ホーム >  カードローンの基礎知識 用語説明

総量規制対象外のローンは何がある?総量規制について徹底解説!

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
みなさんは総量規制という言葉をきいたことはありますか?

総量規制って具体的にどういうもの?

どのローンが総量規制の対象なのかがわからない!

という人もいるのではないかと思います。

 

基本的にお金を借りる場合は総量規制というルールが適用されるのですが、一部では総量規制対象外のローンも存在します。

 

この記事を読んで、総量規制の対象のローンと総量規制対象外のローンにはどんなものがあるのか、確認してみましょう。

総量規制ができた理由とは?

総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借りることができないように制限するルールのことですが、そもそもなぜこのようなルールができたのかを知っていますか?

 

その理由は、お金を借りる人がキャッシングをしすぎて破産してしまわないように制限をかけるためなんです!

 

つまり、お金を借りる人を「保護する」ための法律なんですよね。

 

総量規制というルールが浸透する前の2010年6月以前、大きな借金を抱える人が多すぎて社会問題にまでなっていました。

 

お金を借りられる上限に制限がなかったのですから、借金の返済ができずにさらに借りて借金・・・といった悪循環になっていた人が多かった時代です。

 

そこで多額の借金を背負った人をこれ以上増やさないようにするためのルールとして「総量規制」というルールができました。

 

総量規制はひとつの業者で借りている金額を参照するのではなく、借り入れている会社すべての金額を合わせた金額が総量規制の上限なのでご注意くださいね。

つまり、年収300万円の人がA社で100万円、B社で100万円というようにお金を借りることはできないというわけです。

総量規制の対象と対象外のキャッシングとは?

総量規制の対象になるのは貸金業者のキャッシング

貸金業者とは、簡単にいえばお金を貸すことを仕事にしている業者のことをいいます。

代表的なものでいえば「消費者金融」や「クレジットカード会社」でしょうか。

 

そのため、以下のものが総量規制の対象になります。

  • 消費者金融からの借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカード会社の場合は現金を借りられるキャッシング枠のみが総量規制の対象です。

 

また、クレジットカードのショッピング枠(リボ払い含む)は、そもそもお金を貸しているわけではなく代金を一時的に立て替えているだけのため、総量規制の対象に含まれません

 

総量規制対象外になるキャッシング

  • 高額な医療費の借り入れ
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン(バイクローン含む)
  • 担保を用いたローン
  • 売却予定の不動産がある場合の借り入れ

身近なものでは以上のものが、総量規制対象外のローンになります。

 

借りたお金の使い道が決まっている「目的別ローン」や、不動産や車などの「お金以外の資産が必要なローン」などが総量規制対象外のローンになる傾向があるようですね。

 

銀行は2018年から借り入れの自主規制をしている

じつはもうひとつ総量規制対象外のローンが存在していたのですが、訳があって先ほど紹介はしませんでした。

 

そのローンの名前は、「銀行カードローン」のことです。

銀行カードローンは貸金業法ではなく「銀行法」という法律が適用されるため、総量規制の対象外でした。

 

しかし、銀行からお金を借りたい人にお金を貸しすぎたことがきっかけとなり、銀行が総量規制を超えるお金を貸し付けないように自主規制をおこなったのです。

銀行も消費者金融も、基本的に年収の3分の1以上のお金を借りることができないと覚えておきましょう。

消費者金融でも借りる側に有利なら総量規制対象外になる

消費者金融でも「お金を借りる側が一方的に得をする貸し付け」であれば、例外として総量規制を無視してお金を貸していいことになっています。

 

代表的なのがおまとめローンです。

 

おまとめローンとは、複数の借金をひとつにまとめることを目的としたローン商品のことをいいます。

 

これがなぜ「お金を借りる側が一方的に得をする貸し付け」になるのかといいますと、借金をひとつにまとめることによって金利が下がったり月々の返済額が減って返済しやすくなったりなど、お金を借りる側のメリットが多いからです。

おまとめローンの対象者は、複数の会社からお金を借りている人に限ります。
おまとめローンで借金返済が楽になる!?おすすめ会社までご紹介!にておまとめローンの詳しい情報を解説しています。

総量規制対象外を売りにしている業者にはご注意を!

総量規制関係なく借りられます!

 

このような甘い誘惑には要注意です。

おまとめローンなどの一部を除いて、消費者金融も総量規制の対象になるはずでしたよね。

 

総量規制対象のはずなのに、総量規制対象外を売りにしている業者は闇金である可能性があります。

 

そもそも、闇金業者は法律を守らない違法な業者なため総量規制を守る必要がないのです。

 

闇金業者を見分けるポイントとしては、公式サイトに「貸金業登録番号」が掲載されているかを確認することと、その番号が本物であるかを確認することです。

 

貸金業登録番号が本物かどうかを確認するには、こちらの金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページにて確かめることができますよ。

闇金に手を出してしまうと驚くほど高い利息を請求されたり、自分の家に激しい取り立てがやってきてしまったりするかもしれません。
絶対に、闇金からはお金を借りないようにしましょうね。

まとめ

総量規制は、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングなどの貸金業者からお金を借りるときに適用されるルールですが、銀行カードローンでも総量規制と同じ基準で自主規制をおこなっています。

 

いずれも年収の3分の1以上のお金を借りることはできないので注意しておきましょう。

 

また、総量規制対象外のローンは基本的に使用目的が決まっているものや、担保や資産が必要な場合があるものが多いです。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします