ホーム >  銀行カードローン

審査の甘いカードローンはあるの?審査の対策方法を解説!

 

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

カードローンをはじめて利用するという人は、審査に通るかどうか不安を感じる人も多いでしょう。

 

自分なりにいろいろと調べていても、口コミなどでわかることは、あくまでもその人に出た結果です。

融資を希望しているすべての人にあてはまることではありません。

 

審査に自信のないからこそ、「審査の甘いカードローンに申し込みたい!」というお気持ちはわかります。

 

しかし、結論から言いますと、誰でも借りられるような審査の甘いカードローンというものは正規の業者ではまずありません。

 

この記事では、カードローンの審査の対策方法について解説します。

 

 

 

 

SMBCモビット

SMBCモビット
 

 

審査の甘いカードローンを探すよりも、審査に通りやすくする工夫を

先ほども言いました通り、審査の甘いカードローン会社は存在しないと思っておきましょう。

 

お金を貸すという行為は、とてもリスクのあるものです。

リスクがあるからこそ、審査では信用情報開示在籍確認によって申込者の返済能力を判断します。

 

各銀行や消費者金融によって「申し込み条件や審査基準」という意味で審査難易度の高さ低さはあるかもしれませんが、基本的にカードローン会社は自社の審査基準を明かすことはないため、複数のカードローン会社の審査難易度を比較することは難しいのです。

 

また、「審査は甘くします!」「ブラックでも借りられます!」というような甘い言葉で勧誘をする正規ではない闇金融からは絶対にお金を借りない ようにしましょう。

 

審査の甘いカードローンを探すよりも、審査の対策をおこないましょう!

審査に落ちやすい原因は主に4つある

どうしてもカードローンの審査に落ちてしまう!」という人が落とされる原因は主に2つあります。

 

信用情報に金融事故記録がある

カードローンの審査で必ず開示される信用情報は、過去の金融事故がすべてわかるところです。

うそをついても、隠すことはできません

 

他社の借り入れの返済を遅延・滞納していると信用情報機関に記録されてしまいます。

それが原因で債務整理をした場合には、心証はさらに悪くなるでしょう。

 

そうなってしまうと、信用情報からその記録が削除されるまで、新たにカードローンを利用することはできません

なぜなら、信用度が著しく低いからです。

 

新たな融資を受けたいなら、少しでも早く完済し、事故記録を削除してもらえるようにするのが有効になります。

 

他社の借入額が多過ぎる

他社の借入額が多過ぎると、消費者金融会社で借りる場合は融資を受けることが難しくなるでしょう。

なぜなら、総量規制の範囲をオーバーしている可能性があるからです。

 

総量規制年収の3分の1以下に融資額を制限する決まりですが、新たに借り入れを申し込んだ際に、すでに総量規制の範囲を超えていると、それ以上はカードローン会社側としても貸せません。

 

ルール違反になってしまうので、貸す側であるカードローン会社側が罰を受けることになるからです。

カードローンに申し込む前に、自分で信用情報を開示して確認しておくと安心できます。

 

安定した収入がない

ほとんどのカードローンの申し込み条件に「安定した収入」というものがあります。

 

ここでいう、「安定した収入」とは年収の高さはもちろんですが、勤続年数の長さも入ります。

 

勤続年数が長いことは「毎月一定以上の金額の給与をもらっている」ということですから、月1回の返済をおこなうカードローンの仕組みとは相性がいいのです。

 

逆に、勤続年数が極端に短かいことや、年収が高くても月々の収入の金額が不安定だと審査では厳しく見られてしまいます。

 

申し込みブラックになっている

短期間に多数の申し込みをしてしまうと、申し込みブラックの状態になってしまい、審査に通ることは難しくなってしまいます。

 

あくまで目安程度ですが、1か月に3社以上のカードローン申し込みは控えるようにしましょう。

また、カードローンの申し込み情報は6か月で消えてしまいます

 

審査に通りやすい属性を考えてみよう

審査通過に重要なことの一つは「属性」

カードローンの審査に通りやすい人は、信用情報機関の情報に傷がない人がほとんどです。

しかし、それ以外にも審査に通りやすい「属性」があるといわれています。

 

属性は、職種や勤続年数で振り分けられるランクだと考えると、わかりやすいかもしれません。

 

属性の評価が高い人ほど審査に通りやすく、借り入れするときの限度額も高くなる傾向があります。

 

逆に属性が低いと審査には通りにくく、限度額も低くなります。

そして、属性を決める大きなポイントは、「職種」と「勤続年数」といわれてるのです。

 

審査に通りやすい属性とは?

最も審査に通りやすいといわれているのが「公務員」です。

公務員は失業する可能性がとても低く安定した収入もあるので信用度が高いといわれています。

 

また、勤続年数が長い人も、属性の評価は高くなるでしょう。

なぜなら、長く働いている人は、「すぐにやめてしまう可能性が低い」と考えられ、信用度が高いケースが多いからです。

 

審査に通りやすくなるためには安定した職業に就き、できれば正社員になって長期間働いていることが望ましいです。

 

アルバイトやパートも勤続年数が長いことが大事なので、簡単にやめないようにするといいでしょう。

審査で良い印象をもらうために工夫をしよう!

他社の借入額をできるだけ減らそう

他社の借り入れがある人は、新たに申し込む前にできるだけ元金を減らしておくことが大切です。

 

消費者金融系カードローンは、年収の3分の1を超える貸し付けを制限する「総量規制」に基づいてお金を貸しています。

 

そのため、他社の借り入れがあると希望額を借りられなかったり、あまりにも多額の借り入れがある人は融資そのものを断られてしまったりしかねません。

 

できるだけ返済実績を作って信用度をあげ、残っている借入額は収入の3分の1以下で抑えられるようにするのもいいでしょう。

 

正規雇用のときにカードローン契約を結んでおく

なるべく高い限度額を得るには、正規雇用者のときにカードローンの利用ができるようにすることが有効です。

 

正規雇用者の場合、信用度が高いことや安定した収入面から、高めの限度額を得ることができる可能性があります。

 

料金の支払い延滞はしない

信用情報に傷がつかないようにすることは、最重要事項です。

たとえば、クレジットカードや携帯料金の支払いなどの延滞をしてしまうと、信用情報に傷がつくことになってしまいます。

 

もし、遅延などが続いた場合は一定期間を置いてから申し込むほうが無難でしょう。

基本的にデメリットしかありませんので、遅延や滞納などはしないという認識が必要です。

 

まとめ

審査の甘いカードローンは存在せず、どうしてもカードローンを利用したいのであれば少しでも審査に通りやすくなるように今までの自分の状況を見つめなおす必要があります。

 

また、闇金は審査に不安なカードローン検討者の心理を悪用して勧誘してくる可能性があるので、甘い言葉に惑わされずに正規のカードローン会社に申し込むことにしましょう。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

 

 

 

SMBCモビット

SMBCモビット

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします