ホーム >  用語説明

みんなが気になるアレ!テレビ窓口を使うべき3つの理由

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
突然ですが、みなさんはテレビ窓口を利用したことがありますか?

テレビ窓口とは三菱UFJ銀行の自動契約機のことで、オペレーターと話しながら口座開設や住所変更など基本的な手続きのほか、バンクイックというカードローンの申し込みもでき、幅広いサービスを利用できる優れものなんです!

 

私もよく銀行を利用していますが、日によっては待ち時間が長くて、「まだかなぁ」と思わず窓口の奥を見て、首を長くして待っていることもしばしばです…。

 

平日の昼間は仕事があるから、いつも銀行に行けない

バンクイックを申し込みたいけど、ネットだと入力が面倒だし間違えてしまいそう

こんな不安がある方は、ぜひ最後まで読んでください。

テレビ窓口でできる基本的な手続きから、みなさんが気になるバンクイックの申込方法まで解説します!

テレビ窓口を使うべき3つの理由

ズバリ!テレビ窓口を利用すべき3つの理由をお伝えします!

  1. 待ち時間の削減
  2. 記入項目の削減
  3. 受付時間の拡大

 

待ち時間の削減

窓口は、振込などの決済業務でいつでも混雑しているイメージがありますね。

ときには、投資信託や相続手続きなど相談業務もあるため、思っていたより待たされることもあるでしょう。

テレビ窓口なら、手続きしている人がいなければすぐに利用できるので、比較的スピーディーに手続きを終えることができます。

 

記入項目の削減

テレビ窓口では、申込書や変更届書につらつらと文字を書くことは基本的にありません。

オペレーターと話をしながら進めていくため、住所などが入力された書類がその場でプリントアウトされます。

面倒な記入は最小限となるので、住所を書きすぎて手が痛くなることもなく、とても楽ですよ!

 

受付時間の拡大

窓口の受付時間は平日9時から15時までなので、働いている方はお昼休憩を使うか、平日に休暇をとらなければなりませんよね。

 

銀行に行きたいだけなのに大切な休暇を使うなんて…!

私も、心底そう思います!

 

テレビ窓口なら営業時間後でも利用できるので、働いている方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

受付時間は、テレビ窓口が設置されている場所や手続き内容によって変わりますので注意してくださいね。

 

設置場所がATMコーナー

設置場所がロビー

平日

9:00~20:00

9:00~15:00

土・祝

10:00~18:00

×

10:00~17:00

×

≪注意点≫

・12/31~1/3および2/11は休業

手続き内容によって受付時間が異なることもある。

手続きに必要なもの

テレビ窓口での手続きだけに関わらず銀行へ行く際には、通帳、キャッシュカード、届け出の印鑑、本人確認書類は必ず持っていきましょう。

手続きによっては、源泉徴収票などの収入証明書が必要になることもあります

 

収入証明書の詳細については【必見!よく見るアレが役に立つ!収入証明書のすべて】にて解説していますので、気になる方は確認してみましょう。

 

また、キャッシュカードのみで手続き可能な場合もありますが、万が一手続きできなかったり確認が必要になったりすることもあります。

その場合、届け出の印鑑や本人確認書類があれば対応してくれることもありますので準備しておくと安心ですね。

 

テレビ窓口でできること

テレビ窓口でできることは、意外にも多いんです。
ここでは、テレビ窓口で手続き可能なサービスを一挙ご紹介します!

口座開設

意外と時間がかかるのが新規口座開設。

窓口では、本人確認書類と記入欄の照合を行い、誤字があれば書き直しや訂正など、ひとつひとつがとても手間のかかる作業なため、待ち時間を含めると1時間ほどかかることもありますよね。

テレビ窓口なら、そういった面倒な記入も最小限ですから窓口よりは断然早いでしょう。

 

ではここで、テレビ窓口で口座開設しようと思っている方にひとつポイントをお伝えします。

それは、ホームページ事前受付です。

 

「ホームページ受付」とは?
インターネットで事前に自分の情報や希望するサービスなどを入力しておくと、よりスムーズな手続きが可能。
もちろん、ホームページ事前受付をしなくてもテレビ窓口の利用は可能だが、よりスムーズに手続きできるのなら損はないはず!

 

しかし、事前受付をしたからといっても100%口座開設ができるわけではありません

口座開設が年々厳しくなっているのは事実ですが、これは銀行がみなさんの預金を守るためなのです。

 

変更・喪失手続き

住所や電話番号の変更やキャッシュカードや通帳の喪失の手続きなら、わざわざ受付窓口に並ぶ必要はありません。テレビ窓口でとっても簡単に手続きができるんです!

 

しかし、一部例外として銀行で投資信託専用の口座を持っていたり住宅ローンを借りていたりするなどの場合は、テレビ窓口での変更ができません。

また、紛失の手続きをすると同時に住所や名前などに変更がある場合も同様です。

 

取引の内容によってはテレビ窓口だけでは完結できないことがあるため、来店時に確認するとよいでしょう。

 

外国送金

テレビ窓口では、平日最大18時まで外国送金ができます

(対象通貨:円、ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、香港ドル)

 

お子さまが留学中の方や、海外に住んでいる家族に素早く送金ができるのは、お金のプロフェッショナルである銀行ならではのサービスですね。

外国送金を利用する場合は、来店前にホームページの外国送金webサポートで外国送金依頼書を入力し、1~2時間後に手続きすればさらにスムーズになるので、ぜひこちらも活用してください。

外国送金には、600~3500円の送金手数料や銀行手数料などが発生します。 国内での振込に比べて高い金額ですので、事前に確認しておきましょう。

ローン申込・相談

カードローンの申込や、住宅ローンの相談もテレビ窓口で行っています。

相談もできるなんて、感動的ですね!

 

CMでおなじみの三菱UFJ銀行のカードローン、“バンクイック”をご存知の方も多いのではないでしょうか?

バンクイックはインターネットでも手続きできて便利ですが、入力に不安がある方はテレビ窓口を利用するとよいですよ!

 

テレビ窓口でバンクイックを申し込むのは簡単!

テレビ窓口でのバンクイックの申込は、このような流れで進んでいきます。

バンクイックはカードローンというお金を借りるサービスですから、必ず審査があるんです。

 

審査と聞くと、少し不安になるかもしれませんが、クレジットカードの履歴や勤務先の情報など、申込者のお金に関する情報を確認して、「お金を貸していい人かどうか」判断しています。

 

バンクイックは、仮審査が通ればカードをその場で受け取ることができるんです!

仕事をしている方はなかなか郵送物を受け取ることもできないので、これはありがたいでしょう。

 

しかし受付時間や審査状況によっては、自宅への郵送になりますので注意が必要ですね。

その場でカードを受け取るときには、必ず運転免許証が必要ですので、忘れずに持参するようにしてください。

 

テレビ窓口でバンクイックを利用するときの2つの注意

お金を受け取るには最短でも翌日になる

先ほど「仮審査が通ればその場でカードを受け取れる」とお伝えしましたが、その場でお金を借りることはできません

お金を借りられるのは、翌日以降となるのでので注意が必要ですね…。

急ぎの場合は、アイフルやプロミスなどの大手消費者金融であれば即日融資サービスがありますので、そちらを検討してみてもよいのではないでしょうか?

アイフル

アイフル

自宅へ郵送物の送付や勤務先へ確認連絡がある

バンクイックの申込をした後、勤務先へ在籍確認の電話が入ります。

その際、「三菱UFJ銀行の○○ですが」と銀行名での連絡なので「お金を借りようとしてることがばれるかも…!」と心配する必要はありません。

郵送物がある場合も、差出人は銀行名になっているので安心です。

 

安心といえど、ご家族が勝手に届いた書類を開けて内容を見れば、お金を借りていることは分かってしまうかもしれません。
家族にばれると困る…」という人は、きちんと書類は自己管理しておく方がよいでしょう。

もっとバンクイックについて知りたい!!
という方は、【バンクイックはどんなカードローン?特徴から返済まで詳しく解説!】で詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

テレビ窓口では幅広い手続きができるので、とくに急いでいるときやお子さまを連れているときなど、面倒な手続きを少しでも減らしてスムーズに終えることができそうですね!

 

口座開設や変更手続きなどの基本的なサービスだけではなく、お金を借りられるバンクイックの申込など緊急事態にも対応してくれます。

とくにインターネットが苦手な方は、活用するとよいでしょう。

 

それでは、今日はここまで。

以上、マネーアナウンサー門刈がお伝えしました。

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします