SMBCモビットの審査に落ちたくない!審査に落ちる5つの原因とは

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
今回はSMBCモビットの審査について解説していきますね。

三井住友銀行グループの会社、SMBCモビットの大きな特徴は、カードローンなのにカードレスであること、またWEB申込ならば、明細がいらないというところです。

 

ところで、カードローンを契約するにあたって切っても切れない関係にあるのが「審査」です。

カードローンを契約する際には、この「審査」にクリアしなければ、お金を借りることはできません。

 

今回は、「SMBCモビットの審査にどうして落ちてしまったのか?」または「審査を受けたいけど不安だな」と考えているあなたへ、原因と対策方法について解説していきます。

SMBCモビットの10秒簡易審査とは?

では、SMBCモビットの審査の流れについて簡単に見てみましょう。

SMBCモビットには、10秒簡易審査というものがあります。これは、上の図でいうと「仮審査」に該当するものです。

 

他社に似たような名前でシミュレーションができるところがあるので、シミュレーションだと思って適当に入力してしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、10秒簡易審査はれっきとした審査の一部ですので、正確な情報を記入しておきましょう。

 

10秒簡易審査をお試ししたい方は、こちらをクリック!

SMBCモビット

SMBCモビットの審査に落ちた理由は?

SMBCモビットの審査に落ちてしまう原因はどんなものでしょうか?
考えられる5つの理由を一つずつ紹介します。

同時に複数社に申し込みをしている

同時に複数社の申し込みをしていると、「申し込みブラック」として審査に落ちてしまう可能性があります。

 

今すぐにお金を借りたい気持ちはあると思いますが、一度に複数の会社に申し込みをすることはやめましょう。

 

会社によって規定は異なりますが、大体3社以上が申し込みブラックの危険性があるかもしれませんので、注意してくださいね。

今後、カードローンを利用できなくなってしまう可能性もあります…。

借入希望額が多すぎる

審査を受けるにあたって、年収借入希望額は必ず見られます。年収に対して多額の借り入れを希望していると、審査落ちの可能性が高くなります。

 

借入金額に関しては、「総量規制」にも注意が必要です。総量規制とは、一部例外はありますが、カードローンにおいて年収の1/3までしか借り入れができない制度のことをいいます。

 

そのため、基本的に年収の1/3までしか借入することができません。年収の1/3を目安に希望額を述べるようにしましょう。

ここで注意していただきたいのが、他社での借り入れを含めたうえでの借入希望額を申告する必要があるというところです。

 

たとえば、年収300万円で、他社借入30万円の人がいるとしましょう。

その際に、モビットで新たに借り入れがしたいとなると他社借入を含めたうえでの申請になるので、70万円までしか希望が通らないことになるのです…!

 

他社にも借り入れがある人は、総量規制に引っかからないように希望額を調整してください。

また、カードローンで返済実績を高めれば、カードローン会社の方から増額のお知らせがくることもあります。
無理に大きな融資を申請するのではなく、無理のない範囲でお金を借りるようにしましょうね。

信用情報にキズがついている

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの返済履歴などの情報のことをさします。

カードローンを借りる際には、今までの返済歴や他社借り入れなど多岐にわたって審査の対象になるのですね。

 

返済や遅延をしている人には、返済履歴にキズがついているという状況になります。

お金を期日通りに返してくれない人に、お金を貸したくないですよね?カードローン会社も同じです。きちんとお金を返している人にお金を返したいと考えています。

 

カードローン会社の方からお金を借りたいと思ってもらえるように、日ごろからきちんと返済をするようにしましょう!

信用情報について不安な方は、下の関連記事もご覧ください。信用情報は、自分で確認することができるのです。

安定した収入がない

審査においては、雇用形態や勤続年数も関係しています。

やはり正社員の人は、有利に審査が進んでいきます。

 

パートやアルバイトの方でも長期間毎月一定のお給料をもらっていれば審査に有利になります。

しかし、アルバイトのなかでも日雇いのものであったり、アルバイトをしていても毎月安定した収入がない人は借り入れが難しいといえるでしょう。

 

アルバイトやパートでも働き始めたばかりの人は審査に通りにくいかもしれません。ひとつの会社で長く働いてから、カードローンの申請に臨むようにしましょう。

 

申込書に虚偽のことを記載している

申込書に虚偽の情報を記載していると、審査で落ちてしまうこともあります。

もし仮に、虚偽の申告をしてもそれが嘘だということは、審査の段階で明らかになってしまいますよ!

 

なぜなら、申し込みの際に、申告した内容と合わせて本人確認書類や源泉徴収などを申告した事実を証明する書類を提出する必要があるためです。

虚偽の申請は、バレてしまうので正直に質問に答えるようにしましょうね。

SMBCモビットの審査で評価されるポイント

審査に落ちる原因だけじゃなくて、審査に通る条件も知りたい!」という人もいることでしょう。

審査に絶対通るという保証はできませんが、上記3つのポイントを抑えることによって、SMBCモビットの審査で有利になるかもしれません。

 

同時に複数社の申し込みをしない

絶対にお金を借りたいから、とにかくたくさんのカードローンに申し込もう!」という気持ちは分かりますが、カードローンに申し込むのは1社ずつにしましょう。

さきほど解説した「申し込みブラック対策」というわけですね。

 

借入希望額に注意する

自分の収入に見合わないような借入希望額を出してしまうと審査に時間がかかったり、審査に落ちてしまう可能性があるかもしれません。

総量規制である「年収の3分の1」を目安に借入希望額を決めておきましょう。

 

信用実績を高める

もしほかのカードローンやクレジットカードを利用しているのであれば、返済に送れないようにしておきましょう。

これらの利用情報は、SMBCモビットの審査のときに必ず見られてしまいます。

返済遅れの履歴があるとマイナスですが、返済期日を守りきちんと返済できているのであれば審査担当の人からも印象が良くなりやすいでしょう。

 

勤務先が休みである場合は、審査時間が長くなるケースも

カードローン会社が審査をおこなうとき、申込者が記入した勤務先で本当に在籍(働いている)のかを確認するために電話で連絡をおこないます。

これはSMBCモビットに限らず、ほぼすべてのカードローン会社に共通していることなので注意しましょう。

 

そのため、勤務先が休みになっているときにSMBCモビットを申し込んだ場合、審査に時間がかかってしまうこともあるのです。

これを聞いて「それでは困る!即日融資したいのに…」と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

ですがご安心ください。

SMBCモビットでは「Web完結申し込みで必要書類を提出」をすることで、勤務先が休みの日でも審査をスムーズにおこないやすくなるのです!

 

Web完結申し込みで必要なものは?電話連絡を回避しよう!

電話連絡なしでWeb完結申し込みをするときに必要な書類

本人確認書類

(いずれか1点でOK)

・運転免許証

・健康保険証

・パスポート

普通預金口座

(いずれか1点でOK)

・三井住友銀行

・三菱UFJ銀行

・ゆうちょ銀行

収入証明書類

(いずれか1点でOK)

・源泉徴収書

・所得証明書

・税額通知書

・確定申告書

・給与明細書(直近2か月のもの)

在籍確認書類

(保険証・給与明細どちらも必要)

・社会保険証(組合保険証でも可)

・給与明細書(直近1か月のもの)

普通の申し込みと比べて提出書類が多くなってしまいますが、電話連絡なしでWeb完結申し込みをするには上記の書類が必要になってきます。

勤務先がかかれている書類だけで在籍確認ができるので、電話確認が不要になるというわけですね。

勤務先に電話をかけられたくない方や、勤務先が休みの日にSMBCモビットに申し込むつもりである方は、提出書類をあつめてSMBCモビットに申し込みましょう。

 

電話連絡なしでのお申込みは、こちらをクリック!

SMBCモビット

まとめ

いかがでしたか?

SMBCモビットには10秒簡易審査がありますが、これもれっきとした審査の一部ですので、申し込み情報の誤りがないように注意して審査をしてもらいましょう。

 

また、「同時に複数社の申し込みをしない」「借入希望額を1/3までにする」「信用実績を高める」ことを意識して、審査に挑んでみてください。

審査を有利に進めることができるかもしれません。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。