減らないので注意しましょう。

返済額が低いデメリットもある

カードローンの最低返済額が低いと、返済が長引いていつまでも終わらないうえに、元金と利息を合わせた最終的な返済額が膨らむので、結局高くついてしまうおそれがあります。

ただし、随時返済をすれば早く完済できるうえに、利息を抑えることができるので、お金に余裕ができたらその都度返済に回すようにしましょう。

 

最低返済額での返済は、あくまでも家計が苦しいときだけに調整したほうが賢明です。
そうすることが、早くスムーズに完済するためのコツでもありますよ。

申し込みは来店不要のインターネットで!

三井住友銀行カードローンの申し込みは、パソコンやスマートフォンからいつでもできるので、わざわざ来店する必要がありません。

パソコンやスマートフォンで申し込めば、三井住友銀行の口座がなくてもすぐに手続きできます。

しかも、担保・保証人も不要で申し込めます。

さらに、必要書類はすべてネットで提出できるため、手間がかからず便利です。

ネットだけで完了

また、三井住友銀行の口座があれば、すべてネットだけで手続きが完了してすぐに借り入れができます。

審査に通ると借り入れが可能となりますが、三井住友銀行に口座があるとその口座に直接借入金が振り込まれます。

しかし、口座がないとローン契約機からローン専用カードを受け取るか、郵送で受け取ってからでないと、借り入れはできません。

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行に口座がなくても作れますが、口座があったほうが借り入れまでスムーズに進めることができるのです。

インターネット以外でも土日も申し込める

三井住友銀行カードローンの申し込みは、パソコンやスマートフォンを使った契約方法以外に、ローン契約機(ACM)を使った方法があります。

ローン契約機で手続きすれば、土日でも関係なく申し込みできるので便利です。

なるべく早く借り入れしたい場合は、パソコンやスマートフォンからでなくても、ローン契約機から手続きしても速やかに融資を受けることができます。

ローン契約機を使ってカードローンを申し込むには、三井住友銀行本支店内に設置されているローン契約機(ACM)から手続きが可能です。

具体的な手続き方法

タッチパネルから申し込み者の情報を入力して、スキャナーで確認書類を読み込ませれば準備完了です。

その後、オペレーターから契約についての説明があり、審査後に審査結果の連絡があります。

審査に通れば、その場でローン専用カードを受け取ることができるので、銀行やコンビニなどのATMから借り入れと返済ができるようになります。

ローン契約機で手続き

三井住友銀行の口座がなくても、カードローンの申し込みからローン専用カードの受け取り、契約極度額の変更まで、すべてローン契約機で手続きが可能です。

即日のカード発行を希望するなら、カードの受け取りをローン契約機で行う必要があります。

ただし、ローン契約機は設置場所によって使用できる時間帯に違いがありますので、あらかじめ調べたうえで利用するようにしましょう。

全国の提携コンビニATMから利用可能

三井住友銀行カードローンは、提携コンビニと各銀行のATMで借り入れと返済が可能です。

コンビニはイーネットATM、ローソンATMが利用できますが、三井住友銀行はもちろん、セブン銀行、ゆうちょ銀行ATMも利用することができます。

ちなみに、三井住友銀行ATMなら時間外に使っても手数料は無料です。

また、三井住友銀行と提携コンビニATMなら、何度利用しても手数料はかかりません。

各ATMの利用時間は設置場所により異なりますから、注意が必要です。

各ATMの特徴

E-net(イーネット)のATM、ローソンATM、セブン銀行ATMは、カードローンの借り入れ、返済、残高照会まで、すべての操作が可能です。

しかも、ATM利用手数料は無料で利用できます。

また、ゆうちょATMもローン専用カードでの借り入れ、返済、残高照会が可能で、ATM利用手数料も無料で利用できますよ。

返済に使えないATMも

上記以外の提携金融機関のATMでは、ローン専用カードでの借り入れ、残高照会は可能ですが、返済はできません。

しかも、ATM利用手数料、ATM時間外利用手数料ともに有料となります。

また、E-netのATMやローソンATMがあるコンビニの中には、三井住友銀行カードローンと提携していないATMが設置してある場合もあります
利用する際は間違えないように注意しましょう。

 

三井住友銀行は返済日と返済方法が選べる

三井住友銀行カードローンは、返済日と返済方法が選択できます。自分のライフサイクルに合わせて返済日と返済方法が選べるのでとても便利です。

4つの返済日

毎月5日15日25日月末のいずれかに返済日を決めることができます。

4つの返済日から、自分の給料日に合わせて都合のいい返済日が選べます。

3つの返済方法

  1. ATMを使って返済日までに入金する方法
  2. インターネットバンキングを使って返済日までに振り込みする方法
  3. 口座振替により毎月自動引き落としする方法

 

上記のいずれかを選ぶことができます。

こちらも、自分の都合に合わせて返済方法を選ぶことが可能です。

会社への出勤途中に提携ATMがあるならATMからの入金が便利ですし、毎月手間をかけずに返済したいなら口座振替がいいでしょう。

また、パソコンやスマートフォンで手軽に返済したいなら、インターネットバンキングが便利です。

三井住友銀行は残高スライド方式を採用!

三井住友銀行カードローンは、残高スライド方式を採用しています。

残高スライド方式は、カードローンなどの返済によく用いられる方法で、借入残高によって毎月の返済額がスライドするものです。

この方式のメリットは、返済が進むほど毎月の返済額が減っていくことです。

借入金の返済には、カードローンごとに最低返済額が設定されています。

しかし、残高スライド方式では、その金額以上なら自分で返済金額を決めることができるため、返済しやすく便利な方式といえるでしょう。

借り入れしたときからずっと同じ返済額ではなく、返済が進むほど最低返済額が減っていくので、少しずつ楽になっていく方式です。

 

ただし、最低返済額が減っていくといっても、月々の返済額が減るわけではありません。

毎月返済する金額は同じでも、その中身が変わっていくのです。

カードローンの返済には元金と利息が含まれていますが、残高スライド方式で返済していくと、しだいに利息分が減っていき、その分だけ元本の返済が増えていきます。

つまり、残高スライド方式だと元本が早く減るので、返済が楽になっていくというわけです。

返済する側にとっては、残高スライド方式はかなり便利なのですが、注意すべきポイントもありますので、メリットとデメリットをよく理解しておいたほうがいいでしょう。

残高スライド方式のメリットとは?

残高スライド方式のメリットは、毎月の返済額が少なくて済むことです。

そのため、家計を圧迫せずに返済を続けることができます。メリットはもうひとつあります。

それは、毎月の返済計画が立てやすいということです。

毎月決まった額を返済するので、うっかり延滞してしまう可能性が少なくなります

どんな理由があっても、延滞すると借り入れした人の信用がなくなるので、これだけは絶対に回避しなければなりません。

カードローンの返済を延滞してしまうと、あなたの信用にキズがついてしまいます

まず元金を減らすことを考える

元金が少しずつ減っていけば、カードローン会社に減額の相談をすることが可能ですが、これが実現すれば返済が楽になります。

また、返済途中で急な出費があっても、毎月の返済で借り入れ枠に余裕ができていれば、追加で借り入れを申し込むことも可能です。

これは、返済を毎月しっかり行うことで、カードローン会社に信用があるからこそできることです。

残高スライド方式のデメリット

デメリットは、最低返済額やそれに近い金額で返済を続けると、返済期間が長引いて最終的な総返済額が増えてしまうことです。

毎月の返済額が少ないのは楽でいいのですが、それでは返済額の大部分が利息の支払いに回ってしまって、いつまでたっても元本が減りません

繰り上げ返済の必要性

このデメリットは、お金に余裕ができたときに繰り上げ返済をすることでカバーできます。

繰り上げ返済した分は元本の返済に回るので、元本が減っていけば本当の意味で楽になっていきます。

しかし、カードローン会社の中には、繰り上げ返済を認めないところもありますから注意が必要です。

大手カードローン会社はどこも繰り上げ返済ができますが、中小では必ずしもそうではありません

もし繰り上げ返済や最低返済額以上の返済ができないと、いつまでも返済が長引いて総返済額が膨らんでしまいますから、借り入れする前に確認するといいでしょう。

カードローンの返済に多いリボ払いとは?

カードローンの返済にはリボ払いがよく使われますが、リボ払いとはどんなものでしょうか。

リボ払いは、返済額が常に一定で返済途中で新たに追加利用しても、返済金額が変わらないのが特徴です。

毎月の返済がわかりやすいので、カードローンやクレジットカードの支払いにぴったりマッチしています。

リボ払いは、何度追加利用しても毎月の返済金額が変わりません。

リボ払いと分割払い

リボ払いによく似た返済方法に分割払いがあります。

リボ払いも分割払いのひとつですが、リボ払いでは返済回数ではなく返済金額を固定して支払うという点が、分割払いと異なる点です。

リボ払いとは違って、分割払いは返済金額ではなく、返済回数で決めるのが大きな違いといえるでしょう。

リボ払いは毎月の返済額を固定して支払うので、追加利用によって返済回数が延長される可能性があります。

このように、リボ払いは返済期間が変動するのが大きな特徴です。

その変わり、リボ払いでは利用件数や利用額が増えても、月々の返済金額はあまり変わりません

リボ払いのメリットとデメリットを知ろう

リボ払いのメリットは、返済額が一定なので毎月の返済予定が組みやすいことでしょう。

返済額が一定だから無理なく返済できるため、追加利用しても毎月の支払いが家計を圧迫することはあまりません。

デメリットは、毎月の返済額が一定のため、追加利用して利用残高が膨らむとなかなか元本が減らず、利息が増えて返済が長引いてしまう点でしょう。

リボ払いはここも注意

リボ払いは返済額を固定していますから、追加利用しても返済金額が増えないのが大きな特徴です。

そのため、毎月の支払いが楽になるのですが、そのかわり追加利用しても返済額が増えないので、残高もなかなか減っていきません。

返済額のほとんどが利息の支払いに回されるため、いつまでたっても元本が減らず、長期間返済を続けることになります。

繰り上げ返済を併用しよう

利息は利用残高に対してかかりますが、リボ払いは毎月の返済額が一定のため、かかった利息も上乗せされて、さらに返済回数が増えていきがちです。

この状況を回避するためには、繰り上げ返済を行えば残高総額を減らすことができます。

リボ払いは毎月の返済額が一定なので使いやすいのですが、油断すると返済回数が増えて最終的な総返済額が膨らんでしまうので注意が必要です。

借金を早く返済するには繰り上げ返済がかかせません。
なるべく早く借金を返済する方法はこちらの記事で紹介しています。

利率を下げて返済総額を抑える方法とは?

カードローンの金利は、利用限度額によって変わります。

そのため、返済総額を抑えるには利用限度額を上げて金利を下げればいいのです。

ただし、利用限度額は借り入れする側が一方的に上げられるものではありません

これまでの利用状況や返済状況、過去の金融情報などをもとに、カードローン会社が査定して決めるものです。

そのため、利用限度額の増額を希望してもかなえてもらえるかどうかはわかりませんが、一度相談してみるといいでしょう。

ただし、限度額が上がったからといって新たに借り入れをすると、さらに返済が増えることになりますから注意が必要です。

カードローンの限度額を増額するには?

カードローンの限度額は、カードを作ってからでも増額することが可能です。

三井住友銀行カードローンの限度額を増額するには、まず三井住友銀行カードローンプラザへ「限度額増額申し込み」をしましょう。

通常、カードローンを申し込んで審査に通ったとしても、最初の限度額は数十万円程度です。

三井住友銀行カードローンの最大限度額は800万円ですが、最初からこんな高額な限度額がもらえるわけではありません。

しかし、増額申し込みをすることで、借り入れ枠を増やすことは十分可能です。

増額申し込みの際に希望増額を伝えますが、実際の増額分は審査結果によって変わりますので、希望額どおりになるかどうかはわかりません

少額の増額がコツ

増額審査を通りやすくするには、少額の増額希望を出すといいでしょう。

特に、まだ三井住友銀行カードローンを組んだばかりで信用がないうちは、いきなり大きな増額を申し込んでも受け付けてもらうのは難しいでしょう。

ちなみに、三井住友銀行カードローンの場合、増額枠は10万円刻みのみ受け付けている点には注意です。

信用が上がったらチャンス

増額を申請して通りやすくなるタイミングは、収入が上がったときや他社の借り入れがなくなったときです。

このほか、返済に遅延がなく信用が上がったときなども増額を申請するチャンスです。

また、一定期間延滞もなく返済していると、三井住友銀行のほうから「増額しませんか」という打診が来ることもあります。

もちろん、打診があった場合でも一定の審査があり、それを通過することが前提となるのは言うまでもありません。

審査がある以上必ず増額できるわけではありませんが、申請してみる価値は十分にあります。

増額についてもっと知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみましょう。

利用する際に知っておきたい注意点

三井住友銀行カードローンは、すべてのコンビニのATMが使えるわけではありません。

e-net(イーネット)のATM、ローソンATMなら、借り入れと返済と残高照会をすることができますが、これ以外のコンビニATMは利用に制限があります。

また、イーネットに加入しているコンビニでも、イーネットとは別のATMが設置してある可能性もあるので、利用する際は注意が必要です。

使えないATMがある

銀行ATMは、三井住友銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行ATMから借り入れと返済と残高照会ができます。

ちなみに、三井住友銀行カードローンは、イオン銀行ATMは使えませんので気をつけましょう。

このほかの提携金融機関のATMからは、借り入れと残高照会はできますが返済はできません。

ちなみに、ゆうちょ銀行ATMは返済用預金口座兼用のキャッシュカードは使えませんので、注意が必要です。

遅延や滞納があったときのリスクについて

三井住友銀行カードローンで遅延や滞納があると、信用情報に金融事故として記載されます。

一度事故情報が載ってしまうと、一定期間新たな借り入れができなくなるなどの制約を受ける場合があります。

さらに、延滞分には遅延損害金というい金利がつくため、通常より多く返済しなければなりません

さらに、滞納が続くと最終的には給料の差し押さえなどの制裁を受けることもありますから、遅延や延滞には十分注意が必要です。

どの程度の遅延や滞納で事故情報が載るのかといいますと、遅延が3カ月を超えた場合や、督促があるとその内容が記録されます。

事故情報は5年間消えない

事故情報が載ると、借り入れを完済しても5年間は記録が消されることはありません。

その5年間が過ぎるまでは、金融事故を起こしたカードローンで新たに借り入れできないのはもちろん、他社でも借り入れできなくなってしまいます。

滞納が続くと督促状が送られてきますが、それでも返済しないと借り入れ残額の一括返済を求められることもありますから注意が必要です。

また、同じグループ企業のカードにも影響する可能性があります。

返済を早めて利息を抑える上手な方法とは

約定返済は金融機関とのお約束

カードローンの返済方法には約定返済随時返済があります。

約定返済は毎月決まった金額を返済するものですが、返済額や返済日を自由に決めることはできません。

随時返済は約定返済とは別に、お金に余裕があるときに返済するもので、返済日も返済額も自分で決めることができます。

ちなみに、カードローンは約定返済をしないと遅延とみなされてしまいます。

たとえ、随時返済で5万円返済したとしても、5000円の約定返済を忘れると遅延扱いとなりますので注意しましょう。

随時返済で元本を減らす

随時返済には全額返済一部返済があります。

全額返済はその名のとおり借入残高を全額返済するものです。

一部返済は、借入残高の一部を返済するもので、通常随時返済というとほとんどの場合一部返済となります。

随時返済で返した分はすべて元本の返済にあてられ、利息分は約定返済から返済される仕組みです。

借り入れは元本が減らないといつまでも返済が終わらないので、随時返済で元本を減らすことが、早めに完済するコツといえるでしょう。

余裕があるときに返済

随時返済は、お金に余裕があるときに返済するものなので、不定期に返済することになります。

といっても、なかなかお金に余裕はできないものです。

お金に余裕があるときにすればいいと思っていると、いつまでも余裕は出てきません。

そこで、正社員であれば年に2回あるボーナス月に必ず随時返済をするように、最初から決めておくと早く借り入れを完済させることができます。

これが、随時返済を上手に利用するコツといえるでしょう。

無理のない借入を心がけることが大切

返済計画も立てずに無理な借り入れをすると、途中で返済に行き詰って遅延したり滞納したりする原因となってしまいます。

遅延や滞納がないとしても、約定返済だけで随時返済ができないといつまでたっても元本が減らず、返済回数が増えるばかりとなります。

これではいつまでたっても完済することはできません。

返済シミュレーションの重要性

こうならないためには、無理のない借り入れをすることが大切なのですが、なかなか思うようにはいかないものです。

そこで、重要となるのが借りる前に全体の出費を見直して、返済シミュレーションをすることです。

しかし、慣れない人がシミュレーションしようとしても、簡単にはできません。

そんなときは、カードローン会社のホームページにある、シミュレーションツールを利用してみるといいでしょう。

早く返済するコツ

カードローンで借り入れすると最初に返済期間を決めますが、それより少しでも早く完済すれば、その分だけ利息が少なくなるので総返済額を減らすことができます。

そのため、早く返済を終わらせるには、決められた返済額より少しでも多く返済することが大切です。

また、返済日以外の日にも返済することが、早い完済へとつながります。

このような返済のことを「繰り上げ返済」や「随時返済」とよばれています。

お金に余裕ができたら、少しでも返済に回すように心がけましょう。しかし、早く完済するに越したことはありませんが、無理のないようにしてくださいね。

無理な返済をしない

返済を急ぐあまり、無理して繰り上げ返済をすると、かえって生活が行き詰ってしまいます

そうなると、また新たに借り入れをすることになり、それにも利息がついて余分な負債を背負う結果になりやすい傾向です。

多くの場合、返済は長期間におよびますから、最初から急いで返済することを考えるのは、あまりいい結果につながりません。

無理のない返済のためには無理のない借り入れが基本となりますので、しっかりと計画性を持って確実に完済できる返済プランを立てることが重要です。

しかし、カードローンで借りる場合は切羽詰まった状況になっていることが多いので、そこまで冷静に考えるのは難しいかもしれません。

そういう場合は返済を始めてからでもいいので、収入と支出をきちんとシミュレーションして、少しでも早くしっかりした返済計画を立てることが大切ですよ。

まとめ

三井住友銀行カードローンは、返済額が低めに設定してあることと、返済日と返済方法が自由に選べるのが大きなメリットです。

家計が苦しいときや出費がかさむときなどは低い返済額を利用して、余裕ができたときに繰り上げ返済や随時返済をしていけば、スムーズに完済させることができます。

返済日や返済方法を自分のライフスタイルに合わせて選択し、上手に利用するといいでしょう。

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

三井住友銀行カードローンのお申し込みはこちらからどうぞ↓

三井住友銀行カードローンバナー

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。