ホーム >  銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは低金利でATM手数料が無料!?特徴を解説!

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
普通預金などでお世話になっている人が多いであろう三井住友銀行。
三井住友銀行にもカードローンは存在していますが、「三井住友銀行カードローンを選ぶ決め手に困っている!」という人もいるのではないかと思います。

カードローンは何件も安易に契約できるわけではないため、慎重なカードローン選びが重要なのは確かでしょう。

お金に関する決断だからこそ、なるべく後悔をしてしまう選択はしたくないですよね。

 

この記事では、三井住友銀行カードローンのメリット・注意点・利用方法まで徹底解説しています。

この記事の内容をよく理解して、安心してカードローンを利用していきましょう!

 

三井住友銀行カードローンの特徴は?

三井住友銀行カードローンのスペック

利用条件

満20歳以上~69歳以下の人

安定した収入のある人

金利

4.0%~14.5%

借入限度額

10万円~800万円

提携ATM

三井住友銀行、E-net、ローソン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行など

ATM手数料

無料(三井住友銀行、E-net、ローソン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行)

上記以外のATMは有料

借入方法

ATM

SMBCダイレクト(ネット、電話)

自動融資(残高不足時のみ)

返済方法

ATM

インターネットバンキング

口座振替

無利息期間

なし

即日融資

不可

土日祝日の審査

不可

カードレスでの利用

不可

備考

キャッシュ一体型カードローンを選べば、お財布がかさばらない!

利用条件を確認!

三井住友銀行カードローンのスペックは上記のようになります。

利用条件の「安定した収入のある人」という部分が気になった方もいるのではないでしょうか?

 

安定した収入とは、言い換えると毎月、継続的な一定額の収入があることです。

たとえば、あなたが会社で毎月20万円を稼いでいた場合は「安定した収入」に入ります。

 

もちろん、安定した収入があるからといって必ずしも三井住友銀行カードローンが利用できるとは限りません

 

なぜなら、カードローンには「お金を貸してもいい人か」を見極める「審査」があるからなのです。

三井住友銀行カードローンの「明確な審査基準」は明かされてはいませんが「毎月20万円近くの給料をもらっているか」が申し込みの基準になるでしょう。

年収が高くないフリーターやパートの人は、消費者金融カードローンの利用に適していますよ。
まずは下記の関連記事をチェックしましょう!

三井住友銀行カードローンのメリット

金利が低い

三井住友銀行カードローンの目立った特徴としては、消費者金融よりも低い金利でカードローンを利用できるところです。

では、表を用いてほかのメガバンクや三井住友系列のカードローンと比較をしてみましょう。

カードローン名

金利

三井住友銀行カードローン

4.0%~14.5%

バンクイック(三菱UFJ銀行)

1.8%~14.6%

みずほ銀行カードローン

2.0%~14.0%

プロミス

4.5%~17.8%

SMBCモビット

3.0%~18.0%

こうしてみると、みずほ銀行よりは一歩劣る金利だと思うかもしれません。

しかし、みずほ銀行は金利が低いのですが、みずほ銀行以外のATM手数料がかかってしまうデメリットがあります。

 

三井住友銀行の場合は無料で利用できるATMの種類が多いので、利用のしやすいカードローンといえるのではないでしょうか。

以上の点を考えると、三井住友銀行カードローンは「金利」「利用のしやすさ」という面においてバランスのいいスペックを持っているということですね。

ATM手数料がほぼ無料で利用できる

銀行の種類

ATM手数料

三井住友銀行、E-net、ローソン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行

無料

上記以外の提携ATM

108円~216円

先ほども少し話題に出ましたが、表のように無料で利用できるATMの種類が多いのはうれしいポイントでしょう。

とくにコンビニATMに対応しているのはかなり大きいですよね。

 

キャッシュカードを普段使っている人は「あるある!」とうなずいてしまうかもしれませんが、有料時間でのATM利用って損した気分になってしまいますよね。

 

ですが、三井住友銀行カードローンならそのようなストレスが少なくなるので、快適にATMが利用できることでしょう。

 

三井住友銀行口座を作らなくても利用可能

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座がなくても利用が可能になっています。

 

銀行カードローンのなかでは「自社の普通預金口座の開設が借り入れの条件」としている銀行も少なくありません。

これ以上、銀行口座は作りたくない!」という人にとってはメリットといえるでしょう。

 

ただし、三井住友銀行口座があると「自動融資」のサービスや「口座振替手数料無料」などの優遇を受けられます。

より便利に三井住友銀行カードローンを使いたいのであれば、三井住友銀行の口座開設をしたほうがよいでしょう。

 

ローンカードだとバレにくい

三井住友銀行の普通預金のキャッシュカードとローンカードのカードデザインはかなり似ています

カードをチラッと見られてしまったときに、「三井住友でキャッシュカードを作ったんだ」とごまかすことも可能でしょう。

 

また、ATMを利用するときも、他の人からはキャッシュカードを利用している人と変わらないように見えます。

家族や知人に借金のことがバレると困る……」という人にとってはかなり魅力的といえるでしょう。

 

ただし、ローンカードには「ローン専用」と少し小さい文字で書かれているため、絶対にバレないというわけではない点は覚えておきましょう。

 

三井住友銀行カードローンのデメリット

即日融資ができない

三井住友銀行カードローンでは申し込んだその日のうちにお金を借りる(即日融資)ことができなくなっています

 

そのため、即日融資をしたいほど急いでお金を借りたい人は、消費者金融カードローンを利用するのが一番でしょう。

 

信頼できる会社からお金を借りたい!」というのであれば「プロミス」や「SMBCモビット」がおすすめです。

どちらも三井住友銀行系列のカードローンですので、安心してお金を借りることができます。

プロミスは「無利息期間」、SMBCモビットは「Web完結申し込みで電話連絡なし」という強みがあります。
気になる人は、以下の参考記事を読んで検討してみましょう。

キャッシュ一体型のカードローンとは?

三井住友銀行カードローンの大きな特徴といえば、「キャッシュ一体型のカードローン」です。

キャッシュ一体型のカードローンとは、その名の通りキャッシュカードとローンカードの機能を同時に備え付けられたカードなのです。

 

一体型にすることで、もちろんメリットがありますが、デメリットもあります。

それでは、詳細を確認してみましょう。

 

キャッシュ一体型のカードローンのメリット

キャッシュカードとローンカードが一体となっているので、「お財布の中身がいっぱい!」という人の悩みを軽減することができます。

 

キャッシュカードやローンカードは結構厚みがありますし、お財布がかさばりにくいのは意外といいメリットではないでしょうか?

 

キャッシュ一体型のカードローンのデメリット

キャッシュ一体型カードローンにすることで、三井住友銀行と各種コンビニ以外のATMの利用ができなくなってしまいます

 

それでもATM対応の幅は広いものの、ゆうちょ銀行やイオン銀行といった利用頻度が多そうなATMまで使えないのは結構気になりますよね。

 

申し込みについて

必要書類

身分証明書類(顔写真付きのもの)

運転免許証

健康保険証

パスポート

個人番号カード

収入証明書類(借入希望額が50万円を超える場合)

源泉徴収票

給与明細書

確定申告書

住民税決定通知書

三井住友銀行カードローンの申し込みに必要な書類は上記の2種類ですが、50万円以下の借入希望の場合は身分証明書のみで申し込むことができますよ。

申し込み方法

  • PC、スマホでのネット申し込み
  • ローン契約機
  • 電話
  • 店頭窓口
  • 郵送

 

上記の5つの方法から三井住友銀行カードローンを申し込むことができます。

なるべく早いタイミングで借入をしたいのであれば「ネット・契約機・電話」いずれかの方法で申し込みをしましょう。

 

申し込みから借入までの最短時間は?

  1. ネットや電話で三井住友銀行カードローンを申し込む
  2. 三井住友銀行の休業日を避ける
  3. ローン契約機で契約&カード受け取りをする

 

以上の要素に気をつけることで、最短で翌営業日に借入をおこなうことができるかもしれません。

申し込むタイミングによってはもう少しかかるかもしれませんが、なるべく早い段階でお金を借りることができるのは間違いないでしょう。

 

なるべく早く借り入れをおこなうポイントとしては「三井住友銀行のローン契約機」の位置をあらかじめ把握しておくことです。

審査の結果が出たら、すぐにローン契約機で契約をしてカードを受け取ることができますよ。

 

また、三井住友銀行のローン契約機の営業時間は「9:00~21:00(店舗によって異なる)」であることが多いです。

契約作業にかかる時間も考え、余裕をもってローン契約機に向かってくださいね。

借り入れの方法

  • ATM
  • SMBCダイレクト
  • 自動融資

三井住友銀行カードローンの借入方法は上記の3つから選ぶことができますが、「自動融資」のみは少し借り方が変わっていますよ。

ATM

先ほども解説した通り、三井住友銀行カードローンは多くのATMで利用ができるため、借入場所には困らないでしょう。

ただし、ATMにはそれぞれ営業時間があります。

 

店舗によって利用時間が異なりますので、まずは最寄りのATMの営業時間を調べてみてくださいね。

基本的にコンビニATMはほぼ24時間利用できることが多いので、借り入れ場所に迷ったらコンビニATMを利用しましょう!

SMBCダイレクト

三井住友銀行の口座を所有かつ、SMBCダイレクトへログインする必要がありますが、インターネット上や電話から振込キャッシングをすることが可能です。

 

ネットさえあれば家にいながらでも振込キャッシングができるのはかなり便利でしょう!

 

自動融資

自動融資とは、クレジットカードや公共料金などの支払いタイミングに口座残高が足りなかった場合残高不足分の金額を自動で借りてくれるサービスになります。

 

自動融資は、残高不足にならないための保険としての借り入れシステムというわけなんですね。

残高不足になりがちな人にとっては心強い味方ではありますが、いくつか注意点もあります。

  • 三井住友口座が必要
  • 手続きの必要がある
  • カードローンの返済金など、一部自動融資ができない条件もある

自動融資の詳細については、公式サイトにて確認してみましょう!

返済方法はなにがある?

  • ATM
  • 振り込み
  • 口座振替

上記3つの返済方法を選ぶことができます。
それでは、それぞれ解説していきましょう!

ATM

借入方法のときと同じです。

ほとんどのATM手数料が無料なので、便利にATMを使うことができますね。

 

振り込み

自分の銀行口座から、三井住友銀行が指定する銀行口座へ直接振り込む返済方法です。

ATM返済とは違い、振り込み手数料がかかることがある点に注意しましょう。

 

また、振り込み返済をする場合は「SMBCダイレクト」上にて手続きをおこなう必要がありますよ。

 

口座振替

自分の銀行口座をカードローンの指定口座にすることで、自動的に毎月の返済額を支払ってくれます

ATMや振り込みによる返済と違って、一度手続きしてしまえば返済が楽になるので便利ですね。

 

ただし、口座振替先の口座の残高不足には注意しましょう。

残高不足により返済ができなかった場合、「支払い遅延」という扱いになってしまいます。

 

また、口座振替による手数料は「三井住友銀行を指定口座にした場合」のみ無料になっています。

口座振替でカードローンの返済をする予定なら、三井住友銀行の預金口座を作っておくことをおすすめしますよ。

 

約定返済日はどうなる?

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

毎月支払う義務のある返済のことを「約定返済(毎月の返済)」といいます。
三井住友銀行カードローンの約定返済日は上記の4パターンから選ぶことができるため、自分の都合に合った返済日を選びやすいといえるでしょう!

給料日後に近い日にちを選ぶのがおすすめ!

とくに約定返済日にこだわりがなければ、給与振り込み日後から一番近い日付を三井住友銀行カードローンの返済日に設定してしまいましょう!

 

こうすることで、「残高不足でカードローンの返済ができない」といったリスクを減らせます

 

繰り上げ返済はいつでも可能!

繰り上げ返済(随時返済)とは、約定返済以外で自主的にカードローンの返済をすすめることです。

繰り上げ返済によるメリットは「利息を減らすことができる」という点でしょう。

 

カードローンの利息は、元金(借金の残高)によって日割りで計算されるという仕組みになっています。

繰り上げ返済で元金を少しでも減らすことによって、最終的にかかる利息額が減らせるというわけなんです。

繰り上げ返済の注意点をチェック!

なるべく繰り上げ返済をしたほうが良いのは確かなのですが、無理をしながら返済をするのはおすすめできません

繰り上げ返済ができる「余裕」があるときに、返済スピードを速めるのがベストですよ!

 

また、いくら繰り上げ返済をしても「約定返済」に影響を与えない点は注意しておきましょう。

 

約定返済は「毎月おこなわなければいけない」返済です。

約定返済分の返済金額も考慮しながらかしこく返済をしていきましょう!

返済額はいくらかかる?

元金(借金の残高)

約定返済額(下限)

2,000円未満

全額

2,000円~10万円

2,000円

10万円超え~20万円

4,000円

20万円超え~30万円

6,000円

30万円超え~40万円

8,000円

40万円超え~50万円

10,000円

三井住友銀行カードローンの約定返済額は、上記の表のように元金が大きくなるにつれ上がっていきます。

 

たとえ50万円を借りても毎月1万円の約定返済額にしかなりません。

そのため、返済期間に余裕をもって返済をおこなうことができるでしょう。

 

ただし、上記の約定返済額のまま返済してしまうと、カードローンの完済まで約78か月かかるため、その分最終的な利息額も大きくなってしまうのです。

 

先ほど説明した繰り上げ返済を利用しつつ、早期の完済を目指してみましょう。

 

返済シミュレーションを活用しよう!

三井住友銀行の公式サイトには、カードローン専用の「返済シミュレーション」があり、返済シミュレーションでは、以下のことを調べることができます。

  • 〇年(〇ヵ月)まで完済したい場合の毎月の返済額はいくらか
  • 毎月〇円を返済した場合、完済まで何か月かかるのか
  • 約定返済額だけで返済を進めた場合、完済まで何年かかるか

 

また、シミュレーション結果画面の「返済計画表を見る」を選択することで「返済額から減る元金」「利息」「残りの元金」を細かく知ることもできるのです。

 

利息や元金の減り方を自分で計算するのは結構手間がかかるので、この機能はかなり役立ちます。

返済シミュレーションを利用することによって、カードローンの返済計画が立てやすくなることでしょう。

利息の計算式を知りたい方は、以下の関連記事を見てみましょう。

覚えておこう!返済遅れのリスク

三井住友銀行カードローンの約定返済額は少なく、余裕をもって返済がしやすいのですが、それに甘んじて返済期日に遅れることがないようにしましょう。

 

1日くらい遅れても平気では?」とお思いの方もいるもしれませんが、カードローンの返済に遅れると「意外と痛いデメリット」を受けるはめになってしまうのです。

そのため、支払い期日を守って真面目に返済することをおすすめしますよ。

遅延損害金がかかる

カードローンの返済が遅れると、遅れた日数分の遅延損害金がかかってしまいます。

三井住友銀行の遅延損害金の金利は「19.94%」となっており、消費者金融の金利以上の利息を払わなければなりません。

また、遅延損害金は、元金の残高にかかわらずかかってくるので、借りている金額が多いほど遅延損害金が痛いことは覚えておきましょう。

信用が失われてしまう

カードローンの約定返済に遅れてしまったという記録(信用情報)は、最短でも5年間ほど「信用情報機関」というところに保存されてしまいます。

 

それだけ…?」と思ってしまうかもしれませんが、これって結構ダメージが大きいんです。

 

なぜなら、各種ローンやクレジットカードの審査で「必ず信用情報はチェックされる」ため、次のローンを組むときに不利な状態で審査を受けなければならなくなるからです。

 

万が一カードローンの約定返済に遅れてしまったら、1日でも早く返済をすることをおすすめします。

そのまま放置してしまうと、みるみるうちにあなたの「信用情報の傷」が広がってしまいますよ!

 

また、3か月以上の延滞のまま放置してしまうと、本人の意思にかかわらず「代位弁済」というものがおこなわれ、これも信用情報機関に登録されてしまいます。

 

代位弁済までおこなってしまうと、三井住友銀行カードローンの利用停止になる可能性が非常に高くなるでしょう。

さらに、代位弁済の記録が消えるまでローン会社やクレジットカード会社から借り入れを敬遠されるという最悪の事態になってしまうかもしれません。

逆に、まじめに期日通りの返済をしていくことで自分の信用が上がり、審査で有利になりやすくなるかもしれません。
早めの返済手続きが信用を上げるポイントですよ!

まとめ

三井住友銀行カードローンは、金利が低くてATM手数料のかかりにくいカードローンですが、キャッシュ一体型カードにする場合は対応ATMが少なくなるデメリットに注意しましょう。

 

また、ローンカードとキャッシュカードがほとんど同じデザインなため、借金が家族にバレたくない人にもおすすめです。

 

返済遅れに気をつけつつ計画的に三井住友銀行カードローンを利用することで、かしこいカードローンの使い方ができるようになるでしょう!

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします