東京スター銀行カードローンの魅力は低金利!その特徴を知ろう!

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

東京スター銀行カードローン(商品名:スターカードローン)の魅力は、なんと言っても最低金利1.8~14.6%と低金利なところです。

 

最高限度額も1000万円と非常に高額なので、万が一の大きな出費に備えて持っておきたいカードローンといえるでしょう。

 

利用条件も、申し込み時に満20歳以上65歳未満の方で定期的な収入がある方となっています。

 

これだけ低金利なカードローンなのに、融資対象が正社員だけでなく毎月の安定した収入があれば契約社員や自営業者、パート・アルバイトまで利用可能と幅広いことも魅力の一つです。

 

申し込みも、審査書類の送付もすべてインターネットで完結することができ、銀行の窓口までわざわざ来店する必要がないことも非常に便利で手軽なカードローンとなっています。

 

そんな東京スター銀行の特徴について確認してみましょう!

 

Contents

東京スター銀行カードローンの基本情報

スターカードローンの特徴

利用限度額

10万~1000万円以下(10万円単位)

金利

1.8%~14.6%

使用用途

事業資金以外の使い道は自由

Web申し込み

あり

返済方式

残高スライドリボルビング方式

申し込み条件

・申し込み時に満20歳以上65歳未満の方

・定期的な収入がある方

・保証会社「新生フィナンシャル株式会社」の保証が受けられること

 

自営業者や学生まで正社員以外も可能!

銀行カードローンの中には、自営業者や学生、派遣社員などには審査が厳しいところもあります。

 

しかし、東京スター銀行カードローンは正社員以外でも審査対象になっているので、利用しやすくなっているのです。

 

ただし、利用には東京スター銀行独自の審査があり、それに通過することが条件になっています。

 

また、カードローン自体の使用用途は原則自由ですが、事業用に使えるわけではありません

事業資金としてお金を借りたいのであれば、事業者ローンという専用のローンがありますので、そちらを検討してみましょう。

カードローンの申し込み方法と必要書類

  • ウェブもしくは郵送での申し込みが可能
  • 本人確認ができる書類のコピー
  • 前年分の収入が確認できる書類の写し

本人確認書類とは?

日本国籍を有する方の場合

  • 有効期限内の運転免許証の両面のコピー
  • 有効期限内のパスポートの写真および所持人記入欄(氏名・住所記載欄)のページと、外務大臣印のページのコピー

上記2種のいずれか1点および健康保険証の計2点が必要です。

外国籍の方の場合

  • 在留カードのコピー
  • 有効期限内の特別永住者証明書の両面のコピー

審査状況により、後日、住民票の写しの提出を求められる場合があります。

外国籍の方の場合は、「日本国籍を有する方の場合」の必要書類2点に加えて、上記書類のどちらかを合わせての提出が必要です。

その他注意事項

本人確認書類の写しを提出する場合、機微情報(センシティブ情報)に関する記述は塗りつぶしたうえでコピーを撮ってから送付してください。

機微情報とは、本人確認に必要のない免許の条件・臓器提供の意思部分・本籍地情報などの情報のことです。

 

前年分の収入が確認できる書類の写しとは?

  • 源泉徴収票
  • 税務署の受領印付きの確定申告書の1~2枚目
  • 住民税決定通知書
  • 課税通知書

これらのいずれか1点のコピーが必要です。収入証明書について詳しく知りたい人は、こちらのページを参考にしてみてくださいね。

その他追加書類を求められることも

前年中途入社もしくは入社1年未満の方の場合は、直近3カ月の給与明細の提出を求められます。

また、賞与明細をお持ちの場合はあわせての提出が必要です。

 

また、外交員報酬などで確定申告をしている方の場合は、必ず確定申告書(1および2枚目)の添付が必要になります。

 

審査の状況によっては、源泉徴収票を提出した場合でも別途、住民税決定通知書もしくは課税証明書の提出を求められる場合もあるので注意が必要です。

課税証明書は1月1日現在での居住地の市区役所や、町村役場で入手できますよ。

申し込みはウェブでいつでもどこでも簡単!

東京スター銀行カードローンの申し込みは、ウェブまたは郵送のどちらでも可能ですが、特に便利なのはウェブになります。

ウェブでの申し込みは、時間や場所を気にせずにできるので、とても手軽で便利な方法です。

 

書類は、画像が鮮明に撮れてさえいればスマートフォンやデジタルカメラなどの画像取り込みOKで、特にスキャナーによる撮り込みの必要はありません。

 

撮った写真データは、1ファイル5MB以下のjpegファイルもしくはpdfファイルにしてアップロード可能です。

来店不要で申し込みできるので。外出できなかったり、銀行営業時間中に窓口に行けなかったりする人も気軽に申し込みができます。

取引がない人は口座なしタイプも利用できる

東京スター銀行カードローンは同行に口座を持っていない人でも、スターカードローン(口座なしタイプ)の利用ができます。

スターカードローン(口座なしタイプ)

契約するにあたり東京スター銀行の口座は必要ありません。

 

その代わりにSMBCファイナンスサービス提供の口座振替受付サービス(インターネット方式)を利用して、返済用預金口座を登録することが必要です。

 

インターネットバンキングのシステムを持つほとんどの大手都市銀行や、ネット専業銀行地方銀行及び信用金庫労働金庫の口座であれば利用ができます。(一部の信用金庫の口座は利用不可

 

申し込み手続きをするうえでの流れや注意点

ウェブの申し込みが必要ですが、その際に上記記載の返済用預金口座の登録が必要です。

 

それから、本人確認の電話と会社や自宅への在籍確認及び仮審査がありOKなら本審査に入ります。

個人名での連絡のため、周囲や職場に気づかれにくいしくみです。

 

審査の結果によっては、在籍確認のステップ以前にメールで審査に落ちたことを知らされる場合もあります

 

そのあとの書類(本人確認用・年収証明)の用意および提出方法は、スターカードローン(口座あり・カードローンタイプ)と同様です。

 

オンラインにて契約手続きをしたのち、契約内容の控えの受け取りを経て審査は完了になります。

 

あとは、東京スター銀行のインターネットバンキングから利用が可能です。

本審査の際にこちらの場合も収入証明が必要になります。

 

本人限定郵便を一定期間中に受け取ることが最終本人確認!

本審査の最後に結果は書類で送られてきます。

 

ここで「口座なしタイプ」の場合「口座あり・カードローンタイプ」とは違い、本人確認も兼ねて通常の書留郵便ではなく「本人限定郵便」で送られてきます。

 

期間中に本人限定郵便の受領を東京スター銀行が確認したことをもって契約成立です。

万一、期間中に本人限定郵便が受け取れずに銀行に返送になった場合は、再度仮審査申し込みが必要になりますのでご注意くださいね。

口座ありタイプとの相違点

じつは、こちらの口座なしタイプと通常の口座ありタイプの相違点がもう一つあります。それは約定返済額とその算定方法です。

口座ありタイプの約定返済額

借入金額

月々の

30万円以下

5,000円

30万超~50万円以下

10,000円

50万超~70万円以下

15,000円

70万超~90万円以下

20,000円

90万超~150万円以下

25,000円

150万超~200万円以下

30,000円

200万超~250万円以下

35,000円

250万超~300万円以下

40,000円

300万超~400万円以下

55,000円

400万超~500万円以下

65,000円

以降100万円増えるごとに約定返済額が10000円増加になり、最終的に900万超~1000万円以下で115000円

 

口座ありタイプの方は、月末時点のローン残高に応じて翌月の約定返済額が決定します。

 

こちらはローン残高30万円以下では5000円から返済が可能で、90万超~150万円以下のときの返済額は25000円です。

 

口座なしタイプの約定返済額

借入金額

月々の

50万円以下

10,000円

50万超~100万円以下

20,000円

100万超~150万円以下

30,000円

150万超~200万円以下

40,000円

200万超~250万円以下

50,000円

250万超~300万円以下

55,000円

300万超~350万円以下

65,000円

350万超~400万円以下

75,000円

400万超~450万円以下

85,000円

450万超~500万円以下

95,000円

500万超~600万円以下

105,000円

以降100万円増えるごとに約定返済額が10000円増加になり、最終的に900万円超1000万円以下で145000円。

 

口座なしタイプの場合、基準日(毎月20 日)時点のローン残高に応じて翌月の約定返済額が決定します。

 

こちらの約定返済額は50万円以下では10000円からで、100万超~150万円以下のときの返済額は30000円です。

 

約定返済額は口座ありタイプの方が割安?

  • 残高30万円の場合の約定返済額:5000円(口座あり)、10000円(口座なし)
  • 残高100万円の場合の約定返済額 :25000円(口座あり)、30000円(口座なし)

借入残高ごとの約定返済額に関しては、上記のように口座ありの方が若干割安になりますね。

金利が低いからおまとめ返済も可能?

東京スター銀行カードローンの金利は1.8~14.6%、ご利用限度額は10万円単位で10万円以上1000万円以下となっており、個々の金利と限度額は申込時の希望額と審査により決定します。

 

現在別のローン会社から借りている場合で、その金利が14.6%より高い場合は、おまとめローンに近い使い方ができるかもしれません。

 

しかし、注意点があります。

たとえば、審査によって決定した東京スター銀行の限度額が、他から借りている合計額よりも少なかった場合などは、借入額の一部しかおまとめできないこともあるのです。

 

その点、金利が12.5%のおまとめ専用のスターワン乗り換えローンなら全額のおまとめができます

ただし、こちらの場合も審査によっては希望額すべてが借り入れられないかもしれません

 

借り換え専用ローンのため、追加の借り入れができないのです。

そのうえ、こちらはカードローンとは違って、給与所得者の方で、正社員・契約社員・派遣社員の方しか使えません。

複数の借金を抱えている人は、おまとめローンを検討してみましょう。

実際の借入方法はウェブとATMで!

東京スター銀行カードローンは、ATMまたはウェブインターネットバンキングを利用して借り入れができます

 

ローンカードを使って東京スター銀行のATMおよび、全国の提携金融機関(ゆうちょ銀行、セブン銀行を含む)のATMで引き出しが可能です。(所定のATM手数料がかかる場合があります

 

または、東京スターダイレクトインターネットバンキング)から簡単に借り入れの手続きを行うことができます。

 

繰り上げ返済とは?その利用方法について

東京スター銀行カードローンは、繰り上げ返済が利用できます。借入残高の一部だけを繰り上げて返済する「一部繰り上げ返済」と、借入残高全部を一括で返済する「全額繰り上げ返済」です。

 

返済方法は、ATMを利用する方法と、インターネットバンキングを利用する2種類の方法があります。

 

東京スター銀行のATMをはじめ、メガバンクやゆうちょ銀行、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンにある提携ATMが利用可能です。

 

注意するところとして、ATM使用時に所定のATM手数料がかかる点があります。

東京スター銀行のスターワン口座の場合、翌月のキャッシュバックでATM手数料は月8回まで実質無料です。

 

ちなみにキャッシュバックの上限は、手数料が発生した月の預金平均残高の10%となります。

 

また、インターネットバンキングによる返済は、東京スターダイレクト(インターネットバンキング)にログインして、1日のうち24時間いつでも簡単に手続きが可能です。

お金に余裕ができたら、できるだけ繰り上げ返済に回すことで利息を節約できますよ。

返済方法が多いとお得に返済できる理由

口座のあるなしで違う約定返済方法

  • 口座ありタイプ:月末締めの翌月4日の「口座引き落としによる約定返済」
  • 口座なしタイプ:毎月20日締めの翌月5日の「返済用口座への入金での口座振り替えによる約定返済」

約定返済以外では、どちらもATMまたはインターネットバンキングを使用しての「一部繰り上げ返済」と「全額繰り上げ返済」が利用可能です。

口座なしタイプで約定返済に間に合わなかった場合は?

口座なし対応の場合には、上記の「口座振り替え以外にも約定返済を遅延した場合の返済方法があります。

 

ご返済についてのお知らせ」が表示されている状態を確認のうえ、Pay-easy(ペイジー)という決済サービスの利用で金融機関口座からインターネットバンキングでの返済が可能です。

 

また、銀行の指定返済口座に対し振り込みでの返済もできます。

口座なしタイプでもローンカードを発行した場合は、東京スター銀行またはゆうちょ銀行、セブン銀行のATMでローンカードを使用しての返済が可能です。

 

返済方法が豊富にある場合のメリット

返済方法が豊富にある場合、状況に合わせて気軽に返済できるというメリットがあります。

 

余裕ができたときにいつでも気軽に返済可能なことで、こまめに残高を減らして利息を節約することができて、早期返済につながるというわけです。

 

残高スライドリボルビング方式とは?

東京スター銀行カードローンで採用している残高スライドリボルビング方式は、現在のカードローンなどのキャッシングの返済方法としては最もポピュラーな方法です。

 

その時点の「借入残高」に応じて、段階的にスライドして毎月の「最低返済額」が決まる仕組みの返済方法となります。

 

借入金額が少ないほど毎月の最低返済額も少なくなり、多くなるほど月々の最低返済額も多くなる仕組みです。

 

たとえば、借入残高が増加した場合の約定返済額は、

  • 残高30万超~50万円以下:15000円
  • 残高50万超~70万円以下:20000円

といった形で借入残高に応じて増減します。

 

借入残高によって変動する利息分と元金充当分の内訳

残高スライドリボルビング方式では、月々の定められた約定返済額自体は一定額です。

しかし、その時点の借入残高によって、返済額内における利息分と元金充当分の内訳は毎月変動することになります。

 

たとえば、30万円超~50万円以下約定返済額(最低返済額)が15000円のローンの場合の内訳は、

  • 借入残高40万円のとき:利息が7000円で元金充当分が8000円
  • 借入残高50万円のとき:利息が8000円で元金充当分が7000円

となり、借入残高が多ければ利息が多くなっていくのです。

しかし、返済額自体は同一段階の借入残高(ここでは30万超~50万円以下)の間は変わりません

 

残高スライドリボルビング方式のデメリット

借入残高に応じて毎月の返済金額が減少していくので、お金に困っているときは大変ありがたい仕組みです。

 

しかし、別にそのままの返済額でも問題なく返せる人の場合は少々ありがたくない話になることもあります。

 

問題なく返せる人が、当初の返済額のまま返していたら短期で返済が終わっていたところ、返済額の減額によって完成までが長引くことになりかねません。

 

結果として利息が大きくなり総返済額が大きくなることにもつながってしまうのです。

借金は早く返済するほど利息がかかりません。返済額が少ないからといって安心せず、積極的に返済していきましょう。

審査に落ちてしまう場合の条件とは?

東京スター銀行に限らず、基本的にカードローン審査に落ちてしまう場合があります

 

それは、他の借り入れを含めると年収の3分の1を超えるおそれがあり、「総量規制」という基準にかかってしまう場合です。

 

また、書類に虚偽があるというのは論外で、嘘をつくような人への融資はリスクが高いと見なされるので落とされてしまいます。

 

やはり、融資を受ける人が信頼に値するかどうかが審査の要です。

 

したがって、それまでのある程度の期間内の信用情報に遅延や滞納・債務整理などの事故記載がある場合は、まず通らないと見ていいでしょう。

過去に遅延などがあり、信用情報が不安な場合は、事前にCICなどの信用情報機関に情報開示が可能なので、不安な人は申し込みの前に確認してみるのも一考です。

事業に使うなら法人向けカードローン

東京スター銀行のカードローンは利用限度額は10万~1000万円(10万円単位)と幅広く、金利も1.8~14.6%と低いため、まとまったお金が必要なときに向いています

 

スターカードローン(カードローンタイプ)は申込時、満20歳以上65歳未満の定期的な収入がある方というのが条件です。

 

保証会社(新生フィナンシャル株式会社)の保証が受けられる方ならば、パート・アルバイトや自営業の方も利用できます。

ただし、あくまで個人用でしか使えないため、事業性資金には使えません。事業資金は事業用のカードローンの利用をおすすめします。

スタービジネスカードローンの特徴

スタービジネスカードローンの特徴

スターカードローンの特徴

利用限度額

50万~500万円以下(10万円単位)

金利

6.5~14.5%

使用用途

使い道は自由(事業性資金OK)

Web申し込み

あり

返済方式

残高スライドリボルビング方式

申し込み条件

・申し込み時に満20歳以上満69歳以下の方

・営業年数1年超の事業を営んでいる法人代表者および個人事業主

・保証会社「オリックス・クレジット株式会社」の保証が受けられること

 

申込に必要な書類

  • 最新の税務申告書(原本3期分)
  • 最新決算期の納税証明書
  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書、発行後3カ月以内のもの)

なお、東京スター銀行に預金口座を保有していない場合は、返済金の自動引落し用に新規に預金口座を開設する必要があります。

スタービジネスカードローンのメリットとデメリットは?

スタービジネスカードローンのメリット

  • 法人から個人事業主も融資が受けられ事業性資金として使える
  • インターネットから申し込みが行えるため窓口に来店不要
  • ATMからいつでも自由に借り入れ可能
  • 最高限度額は500万円

融資金は審査により決定された融資限度額の範囲内なら、ATMからいつでも自由に借り入れが可能です。

個々の利用可能額は審査によりますが、商品自体の最高限度額は500万円と高額で急な資金調達に心強いところがあげられます。

スタービジネスカードローンのデメリット

  • 金利(保証金含む):【スターカードローン】1.8~14.6%、【スタービジネスカードローン】6.5~14.5%
  • 利用限度額(10万円単位):【スターカードローン】10万~1000万円、【スタービジネスカードローン】50万~500万円

上記のように、スターカードローンに比べるとスタービジネスカードローンの金利は全体として若干高めです。

利用限度額の最高額も、スターカードローンの1000万円に比べると500万円と少々少なめになっています。

金利が低いことのメリットと注意点

まずメリットとしてあげられるのは、金利が低いので全体として総返済額が上がることを抑えられることです。

 

金利が低いということは、残高スライドリボルビング方式による約定返済額の中での元金返済の金額が大きくなるので早期返済につながります

 

また、融資限度額が高額になるほど金利は下がるので、高額の借り入れに向いているのです。

 

逆に注意点としては、金利が低いカードローンを利用できるのは「返済能力の高い人」のみということで、よほど安定した収入がない低金利でカードローンを利用するのは難しいかもしれません。

 

できるだけ良い条件でカードを作るコツ

一般的に、低金利のカードローンを利用しやすいのは「返済能力の高い人」のみとなっています。

 

そのため、良い条件で審査を通過できないと、その「より低金利である」というメリットを活かすことは難しいかもしれません。

 

実は、高い限度額で金利を低めに抑えるためには、カードローンの利用枠を作るタイミングも重要です。

 

転職や独立して事業主になることを予定している人は、勤続年数の長い給与所得者であるという属性の高いうちに作っておくといいでしょう。

 

転職や独立してすぐのタイミングでは借り入れの属性が低い、すなわち融資対象者としての信用度が低くなってしまいます。

 

なぜなら、ほとんどの金融機関ではクレジットカードの作成や、住宅ローンなどの借り入れの際にも2~3年間の勤続年数を基準として見られることが多いからです。

 

また、勤続年数もさることながら、収入に関しても転職などでその後下がることがあらかじめ予想される場合は、少しでも収入のいい状況のうちに作っておくのが得策になります。

 

属性のいいうちに作っておいたほうが、より良い条件(低金利・高額の限度額など)で融資枠を設定可能です。

 

さらに、カードローンだけではなく、住宅ローンや教育ローンなどであっても、他社からの借り入れがないときに作っておくことが重要になります。

 

なぜなら、他社からの借り入れの状況いかんによっては限度額が下がってしまったり金利があがってしまったり、さらには作れなくなってしまったりする事態も考えられるからです。

 

人生もカードローンも、タイミングが重要なんです!

事前に返済シミュレーションをしておく

カードローンの審査に通るかどうかをチェックするには、借りられるかどうかの条件面も重要ですが、それだけではいけません

 

まずは自分の収入状況で返済が可能かどうか、あらかじめ返済シミュレーションをしておくことも大切です。

 

前もって返済シミュレーションをしておくことで、自分にとって毎月支払うための無理のない返済額が分かるようになります。

 

それさえ分かっていれば、カード作成時点の条件が有利で必要以上に借入限度額が高かった場合でも、不必要な借り入れをしないように注意ができますよ

まとめ

東京スター銀行のカードローンは、金利が1.8~14.6%保証金含む)と低金利なうえに融資限度額の上限が1000万円と非常に高く設定されているため、低金利で大きなお金を借りたい人に向いているカードローンといえるでしょう。

 

また、収入や勤続年数などが有利な属性であればあるほど低金利で高額の融資限度額のカードが作りやすくなっています。

 

そのため、実際に必要になったときに作るのもいいですが、収入に余裕があり属性が良いうちに作っておくのがいいでしょう。

 

実際に使うか使わないかは別にして、万が一資金が必要になったときに備えておくことで安心できますよ。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。